トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:東京五輪


    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属するチームである。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    97キロバイト (9,418 語) - 2021年11月9日 (火) 08:14




    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    まぁ無いかなあ。
    フロントとかに入るならあるだろうけど、選手として契約するには歳がね

    1 久太郎 ★ :2021/11/10(水) 18:07:31.94

     ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(38)が2016年まで所属したスペイン1部バルセロナに復帰する可能性が高まってきた。

    「優勝請負人」とも呼ばれる右サイドバックのアウベスは38歳の大ベテランながらオーバーエージ枠で参加した東京五輪でブラジルの2連覇に貢献。その一方で給与遅配が続いていたブラジル1部サンパウロを電撃退団し、国内外を問わず複数のクラブから好条件のオファーが届くも年内はクラブを決めない方針を明かしている。

     そんな中、ブラジルメディア「UOL」はアウベスについて「今週にもバルセロナの経営陣と直接会って2022年1月にクラブへ戻る可能性について話し合う予定だ。双方とも関心を持っている」と報道。まだ最終的な合意に向けて詳細を詰めなければならないものの、すでにシャビ新監督も元チームメートの復帰に前向きという。

     バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は先日の記者会見で「彼(アウベス)は私たちのクラブをさまざまな面から助けてくれています」などとコメントし、信頼を強調。またアウベス自身はブラジル代表として来年のカタールW杯出場を目指し、再び欧州進出を希望しているが、今後の交渉の行方は注目されそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/68f78a807a7e3629f32fc685e57270c56398ae58


    【【サッカー】ダニエウ・アウヴェス バルサに、、、】の続きを読む


    オリックス (企業) > オリックス・バファローズ オリックス・バファローズ(英語: ORIX Buffaloes)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 大阪府、兵庫県をフランチャイズとし、京セラドーム大阪(大阪市西区)を本拠地、ほっともっとフィールド神戸(兵庫県神戸市須磨区
    283キロバイト (43,964 語) - 2021年10月29日 (金) 01:22




    (出典 www.nikkansports.com)


    まぁローテで当たるんだから仕方ないけど、そこは何とか研究して攻略しなきゃいけない立場だからね。

    1 ひかり ★ :2021/10/27(水) 23:58:30.82

    8勝15敗2分けと優勝したオリックスに大きく負け越した西武辻発彦監督(63)は、敗因に山本、宮城の両腕を挙げた。2人だけで11敗。この数字に「あまり言いたくないけど、日程的なこともあってずっと山本がうちに当たる日程になって。15敗のうち11敗を2人にしているわけだから。そこはやっぱり一番の原因」と語った。特に左腕・宮城には6戦全敗。山本には5敗も、リーグ唯一2勝しているのは、西武の意地だった。

    打線にも苦しめられ、被本塁打は最多26本浴びた。「打線も吉田が安定していた*。何より、福田が1番に座ってから一番安定したのかなと思うけどね。福田と宗の1、2番が固定されて、打線として非常にすごみが出た気がする。もちろん、他のバッターも素晴らしい。杉本もね、あれだけ打率、打点、ホームラン、T-岡田にもいいところで打たれたし。本当にいいところで打たれたという感じだね」と脱帽した。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/04d7dbe93a299e0a6ba47f4805f7d8bb024d52c2


    【【野球】西武辻監督「言いたくないけど、、」】の続きを読む


    サッカー日本代表 (サムライブルーからのリダイレクト)
    ょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。 FIFAワールドカップには6度出場しており、最高成績はベスト16。AFCアジアカップでは最多となる4度の優勝を記録している。
    164キロバイト (17,122 語) - 2021年10月12日 (火) 10:17




    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    サムライJAPANか。
    まぁ金メダル取ったからなぁ。
    結果だけで見たら、そうなのかね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/10/25(月) 05:54:49.82

    10/25(月) 4:26配信 読売新聞オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/56db82431de9103da301bb8dc873b33c214f74bf

     【ロンドン=岡田浩幸】各国オリンピック委員会連合(ANOC)は24日、ギリシャのクレタ島で年間表彰式を行い、東京五輪の「最優秀男子チーム賞」に野球で金メダルを獲得した日本代表「侍ジャパン」が選ばれた。同代表チームは式には出席せず、巨人の坂本勇人内野手が「大変光栄に思っています。五輪競技に野球、そしてソフトボールが復活するように、全世界の方々に野球の魅力を伝えられるように、これからも精進していきます」とのビデオメッセージを寄せた。


    【【野球】東京五輪の最優秀男子チーム賞に、、、】の続きを読む


    -アジアサッカー連盟公式英語版HP2011/1/6 ^ 役員の選任及び会長等の選定に関する規程2015/3/29施行-日本サッカー協会公式HP ^ a b No.1054 初めての会長選挙-大住良之公式HP2016年1月6日 ^ 東アジア杯は日本で来年12月に、連盟会長田嶋氏 ^ “田嶋会長、ハリル監督の続投明言「ぜひやってもらいたい」”
    17キロバイト (2,203 語) - 2021年9月25日 (土) 19:17




    (出典 www.football-zone.net)


    これはなぁ、残念だね。
    結局現場が責任をとってやめて、上の人たちはいきながらえるのか

    1 Egg ★ :2021/10/09(土) 12:01:33.61

    日本サッカー協会は9日、臨時評議員会を開き、現在3期目の田嶋幸三会長(63)の信任投票を実施し、全会一致で次期会長予定者に選任されたと発表した。

     田嶋会長は2022年3月の評議員会と理事会を経て4期目を迎えることになる。会長の任期は1期2年で、田嶋会長は2020年1月に再選した。2019年に会長任期は最長4期8年と明文化されており、次が上限となる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6fc5b710515fe7e0d75e08d9c3d59b6e4b5cfc9


    【【サッカー】田嶋会長続投かぁ】の続きを読む


    {{サッカー選手 | 名前 = 久保} 建英(たけふさ)({{{2}}})久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、日本・神奈川県川崎市出身のサッカー選手。スペイン・プリメーラ・ディビシオン・RCDマジョルカ所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。
    58キロバイト (6,860 語) - 2021年10月9日 (土) 05:01




    (出典 the-ans.jp)


    久保さんはフィジカルがなぁ。
    多分どのリーグに行っても、フィジカルでは到底敵わないやろなぁ

    1 Egg ★ :2021/10/09(土) 12:07:15.25

    日本選手がサッカーの本場・欧州で活躍する姿は今や珍しくはない。中田英寿が2000~01年シーズンにローマでイタリア1部リーグを制して以降、ドイツ、イングランド、フランスの強豪クラブで多くの選手が主力となった。だが、苦戦が続くリーグもある

     スペインの「ラ・リーガ」だ。何人もの日本人がはね返されてきた地では現在、久保建英(20)=マジョルカ=らが挑戦を続ける。「日本の至宝」が鬼門で輝く鍵は何か。スペインでプレーした元日本代表FWの言葉からヒントを探った。

     ◇あの中村俊輔も、苦戦続きなワケ

     スペインで歴史を切り開いた日本人は1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)日本代表の城彰二だ。00年1月、バリャドリードで1部での日本人初出場を果たし、翌月に初ゴールを挙げた。だが、出場15試合で得点は2。挑戦はわずか半年で終わった。

     その後も西沢明訓や大久保嘉人、清武弘嗣らがスペインへ渡ったが、継続して結果を出せなかった。スコットランド・セルティックで国内リーグ3連覇を果たし、09年にエスパニョールへ移籍した中村俊輔も、故障もあって約7カ月で退団。日本を代表する攻撃的な選手たちに立ちはだかる壁は高く、「成功例」はエイバルなどで6季プレーし、リーグ通算166試合で16得点を挙げた乾貴士くらいだろう。

     こうした中、スペインで3季目を迎えたのが久保建だ。10歳から3年半、強豪バルセロナの育成組織で過ごし、18歳で初ゴールをマークするなど早くから存在感を発揮している。現在は膝の故障で戦線離脱しているが、復帰後のプレーからは目が離せそうにない。

     ◇元日本代表FWが痛感した言葉の壁

     なぜ、スペインで日本選手は輝けないのか。元日本代表FWのハーフナー・マイク(34)=東海社会人リーグ2部・FCボンボネーラ=も壁に当たった一人だ。オランダ1部では通算51ゴールをマークした長身ストライカーが、スペインでのプレーをこう振り返る。

     「対戦したことないレベルでした。普通なら勝てるシンプルなロングボールの競り合いでも、3回連続でやられて、『あーどうしよう』と」

     14年8月。42年ぶりに1部に昇格したコルドバに加入したハーフナーは開幕戦の先発に名を連ねた。デビュー戦の相手は名門レアル・マドリードで、スペイン代表DFセルヒオラモスと相対した。「お互い人間。通用するところも絶対ある」と思っていたが、「実力的に完璧に違いました」。世界のスターが集う憧れの地は、予想以上にハイレベルだった。

     「日本人はヨーロッパでも技術は1個上だと思います。でも、スペインはさらに上。イニエスタ選手(神戸)を見たらわかりますよね? 体は大きくなくても、相手に触れられる前にテクニックでカバーする。無名でも『こんなにうまいのか』という選手は多くいました」

     これこそが、ファンや選手を引きつける理由である。「ポゼッションサッカーが魅力です。ボールを回し、徹底的に相手を崩して何もできなくする。見ている方も気持ちいい」。そんなサッカーに魅せられ、ハーフナーは27歳で夢だったスペイン挑戦を決断。オランダ・フィテッセで2年連続2桁得点を挙げ、自信を深めていた時だった。

     ところが、半年間で挑戦は終わりを告げた。英語とオランダ語を話せるため、通訳なしで乗り込んだが「みんな英語をしゃべらないんです。自分の国の言葉にプライドを持っているというか……」。コミュニケーションだけでなく、戦術面でもフィットしなかった。チームは自陣深くでブロックを敷き、カウンターを狙うスタイル。「『1人で勝負してシュートまでいけ』という感じで、孤立することも多かったですね」。持ち味のパワーや高さを生かし切れぬまま、出場5試合で退団した。

     ハーフナーのケースは、多くの日本選手が力を発揮できなかった点と重なる。ほとんどの日本選手は下位クラブに所属してきた。守備に重点が置かれ、カウンターが戦術の軸となる。1人で局面を打開する能力が求められ、ハーフナーは「仕掛けてシュートまでいくことを意識していれば、変わったかもしれません」と語る。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3511790caae643040576fc868ffa7597f99f9997

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=552&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】なぜスペインで日本選手は輝けないのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ