トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:鎌田大地


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。妻はモデルの佐藤ありさ。 2006年から代表引退を発表した2018年
    58キロバイト (6,487 語) - 2021年11月8日 (月) 15:28




    (出典 img-footballchannel.com)


    すごいなぁ、あの年齢でまだベストイレブンに選ばれるくらいに活躍できるのかあ。

    1 Egg ★ :2021/11/22(月) 19:44:02.77

    フランクフルトの勝利に貢献した長谷部誠はドイツ誌『キッカー』で今季初めてベストイレブンに選ばれた。

    21日に行われたブンデスリーガ第12節でアウェーのフライブルク戦に臨んだフランクフルト。オリヴァー・グラスナー監督は長谷部を最終ラインの中央に、鎌田大地を前線の左に置く3-4-3を選択。34分にイェスパー・リンドストロムが相手のクリアミスから先制点を奪うと、43分にフィリップ・コスティッチが低い位置からのFKで追加点。後半は相手の攻撃をシャットアウトし、3位と好調のフライブルクを2-0で下している。

    今季は勝利を収めてもプレー内容から批判を浴びることが多かったフランクフルトだが、『キッカー』はこのフライブルク戦でのチームパフォーマンスを受け、「まるで別者」と評価。マッチレポートでは運に助けられた場面もあったが、「コンパクトで執念深い守り」などが挙げられ「全体的に明らかに改善した」と記された。

    そんな中、同誌は守備ラインに安定感を与えたフル出場の長谷部を高評価。「2.5」とマン・オブ・ザ・マッチのリンドストロムやGKケヴィン・トラップ(「2」)に次ぐパフォーマンスとされ、さらに2人とともに自身今季初めて同誌のベストイレブンにも選出されている。一方、鎌田はチーム最低タイの「3.5」となった。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    なおこの結果、フランクフルトは3勝6分け3敗で11位に浮上。グラスナー監督の下ではリーグ戦での先発出場が少なかった長谷部だが、フライブルク戦でのプレーが今後の出場機会の増加につながるのだろうか。

    GOAL 11/22(月) 19:22
    https://news.yahoo.co.jp/articles/434f3ba9b9e80334f6c4bf696630a23bbb1e0e65

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】<長谷部誠>ほんま不死鳥やな】の続きを読む


    アイントラハト・フランクフルト(Eintracht Frankfurt e. V.)は、ドイツ・ヘッセン州・フランクフルト・アム・マインに本拠地を置く総合スポーツクラブ。サッカー部門が特に知られているが、その他にも女子サッカー、バスケットボール、アイスホッケー、ハンドボール、ホッケー、陸上競技、ラ
    68キロバイト (2,269 語) - 2021年10月2日 (土) 17:43




    (出典 number.ismcdn.jp)


    どうなんやろねぇ。
    ミランさんほんとに獲る気あるのかなぁ。
    まぁ33億では無理やろうけど。

    1 Egg ★ :2021/11/03(水) 12:13:07.00 ID:CAP_USER9.net

    注目を集める日本代表MF鎌田大地の去就について、フランクフルト地元メディア『Frankfurter Neue Presse』が伝えている。

    昨季はブンデスリーガで5ゴール15アシストを記録した鎌田。しかし、今季はオリヴァー・グラスナー監督の信頼を確立できず、ベンチに座る機会が増加している。現行契約は2023年までとなっており、去就が注目を集めている。

    先日イタリア『Calciomercato』は、夏にも移籍が噂されたミランが再び鎌田に接触していると報じていた。そして『Frankfurter Neue Presse』も、鎌田のミラン移籍の可能性について報道。「2度目の試みが行われており、いつ獲得に踏み切るかわからないが、冬に契約を望む可能性もある」と伝えている。

    「鎌田の契約は2023年までであり、フランクフルトは遅くとも来夏までには売却する必要がある。そうしなければその1年後にフリーで失うが、そのシナリオは阻止しなければならない。この25歳の市場価値は2500万ユーロ(約33億円)で、契約が延長されない可能性は非常に高い」

    また、「鎌田の今季のパフォーマンスはムラがある。グラスナ―監督のもとではポジションを確立していないため、そろそろフランクフルトを離れることを考えるべき」と指摘。今夏の移籍市場を振り返りつつ、以下のように続けた。

    「今夏にもプレミアリーグやセリエAの複数クラブが接触していた。契約更新を避けているため、フランクフルト側はコロナ禍の財政難もあって適切な移籍金での放出を準備していたようだが、そうはならなかった」

    「彼に関しての噂は消えることなく、フランクフルト残留よりも来夏までには退団している可能性が高いと思われる。フランクフルトのプランに応じるクラブがあれば、行く手を阻むものはないだろう」

    GOAL 11/3(水) 7:21
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c49bac5d4b5921ad2eee5577724f1b157d98420

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=402&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】鎌田さん やっぱ移籍?】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,122 語) - 2021年10月12日 (火) 10:17




    (出典 torukuma.com)


    4-3-3と三苫さんね。
    鎌田さんは使えなくなるかな。
    古橋さんをどこで使うのかも、見どころやな。

    1 Egg ★ :2021/10/27(水) 22:15:15.75 ID:CAP_USER9.net


    (出典 soccerdigestweb.thedigestweb.com)


    カタール・ワールドカップ・アジア最終予選で2勝2敗の日本代表は、11月にベトナム、オマーンとアウェー2連戦を戦う。前節のオーストラリア戦で4-3-3を採用し、勝利を収めた日本だが、果たしてその結果を受けて、11月シリーズの戦いではいかなるメンバー構成で挑むのか? 識者の見解を訊いた。
    文:加部究(スポーツライター)

    ――◆――◆――

    森保一監督が4-3-3を選択したことで、当然最も序列に変化が出たのは遠藤航を除くMFになる。オーストラリア戦では、遠藤をアンカーに据え、田中碧と守田英正がインサイドハーフ(IH)のスタメンでプレーをした。3人が入れ替わっても相互の役割を果たせるので流動性も生まれた。今後も先制ゴールを奪った田中のスタメン定着は固い。しかしこの一戦では、サウジアラビア戦で失点のきっかけを作った柴崎岳の心身両面での影響を考慮した可能性が高く、1度固めたコアメンバーは絶対に外さない監督の性格からしても11月の2戦では柴崎に守田と同じくらいのプレー時間が与えられる可能性もある。ただしIHには他にも適任者が少なくない。復帰してくれば久保建英が最適だし、鎌田大地や南野拓実も可能だ。あるいは鎌田の調子が上がらないようなら、運動量豊富で仕掛けも出来てスルーパスもある荒木遼太郎の抜擢も面白いが、もちろん追い込まれた指揮官にそんな大胆なアイデアがつけ入る隙はない。

     また大迫が故障したセンターフォワード(CF)は、これまでの経緯を考えればオナイウ阿道と古橋亨梧が最有力だが、プロ入り後確実に身体も大きくなり力強さも増している上田綺世という選択肢があっても良い。

     11月シリーズは、3トップで間違いなく切り札(目玉)になるのが左ウイングの三笘薫だ。10月シリーズでは左サイドを南野に託していたが、さすがに今回ばかりは慎重居士の指揮官も招集に踏み切るはずだ。所属のユニオンでもハットトリックを記録するなど大活躍で、なおかつ対戦相手に情報も乏しい。東京五輪でのメキシコ戦やベルギーリーグでのプレーを見ても、初対面の相手が三笘を止めるのは難しい。ここまで招集しなかったのは大きな失策だが、結果的にこれだけ重要な手札を隠して来られたのは不幸中の幸いだった。せっかくの機会なので、くれぐれも終盤の15分程度しか使わずに墓穴を掘る事態だけは避けてほしい。さらに三笘と上田なら大学時代からの旧知なので、良好な連係も期待できる。

    サッカーダイジェスト 2021年10月27日
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=100127


    【【サッカー】日本代表 11月の注目は、、、】の続きを読む


    鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、愛媛県出身のプロサッカー選手。ポジションはMF。ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルト 所属。日本代表。 福島ユナイテッドFCに所属する鎌田大夢は実弟である。 「キッズFC」(現・FCゼブラキッズ)でサッカーを始めた。2009年のJOMOカップ、U13
    22キロバイト (1,939 語) - 2021年10月8日 (金) 01:24




    (出典 f.image.geki.jp)


    うーむ、信じ難いねぇ。
    イスコ獲れるならイスコの方がええと思うけど。
    ジャパンマネーてそんなに利益あるんやろか

    1 Egg ★ :2021/10/27(水) 17:00:08.51

    イタリア1部ACミランがドイツ1部Eフランクフルトの日本代表MF鎌田大地(25)を獲得に乗り出すとイタリアメディア「ストップ&ゴール」が伝えている。

     同メディアによると「ACミランはステファノ・ピオリ監督のニーズを満たす準備ができている」とし「市場のターゲットの1人はEフランクフルトのMFである鎌田だ。彼のパフォーマンスはさまざまな候補者の間でACミランを魅了したようだ」とし、早ければ来年1月の冬の市場で獲得に動くという。

    「かなり良い数字、ドイツリーグでの興味深い経験、そしてステファノ・ピオリに合うすべての特長、資格を持っている。複雑な時間(多くのケガ人)の中、鎌田はミッドフィールダーとして攻撃する役割を果たし、必要に応じて(ミラン10番のMF)ブラヒム・ディアスの代わりにプレーできる」と指摘した。

     ACミランは8月末が締め切りだった夏の移籍市場でも鎌田をリストアップしていたと報じられており、引き続き、日本人MFに注視しているようだ。また、Eフランクフルトと2023年6月末まで契約があり、移籍金は1000万(約13億2000万円)~1500万ユーロ(約19億8000万円)になる見込みという。

     同メディアは「ターゲットを絞った購入でチームを強化することを望んでいるミラノにとって重要な補強になる。早ければ鎌田は1月にミランに到着する可能性がある」と伝えている。

    東スポ 10/27(水) 11:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a8e917a6bb0b3bb6d87fadf35eac807317df014e

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=590&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】<ACミラン>鎌田さんに興味あるん?】の続きを読む


    ACミラン(イタリア語: Associazione Calcio Milan, イタリア語発音: [assotʃatˈtsjoːne ˈkaltʃo ˈmiːlan])は、1899年に設立されたイタリア・ミラノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。
    113キロバイト (7,353 語) - 2021年10月23日 (土) 13:24




    (出典 www.football-zone.net)


    どうやろか、ホンマやろうか。
    鎌田さん自身今シーズンはパッとしないからなぁ。
    欲しがるとは思いにくいな。

    1 Egg ★ :2021/10/24(日) 17:08:56.14

    イタリアのビッグクラブが、若き日本人プレーヤーに狙いを定めたようだ。

     ミランの情報を主に扱うニュースメディア『SempreMilan』はミランがフランクフルトの鎌田大地の獲得に動き出したと伝えている。

    【動画】キレキレの鎌田がオリンピアコスを翻弄! 自身も3点目をあげた試合のハイライトをチェック

    「ミランの新プレーメーカー探しが、25歳のアイントラフト・フランクフルトのスターにつながる」とのタイトルが掲げられたトピックでは、欧州屈指の名門が鎌田を求める理由を次のように述べている。

    「10月16日に行なわれたベローナ戦の前半と、10月19日のチャンピオンズリーグ・ポルト戦のほぼ全試合で目についたのは、ミランが守備から攻撃への移行でかなり苦戦したことであり、ブラヒム・ディアスの不在と、経験の浅いダニエル・マルディーニを除けば唯一の純粋な攻撃的MFであるジュニオール・メシアスの不在がはっきりと感じられた」

     ここ数試合で表れた攻守の切り替え時のウイークポイントを挙げ、その上で「だからこそ、新たなプレーメーカーの獲得が視野に入ってくるのだ」と攻撃の核となるべき選手の必要性を提示した。
     
     また記事内では、「この25歳の攻撃的MFは、フランクフルトとの契約が2023年までとなっており、市場価値は2500万ユーロとされている」と現在の契約状況なども説明し、さらに「ミランがダイチ・カマダを移籍先リストに加えた」とも報じている。

     鎌田は今季、ドイツのブンデスリーガでリーグ戦7試合、国内カップ戦1試合、ヨーロッパリーグ(EL)3試合に出場している。10月21日のELグループリーグ第3節オリンピアコス戦ではフル出場を果たし、59分にチーム3点目となるゴールを決めてEL初勝利に貢献している。このゲームでは序盤から高い位置でボールを受け、精力的に動き続けるなど攻撃の起点として活躍。自身のゴールも相手GKが弾いたボールへの鋭い反応から生まれた見事なものだった。

     21歳で欧州に渡り、ドイツ、ベルギーでもプレー。フランクフルトでは主力としての地位を確立し、クラブでも日本代表でも貴重な戦力として存在感を示している。

     来季までの契約とされている中で、今回の報道がどのように影響するかは定かではない。だが鎌田の名門入りが実現するならば、イタリアの地で日本の若き才能がどのようなプレーをみせてくれるか、楽しみなのも確かだ。
     
    ザ・ダイジェスト 10/24(日) 14:26
    https://news.yahoo.co.jp/articles/38aaefd8f61a23ffed3d13617c597a4da06223e9

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】ミランが日本代表をリストアップ?】の続きを読む

    このページのトップヘ