トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:NBA


    メジャーリーグベースボール (MLBからのリダイレクト)
    メジャーリーグベースボール(英語: Major League Baseball, 英語発音: /méɪdʒɚ líːg béɪsb`ɔːl/; 略称: MLB)は、アメリカ合衆国所在の29チーム及びカナダ所在の1チーム、合計30球団により編成される、世界で最高峰のプロ野球リーグであり、北米4大プロスポー
    134キロバイト (16,525 語) - 2021年10月26日 (火) 09:44




    (出典 tc-baseballchannel.techorus-cdn.com)


    まぁほんとにオワコンだったら、選手にあんなにお金払えないやろからね。
    そうだとは思うけど。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/11/06(土) 18:44:56.52

    THE DIGEST11/6(土) 6:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7026ae58041ef4134f23b72f5f0e53c19f778c40

     2021年のワールドシリーズは、ブレー*の26年ぶりの世界一という結末で幕を閉じた。米放送局『FOX Sports』が中継したシリーズ6試合の平均テレビ視聴率は6.5%。昨年(5.2%)に次いで史上2番目に低い数字だった。

     アメリカでは近年、ワールドシリーズの視聴率低迷を根拠に「野球人気は危機的状況にある」とする声がよく出てくる。確かに、同じ北米四大スポーツNFLのスーパーボウルが毎年40%前後という圧倒的な数字を叩き出していることを考えれば、そうした意見に説得力があるようにも思える。

     だが、経済誌『Forbes』のコラムニストで、スポーツビジネスに詳しいモーリー・ブラウンはそんな“野球危機論”に繰り返し異を唱えている。ワールドシリーズ終了直後に寄稿した記事で、ブラウンは「毎年この時期になると、ワールドシリーズの視聴率を根拠に『ベースボールは死にかけている』という議論がひっきりなしに展開される。だが、それは“神話”に過ぎない。ベースボールは死にかけてなどいない」と主張している。

     ブラウンいわく、そもそも視聴率の比較対象に問題があるという。「人気低下」の根拠として引き合いに出されるのは、ワールドシリーズの視聴率が毎年20%を超えていた1970年代頃との比較。だが、当時はワールドシリーズを主に中継していた米放送局『NBC』を含め、全米ネットワークはわずか3局しかなかった。

     だが、現在はケーブルTVの普及でチャンネル数は爆発的に増えている。それに加えてネットフリックスに代表されるストリーミング放送サービスも普及し、視聴者には無限の選択肢がある。視聴率の維持に苦しんでいるのはどの番組も同じで、別にMLBだけの問題ではない。影響を受けていないのは、それこそNFLくらいのものだ。また現在、ワールドシリーズを中継するのは、『FOX Sports』は有料チャンネルだが、ここ6年間で全米の有料チャンネル加入者数が20%も減少しているというデータもある。

    『FOX Sports』によると、今年のワールドシリーズ最終戦(第6戦)は全米で約1175万人が視聴した。これは昨年の同じ試合に比べて約20%増加。全6試合の合計でも、同局がこれまで中継したワールドシリーズで最も多くの視聴者を獲得したという。また、ワールドシリーズ中継は16年以降、スポーツ以外も含めた同局のゴールデンタイム全番組の中で毎年、視聴者数1位の座を堅持する優良コンテンツでもある。

     当然、『FOX Sports』はこの結果に満足している。その証拠に、来年から28年にかけての7年間で総額51億ドル(約5800億円)もの巨額放映権料契約をMLBと交わしている。これらの収入を背景とする総収益はNFLに次ぐ規模であり、NBAをも凌駕している。NBAを「死にかけのプロスポーツ」と考える者がいるだろうか。

     日本でも、一部でプロ野球の人気低下を主張する向きがある。その根拠は、地上波でプロ野球中継が激減したことや(MLBと同じく)日本シリーズの視聴率低下で、これもアメリカとよく似ている。確かに、かつては巨人戦がシーズン全試合放映されていたことを思えば、現状に一抹の寂しさを覚える人がいるのも理解できるが、その一方でパ・リーグも含めて巨人以外の球団に人気が分散していることを見逃してはならない。

     コロナ禍に見舞われるまで、プロ野球全体の観客動員数は右肩上がりで、19年には史上最高の約2650万人を集めた。特に増加が著しいのがパ・リーグで、85年から700万人も増やしている。85年当時は実数発表ではなかったことを考えれば、実際はそれ以上に増えているはずだ。また、確かに地上波の視聴率は伸び悩んでいるが、『DAZN』や『パ・リーグTV』では多くの視聴者を獲得しているという。

     要するに今の時代、テレビ視聴率だけで人気度を測るのは適切ではないということだ。確かに、MLBが人気面でNFLの後塵を拝しているのは紛れもない事実。だがそれはNFLが化け物コンテンツであるというだけで、「ベースボールが死にかけている」とまで主張するのは短絡的すぎる。きちんと詳細に分析すれば、MLBを楽しむファンがまだまだいることは明らかなのだ。


    【【MLB】WS視聴率が低くても、、、】の続きを読む


    (英語) NBA - Facebook NBA Japan - Facebook NBA (NBA) - Instagram NBA (@NBA) - Twitter NBA Japan (@NBAJPN) - Twitter NBA - YouTubeチャンネル NBA (@nba) - TikTok
    56キロバイト (6,033 語) - 2021年10月27日 (水) 10:58




    (出典 2019.images.forbesjapan.media)


    まだ姿見を出さないのか。
    しかも原因はわからないし、誰もコメントしないてのがこわいな

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/11/01(月) 15:19:42.52 ID:fzMoYDcAM.net BE:668785418-2BP(1000)


    (出典 img.5ch.net)

    https://basketballking.jp/news/world/nba/20211101/344206.html
    しかし、ウィザーズの内情に精通するクイントン・マヨは、八村の現状が想像以上に芳しくないものと感じているかもしれない。同氏によれば、複数の情報筋が八村は未だ、チームメートと同時に練習施設にいないと証言。また、マヨはそのうちの1人から、以下のような返答をされたという。

    「我々は彼を全く見ていません。もし*ると、夜に個人でワークアウトをしているのかもしれません。詳細はわかりません。彼に何が起きているのか、見当もつかない」

    「奇妙なことに、塁の名前はここではタブーのようなもので、誰も彼のことを言及したりしません。塁のことについては、あなたの方が我々よりもよく知っているのではないでしょうか」


    【NBA 八村塁 どうしたんやろう】の続きを読む


    八村 (はちむら るい、1998年〈平成10年〉2月8日 - )は、日本のプロバスケットボール選手。富山県富山市出身。父親がベナン人、母親が日本人。NBAのワシントン・ウィザーズに所属している。ポジションはパワーフォワードまたはスモールフォワード。 弟の八村阿蓮もバスケットボール選手。
    40キロバイト (4,621 語) - 2021年10月25日 (月) 02:06




    (出典 number.ismcdn.jp)


    どうしたんやろうかぁ。
    誰も何も言わないてのが余計に心配だな。
    元気でいてくれ、せめて

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/11/01(月) 19:01:29.15

    https://basketballking.jp/news/world/nba/20211101/344206.html?cx_top=newarrival

    (出典 basketballking.jp)


     NBA開幕からレギュラーシーズンの約10パーセント程が消化されつつある。ワシントン・ウィザーズは、オフに選手層を大幅に拡大したことが功を奏し、現在5勝1敗と絶好調の滑り出し。新加入選手もすんなりとチームに馴染んだ印象で、ブラッドリー・ビール不在での白星など意味のある勝利も多く、今シーズンを通じて一味違ったウィザーズが楽しめそうな予感だ。

     ビールはオフェンスに物足りなさを感じているにもかかわらず、「すべてが噛み合い始め、みんなが健康だったら、恐ろしいことになる」と、手応えを感じている。彼が言うとおり、ウィザーズはまだ未完成。その欠けているパズルのピースにはもちろん、八村塁の存在も含まれている。

     八村は現在、メンタルケアを優先した個人的理由で、チームから離れて調整を行っている。去る10月上旬、新ヘッドコーチのウェス・アンセルドJr.は「個人的な理由なので戻ってこられる時に戻ってくればそれで良い。彼はチームと常に連絡を取っている」と同選手を気遣い、復帰を急ぐ必要がないことを強調した。

     しかし、ウィザーズの内情に精通するクイントン・マヨは、八村の現状が想像以上に芳しくないものと感じているかもしれない。同氏によれば、複数の情報筋が八村は未だ、チームメートと同時に練習施設にいないと証言。また、マヨはそのうちの1人から、以下のような返答をされたという。

    「我々は彼を全く見ていません。もし*ると、夜に個人でワークアウトをしているのかもしれません。詳細はわかりません。彼に何が起きているのか、見当もつかない」

    「奇妙なことに、塁の名前はここではタブーのようなもので、誰も彼のことを言及したりしません。塁のことについては、あなたの方が我々よりもよく知っているのではないでしょうか」

     2019年のNBAドラフトで9位指名を受けた八村はキャリア平均13.7得点、5.8リバウンドをマークし、ここ2シーズン、チームの主力として活躍してきた。また、東京オリンピックでは3試合平均で22.3得点、6.6リバウンドでエースとしての実力を証明。NBA3年目は飛躍の年として、チームからも大きな期待が寄せられていた。

     そんな矢先での八村不在だからこそ、周囲は彼の復帰を心待ちにしているのだろう。先に“タブー”というワードがあったが、誰も八村に言及しないのは、八村が自分と向き合っているのなら、それを周囲が邪魔してはいけないというウィザーズ一同の優しさと気遣いと見て取れる。また、八村がインスタグラムのフォロワーを全員外した理由も、SNSに触れる理由を自ら断ち切ったからと推測するべきだろう。

     相次ぐ八村復帰の問い合わせについて、アンセルドHCが「彼の復帰にタイムテーブルは存在しない。我々は彼をゆっくりと連れ戻すつもりだ。来月なのか、来週なのかはコメントできない。どうなるのか、見守っていくつもりだ」とレスポンスしているとおり、今はまだ、復帰を語るには時期尚早だ。

     裏を返せば、次にウィザーズの背番号8がコートに立つときは、彼が納得した状況でそこにいるということ。ウィザーズ一同同様、我々NBAファンも八村を信じ、彼が強くなって帰ってくる日を静かに待ちたい。


    【【NBA】八村塁くん マジで心配やわ】の続きを読む


    ワクチンである。新型コロナウイルスワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式・製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。
    342キロバイト (40,928 語) - 2021年10月23日 (土) 12:44




    (出典 f.image.geki.jp)


    まぁ、安心できる材料が足りないから打ちたくないて気持ちはわかるわ。
    ただ、これが正しいかどうかは、人それぞれだよなぁ。

    1 Egg ★ :2021/10/27(水) 17:10:17.61 ID:CAP_USER9.net

    バイエルンに所属するドイツ代表MFジョシュア・キミッヒが新型コロナウイルスのワクチンを接種しない意向を示したことで、議論が巻き起こっている。26日に、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

     2020年には『We Ki* Corona』という新型コロナウイルス対策の慈善活動を立ち上げたことでも話題となったキミッヒだが、23日に行われたブンデスリーガ第9節のホッフェンハイム戦(〇 4-0)後には「長期的な研究がなされていないことに不安を感じる」という理由で新型コロナウイルスのワクチンを接種しない意向であることを告白。「僕は新型コロナウイルス否定派でもなければ、反ワクチン派でもない。それに、今後も絶対にワクチンを打たないと断言しているわけでもないんだ」と、現時点では接種するうえでの判断材料が足りていないと感じていることを明かした。

     ドイツ国内で激しい議論が起こるきっかけとなったキミッヒの発言を受けて、ドイツ政府のシュテフェン・ザイベルト報道官は「欧州連合(EU)が承認しているワクチンについて、手に入るすべての情報を検討してほしい」とコメント。多くの人が尊敬するバイエルンのスター選手として、キミッヒに率先してワクチン接種をしてほしいと訴えている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7b7abd5b296f1ab5c2479a595252fb88c3124ba


    【【サッカー】キミッヒさん、ワクチン打ちたくないんやて 】の続きを読む


    マイケル・ジェフリー・ジョーダン(Michael Jeffrey Jordan, 1963年2月17日 - )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。NBAのシカゴ・ブルズ、ワシントン・ウィザーズでプレーした。その実績からバスケットボールの神様とも評される。 15年間の選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、平均得点は30
    75キロバイト (9,345 語) - 2021年10月22日 (金) 21:39




    (出典 www.sponichi.co.jp)


    エグいねぇ。
    使用済みでこの価格。
    夢があるねぇ。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/10/25(月) 18:20:26.48

    2021年10月25日 13:16 バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/10/25/kiji/20211025s00011061354000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     米競売大手サザビーズは24日、NBA元ブルズのマイケル・ジョーダン氏(58=現ホーネッツ・オーナー)が新人時代に履いたシューズが、実際に試合で使用されたものとしてはスポーツ界で史上最高額の約147万2000ドル(約1億6800万円)で落札されたと発表した。

     NBCなどの各メディアが報じているもので、落札されたのはナイキ社製の赤と白のエアシップ・モデル。ジョーダン氏が新人だった1984年の5試合目(17得点=ナゲッツに●113―129)で着用したシューズで、同氏のサインが入っている。

     エアシップは世界的な人気を集めたエアジョーダン・シリーズが登場する前のモデル。サザビーズは「オークション史上最も価値のあるスニーカー」として、ピカソの作品も注目されていたラスベガスのオークションに出品し、有名なコレクターの一人、ニック・フィオレラ氏が落札したとされている。

     「使用済み」のシューズとしての従来の最高額は、2020年8月に英競売大手クリスティーズで落札されたエア・ジョーダン・シリーズで、61万5000ドル(約7000万円)だった。


    【【NBA】1億6800万円の靴爆誕】の続きを読む

    このページのトップヘ