トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:粘着物質


    大谷徹とバドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。
    207キロバイト (29,639 語) - 2021年11月27日 (土) 16:33




    (出典 baseballking.jp)


    こんなものあるのかよ笑笑
    まぁでもいい加減ボール変えてあげて欲しいよなぁ。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/11/27(土) 18:44:48.19

    スポーツ 野球 2021年11月27日
    https://www.dailyshincho.jp/article/2021/11271056/?all=1

    (出典 www.dailyshincho.com)


     ア・リーグMVPを受賞した大谷翔平(27)。他に選手間投票による最優秀選手やポジション別で一番の打者を選ぶシルバースラッガー賞など多くの賞を受賞しているが、中には風変わりな賞もある。

    「年間ベスト粘着物質検査」賞もその一つだ。

     米国の著名な投球分析家、ロブ・フリードマン氏がツイッターで発表したものだが、少し説明が必要だろう。

    「粘着物質をボールに付けて投げると、高回転のボールを投げることができます」

     とメジャー研究家の友成那智氏が解説する。

    「高回転だと、スライダーやカーブなど変化球がより鋭く曲がるようになります。直球もキレが良くなる。かつては松ヤニのような自然由来の物質が使われていましたが、技術が発達した近年は化学合成で作ったさまざまな粘着物質が開発されています。規則ではこれらの物質の使用は禁じられていますが、帽子のツバやベルトの裏に忍ばせて使う投手が後を絶たなかった。そこで、今季の6月21日から試合中に審判が検査するようになったのです」

    ■エンゼルスにいた“粘着物質作り名人”

     検査の影響だろうか、変化球を武器にする投手の中には、6月から急に調子を落とした者も少なくない。

     そうでなくても、この検査が導入された当初の投手たちは、不貞腐れたり、審判に楯突いたり、と観ていてあまり気持ちのいいものではなかった。

     しかし、我らが大谷は、検査を受ける際も笑顔で応じ、ときにはウインクすることすらあった。そんな彼の爽やかな振る舞いが“ベスト”と評されたのだが、

    「実は、大谷が所属するエンゼルスにはかつて“粘着物質作り名人”がいたんです。さまざまな粘着物質を調合し、その投手に適した粘着物を作ってあげていたというからまさに職人です。バーランダーやコールといった敵チームの主戦投手すらも彼を頼っていたほど。その職人は昨年、利敵行為が球団にバレて解雇に。今は不当解雇だと球団を相手取り裁判している最中です」

    週刊新潮 2021年11月25日号掲載


    【【MLB】大谷翔平が選ばれた「年間ベスト粘着物質検査」賞とは?】の続きを読む


    やはり使われてたんだろうなぁ。
    ここから巻き返して欲しいなぁ。
    たのむ

    1 NO FUTURE ★ :2021/09/05(日) 13:17:18.44

    ダルビッシュ「粘着物質禁止」以降勝ち星なし! ツイッターで不満爆発の過去

    米大リーグ、サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手が9月1日(日本時間2日)、チェースフィールドで行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発。3回途中6失点でKOされ、自己ワーストを更新する7連敗を喫した。


    6月21日に7勝目を挙げて以降、先発10戦して勝ち星なし。ネット上では「粘着物質禁止ルール」が影響しているのではないかという声が広がっている。

    《ダルビッシュ見てたけど、すぐに降板しちゃった。最弱ダイヤモンドバックス相手にあっけなくKOって、もしかしてあのルールのせい?》

    《粘着物資禁止以降のダルビッシュの成績がやばい。このまま後半戦で1勝もできなかったらさらにやばい》

    《ダルビッシュ、粘着物質との関連を指摘されても仕方がないくらい規制前と規制後の成績が違い過ぎる。発信力のある人だから解説がほしいですね》

    《ダルビッシュは成績落ち過ぎだよね。粘着物質を使ってた影響なのか股関節を痛めていた影響なのかは分からんけど…》

    スポーツライターが解説する。

    「メジャーリーグでは、今シーズン途中から松ヤニや日焼け止めなど、ピッチャーが滑り止めとして使用していた粘着物質の検査が厳しくなりました。規制の厳格適用は6月21日から始まりましたが、ダルビッシュは規制後、1勝も挙げられず、ついに自己ワーストの7連敗を喫してしまいました。ファンからは心配の声とともに、使用できなくなった影響を疑う声も出ています」

    大谷翔平は審判のチェックに笑顔

    当のダルビッシュは、去る6月18日に更新した自身のツイッターで「粘着物質取り締まり問題」について、持論を展開していた。

    《この混乱の根本的な理由は提供されているボールの問題からくる選手、MLBのルールと、ルールブックに載っているルールが違うって所だと思っています》

    《MLB側も球の質を改善しないかわりに、自分達で〝うまいこと対応してね〟って態度で(中略)なのにMLBはここにきていきなり〝え? あなた達そんなことしてたの?ダメじゃん! もうダメだからね〟って態度変えた風に感じます》

    先のスポーツライターが続ける。

    「MLBのボールは長年、滑りやすいから改善が必要だと議論されていたのに、放置されてきました。それなら、投手側は粘着物質を使うよ、というのが〝暗黙の了解〟だったのです。それを急に禁止にするとはどういうことだ、とダルビッシュは違和感を表明したわけです」

    現在、粘着物質禁止の影響は、ダルビッシュ以外にも多くの投手に見られるという。

    「審判から確認作業を求められた際、ダルビッシュは不服そうな顔つきを見せていますが、大谷翔平は対照的に笑顔で帽子とグラブを差し出し、NBCスポーツから『オオタニは優しさも兼ね備えている。これぞ三刀流だろう』と称えられています」(同・ライター)

    不調が続くダルビッシュだが、まずは1日も早く1勝を挙げ、粘着物質使用を疑う奴らを黙らせてほしいものだ。

    https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12311-1228627/


    【【Twitter】ダルビッシュ「粘着物質禁止」以降勝ち星なしの経緯】の続きを読む


    サンディエゴ・パドレス(英語: San Diego Padres、略称:SD)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州サンディエゴにあるペトコ・パーク。 1969年のリーグ拡張時、創設された球団の1つ。
    22キロバイト (2,258 語) - 2021年7月28日 (水) 10:01




    (出典 spread-sports.jp)


    悲しいなぁ、まさか取り締まりが始まってからここまで調子が落ちるとはな。
    なんとか休んでもりかえしてくれ

    1 (´?ω?`)知らんがな ★ :2021/08/16(月) 07:50:43.16 ID:CAP_USER9.net

    ダルビッシュ、腰痛で負傷者リスト入り 12日に張りを訴え降板
    [2021年8月16日6時47分]



    パドレスは15日(日本時間16日)、ダルビッシュ有投手(34)が腰痛のため、10日間の負傷者リスト(IL)入りしたことを発表した。対象期間は13日からとなる。

    ダルビッシュは12日(同13日)の敵地ダイヤモンドバックス戦に先発し、3回途中5失点で降板。試合後、ティングラー監督が腰の張りを訴えたことを明かしていた。


    https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202108160000032.html


    【ダルビッシュ かなり心配やわ】の続きを読む


    ダルビッシュ ダルビッシュ ゆう、英語: Yu Darvish、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・ダルビッシュ セファット ファリード ゆう、英語: Sefat Farid Yu Darvish〉、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手・右投右打)。
    176キロバイト (23,594 語) - 2021年7月24日 (土) 15:49



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    松ヤニ効果がなかくなったからなのかね。
    悲しいなぁ。
    もう一度たてなおしてくれ

    1 ソガイ :2021/08/01(日) 11:17:27.84 ID:ko/z3NVw0.net

    昨年サイヤング2位の男が何故…


    【ダルビッシュ有さん、防御率3.43に まずい】の続きを読む


    メジャーリーグベースボール (MLBからのリダイレクト)
    メジャーリーグベースボール(英語: Major League Baseball, 英語発音: /méɪdʒɚ líːg béɪsb`ɔːl/; 略称: MLB)は、アメリカ合衆国所在の29チーム及びカナダ所在の1チーム、合計30球団により編成される、世界で最高峰のプロ野球リーグであり、北米4大プロスポー
    134キロバイト (16,423 語) - 2021年6月23日 (水) 04:50



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    うーん、偶然なのかもしれないし、やっぱ使ってたのかなぁと思ってしまうかもしれない。
    ボールかえなよ

    1 首都圏の虎 ★ :2021/07/06(火) 09:24:24.16 ID:CAP_USER9.net

    【メジャーリーグ通信】

     ピッチャーに対する粘着物質の有無を調べる検査が始まって2週間が経過した。

    粘着物への依存度が高かったピッチャーは、この検査の導入で使用を控えざるを得なくなり、大きなダメージを受けているケースが少なくない。最も多いのは制球力や球威の低下による失点の急増だ。

     粘着物疑惑の代表格ゲリット・コール(ヤンキース)は5月まで無失点か1失点に抑える試合が多かったのに、6月以降はそれが皆無になり、6月27日(現地時間)のレッドソックス戦では五回までに6失点の荒れようで、ファンを不安にさせている。

     昨年のサイ・ヤング賞投手トレバー・バウアー(ドジャース)は、コールとともに粘着物疑惑の矢面に立たされ、それが大きなストレスになっているようだ。先週、*をした女性から「バウアーに殴られたうえ、首を絞められた」と告発されてニュースになった。バウアーは「合意のうえで*をしただけ」と主張しているが、女性の方は争う構えを見せているので解決まで時間がかかる可能性がある。

     これまでメジャーリーグには粘着物を上手に使いこなしてきた先進球団と、そのノウハウがない後進球団があり、後進球団の投手が先進球団に移籍した場合、大化けすることがある。ディラン・バンディは昨年、後進のオリオールズから先進のエンゼルスに移籍し、制球力が格段に向上。リーグ9位の防御率3.29をマークしてエース格にのし上がった。

     しかし、今季はMLBの取り締まりの強化が伝えられるようになると失点が多くなり、黒星ばかりが積み重なった。

     6月14日に先発した際はプレッシャーがかかったのか、3回途中7失点で降板。猛暑の中で行われた同28日のヤンキース戦では、出だしからアップアップのピッチングになり、二回にマウンド上で急激な体調不良に見舞われ、ゲロを大量に吐くという失態をやらかした。すぐにマドン監督が交代を告げたが、この後、両軍の投手は悪臭に悩まされながら投げることになった。

     ちなみに6月21日に検査が始まってから、審判に粘着物質を発見され10試合出場停止になったのはマリナーズのベテラン・リリーバー、へクター・サンティアゴだけである。この投手は2014年にホワイトソックスからエンゼルスに移籍した後、急成長してローテーションに定着。15年にはオールスターにも選出された。粘着物質の先進とされるエンゼルスに来たことが、大きなプラスに作用したといわれている。

    (友成那智/スポーツライター)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd48811273abe6ce9575fecdaecba3c326fc2470

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【メジャー 粘着物質取り締まり強化て失点増加?】の続きを読む

    このページのトップヘ