トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:NBAJAPAN


    バックス」が選ばれた。同じ年にフェニックス・サンズも設立されている。 1年目にはジョン・マグロクリンなどが活躍したが、新設チームだったバックスは27勝55敗と負け越しを余儀なくされた。 シーズン終了後、バックスはフェニックス
    39キロバイト (3,016 語) - 2021年7月21日 (水) 07:20



    (出典 basketballking.jp)


    ポールさんにチャンピオン獲って欲しかったけど、第五戦勝ってアウェーで王手取ったバックスが強かったなあ

    1 風吹けば名無し :2021/07/21(水) 12:38:16.32 ID:ouoGbaqs0.net

    クリポはもうリング無理やね


    【ポールさん 残念やったな】の続きを読む


    マイケル・ジェフリー・ジョーダン(英語: Michael Jeffrey Jordan, 1963年2月17日 - )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。NBAのシカゴ・ブルズ、ワシントン・ウィザーズでプレーした。その実績からバスケットボールの神様とも評される。
    75キロバイト (9,329 語) - 2021年6月12日 (土) 01:59



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    確かになぁ。
    けどスキンヘッドてハゲではないのか?
    基準がよくわからん

    2 風吹けば名無し :2021/06/24(木) 12:31:27.64 ID:FiLMSpDJ0.net

    ジャバー→ハゲ
    マジック→ハゲ
    ジョーダン→ハゲ
    シャック→ハゲ
    コービー→ハゲ
    レブロン→ハゲ


    【NBAスターて大体ハゲてない?】の続きを読む


    1960年代のレイカーズはエルジン・ベイラーとジェリー・ウェストを中心としたチームでNBAファイナルを6回出場を果たしたが、セルティックスに6回とも敗北し、これにより長年にわたるセルティックスとのライバル関係が始まった。1968年、レイカーズは4度のシーズ
    80キロバイト (5,102 語) - 2021年6月11日 (金) 10:22



    (出典 nba-js.com)


    アメリカの州で違う法律はこういうことも招くからなぁ。
    違法の州と合法な州で分かれてることがおかしな話だと思うけと

    1 風吹けば名無し :2021/06/23(水) 15:08:08.35 ID:5BBD/Wyj0.net

    https://nba.rakuten.co.jp/news/7169
    ハゲ期待の星やのになんでや・・・


    【レイカーズのカルーソさん、逮捕されたね】の続きを読む


    デュラントは兄のトニーと共にメリーランド州シート・プレザントで育った。デュラントが8ヶ月の頃に父は家族のもとを去ってしまったため、幼少期のデュラントを育てたのは母ワンダブラットと祖母のバーバラ・デイビスだったが、彼が13歳の頃に父は家族のもとに戻った 。デュラント
    60キロバイト (7,504 語) - 2021年6月5日 (土) 19:55



    (出典 the-ans.jp)


    マジかぁ、プレーオフ敗退したからゆっくり休んで欲しいけど、来るのか。
    無理だけはしないでくれ

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/06/22(火) 06:24:00.20 ID:CAP_USER9.net

    菊地慶剛 | スポーツライター/近畿大学・大阪国際大学非常勤講師
    6/21(月) 12:12
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20210621-00244057/

    【米メディアがデュラント選手の五輪参加を報道】

     東京五輪の開催がいよいよ約1ヶ月後に迫る中、日本人アスリートの活躍とともに人々の関心を集めるトピックの1つが、男子バスケットの米国代表チーム、いわゆる「ドリームチーム」ではないだろうか。

     1992年のバルセロナ五輪以来NBAのスーパースターたちが揃うドリームチームは、米国のみならず世界中から注目を集める存在であり続け、今回の参加選手も今月中に正式発表される見通しだ。

     そんな中スポーツ専門サイトの『The Athletic』(有料サイト)が現地時間の6月20日に報じたところによれば、ロンドン、リオデジャネイロと過去2大会でドリームチーム入りし金メダルを獲得しているケビン・デュラント選手が、今回も参加する意向を示したとしている。

     もしこれが事実ならば、日本のバスケットファンにとってこれほどの朗報はないだろう。

    【NBAプレーオフ敗退でシーズン終了】

     過去2大会で中心選手の1人だったデュラント選手は、今シーズンからネッツに所属。シーズン中は35試合の出場に止まったものの、1試合平均26.9ポイントを記録するなどして、チームはシーズン成績を48勝24敗とし、東カンファレンス2位でプレーオフに進出していた。
     セルティックスのプレーオフ1回戦を制した後、カンファレンス準決勝で同3位のバックスと激突。シリーズは最終第7戦までもつれる死闘を演じ、その第7戦も、デュラント選手が48ポイントをあげる活躍もあり延長戦にもつれ込む接戦となったが、最終的に111対115で敗れ、ネッツのシーズンは終了したばかりだった。
     一方ドリームチームは、7月6日からラスベガスで実施されるトレーニングキャンプで始動する予定で、デュラント選手は何の支障もなく参加できる状況になっていた。

    【八村塁選手の同僚ビール選手も参加?】

     さらに記事によれば、デュラント選手の他に5選手がドリームチームに参加する意向を示しているという。

     それらは、八村塁選手の同僚でオールスター戦3回出場を誇るブラッドリー・ビール選手、現在もプレーオフを戦っているサンズの若きエース、デビン・ブッカー選手、オールスター戦6回出場を誇るダミアン・リラード選手、セルティックスのスコアリーダー、ジェイソン・テイタム選手、ウォリアーズの黄金期を支えた1人、ドレイモンド・グリーン選手──の5選手だ。

     これら5選手についても、選手自らが公の場で参加表明しているわけではなく、あくまで報道レベルに過ぎない。それでも彼らが参加するとしたならば、錚々たる顔触れが揃うことになる。

    【辞退表明したジェームズ選手に対しカリー選手は五分五分か】

     ただ残念なことは、レブロン・ジェームズ選手がすでに辞退を表明していることだ。

     レイカーズがプレーオフ1回戦で敗退が決まった後、五輪参加について聞かれたジェームズ選手は「それはない。この夏は五輪に出場する代わりに、練習スカッド(ドリームチームの練習相手)でプレーすると思う」と話し、辞退を表明している。

     一方ジェームズ選手に匹敵する大物選手のステフィン・カリー選手は、これまで米国代表として五輪に出場した経験がなく、参加が期待されるところだが、記事によれば、現時点で本人の意思表示はなく、“五分五分”だとしている。

     果たして最終的にどんなメンバーがドリームチームに名を連ねるのか。正式発表が待たれるところだ。


    【デュラントさん、東京来るかも?】の続きを読む


    バックス」が選ばれた。同じ年にフェニックス・サンズも設立されている。 1年目にはジョン・マグロクリンなどが活躍したが、新設チームだったバックスは27勝55敗と負け越しを余儀なくされた。 シーズン終了後、バックスはフェニックス
    36キロバイト (2,813 語) - 2021年5月31日 (月) 14:57



    (出典 toonippo.ismcdn.jp)


    とうとうここまで来たか。
    ヤニスがファイナルで戦う姿を見たいし、ここで獲らなかったらチャンスがまたとおのくからなあ

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/06/20(日) 14:11:47.35

    2021年06月20日 13:12バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/06/20/kiji/20210620s00011061308000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     NBAは19日、ブルックリン(ニューヨーク州)で東地区準決勝の1試合を行い、第3シードのバックスが延長の末に115―111(前半47―53、延長6―2)で下して4勝3敗。2年ぶりに東地区決勝に駒を進め、47年ぶりのファイナル出場をかけて、20日に最終第7戦を行う76ers(第1シード)とホークス(第5シード)の勝者と顔を合わせることになった。

     バックスでは2018年と19年シーズンでMVPとなったヤニス・アデトクンボ(26)が50分出場して40得点と13リバウンドをマーク。2019年W杯の米国代表だったクリス・ミドルトン(29)は52分で23得点、10リバウンド、6アシスト、5スティールを稼ぎ、111―111で迎えた延長の残り40・7秒には正面から貴重な勝ち越しのジャンプシュートを成功させた。

     バックスがプレーオフで最終第7戦を戦ったのはこれがチーム史上11回目だが、勝ったのは1986年の地区準決勝(対76ers)と2001年の地区準決勝(対ホーネッツ)を含めて3回目。ただし過去2勝はどちらも地元ミルウォーキー(ウィスコンシン州)での試合で、敵地での最終戦を制したのは通算8回目の挑戦で初めてとなった。

     ネッツはケビン・デュラント(32)が53分出場し、第7戦としてはプレーオフ歴代最多の48得点をマーク。107―109で迎えた第4Qの残り1・0秒にはP・J・タッカー(36)の密着マークを振り切って右サイドからターン・アラウンドで同点のジャンプシュートを成功した。しかしこのとき、わずかに3点シュート・ラインを踏んでおり、逆転するまでには至らなかった。

     デュラントは延長では無得点。同点を狙って残り0・3秒で正面から放ったジャンプシュートはエアボールとなった。カイリー・アービング(29)が足首の故障で欠場する中で、ジェームズ・ハーデン(31)も53分で22得点、9リバウンド、9アシストを稼いだが、ネッツは延長ではブルース・ブラウン(24)がゴール下で決めたシュートによる2点のみ。最後は力尽きて敗れ去った。

     <地区準決勝の組み合わせと経過>
     ▼東地区
    (1)76ers―(5)ホークス(3勝3敗)
    (2)ネッツ―(3)バックス(バックス4勝3敗)
     ▼西地区
    (1)ジャズ―(4)クリッパーズ(クリッパーズ4勝3敗)
    (2)サンズ―(3)ナゲッツ(サンズ4勝0敗)
     *カッコ内の数字は地区全体順位


    【バックスさん、カンファレンスファイナルやで】の続きを読む

    このページのトップヘ