トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:鎌田大地


    鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、愛媛県出身のプロサッカー選手。ポジションはMF、FW。ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルト 所属。日本代表。 福島ユナイテッドFCに所属する鎌田大夢は実弟である。 「キッズFC」(現・FCゼブラキッズ)でサッカーを始めた。2009年のJOMOカップ、U13
    22キロバイト (1,938 語) - 2021年7月6日 (火) 11:39



    (出典 www.dailyshincho.com)


    チャルハノール抜けたからなぁ。
    その穴埋め候補になったくらいだろうけど、ミランかぁ。
    見てみたいけど、、、

    1 ゴアマガラ ★ :2021/07/06(火) 21:20:11.19 ID:CAP_USER9.net

    ドイツ1部Eフランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地(24)にイタリア1部ACミラン移籍が浮上した。イタリアメディア「Stop&Goal・cоm」が伝えている。

     ステップアップを求めている鎌田は今夏の移籍がささやかれており、これまでにイングランド・プレミアリーグのトットナムやレスター、スペイン1部セビリアが興味を示していると報じられている中、
    同メディアによると、ACミランは昨季限りで退団したトルコ代表MFハカン・チャルハノール(27)の代わりに鎌田をリストアップしているという。

    同メディアは「ミランはカマダをチャルハノールの後任として目標の中に入れた。Eフランクフルトのサッカー選手は2023年に失効する予定であり、
    チャンピオンズリーグでプレーしたいと考えている。給料は完全に手の届くところにあり、今では取引が成立する予定だ」と報じた。

     一方、EフランクフルトはACミランに所属するノルウェー代表FWイェンス・ハウジ(21)の獲得に向けてオファーを出していることから「ミランはトレードを考えている」とし
    「日本のプレーヤーは2500万ユーロ(約32億7000万円)の評価を持っており、ミラノは取引にハウジを含めることで投資を行うことができる」とも伝えている。

    ただ、ACミランはスペイン1部レアル・マドリードのMFイスコ(29)にも興味を示していると報じられており、今後の動向が気になるところだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b8e63e6412ad8eeedbf21a696cef99d5d2bf2f0


    【鎌田にACミラン移籍が浮上した模様】の続きを読む


    鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、愛媛県出身のプロサッカー選手。ポジションはMF、FW。ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルト 所属。日本代表。 福島ユナイテッドFCに所属する鎌田大夢は実弟である。 「キッズFC」(現・FCゼブラキッズ)でサッカーを始めた。2009年のJOMOカップ、U13
    22キロバイト (1,938 語) - 2021年6月17日 (木) 01:07



    (出典 img-footballchannel.com)


    伊東純也や鎌田大地とかはオリンピック出てないのかぁ。
    鎌田さんは特にここ最近活躍してるからすごいよなぁ

    1 久太郎 ★ :2021/06/23(水) 11:51:53.23 ID:CAP_USER9.net

     日本サッカー協会(JFA)は22日、東京オリンピックに臨むU-24日本代表のメンバーを発表した。

     久保建英や堂安律らが選出される一方で、名前を呼ばれなかった選手もいる。それでも「オリンピックはひとつの通過点」という言葉があるように、彼らのサッカー人生はこの先も続いていく。過去の大会でも、多くの有望な選手が落選。悔し涙を飲んできたが、オリンピックの18人のメンバーから外れて、そこからA代表で飛躍した選手も少なくない。そこで今回は、1996年のアトランタ大会以降の代表的な選手たちを紹介する。

    ▼リオデジャネイロオリンピック
    <主な落選選手>
    伊東純也、橋本拳人、鎌田大地、オナイウ阿道

     いずれも、直近のA代表マッチに出場した選手たちだ。4人のうち、鎌田とオナイウは1996年生まれ。オーバーエイジを除くと1993年生まれが最年長となる“リオ世代”の中で最も年下だったため、選考の段階ではやや不利な状況だった。それでも鎌田は鳥栖で結果を残して海外移籍を果たすと、今やフランクフルトの中心選手として活躍。オナイウもJリーグで確実な成長を遂げ、今月11日のセルビア戦でA代表デビューを果たした。15日のキルギス戦では、代表初先発でハットトリックを達成し、一躍“時の人”となった。

    ▼ロンドンオリンピック
    <主な落選選手>
    大迫勇也、原口元気、柴崎岳、昌子源

     酒井宏樹など“オリンピック出場組”もA代表で長く活躍しているが、2018年のロシア・ワールドカップで輝きを放ったのは、むしろ“落選組”の方だった。大迫、原口、柴崎、昌子はいずれもワールドカップで3試合以上に出場し、大迫は初戦のコロンビア戦、原口は決勝トーナメント1回戦のベルギー戦でゴールを奪った。また4人全員が海外移籍を果たし、昌子を除く3人は今も粉骨砕身の日々を過ごしている。

    ▼北京オリンピック
    <主な落選選手>
    家長昭博、青山敏弘、興梠慎三、伊野波雅彦

     ロンドン世代とは対照的に、北京世代はオリンピック出場組がその後大きな飛躍を果たした。本大会は3戦全敗に終わったが、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、長友佑都、吉田麻也、内田篤人ら当時のメンバーが次々と海外移籍を果たし、長きにわたって日本代表チームを支えてきた。一方で“落選組”にも、豪華な顔ぶれが並ぶ。直前のケガでオリンピックを棒に振った家長は、2018年のJリーグMVPを受賞。青山や興梠も日本を代表する選手となり、伊野波は2014年のブラジル・ワールドカップメンバーに名を連ねた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/181144e91e5914fce316ca1fc34442a5da195071

    >>2以降に続く


    【五輪メンバーから落選後、A代表で飛躍した日本代表の選手】の続きを読む


    鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、愛媛県出身のプロサッカー選手。ポジションはMF、FW。ブンデスリーガ、アイントラハト・フランクフルト 所属。日本代表。 福島ユナイテッドFCに所属する鎌田大夢は実弟である。 「キッズFC」(現・FCゼブラキッズ)でサッカーを始めた。2009年のJOMOカップ、U13
    22キロバイト (1,938 語) - 2021年6月17日 (木) 01:07



    (出典 soccer-time.net)


    まぁ、否定的なコメントが多いよなぁ。
    リーガで活躍する初めての例になって欲しいけど、イメージがうかばんな

    1 数の子 ★ :2021/06/17(木) 20:09:04.16 ID:CAP_USER9.net

    今夏の去就が注目を集めているのが、フランクフルトの鎌田大地だ。

     2020-21シーズンのブンデスリーガで5ゴール・12アシストをマークした日本代表アタッカーには、トッテナムやセビージャといった強豪クラブが関心を示している。

     だが先日、クラブの強化担当者が「現時点では、カマダに対する具体的なオファーはゼロだ」と明*など、残留の可能性も出てきている。

     そんななか、セビージャの地元紙『La Colina de Nervion』が、「ダイチ・カマダがセビージャのクオリティを飛躍的に向上させる」と題して、クラブ側の動きを伝えた。

     記事によれば、敏腕で知られるセビージャのモンチSDは、今夏の移籍市場でチームの質を上げる選手の獲得を目論んでおり、そのひとりとして「素晴らしいシーズンを過ごした」鎌田に注目しているという。


     同紙は「カマダは中盤の中央でも右サイドでもプレーできる」とし、「(ジュレン)ロペテギ監督の4-3―3に収まる可能性がある」と伝え、こう特長を紹介している。

    「24歳のプレーヤーは、パスのクオリティが際立っていて、FWの素晴らしいパートナーとなる。またドリブルが上手く、DFに1対1を仕掛けるのを好み、フェイントが大きくて止めるのは難しい」

     また移籍金については、「市場価値は2500万ユーロ(約31億円)で、フランクフルトは値下げするとは言ってない。だが選手の意向は重要であり、最終的に数百万ユーロ安くなる可能性がある」と綴っている。

     どうやらセビージャの鎌田への興味は間違いないようだが、あとは移籍金などの条件がまとまるかというところだろう。もし、このアンダルシアの雄に加入すれば、自身初のチャンピオンズ・リーグに参戦することになるが、果たして…。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0380c9cc1c84072c462d14ce89b1f95f4f26ffb4


    【鎌田大地のセビージャ移籍説 どうすか】の続きを読む


    鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、愛媛県出身のプロサッカー選手。ポジションはMF、FW。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。日本代表。 福島ユナイテッドFCに所属する鎌田大夢は実弟である。 「キッズFC」(現・FCゼブラキッズ)でサッカーを始めた。2009年のJOMOカップ、U13
    21キロバイト (1,890 語) - 2021年6月3日 (木) 17:11




    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    なかなかの物を見させていただきましたね。
    2点目のあの落ち着き、堂々とした姿は期待せずにはいられな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/04(金) 08:41:07.49 ID:CAP_USER9.net

    一つ一つの基礎レベルの高さが分かった試合となった。

    予定されていたジャマイカ戦が中止となり実現した日本代表対U-24代表の一戦は3-0でフル代表が意地を見せる形となった。

    そのフル代表の中でも特に目立った選手は[4-2-3-1]のトップ下で出場した鎌田大地か。

    開始早々、右サイドからのコーナーキックのキッカーを任された鎌田は右足で高精度のクロスを供給。ニアサイドで大迫勇也が後ろへそらすと、橋本拳人が押し込んで先制に成功。

    その後は、押し込んだU-24代表に対して、常にポジションを変更するマークに付かれない動き出しで相手をかく乱していた。また、バイタルエリアで相手からのプレッシャーが軽いこともあってか簡単に前を向いてプレイしているように見えた。そこから何本もスルーパスを供給しており、U-24代表にはバイタルエリアでの守備意識を高めて欲しい。

    そして前半41分の追加点のシーンだ。南野拓実からのパスを収めたファーストタッチでDFを外し、逆足でのシュートとなったが完璧なコースに決めている。U-24代表が距離を取った守備をしていたこともあったが、あそこで決めてしまえるのはさすがの一言だ。残念ながら前半のみの出場となったが、後半も圧倒的なパフォーマンスを披露して欲しかったものだ。

    後半から出てきた遠藤航しかり、ドイツでしっかり出場機会を得て、結果を出している選手のレベルの高さが分かった試合であった。鎌田はまだ24歳と若くこれからが非常に楽しみな選手だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c2e891e4a9493f790425ea86ea95ba0d1457e54d
    6/4(金) 7:01

    生年月日: 1996年8月5日 (年齢 24歳)
    出生地: 愛媛県
    身長: 180 cm


    (出典 Youtube)


    【鎌田さん ドイツの地で12アシストは伊達じゃない】の続きを読む


    2020-21ブンデスベストイレブンに鎌田さんと遠藤さんが

    サッカー・ブンデスリーガ(ドイツ)(ドイツ語: Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。
    43キロバイト (2,063 語) - 2021年5月22日 (土) 16:45


    これは凄い、中盤のベストに日本人が2人いるのは凄いわぁ。遠藤さんは選ばれると思ってたけど、鎌田さんも選ばれて良かったわ

    2020-21シーズンブンデスリーガ5月22日に終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

    ベストイレブン
    GK:グラーチ
    DF:バク、ウパメカノ、アラバ、コスティッチ
    MF:鎌田、遠藤航ミュラー
    FWアンドレシウバレヴァンドフスキ、ハーランド

    GKペーテル・グラーチ(31歳/ライプツィヒ)



    Getty Images

    出場試合数:33(先発回数:33)/失点数:30/出場時間:2970分
    リーグ最少失点に抑えたライプツィヒの守護神を選出。最終節を除いてフルタイム出場を果たしたハンガリー代表守護神は、確実性が売りで年々安定感を増している。ミスの少なさからバックラインに安心感を持たせている。

    DFリドル・バク(23歳/ヴォルフスブルク)


    Getty Images

    出場試合数:34(先発回数:33)/ 得点数:6/出場時間:2869分
    マインツから加入したバクがヴォルフスブルクチーム力を押し上げた。サイドバックが本職ではあるものの、主に右サイドハーフでのプレーが多かったバクは、攻撃面で十分なアクセントを付ける役割を担った。ユーロメンバーからは漏れたものの、11月にはドイツ代表初招集も受け、今後の活躍が期待される。

    DFダヨ・ウパメカノ(22歳/ライプツィヒ)


    Getty Images

    出場試合数:29(先発回数:27)/得点数:1/出場時間:2331分
    そのポテシャンルは留まることを知らない。今季は3バックの中央を任されることが多かったが、ディフェンスラインを統率しつつ、フィード面でも器用にこなすなど攻守に活躍した。圧倒的なフィジカルを武器に相手FWを封じる様は風格すら感じる。来季は恩師のナーゲルスマン監督と共にバイエルンに活躍の場を移す。

    DFダビド・アラバ(28歳/バイエルン)


    Getty Images

    出場試合数:32先発回数:30)/得点数:1/出場時間:2676分
    昨季完全に定着したセンターバックで今季も安定したプレーを続けた。本人は乗り気ではないセンターバックでのプレーのようだが、持ち前のスピードを武器に後方のスペースをケアできる強みを生かして守備を安定させた。バイエルンを退団し、新天地にはレアル・マドリーを選んだが、そのユーティリティさを武器に大きな存在感を示すはずだ。

    MFフィリップ・コスティッチ(28歳/フランクフルト)


    Getty Images

    出場試合数:30(先発回数:29)/得点数:4/出場時間:2536分
    フランクフルトの攻撃の要。左サイドから縦に仕掛けて送られるクロスは一級品で、幾度もアンドレシウバゴールアシストした。今季は計17アシストを記録し、鎌田と共にチャンスメークを担った。

    MF鎌田大地(24歳/フランクフルト)


    Getty Images

    出場試合数:32(先発回数:28)/得点数:5/出場時間:2372分
    フランクフルト復帰2シーズン目も大きな飛躍を遂げた。5ゴールに加え、記録したアシストの数は実に15。フランクフルト躍進の原動力となった。惜しくもクラブ史上初のCL出場は逃したが、リーグ屈指の攻撃的MFとして来季の活躍にも期待が高まる。

    MF遠藤航(28歳/シュツットガルト)


    Getty Images

    出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:3/出場時間:2957分
    鎌田と共に日本人という贔屓目がなくともベストイレブン選出に相応しいパフォーマンスを見せた。リーグにおけるデュエル勝率一位という偉業を達成し、日本人でもフィジカル面で対等以上に渡り合えることを証明した。最終節こそ出場停止で欠場したが、それ以外は先発とケガに強い点も大きな魅力だ。

    MFトーマス・ミュラー(31歳/バイエルン)


    Getty Images

    出場試合数:32(先発回数:31)/得点数:11/出場時間:2685分
    リック監督との相性はやはり抜群だったようだ。昨季に続き、圧巻のスタッツを残して見せた。11ゴール21アシストと桁外れの数字を残し、相棒のレヴァンドフスキゴールをお膳立てして見せた。レヴァンドフスキと共にバイエルン9連覇のキーマンとなった。

    FWアンドレシウバ(25歳/フランクフルト)


    Getty Images

    出場試合数:32(先発回数:32)/得点数:28/出場時間:2773分
    ミランでは結果を残せなかったポルトガル代表FWは中堅どころのフランクフルトで得点力を開花させた。コスティッチ、鎌田と優秀なチャンスメーカーを携え、彼らが生み出すチャンスを豊富な得点パターンを駆使してゴールを量産して見せた。

    FWロベルト・レヴァンドフスキ(32歳/バイエルン)


    Getty Images

    出場試合数:29(先発回数:28)/ 得点数:41/出場時間:2463分
    衰え知らずどころか進化を遂げている感すらある。相変わらずの不調知らずでコンスタントゴールを挙げ続ける、さながらマシーンのようだ。その活躍には感服せざるを得ない。

    FWアーリング・ハーランド(20歳ドルトムント)


    Getty Images

    出場試合数:28(先発回数:27)/得点数:27/出場時間:2410分
    この男のポテシャンルは計り知れない。昨季後半にドルトムントに加入して以降、得点を量産しているハーランドは、十分に警戒していても止められないレベルにある。フィジカルとテクニックがともににハイレベルゴール前での落ち着きも規格外。ストライカーに必要な全てを兼ね備える男は来季以降も観る者を魅了させてくれるはずだ。


    UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
    開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
    >>詳しくはこちら
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2020-21ブンデスベストイレブンに鎌田さんと遠藤さんが】の続きを読む

    このページのトップヘ