トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:裁判


    カリム・モスタファ・ベンゼマ(Karim Mostafa Benzema、アラビア語: كريم مصطفى بنزيما‎、1987年12月19日 - )は、フランス・リヨン出身のサッカー選手。レアル・マドリード所属。フランス代表。ポジションはフォワード。 リーグ・アン7連覇中だったオリンピック・
    48キロバイト (4,794 語) - 2021年11月24日 (水) 11:31




    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    この裁判まだやってたんやねぇ。
    これでベンゼマがいなくなったら、レアルが一気に弱体化するなぁ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/24(水) 20:40:20.40

    11/24(水) 20:29
    東スポWeb

    ベンゼマ〝が*テープ脅迫問題〟で有罪判決 裁判の行方次第で収監の可能性も
    有罪判決を受けたカリム・ベンゼマ(ロイター)
     スペイン1部レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマ(33)が、代表追放のきっかけとなった〝*テープ問題〟で有罪判決を受けた。

     ラジオ局「RMC」などフランスメディアが一斉に報道したところによると、ベンゼマは裁判所から1年間の執行猶予付きの懲役刑および罰金7万5000ユーロ(約970万円)の支払いを命じられた。

     この事件は2015年に、ベンゼマがフランス代表で同僚だったMFマテュー・バルブエナ(現オリンピアコス)が性行為の動画によって恐喝された事件への関与が浮上し、警察に逮捕された。ベンゼマは関与を否定し続けているが、24日に下された判決では「脅迫行為のすべてを把握していたわけではないが、計画に参加して目的を果たすため共謀した」として実刑判決が下った。

     ベンゼマが代表を追放されるきっかけとなった一件だけに、今後再び代表チームを追われる可能性もあるが、フランスサッカー連盟はベンゼマ側が控訴する方針を踏まえて現状では「招集への扉は開かれている」との方針を表明。ただ裁判の行方次第で収監される可能性もあり、ベンゼマのサッカー人生が大きな岐路を迎えた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d4a35ab4158ebd95bb945458145ba78543faee1d


    【【サッカー】ベンゼマ 有罪判決 裁判の行方次第で収監も?】の続きを読む


    ロッテホールディングス > 千葉ロッテマリーンズ 千葉ロッテマリーンズ(ちばロッテマリーンズ、英語: Chiba Lotte Marines)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。株式会社千葉ロッテマリーンズは、千葉ロッテマリーンズの球団運営会社である。 千葉
    252キロバイト (38,117 語) - 2021年11月3日 (水) 18:11




    (出典 i.ytimg.com)


    果たしてどうなることやらね。
    自分の不祥事で迷惑かけたうえで、契約したんだから金よこせは、球団にとってかなり不利な契約だろ

    1 ひかり ★ :2021/11/04(木) 23:24:01.39

     元ロッテで野球評論家のG・G・佐藤氏(43)が4日、自身のユーチューブちゃんねる「GG佐藤トラバースTV」を更新。元ロッテの清田育宏氏(35)と会ったことを報告した。

     佐藤氏はこの日、今年5月にロッテから契約解除された清田育宏氏(35)が4日、「処分は違法で無効」として、球団選手としての地位確認や損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことを受け、「ちょっと今から清田に会うわ」とツイートしていた。

     「【裁判で大炎上】清田育宏に会いました。」という動画をアップ。「一緒に1時間ほど話をしていました」と報告した。佐藤氏は、「聞いたことがない部分もあったのでビックリしました」と清田氏を呼び出し、話を聞いたという。

     清田選手の裁判のことは「知っていました」と語ったが、きょうが第1回の口頭弁論だということは知らず、本人も忘れていたと語った。時期に関しては「9月の終わりに文書を提出していて、日程は清田側が決めた訳ではなく、裁判所から決められた」と語り「それは教えてほしかった」と語った。

     佐藤氏は「本人は悪いと思っていますし、けれど2年契約に関してはもらうべき権利だから、そこは本人は戦いたいと言っている」とし佐藤氏自身も「これからのプロ野球選手を守るためにも、前例を作るのはよくない」と語り「給料の未払い分の支払いを求めるだけの裁判をすればいい」と思っていたが、支払いをしてもらうためには、まず契約解除をする裁判をしなくてはダメと弁護士側に説明されたという。佐藤氏は「1100万円分の慰謝料に関しては、個人的には必要なかったかな、と思いますね」と語った。

     佐藤氏はこれまで清田氏のNPBに向け支援。2日前にも動画を収録していたと言い「これでチャンスがなくなっちゃうのもかわいそうなんで…。今後どうしますかね?厳しくなったのかなあ…」と語っていた。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/262e21df6b798533a72c4909e013957e13d28e2a


    【【野球】G・G・佐藤氏 清田の裁判は「知っていた」 】の続きを読む

    このページのトップヘ