トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:Jリーグ


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 www.jiji.com)


    サッカーはやっぱり、力量重視なんだろうね。
    まぁ、降格するからどこも必死か。

    1 Egg ★ :2021/12/01(水) 17:45:43.70

    まず前提として強調しておきたいのは、野球界とサッカー界では業界のルールそのものがまったく異なるということです。わかりやすく言えば、サッカー界は「弱肉強食」の傾向が非常に強い。日本のトップリーグを比較すると、サッカーは全18チーム(2021年は全20チーム)の1リーグ制ですが、野球はそれぞれ6チームの2リーグ制。そしてサッカーには昇降格制度がありますが、野球に関してはそれがありません。

     サッカーの場合、降格した場合は上のカテゴリに選手を持っていかれ、スポンサーも離れてしまうという大きなリスクがあります。クラブにとって、このダメージは計り知れません。ありえない仮定ではありますが、プロ野球が「最下位のチームは社会人野球や独立リーグのチームと入れ替え」という制度になったとしたら、蜂の巣をつついたような騒ぎになりますよね(笑)。どんな形にせよ競争が激化すれば、下位に沈むことを避けるために監督選びの基準もよりシビアになるのではないか、というのが僕の考え方です。

    降格すればレジェンドにも容赦のない批判が…
     選手の獲得に関しても、野球はドラフトによって戦力の均衡を図っています。しかしサッカーは完全な自由競争なので、富めるものはますます富んでいく構造です。野球はFA権を取得するまで時間がかかりますが、サッカーにはそういったルールもないので、将来の主力として期待していた選手がごっそりと抜けてしまうこともある。シーズンの途中に三笘薫、田中碧という日本代表クラスの選手が海外移籍した今年の川崎フロンターレがある意味で典型ですね。

     そんな状況でJ1連覇を果たしたフロンターレは見事でしたが、もし監督の力量が足りないチーム、あるいはフロントの補強が手ぬるいチームであれば、確実にクラブとして失速していたと思います。主力選手の流出というのはそれくらい大きな痛手です。競争環境がそもそも厳しいサッカー界においては、集客力やキャラクターの強さの前に、まず「勝たせる力を持っているか否か」が監督の選定基準になっているのは間違いないでしょう。

     新庄さんの監督としての力量が未知数であることを前提に話をしますが、仮に日本ハムが来シーズン負け続けて最下位になったとしても、その次のシーズンも戦力を維持したまま6位から上を目指すことができます。かたやサッカーのクラブはどれだけ集客力のある監督を連れてきても、降格してしまったら同じ状況では戦えない。野球界の監督業が楽だとは決して思いませんし、あくまでも一般論ですが、負けることのリスクの大きさがサッカー界における監督選びのシビアさ、いわゆる“タレント的な監督”が生まれにくい状況につながっていると考えられます。

     野球もサッカーもプロの興行である以上、お客さんを集めるのはもちろん重要なポイントです。しかしサッカーの場合は、負けたときに持続可能性がなくなってしまう。たとえばカズさん(三浦知良)やゴンさん(中山雅史)が監督になったら、否が応でも注目は集まりますし、試合を見に行きたいと思う人はたくさんいるでしょう。短期的にはそれでいいかもしれませんが、もし降格でもしようものなら、クラブは取り返しのつかないダメージを負うことになります。また過去の例を見ればわかるように、サッカー界やクラブのレジェンドであっても、監督として結果を出せなければサポーターの手厳しい批判に晒されることは避けられません。

    全文  

    ナンバー  12/1(水) 17:11
    https://news.yahoo.co.jp/articles/671a4d14fa1cb5bc1d6af2be65e8b30c4bad60dc


    【【サッカー】<なぜサッカー界には“新庄のような監督”がいない?>】の続きを読む


    浦和レッドダイヤモンズ(うらわレッドダイヤモンズ、英: Urawa Red Diamonds)は、日本のサッカークラブ。呼称は浦和レッズ(うらわレッズ)。 三菱自動車工業サッカー部(1950年創部)を前身とするサッカークラブで、1991年にJリーグ加盟した10チーム(オリジナル10)の一つ。ホーム
    203キロバイト (23,154 語) - 2021年11月26日 (金) 18:35




    (出典 www.urawa-reds.co.jp)


    引退するか決めてないのか。
    まぁでも、オファーが無かったらどうしようもないけど、決めてないのなら無いてこと

    1 Egg ★ :2021/11/27(土) 17:39:21.32

    ◆明治安田生命J1リーグ ▽第37節 浦和0―1清水(27日・埼玉)

     浦和は今季ホーム最終戦セレモニーを埼玉スタジアムで行い、契約満了により今季限りで退団する元日本代表DF槙野智章が涙ながらにあいさつを行った。

     「僕は2012年にこのクラブに来ました。ホーム最終節、契約の中で完全移籍という形になってない状況ではありましたが、『(浦和に)残留する』と発言して10年がたちました。  

    ここで過ごした10年間、僕にとって素晴らしい、濃い時間がありました。これまでこのクラブを引っ張ってきた素晴らしい先輩方、素晴らしい指導者、たくさんの方のサポートとバトルの中でここまで成長できました。

    ただ、選手やスタッフの力だけでここまでこれたとは思いません。今日集まりの方、テレビを通して見て下さってる方々、浦和に関わる全ての方のおかげで今、こうして皆さんの前で話せると思います。本当にありがとうございます。

    子どもの頃から週末の試合が楽しみでここまできましたが、こんなにも今日という週末が楽しみではない、来てほしくない、そんな日は初めてです。

    来シーズン、僕はもうこのエンブレムを着てこのスタジアムでプレーすることはできません。それは本当につらいし悲しいし、いまだに整理がつかず、考えられません。

    11月5日にクラブから契約をしないと言われた時から、今まで正解を導き出せてません。サッカーを続けるか、引退するか、それもまだ決めてません。もう少ししっかり考えて、どこのチームでプレーするか、どこのチームが僕を必要とするか、しっかり考えて決めたい。

    ここでサポーターの皆さんにお願いがあります。このコロナ禍で去年と今年、声が出せない状況でもたくさん後押しをしてくださいました。僕の後ろの選手、特に若い選手は『We are Reds』コールや、たくさんの歌や後押しを見ていません。来シーズン、選手達が苦しい状況の時に熱い後押しをよろしくお願いします。

    そして、僕が大好きな、勝った時に歌う『We Are Diamonds』。西川選手を中心に来シーズンも引き続きやってください、選手たち! 僕はテレビで皆さんの表情、スタジアムの雰囲気を見て遠くで歌います。必ず、このスタジアムに皆さんの前に、どんな形になるか分かりませんが戻ってきたいと思います。10年間、ありがとうございました」

     槙野は浦和在籍10年目。対人守備や得点力、底抜けに明るいキャラクターが魅力で、レッズの象徴的存在を担ってきた。J1通算398試合出場。浦和での10年間で312戦に出場し、DFながら32ゴールをマークした。今季は開幕から主力を担ったが、今夏に加入したDFショルツにポジションを奪われる形で出場機会は減少。今月5日にクラブから今季限りでの契約満了を告げられた。

    スポーツ報知 11/27(土) 16:36
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9a70d332dfd07912613ad38809a99b355573860f

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=521&h=640&exp=10800


    【【サッカー】槙野智章 涙のあいさつ】の続きを読む


    横浜FC(よこはまエフシー、英: Yokohama FC)は、日本の神奈川県横浜市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 2001年にJリーグ加盟。運営会社は株式会社横浜フリエスポーツクラブ、ホームスタジアムはニッパツ三ツ沢球技場、練習場は横浜FC
    77キロバイト (7,642 語) - 2021年11月20日 (土) 09:09




    (出典 f.image.geki.jp)


    プロとしてはダメだというのはわかっているのか。
    まぁまだマスコット需要があるのならいいんじゃないの?

    1 愛の戦士 ★ :2021/11/26(金) 21:13:30.82

    神戸新聞next 11/26(金) 19:00

     プロサッカー選手として36年目。神戸では33歳から38歳の4年半を過ごした。三浦知良、54歳。弱肉強食、世代交代が当たり前の世界で、元日本代表FWは今なお愚直にボールを追う。かつてコラムを連載していた神戸新聞の紙齢4万4444号到達に際し、インタビューに応じてくれたので聞いてみた。「カズ」であり続ける意味って何ですか。(小川康介)

     「僕の職業ですからね、サッカーは。続けられる限り続けたいし、理由なんかないですよ、正直言って。情熱が持てなければピッチに立つべきじゃない。情熱がある限りはグラウンドに立っていいと思っていますから。元サッカー選手にならないようにずっと頑張りたい。練習も、練習試合も、本番も、ピッチに立っただけで幸せですよ。一つでも自分が思い描いていたようなプレーができたら、それが幸せですよ。それを一つでも増やしていけたらなぁ。情熱に陰り? ないですね。ますます毎日『全力少年』って感じですね(笑)」

     -今季、Jリーグ1部(J1)での出場は1試合、1分だけ。3月の浦和レッズ戦で最年長出場記録を54歳12日に更新したが、J2降格が決まった横浜FCの中で戦力になれていない自分がいた。

     「これではプロとして駄目。ここでやるのがいいか、僕を必要としてくれて、少しでも長く試合に出られるようなチームでやるべきなのか。葛藤は常にありますよ。ならやめますかって言われたら、そうじゃない。常に試合に出られるように全力を尽くして準備をしている。毎日休まず、単純な作業をずっと」

     「僕を雇ってくれるかは分からないけれど、サッカーのいいところは、Jリーグで駄目でも地域のリーグやJFLがあり、世界中にプロリーグの下のカテゴリーがある。哲学を持ってやっているチームなら、カテゴリーが『J』じゃなくてもいい。プロ選手じゃないと、サッカーをやっちゃいけないっていうのはないじゃないですか。サッカーは世界的で自由なんです」

     -横浜FCに移籍して16年、来年2月には55歳になる。今オフは移籍の可能性も取り沙汰されている。

     「自分を利用して、必要としてくれるところがあれば、そういうところに行ってやりたいなという気持ちは常にある。でも、それが大変だということもよく分かっている。Jと違うところに行けば環境が悪くなるし、ここ(横浜FC)にいればけがの心配もなく、けがをしてもドクターや施設がそろっている。病院との連携もしっかりしている。グラウンド、クラブハウス、食事面、全てカバーできる」

    ※続きはリンク先で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9435f858e548c7068f572c1442acdad351f5bfbf
    今季のここまでのプレーを振り返り、胸中を語る横浜FCの三浦知良(撮影・鈴木雅之)

    (出典 i.imgur.com)


    【【サッカー】1年間で出場1分、カズ「やめますかって言われたら、そうじゃない」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    まぁ、そうかもしれないねぇ。
    ええ若手や好調な選手呼んでも使わないし、大した戦術ももちあわせてないからね

    1 Egg ★ :2021/11/25(木) 10:25:35.21

    W杯出場圏内に浮上したサッカー日本代表だが、森保一監督に対する批判の声は高まるばかりだ。

     ホームで敗れたオマーンと16日にアウェーで対戦した際は、後半開始から途中出場した代表初選出のMF三笘薫がドリブルで左サイドから積極的に仕掛けると、試合終盤に左サイドを切り裂いた三笘のクロスに、MF伊東純也が合わせて先制。1-0で辛くも逃げ切った。通算成績4勝2敗で勝ち点12の2位に浮上したが、楽観視できる状況ではない。

     最終予選の6試合で計5得点。組織で連動した動きが少なく、攻撃のコンビネーションの手数が少ない。選手の個人技に依存しているため単発に終わるので、自陣に引いている相手も守りやすい。森保監督の采配にも疑問が残る。スタメンで固定しているFW大迫勇也は前線でボールを失う場面が多々見られ、左サイドバックのDF長友佑都も攻守にキレを欠き、クロスの精度が低い。背後のスペースを相手に徹底的に狙われているようにも感じた。森保ジャパンの舵取りを担うMF柴崎岳もパスミスが目立ち、精彩を欠いている。

     他に能力が高い選手がいないわけではない。代表に招集したJリーグで21得点と独走する横浜F・マリノスのFW前田大然は絶好調で、リーグ制覇を決めた川崎フロンターレで中心選手のMF旗手怜央はボランチも左サイドバックもできる。鹿島アントラーズの点取り屋FW上田綺世もJリーグの動きを見ると状態が良い。3選手はアウェーのベトナム、オマーンの2連戦でベンチ外だった。

     元日本代表のOBたちからも、森保監督の采配に疑問の声が噴出している。元日本代表FWの城彰二氏は自身のYouTubeチャンネルで「本当に残念だったのは前田や旗手を招集したにもかかわらず、結局まったく使わなかった。呼ばれた方も厳しいし、送り出したクラブも『これだったらいらないじゃないか』となるし。このへんのバランスを、もう少し考えなければいけないと思います」と指摘。「前田はJで得点ランキングのトップを走っていながら、まったく(試合に)関われない。森保さんが考えることなんで、周りはどうこう言っても変わらないとは思いますけど、競争という部分に関して年齢層が高くなってきているなかで、もっと循環させるべき。若手にチャンスを与えて、ベテランも『負けてられない』となりレベルが上がっていく」と訴えた。

    アエラ 11/25(木) 10:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7752c01c39944ad3d393d24de9f995a48944b68c

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=423&exp=10800


    【【サッカー】日本代表「J1の上位5,6チームより弱い」】の続きを読む


    サンフレッチェ広島F.C(サンフレッチェひろしまエフシー、英: Sanfrecce Hiroshima F.C)は、広島広島市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は「サンフレッチェ広島」(サンフレッチェひろしま)。
    181キロバイト (19,354 語) - 2021年11月22日 (月) 15:59




    (出典 pbs.twimg.com)


    どんな監督なのかよくわからないけど、経歴はすごいなぁ。
    果たしてうまくいくかね。

    1 Egg ★ :2021/11/25(木) 11:53:55.02

    サンフレッチェ広島は25日、22シーズンからドイツ国籍のミヒャエル・スキッベ氏(56)が新監督に就任すると発表した。

     広島は10月26日に城福浩監督の退任を発表。残りシーズンは沢田謙太郎ヘッドコーチが代行として指揮を執っていた。

     1965年8月4日生まれのスキッベ氏は、シャルケで短いプロ生活を終えた後、シャルケU-19で指導者生活をスタート。1994年からドルトムントを指導し、98年にはトップチームの監督に就任した。

     その後はレバークーゼンやフランクフルト、ヘルタ・ベルリンといったドイツの強豪クラブを指揮。トルコリーグでも複数クラブで監督を務めると、2015年からはギリシャ代表を率いた。2020年から今季まではサウジアラビアのアルアインを率いていた。

     クラブを通じ「サンフレッチェ広島での時間を本当に楽しみにしています!このチームで成功すること、素晴らしいファンからのサポートを受けられること、そして日本の人々や文化を知る機会を得られることは私にとって大きな名誉です。サンフレッチェ広島の歴史に名を残せるような素晴らしいチームを作り上げ、皆さまと共に喜びを分かち合いたいと思っています」とコメントした。

    ゲキサカ 11/25(木) 11:43
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eeeaa4efcfb1a9c08568d5fc45613ba910572980

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=480&exp=10800


    【【サッカー】<サンフレッチェ広島>来季は大物監督】の続きを読む

    このページのトップヘ