トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:旗手怜央


    前田 大然(まえだ だいぜん、1997年10月20日 - )は、大阪府南河内郡太子町出身のプロサッカー選手。J1リーグ・横浜F・マリノス所属。ポジションは、フォワード。日本代表。 2010年1月の全国高校サッカー選手権で優勝した山梨学院大学附属高校に憧れ、大阪から越境で同校へ入学。高校3年次のプリ
    18キロバイト (1,790 語) - 2021年11月29日 (月) 00:51




    (出典 sakanowa.jp)


    旗手さんも行きそうだから、第二のベルギーみたいな感じで行こう。
    がん

    1 Egg ★ :2021/12/01(水) 22:05:48.52

    古橋亨梧がセルティックで評価を高めたのは、移籍金が500万ポンド(約7億円)に至らなかったことも一因とされる。コストパフォーマンスの良さは、どのクラブにも重要な要素だ。

     日本代表ストライカーの活躍を受け、アンジェ・ポステコグルー監督が率いるセルティックは、再びJリーグから補強を狙うと言われている。候補のひとりが、指揮官の教え子でもある横浜F・マリノスの前田大然だ。

     地元紙『Daily Record』は現地時間11月29日、前田の獲得には300万ポンド(約4億2000万円)超のオファーが必要と報じた。これを受け、セルティック専門サイト『67 HAIL HAIL』は30日、古橋を下回る移籍金で可能な「お買い得」な補強との見解を示している。

     同サイトは「マエダに関して我々が知る全てを考慮すれば、絶対的なお買い得価格に聞こえる。彼のようなクオリティの選手を300万ポンドで獲得できれば、クラブにとって大きな弾みだ」と期待を寄せた。

    「彼が前線にもたらすことを考えれば、クオリティという点で貴重な前進だ。現実的になるタイミングである。(アルビアン・)アイェティはセルティックに十分さを提供しない。(ギオルゴス・)ギアクマキスは慣れる時間が与えられるだろうが、今季はまだ大きなインパクトを残していない」

     さらに、『67 HAIL HAIL』は「マエダは異なるタイプのCFで、独特な特徴を持つ。ここで大成功するだけの肉体・運動能力を持っていると言えるだろう」と続けている。

    「もちろん、キョウゴを下回る価格とはいえ、セルティック規模のクラブにとって300万ポンドがかなり高いことは変わらない。どれだけ本気で実現を望むか、見てみる必要はある。マエダの加入がセルティック・パークの熱狂レベルを高めるのは確実だろう」

     川崎フロンターレの旗手怜央に対する関心も取り沙汰されているセルティック。この冬、日本からスコットランドへの移籍は相次ぐのか。進展に注目だ。

    サッカーダイジェスト 12/1(水) 17:44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4a64a6245c46551c0677fa31ad9229f60de54253

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】<前田大然>セルティック加入地元メディアが期待!】の続きを読む


    セルティック・フットボール・クラブ(英語: The Celtic Football Club)は、グラスゴーを本拠地とするスコットランドのプロサッカークラブで、スコティッシュ・プレミアシップに所属している。クラブは、グラスゴーのイーストエンドに住むアイルランド系移民(英語版)の貧困を緩和する目的で
    72キロバイト (6,451 語) - 2021年11月23日 (火) 12:08




    (出典 static.chunichi.co.jp)


    早いとこ話決めないと外国行けなくなるやろなぁ。
    頑張って欲しいね

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 17:51:36.61

    新型コロナウイルスの時代は、何が起きるか分からない。だからこそ、セルティックは日本からの補強を急ごうとしているのだろうか。

     古橋亨梧が所属し、アンジェ・ポステコグルー監督が指揮を執るセルティックが、川崎フロンターレの旗手怜央に関心を寄せていることは、以前から伝えられてきた。地元紙『Daily Record』は11月29日、セルティックがその旗手獲得を急いでいると報じている。

     同紙は「コロナ禍の新たな規制、さらなる渡航制限への懸念が増す中で早くに動こうとしている」と、日本からスコットランドへの入国に影響が出るリスクをセルティックが心配していると報道した。

     もちろん、渡航以前にまずは補強を実現させることが必要だ。だが、『Daily Record』紙は、旗手が古橋とチームメイトになることを決断済みと報じている。
     
    「セルティックは条件面で合意し、川崎フロンターレがスコットランド移籍を阻むことはないと自信を持っている。(左サイドの人材状況から)ハタテの加入はチームによりバランスをもたらすはずだ」

     なお、記事は、セルティックがポステコグルーの古巣である横浜F・マリノスの前田大然も注視していることをつけ加えている。

     ヨーロッパリーグでグループステージ敗退に終わり、ポステコグルーは補強の必要性を認めていた。以前には古巣Jリーグに注目しているとも話した。古橋に続き、旗手や前田のセルティック移籍は実現するのか。グラスゴーと日本の“ホットライン”から目が離せない。 

    サッカーダイジェスト 11/30(火) 17:44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cce5c5df0dc0e98d4f8363b7ab68275167c2edd2

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=554&exp=10800


    【【サッカー】<セルティック>旗手怜央の加入で条件合意と現地報道!】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 the-ans.jp)


    まぁそれで勝てなかったらなぁ。
    すでに二敗してる時点でなぁ。
    てかサイドバックはそうでもないだろ

    1 Egg ★ :2021/11/24(水) 22:28:33.81

    日本代表の守備陣はアジア史上最強と言っていいレベルだろうか。

    現在行われている2022ワールドカップ・アジア最終予選では何かと攻撃面の得点力不足が指摘されているが、守備の方はまずまず安定している。時折危ないシーンはあるものの、ここまで最終予選6試合を戦って3失点だ。

    そのうち初戦のオマーン戦は綺麗にサイドから崩されての失点だったが、残る2点はオーストラリア戦での直接フリーキック、サウジアラビア戦での失点は不用意なバックパスが原因だった。完璧に崩されて失点といったケースはそこまで多くない。

    何よりセンターバック2枚がどちらも欧州5大リーグでプレイしているのが心強い。サンプドリアの吉田麻也、アーセナルの冨安健洋のコンビは鉄板で、5大リーグのセンターバックを揃えるアジアのチームは日本くらいだ。

    2018年のロシア大会での吉田&昌子源、ブラジル大会の吉田&今野泰幸、あるいは森重真人のコンビと比較しても、今の吉田&冨安は日本代表だけでなく、アジア史上最強コンビと言っても大袈裟ではない。

    守備を軸に何とかアジア最終予選を突破したい

    さらにボランチの位置にこれまた5大リーグで大活躍するシュツットガルトMF遠藤航が構えているのも大きい。守備のセンターラインを5大リーグ組で固めることが出来ており、遠藤もデュエルの強さでは歴代屈指だ。ここは長谷部誠以上と言ってもいいだろう。

    右のサイドバックにはマルセイユで長く活躍してきた浦和レッズの酒井宏樹が君臨しており、日本には珍しい大型サイドバックだ。おそらくは来年もパフォーマンスレベルは安定しているはず。

    左の長友佑都には衰えを指摘する声もあるが、オランダのPECズヴォレで活躍する中島雄太がスタメン候補に名乗りを上げてきたのが心強い。全盛期の長友ほどのスピードや攻撃性は備えていないが、中山はセンターバックもこなす守備力を持っている。守備を安定させるうえでは今の長友より信頼できるのではないか。

    センターバックの控えにはドイツ2部ながらシャルケでポジションを掴む板倉滉がおり、実に頼もしい存在だ。

    攻撃面に物足りなさが残るのは事実だが、この最終ラインが来年のカタール大会で欧州や南米の強豪に通用するか見てみたいと考えているサポーターは多いはず。

    それこそロシア大会では全試合で失点があり、セネガル戦(2-2)、ベルギー戦(2-3)では複数失点してしまった。しかし、今の守備陣ならばもう少し失点を抑えられるかもしれない。攻撃は地味でも、2010年の南アフリカ大会のように耐え忍ぶ戦いで上位を目指す手もある。

    対戦相手にもよるが、おそらくワールドカップ本番では相手にボールを支配される時間が長くなるはず。それに耐えることが出来なければ、たとえ攻撃に自信があっても戦えない。

    今の守備陣であればトップレベルのチーム相手でもある程度は抑え込めるはずで、そこは大いに期待できる。その意味でもアジア最終予選は内容より結果が大切だ。渋い戦いでも何とかカタールへの切符を掴んでほしいところで、守備が計算できればベスト16以上を伺うことも不可能ではないはずだ。

    11/24(水) 22:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebd2bd2d757298003cb3dd90df3e991693f24a21

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】現日本代表は《アジア史上最強》の守備?】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,123 語) - 2021年11月16日 (火) 19:24




    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    ですなぁ、長友さんやらを使わないといけない人手不足感は否めないよねえ。
    どうしようか。

    1 Egg ★ :2021/11/18(木) 22:18:15.49

    長友佑都(FC東京)が日本代表にデビューしたのは、2008年5月24日のこと。当時、プロ入りしたばかりの21歳は、豊田スタジアムで行なわれたコートジボワール戦で左サイドバックとしてスタメン出場を果たした。

     以来、長友は日本代表のこのポジションを13年に渡って守り続けている。これまでに酒井高徳(ヴィッセル神戸)や、現体制では佐々木翔(サンフレッチェ広島)、安西幸輝(鹿島アントラーズ)らがポジション争いに挑んだものの、公称身長170cmの"小さな巨人"の牙城を崩せないでいる。

     すでに35歳。強靭なフィジカルを武器に世界と渡り合ってきた日本サッカー史上最高の左サイドバックは、今なおこのポジションのトップランナーとして走り続けている。

     代表キャップ数は歴代2位の131試合を数え、その経験値の高さはほかの追随を許さない。アジア最終予選に入ってもスタメンとしてピッチに立ち続けているのは、想像を絶するような自己管理と自己研磨の賜物だろう。

     現役でありながらレジェンドの域に達する長友が今、批判を浴びている。

    「終わった選手」「穴になっている」「交代カードが1枚もったいない」

     心ない批判を受けるのは代表選手の宿命だが、日本サッカーの歴史を紡いできた鉄人に対して、あまりにもリスペクトを欠く。

     イメージを悪くしたのはオーストラリア戦だった。サイドの高い位置を取り、背後のスペースを突かれ、失点につながるFKのきっかけを与えたシーンだ。もちろん、チームとしての守り方の問題もあったが、長友のポジショニングの悪さがクローズアップされた。

     続くベトナム戦、そして今回のオマーン戦では攻撃面を指摘されている。たしかにこの2試合では攻められるシーンはほとんどなかった一方で、活発だった右サイドに比べ、長友と南野拓実(リバプール)が形成する左サイドは連動性を欠き、停滞感が漂ったことは否定できない。

     オマーン戦では23分に、鋭い縦への持ち出しから伊東純也(ゲンク)の決定機を演出したように、左からもチャンスがなかったわけではないが、それも単発にすぎなかった。

    つづく

    スポルティーバ 11/18(木) 16:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/36f0d5acfe339eb04bed3b934d8e4eb919d26676

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=480&exp=10800


    【【サッカー】日本代表のサイドバックは誰が良いの?】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,122 語) - 2021年11月1日 (月) 11:42




    (出典 www.zakzak.co.jp)


    悲しいねぇ。
    少し前ならこんなコメントされなかったよなぁ、アジアで。
    まぁ間違っていないからしかたな

    1 Egg ★ :2021/11/11(木) 16:55:50.25

    森保一監督率いる日本代表は11日(日本時間21時キックオフ)、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5節ベトナム戦に臨む。ベトナムメディア「Bongdaplus」は「日本チームの攻撃はあまり怖くない」と報じている。

     日本は最終予選の初戦でオマーンに0-1と敗戦するも、続く中国戦はFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)のゴールで1-0と勝利。10月シリーズはサウジアラビアに0-1と敗れて2敗目を喫したが、オーストラリア戦はMF田中碧(デュッセルドルフ)の一撃とオウンゴールで2-1と勝利を収めた。

     4試合を終えて2勝2敗、3得点3失点の日本に対して、ベトナムは4敗、4得点4失点。そんな両国の対戦を控えてベトナムメディア「Bongdaplus」は「日本チームの攻撃はあまり怖くない」と見出しを立て、特集を組んでいる。

    「意外なことに日本は4試合で3ゴールしかなく、グループB最少。詳細を見ると、日本のゴール自体は2ゴールしかなく、オーストラリア戦の1ゴールはオウンゴールによるものだ」と分析した。

     2次予選の日本は圧倒的な攻撃力を見せつけ、8戦全勝の首位で突破したなか、「この状況はアジア2次予選の破壊的な試合とは異なる。日本はわずか8試合で46ゴールを記録し、2番目にゴール数が多いイランよりも12ゴール上回っている」と指摘。さらに「日本のゴール力の対照的なイメージを説明するのは難しくない。最終予選の相手は、2次予選の『敗者』よりもはるかにレベルが高かった」と続けている。

     記事では、森保ジャパンが地上戦をベースに戦う点を強調。「オマーン、中国、サウジアラビア、オーストラリアを相手に、森保ジャパンは自分たちのやり方で圧倒することはできなかった。注目すべきは、日本は空中戦というカードをほとんど切らないということだ」と記した。

     その一方で日本のポテンシャルは警戒しており、「直近の4試合で(実質)2ゴールしかしていないが、ベトナムが油断すれば、日本のストライカーたちは2次予選のような“得点へのひらめき”を完全に取り戻すことができるだろう」と報じている。

    フットボールゾーン 11/11(木) 14:32
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f711deff30c6ae48917879d139e2bcc4b2536a89


    【【サッカー】日本代表 ベトナムに舐められるwww】の続きを読む

    このページのトップヘ