トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:鈴木優磨


    大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 - )は、鹿児島県加世田市(現:南さつま市)出身のプロサッカー選手。ポジションは海外移籍後は主にMF、日本代表ではFWを務める。主に左サイドでプレーしている。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。日本代表。 2014年、2018年W杯メンバー。全国高等学
    59キロバイト (6,698 語) - 2021年10月13日 (水) 02:31




    (出典 i.daily.jp)


    まぁ、大迫さん以外を試すのはいいと思う。
    オナイウさんとかね。
    あと鈴木優磨呼んで欲しいなあ

    1 Egg ★ :2021/10/14(木) 12:04:11.68

    ひとまず〝延命〟となった日本代表・森保一監督(53)の次なるミッションは1トップ争いへの「メス」になりそうだ。

     負ければ解任濃厚だった12日のカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦に、なんとか2―1と勝利してクビがつながった。日本サッカー協会の田嶋幸三会長は13日の取材対応で、その手腕を改めて高く評価。「彼は緻密な分析をし、トレーニングもしっかりやってくれている。もちろん批判もあるだろうが、みんなが見て『あーなるほど』と思っていることばかりやっていたら、それは普通の監督でしかない。昨日の采配もよかった。彼は引き出しを持っている」と絶賛し、続投を宣言した。

     とはいえ…次のヤマ場となる11月のベトナム戦(11日)とオマーン戦(16日)のアウェー2連戦に向けてチームの課題は山積みだ。特に深刻なのが決定力不足で、最終予選では4試合でわずか3点。2点を挙げたオーストラリア戦も守備的MF田中碧(デュッセルドルフ)の得点とオウンゴールによるもので、攻撃陣のゴール欠乏症は末期症状だ。

     特に注目されているのが最前線を張る1トップだ。森保監督から絶対的な信頼を得るFW大迫勇也(神戸)が、最終予選でも4試合すべてスタメンを任されている。ただ、格下の中国戦でゴールを挙げたものの、それ以外の試合では決定機を外す場面が目立つ。得意の2列目へのチャンスメークも不発で、サウジアラビア戦では戦犯の一人になってしまった。

     そうした状況もあり、Jクラブ関係者からは「森保監督が今後1トップをどうするかは重要な判断になるのでは」と指摘する声が出ている。今回も招集されたFW古橋亨梧(セルティック)やFWオナイウ阿道(トゥールーズ)の先発抜てきが期待されるほか、新戦力としてJ1得点ランキングトップのFW前田大然(横浜M)や待望論のあるFW鈴木優磨(シントトロイデン)にも注目が集まる。森保監督は〝聖域〟に切り込めるか。

    東京スポーツ 10/14(木) 5:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e7a44dcf25c3be86a565a86502d00443bd0cf246

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=540&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー日本代表】ゴール欠乏症解消のカギは〝大迫外し〟 】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,122 語) - 2021年10月12日 (火) 10:17




    (出典 www.footballchannel.jp)


    だよねえ、せめて鈴木優磨さんあたり一回呼べよ。
    意地通せるほど結果出してないのに頑固だよなあ

    1 Egg ★ :2021/10/13(水) 22:02:12.68

    森保ジャパンが首の皮一枚つながったね。ワールドカップ最終予選のオーストラリア戦は、終盤の相手オウンゴールによって日本が2-1でなんとか勝ち切った。
     
     この試合までに日本はすでに2敗を喫していて、森保監督の進退問題が取り沙汰されていた。負けはもちろん、引き分けも許されない状況だっただろう。そんな一戦で、試合前に彼の眼には涙が浮かんでいた。その人間性もあるのだろうが、監督としてはあまりにも経験不足。指揮を執る人が試合前に泣いている場面なんて見たことがないよ。お人よしというか、もっと精神的に磨かなくてはいけないよ。

     試合は真っ向からぶつかり合う展開になったけど、お互いに中東から入ってきて、遠征や時差による疲れが所々で見えていた。日本は後半、だんだんとプレスが効かなくなっていたし、オーストラリアも序盤に失点しても後ろで回しながら消耗しないようにやっていた。

     そんななかで、日本はトリプルボランチでオーストラリアのポゼッションに対抗した。この試合のMVPには、先制点を挙げ、攻守にフル稼働した田中碧を推したいけど、ヒーローになったのは決勝のオウンゴールを誘発した浅野だね。終盤にかけて古橋とともにスピードで運動量の落ちたオーストラリアをかき回して、勝ち越しへの道筋をつくった。

     久保くんや堂安が怪我でいなかったなかで、なんとか今の持ち駒の速さという強みを生かして勝利をもぎ取った感じだよ。ただ、これで日本代表というチームが分からなくなった。本当に誰がレギュラーに相応しいんだ? レギュラーとして使われている大迫や南野は相変わらず点が取れないけど、きっとまた森保監督はスタメンで使うんだろう。かと言って、浅野をスタメンで使って確実に点が取れそうな印象もない。

     結局、森保監督の首はつながって、ドラマ好きの日本人にはもってこいの展開になったかもしれないけど、どうやって点を取るのか、誰が得点力不足を解消してくれるのか、という根本的な問題は残ったままだ。

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

     
    サッカーダイジェスト 10/12(火) 23:08
    https://news.yahoo.co.jp/articles/99cdcbb87dfab132f50372452a902f112797d795


    【【サッカー】セルジオ越後『点が取れないFWはまだ使うの?』】の続きを読む


    鈴木 優磨(すずき ゆうま、1996年4月26日 - )は、千葉県銚子市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ、シント=トロイデンVV所属。ポジションはフォワード。 兄はいわきFCでプレーしている鈴木翔大。 小学1年から鹿島のスクールに通い、アントラーズ一筋。2012年、鹿島アントラーズ
    15キロバイト (1,541 語) - 2021年8月11日 (水) 13:53




    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    あるかなぁ、ヘルタですら断ってるからなぁ。
    今回の件で懲りたなら行くかもしれんけど、断りそうやなぁ

    1 Egg ★ :2021/09/23(木) 16:03:07.57

    イングランド・チャンピオンシップ(2部)のノッティンガム・フォレストがベルギー1部シントトロイデンに所属するFW鈴木優磨(25)の獲得に再チャレンジすると、英メディア「HITC」が伝えている。

     8月末が移籍期限だった夏の移籍市場で、他クラブ入りをもくろんでいた鈴木は交渉が不調に終わり残留となった。土壇場で正式オファーを出していたノッティンガムFが来年1月に解禁となる冬の移籍市場で鈴木の獲得に乗り出すという。

     同メディアによると、シントトロイデンのデビッド・メーカーズ会長は「1月の移籍市場で鈴木優磨はノッティンガムFのオプションになるかもしれない」とコメントしたという。

     というのも、8月にノッティンガムFからオファーが届いた際、クラブ間では移籍金400万ポンド(約6億円)で合意していたものの、限られた時間の中で鈴木サイドと条件面で合意できなかったという事情があったためだ。

    また、シントトロイデンは鈴木の退団を見越して東京五輪代表FW林大地と原大智を獲得するなど、ストライカー陣の整理が必要とし、さらに新型コロナウイルスの影響で財政難に陥っていることからクラブ側は鈴木を来年1月に放出することに前向きなようだ。

     同会長は冬の市場解禁を前に「過去に特定の合意がなされており、最終的にはテーブルに戻ってくるでしょう」とも話していた。昨季17ゴールを決めた鈴木はシントトロイデンで再スタートしたばかりだが、今後の動向が注目されそうだ。

    東スポ 9/23(木) 15:41
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7e6a27f4fefcb1296a67d2c68e853aabbe9a69ca

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=425&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】鈴木優磨さん、イングランドに行けるかも】の続きを読む


    STVV(シントトロイデンVV)とオフィシャルスポンサー契約を締結。『イナズマイレブン』がユニフォームスポンサーに! - レベルファイブ 2018年7月17日 ^ 日本人5選手所属のシントトロイデンがスカパー!とパートナーシップ締結…全試合中継が決定 ゲキサカ 2018年9月27日 ^ シントトロイデンとH
    20キロバイト (984 語) - 2021年9月13日 (月) 23:22




    (出典 soccer-time.net)


    ベルギーの試合で日本人が7人出場て笑
    ここまでチームに日本人が集中してるのは面白いな

    1 Egg ★ :2021/09/19(日) 23:11:05.71

    9.19 ベルギー・リーグ第8節 シントトロイデン1-2ゲンク]

     ベルギー・リーグは19日に第8節を行った。シントトロイデンとゲンクの対戦は、ゲンクが2-1で勝利した。シントトロイデンでは、GKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨、FW林大地が先発出場。DF松原后、FW原大智、FW伊藤達哉はベンチスタートとなった。ゲンクはFW伊東純也がフル出場した。

     リンブルフ州に本拠地を置く両者のダービーマッチ。シントトロイデンは3-1-4-2の布陣で、GKにシュミット、橋岡は右WBで起用される。林と鈴木は2トップを組んだ。ゲンクは4-2-3-1の布陣を敷き、伊東は2列目の右MFに入った。

     先発した日本人は要所で存在感を放つ。前半アディショナルタイム3分過ぎにはシントトロイデンが日本人3選手の連係から先制。林が右サイドでボールキープから深い位置にパスを出す。走り込んだ橋岡が右サイドから豪快にクロスを上げると、ドンピシャでPA中央へ。詰めた鈴木が頭で叩き込み、今季初ゴールを挙げた。

     一方、ゲンクは16日のヨーロッパリーグから7選手をスタメンから変更。伊東は引き続き先発メンバー入りを果たすが、連係面でなかなか思うようにつながらず、決定機を作ることができない。

     シントトロイデンは後半14分にチャンスが生まれる。途中出場のMFクリスティアン・ブルースが左サイドからクロス。先制点と同様の形から、鈴木が再びヘディングシュートを放つが、惜しくも追加点とはならなかった。

     それでも粘り続けるゲンクは後半28分に追いついてみせる。左サイドからMFジョゼフ・ペイントシルがカットイン。右足シュートをゴール右隅に突き刺し、1-1と試合を振り出しに戻した。追いつかれたシントトロイデンは同30分、林を下げ、原が2トップの一角に入った。

     さらにゲンクは試合をひっくり返す。後半38分、中盤からの浮き球パスを、伊東がPA右の深い位置から頭で折り返す。ボールを収めたのは途中出場のパウル・オヌアチュ。細かいフェイントから右足シュートを決め切り、2-1で逆転に成功した。

     シントトロイデンは終盤に伊藤を投入する。しかし、追いつくことはできず、1-2で試合終了。ゲンクは後半2得点で勝ち点3を奪取した

    9/19(日) 22:27 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c3bfc876c229273c5c27df03a20f536f1ae91b76

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=480&q=90&exp=10800&pri=l


    【シントトロイデン もはやJリーグのチーム】の続きを読む


    鈴木 優磨(すずき ゆうま、1996年4月26日 - )は、千葉県銚子市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ、シント=トロイデンVV所属。ポジションはフォワード。 兄はいわきFCでプレーしている鈴木翔大。 小学1年から鹿島のスクールに通い、アントラーズ一筋。2012年、鹿島アントラーズ
    15キロバイト (1,541 語) - 2021年8月11日 (水) 13:53



    (出典 img-footballchannel.com)


    これは擁護できるのは少ないやろうなぁ。
    大多数は我儘としか思ってくれんだろう。
    干されるかなぁ

    60 名無しさん@恐縮です :2021/09/02(木) 07:22:25.81

    そういえば本田さんもオランダ時代になかなかステップアップの移籍先が決まらず苛立ってたね
    結果、オランダ人の代理人を切って
    「彼は良い奴だけど代理人として有能ではなかった」的なコメント出してた。


    【鈴木優磨 試合も拒否 ヘルタなども拒否 『僕のやり方は間違っていた』今更www】の続きを読む

    このページのトップヘ