トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:長友佑都


    森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。長崎県長崎市出身。元サッカー日本代表。日本代表監督。 父親が造船関係者だったため幼少期から各地を転居、静岡県掛川市で生まれ、名古屋市、横須賀市、唐津市と転居、唐津市立鏡山小学校
    37キロバイト (3,613 語) - 2021年10月29日 (金) 08:41




    (出典 www.sanspo.com)


    まぁ言ったところで変わるはずないのはわかってるやろなぁ。
    いいんじゃない、負けるまでやらしてみよ

    1 Egg ★ :2021/11/25(木) 06:29:05.04

    サッカー日本代表・森保一監督(53)が自身の采配や起用法に対する異論や反論を〝大歓迎〟した。

     カタールW杯アジア最終予選で序盤の低迷もあり、一部で森保監督に対する批判の声が高まっている。16日のオマーン戦では先発したMF南野拓実(リバプール)とDF長友佑都(FC東京)の左サイドコンビが結果を出せず、後半に途中出場したMF三笘薫(サンジロワーズ)とDF中山雄太(ズウォレ)が活躍。試合後の取材対応では南野と長友を低調と指摘されたことに対して「前半そこまで悪かったですか」と〝反論〟する一幕もあった。

     24日にオンラインで取材に応じた指揮官は、この件に再び言及。「この前の質問めちゃめちゃよかったと思う。きつい質問でしたね」としつつも「それがいいんですよ。自分の意見をぶつけてくる。長友、南野よりも中山、三笘を出したほうがよかったんじゃないかと(いう質問)。僕は違う意見を言ったが、そうやって見てて思っていること、『そっちのほうがいいんじゃないか』、『こういうほうが勝てたんじゃないか』とか(の意見が)すごくうれしいなと思って」と自身の判断への異論や反論を歓迎した。

    「僕も熱く返したけど、みなさんそれぞれいろんな見方があると思うし、俺だったらこうする、私だったらと、どんどん(言って)きてもらったほうがありがたい。そのほうが日本のサッカー文化が広くつくり上げていけると思うのでうれしい」と幅広い議論が日本代表を始め、日本サッカー界全体の向上につながるとの持論を展開した。

     以前から待望論が強かった三笘をオマーン戦でようやく起用した〝真意〟も説明。「例えば、みなさん三笘のことをすごく推されている方が多い。彼の活躍は見ているし我々もずっとしっかり追っていて、どういう成長をしているか見ながら招集している。9月、10月の時点で彼は(クラブで)先発出場ゼロだった。まずは所属チームで成長してくれるのが先決」と新天地でのレギュラー争いを優先させた意図を語った。

     幅広く意見に耳を傾ける〝森保流〟で、指揮官が柔軟な采配を披露していく。
     
    東スポ 11/25(木) 5:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d7531a3ffd561d50c68e2f1ba79bf90fd2c381f 

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=465&h=640&exp=10800


    【【サッカー】森保監督「すごくうれしい」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 the-ans.jp)


    まぁそれで勝てなかったらなぁ。
    すでに二敗してる時点でなぁ。
    てかサイドバックはそうでもないだろ

    1 Egg ★ :2021/11/24(水) 22:28:33.81

    日本代表の守備陣はアジア史上最強と言っていいレベルだろうか。

    現在行われている2022ワールドカップ・アジア最終予選では何かと攻撃面の得点力不足が指摘されているが、守備の方はまずまず安定している。時折危ないシーンはあるものの、ここまで最終予選6試合を戦って3失点だ。

    そのうち初戦のオマーン戦は綺麗にサイドから崩されての失点だったが、残る2点はオーストラリア戦での直接フリーキック、サウジアラビア戦での失点は不用意なバックパスが原因だった。完璧に崩されて失点といったケースはそこまで多くない。

    何よりセンターバック2枚がどちらも欧州5大リーグでプレイしているのが心強い。サンプドリアの吉田麻也、アーセナルの冨安健洋のコンビは鉄板で、5大リーグのセンターバックを揃えるアジアのチームは日本くらいだ。

    2018年のロシア大会での吉田&昌子源、ブラジル大会の吉田&今野泰幸、あるいは森重真人のコンビと比較しても、今の吉田&冨安は日本代表だけでなく、アジア史上最強コンビと言っても大袈裟ではない。

    守備を軸に何とかアジア最終予選を突破したい

    さらにボランチの位置にこれまた5大リーグで大活躍するシュツットガルトMF遠藤航が構えているのも大きい。守備のセンターラインを5大リーグ組で固めることが出来ており、遠藤もデュエルの強さでは歴代屈指だ。ここは長谷部誠以上と言ってもいいだろう。

    右のサイドバックにはマルセイユで長く活躍してきた浦和レッズの酒井宏樹が君臨しており、日本には珍しい大型サイドバックだ。おそらくは来年もパフォーマンスレベルは安定しているはず。

    左の長友佑都には衰えを指摘する声もあるが、オランダのPECズヴォレで活躍する中島雄太がスタメン候補に名乗りを上げてきたのが心強い。全盛期の長友ほどのスピードや攻撃性は備えていないが、中山はセンターバックもこなす守備力を持っている。守備を安定させるうえでは今の長友より信頼できるのではないか。

    センターバックの控えにはドイツ2部ながらシャルケでポジションを掴む板倉滉がおり、実に頼もしい存在だ。

    攻撃面に物足りなさが残るのは事実だが、この最終ラインが来年のカタール大会で欧州や南米の強豪に通用するか見てみたいと考えているサポーターは多いはず。

    それこそロシア大会では全試合で失点があり、セネガル戦(2-2)、ベルギー戦(2-3)では複数失点してしまった。しかし、今の守備陣ならばもう少し失点を抑えられるかもしれない。攻撃は地味でも、2010年の南アフリカ大会のように耐え忍ぶ戦いで上位を目指す手もある。

    対戦相手にもよるが、おそらくワールドカップ本番では相手にボールを支配される時間が長くなるはず。それに耐えることが出来なければ、たとえ攻撃に自信があっても戦えない。

    今の守備陣であればトップレベルのチーム相手でもある程度は抑え込めるはずで、そこは大いに期待できる。その意味でもアジア最終予選は内容より結果が大切だ。渋い戦いでも何とかカタールへの切符を掴んでほしいところで、守備が計算できればベスト16以上を伺うことも不可能ではないはずだ。

    11/24(水) 22:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebd2bd2d757298003cb3dd90df3e991693f24a21

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】現日本代表は《アジア史上最強》の守備?】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 f.image.geki.jp)


    うーむ。
    1試合だけならまだいいんですけど、そうじゃないから言われるのでは?

    1 Egg ★ :2021/11/21(日) 20:28:22.79

    「1試合悪かったらどうしても年齢のせいにされる」

     2022年カタールワールドカップ最終予選の天王山と言われた11月の2連戦で勝ち点6を確保し、日本は2位浮上を果たした。しかしながら、絶対的1トップの大迫はケガから復帰した直後ということもあり、コンディションが万全とは言えず、結果としてノーゴール。消化不良のまま帰国の途に就くことになった。

     2戦連続で決勝弾を挙げたのは、ご存じの通り、ワールドカップ最終予選初参戦の伊東純也。しかも16日のオマーン戦では三笘薫と中山雄太の東京五輪世代が目覚ましい働きを見せた。こうした状況もあり、30代のベテラン勢への風当たりが強まっているのも事実だ。

    「1試合悪かったらどうしても年齢のせいにされる。それは最近のメディアを見てると長友(佑都)選手、大迫選手も同じ気持ちかなと思います」とキャプテン・吉田麻也も厳しい表情で語ったが、大迫自身も悔しさひとしおだったに違いない。

     低評価を覆すためには、8月に赴いた新天地・ヴィッセル神戸で結果を出し続けるしかない。すでに今季のJ1は川崎フロンターレが優勝。カップ戦タイトルの可能性もついえたが、神戸には来季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権という大きなターゲットが残っている。それを引き寄せることが、背番号10に課せられた最重要タスクだった。

     自身も代表OBである三浦淳寛監督も、大迫の完全復活を誰よりも強く願っているはずだ。オマーン戦から長距離移動を伴う中3日で迎えた20日の横浜FC戦も、迷わず先発で送り出した。11月はこれで5戦目の超過密日程。だが、出番を得られず苦しんだブレーメン時代を考えれば、多少のハードスケジュールは本人も歓迎だろう。気合を入れて横浜・ニッパツ三ツ沢球技場のピッチに立った。

    フットボールチャンネル 11/21(日) 11:19

    全文 一部抜粋
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9cf97bf8d4c69fff1ddedf85636379e447651e8


    【【サッカー】<吉田麻也>「1試合悪かったら年齢のせいにされる」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,123 語) - 2021年11月16日 (火) 19:24




    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    ですなぁ、長友さんやらを使わないといけない人手不足感は否めないよねえ。
    どうしようか。

    1 Egg ★ :2021/11/18(木) 22:18:15.49

    長友佑都(FC東京)が日本代表にデビューしたのは、2008年5月24日のこと。当時、プロ入りしたばかりの21歳は、豊田スタジアムで行なわれたコートジボワール戦で左サイドバックとしてスタメン出場を果たした。

     以来、長友は日本代表のこのポジションを13年に渡って守り続けている。これまでに酒井高徳(ヴィッセル神戸)や、現体制では佐々木翔(サンフレッチェ広島)、安西幸輝(鹿島アントラーズ)らがポジション争いに挑んだものの、公称身長170cmの"小さな巨人"の牙城を崩せないでいる。

     すでに35歳。強靭なフィジカルを武器に世界と渡り合ってきた日本サッカー史上最高の左サイドバックは、今なおこのポジションのトップランナーとして走り続けている。

     代表キャップ数は歴代2位の131試合を数え、その経験値の高さはほかの追随を許さない。アジア最終予選に入ってもスタメンとしてピッチに立ち続けているのは、想像を絶するような自己管理と自己研磨の賜物だろう。

     現役でありながらレジェンドの域に達する長友が今、批判を浴びている。

    「終わった選手」「穴になっている」「交代カードが1枚もったいない」

     心ない批判を受けるのは代表選手の宿命だが、日本サッカーの歴史を紡いできた鉄人に対して、あまりにもリスペクトを欠く。

     イメージを悪くしたのはオーストラリア戦だった。サイドの高い位置を取り、背後のスペースを突かれ、失点につながるFKのきっかけを与えたシーンだ。もちろん、チームとしての守り方の問題もあったが、長友のポジショニングの悪さがクローズアップされた。

     続くベトナム戦、そして今回のオマーン戦では攻撃面を指摘されている。たしかにこの2試合では攻められるシーンはほとんどなかった一方で、活発だった右サイドに比べ、長友と南野拓実(リバプール)が形成する左サイドは連動性を欠き、停滞感が漂ったことは否定できない。

     オマーン戦では23分に、鋭い縦への持ち出しから伊東純也(ゲンク)の決定機を演出したように、左からもチャンスがなかったわけではないが、それも単発にすぎなかった。

    つづく

    スポルティーバ 11/18(木) 16:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/36f0d5acfe339eb04bed3b934d8e4eb919d26676

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=480&exp=10800


    【【サッカー】日本代表のサイドバックは誰が良いの?】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,123 語) - 2021年11月16日 (火) 19:24




    (出典 f.image.geki.jp)


    残念だけど、もう無理だと思う。
    若手を使いなさいよ。
    何のために兼任してたんや

    1 ゴアマガラ ★ :2021/11/17(水) 22:13:54.52

    FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選グループB第6節のオマーン代表対日本代表戦が現地時間16日に行われ、日本代表がアウェイで1-0の勝利を収めた。
    難しいアウェイゲームをものにしたが、前半は攻撃が停滞。柴崎岳は低調なパフォーマンスに終始し、前半終了とともにベンチに下がった。

    ロシアワールドカップでレギュラーに据えられた柴崎は、大会後に就任した森保一監督の下でも中心的な存在としてプレーしてきた。ゲームキャプテンを任されたこともあるほど、チームからの信頼は厚かったが、
    ここのところは低調なパフォーマンスが続く。4-3-3の新布陣が適用された10月のオーストラリア代表戦以降は先発を外れていたが、守田の出場停止によりオマーン代表戦でチャンスが回ってきた。

    柴崎自身にとっても雪辱を期すゲームだったはずだ。サウジアラビア代表戦では自身のパスミスが失点につながり、日本代表は痛恨の2敗目を喫した。
    柴崎はその試合以来の先発。しかし、右のインサイドハーフでプレーした柴崎は、ほとんど何もできないままピッチを後にすることとなった。

    AFC(アジアサッカー連盟)公式サイトのスタッツによると、柴崎のタッチ数は23回。パス成功数はわずか11本で、ボールロストも散見された。タッチポジションは敵陣右サイドの1か所に偏っており、
    山根視来や伊東純也との連動も乏しかった。チームのビルドアップは各駅停車で、柴崎は攻撃を停滞させた一因となってしまった。

    現状で4-3-3の3センターは、遠藤航、田中碧、守田の3人がベストチョイスとなる。ボール奪取力に優れる遠藤を中央に、配球能力のある田中と、カバーエリアの範囲が持ち味の守田が両脇でプレーする。

    柴崎にとってライバルはこの3人だけではない。南野拓実や鎌田大地はこのポジションで起用することもできる。稲垣祥をはじめ、
    Jリーグにも候補はひしめく。かつては中心的存在だった柴崎も、もはや立場は保証されていないといっていいだろう。

    柴崎が日本代表で輝きを取り戻すには、それ相応のパフォーマンスを見せる必要があるが、守田が戻ってくれば出場機会は減ることが予想される。
    このオマーン戦が最大のチャンスだったが、限界と言われても仕方ないパフォーマンスだった。

    https://www.footballchannel.jp/2021/11/17/post445090/

    (出典 img-footballchannel.com)


    【【サッカー】柴崎岳にもはや居場所はなし】の続きを読む

    このページのトップヘ