トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:開幕戦


    (英語) NBA - Facebook NBA Japan - Facebook NBA (NBA) - Instagram NBA (@NBA) - Twitter NBA Japan (@NBAJPN) - Twitter NBA - YouTubeチャンネル NBA (@nba) - TikTok
    56キロバイト (6,035 語) - 2021年10月10日 (日) 03:44




    (出典 worldsports-c.com)


    まだ機能してるとは言い難いし、レブロンを全然温存できそうにないなぁ。
    ネッツも負けたか。

    7 バスケ大好き名無しさん (ワッチョイ 9702-Ie9V [220.151.78.164]) :2021/10/20(水) 14:05:30.02

    向こうの人のセンス好きだわ
    LAL BIG3(キングギドラver)

    (出典 i.imgur.com)


    【【NBA】遂に開幕 レイカーズは、、、】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    186キロバイト (26,435 語) - 2021年8月15日 (日) 15:22




    (出典 the-ans.jp)


    これは是非見たいなぁ。
    大谷翔平はもちろん、トラウトやフレッチャーとかも見たいな!

    1 征夷大将軍 ★ :2021/08/17(火) 12:05:00.78 ID:CAP_USER9.net

    サンスポ
    2021/08/17 05:04
    https://www.sanspo.com/article/20210817-6GS5UV5BJ5K5BPW7E6HMZU2DWQ/

    【アナハイム(米カリフォルニア州)15日(日本時間16日)=山田結軌、丹羽美佳子通信員】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(27)がアストロズ戦に「1番・DH」でフル出場し、4打数2安打で6試合連続安打とした。メジャー単独トップの39本塁打と活躍する大谷に〝夢プラン〟が急浮上。エ軍が2024年に日本で開幕戦を行う可能性があることが分かった。候補地は日本ハム時代のホーム、北海道。早ければ3年後に凱旋(がいせん)を果たす。

    1番に入ったことをきっかけに、一時の不振を脱しつつある。大谷は一回に一塁内野安打を放つと、五回には中前打で2戦連続の複数安打をマーク。10日(日本時間11日)から先頭打者を務め、最近6試合は打率・348、2本塁打、4打点と復調した。

    今季は2番が定位置で厳しいマークに遭っている。55四球はチーム断トツ。だが、1番起用で流れが変わった。相手バッテリーが勝負してくる打席が増え「よりアグレッシブにいける」と前向きに捉えている。

    39本塁打はメジャー単独トップで、投手として7勝をマーク。今やメジャーリーグの〝顔〟となった大谷が2024年にも凱旋帰国するプランが浮上した。

    「日本で試合をするのはいいアイデア。個人的には開幕戦を北海道でやりたい。大谷が所属していたチームだからね。日本で試合をする場合はもちろん、エンゼルスが第一候補。エンゼルスと話し合っていきたい」

    MLB幹部の1人が夢プランを明かした。大リーグ機構(MLB)は世界的なマーケティングの一環として、米国以外での公式戦を実施。現在は日本での開幕シリーズ2連戦を水面下で計画し、大谷が所属するエ軍が筆頭候補。しかも大谷が17年までプレーした日本ハムの本拠地、北海道が候補地の一つだ。

    23年には日本ハムの新球場(開閉式)が北海道・北広島市で開場する予定。過去5度の日本開催はいずれも東京ドームだったことから、同幹部は「最終的には東京になると思うけど…」としながら「北海道でできたらいい」と繰り返した。会場を札幌ドームにすることも考えられる。

    大リーグは来季、米国で一斉開幕(日本時間4月1日)し、23年3月には第5回ワールド・ベースボール・クラシックが行われる見通し。そのため、開催は早くても24年となる。また大谷は23年オフにフリーエージェントの権利を得る。エ軍と再契約を結ぶことが凱旋の条件だ。

    北海道開催に向けて乗り越えるべきハードルはあるが、全米屈指の人気を誇る大谷の〝故郷〟での試合となれば、球団とMLBは前向きに検討するとみられる。二刀流スターの超人的なプレーを、日本のファンが見られる日がやってくるかもしれない。


    【大谷さん 2024年メジャー開幕戦が日本で見られるかも】の続きを読む

    このページのトップヘ