トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:川崎フロンターレ


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    まぁ、そうかもしれないねぇ。
    ええ若手や好調な選手呼んでも使わないし、大した戦術ももちあわせてないからね

    1 Egg ★ :2021/11/25(木) 10:25:35.21

    W杯出場圏内に浮上したサッカー日本代表だが、森保一監督に対する批判の声は高まるばかりだ。

     ホームで敗れたオマーンと16日にアウェーで対戦した際は、後半開始から途中出場した代表初選出のMF三笘薫がドリブルで左サイドから積極的に仕掛けると、試合終盤に左サイドを切り裂いた三笘のクロスに、MF伊東純也が合わせて先制。1-0で辛くも逃げ切った。通算成績4勝2敗で勝ち点12の2位に浮上したが、楽観視できる状況ではない。

     最終予選の6試合で計5得点。組織で連動した動きが少なく、攻撃のコンビネーションの手数が少ない。選手の個人技に依存しているため単発に終わるので、自陣に引いている相手も守りやすい。森保監督の采配にも疑問が残る。スタメンで固定しているFW大迫勇也は前線でボールを失う場面が多々見られ、左サイドバックのDF長友佑都も攻守にキレを欠き、クロスの精度が低い。背後のスペースを相手に徹底的に狙われているようにも感じた。森保ジャパンの舵取りを担うMF柴崎岳もパスミスが目立ち、精彩を欠いている。

     他に能力が高い選手がいないわけではない。代表に招集したJリーグで21得点と独走する横浜F・マリノスのFW前田大然は絶好調で、リーグ制覇を決めた川崎フロンターレで中心選手のMF旗手怜央はボランチも左サイドバックもできる。鹿島アントラーズの点取り屋FW上田綺世もJリーグの動きを見ると状態が良い。3選手はアウェーのベトナム、オマーンの2連戦でベンチ外だった。

     元日本代表のOBたちからも、森保監督の采配に疑問の声が噴出している。元日本代表FWの城彰二氏は自身のYouTubeチャンネルで「本当に残念だったのは前田や旗手を招集したにもかかわらず、結局まったく使わなかった。呼ばれた方も厳しいし、送り出したクラブも『これだったらいらないじゃないか』となるし。このへんのバランスを、もう少し考えなければいけないと思います」と指摘。「前田はJで得点ランキングのトップを走っていながら、まったく(試合に)関われない。森保さんが考えることなんで、周りはどうこう言っても変わらないとは思いますけど、競争という部分に関して年齢層が高くなってきているなかで、もっと循環させるべき。若手にチャンスを与えて、ベテランも『負けてられない』となりレベルが上がっていく」と訴えた。

    アエラ 11/25(木) 10:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7752c01c39944ad3d393d24de9f995a48944b68c

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=423&exp=10800


    【【サッカー】日本代表「J1の上位5,6チームより弱い」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,123 語) - 2021年11月16日 (火) 19:24




    (出典 www.nikkansports.com)


    三苫さん伊東さんだけが希望になってきたなぁ。
    森保監督良かったねぇ。

    1 Egg ★ :2021/11/17(水) 22:28:24.04

    苦しみながら今回も勝点3をもぎ取った。

     サッカー日本代表は現地11月16日にワールドカップアジア最終予選でオマーン代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。

     ベトナム戦に続き、この試合でも終盤までスコアレスが続くなど、日本には苦しい展開となったが、途中出場の三苫薫のクロスを伊東純也が叩き込み、敵地での連勝に繋げた。

     この結果とともにグループ2位につけいていたオーストラリア代表が中国代表と引き分けたため、日本は2位に浮上、アウェー2連戦を最高の結果で乗り切ることとなった。

     特に初代表・初出場の三苫の活躍は、今後へ向けても頼もしい存在であることが示された。後半からピッチに立つと最初のプレーで挨拶代わりのドリブルで仕掛け、敵陣深い位置でファウルを獲得。再三にわたるドリブル突破は、明らかにこれまでの日本には無かったリズムを生み出していた。

     この三苫のプレーには海外からも称賛の声が上がっている。伯メディア『globo.com』は勝利に導いた三苫のプレーを讃えるとともに、日本の試合内容を様々なコメントでレポートしている。

     同記事では冒頭から「サムライブルーデビューのミトマが勝利をお膳立てした」と綴られており、「才能ある左ウイングの加入は、日本チームを水からワインへと変えた」との表現で三苫の効果的なプレーを評している。
     
     さらに「ボールを持つと、必ずドリブルで少なくとも一人は抜き去り、危険な状態を作り出していた」と分析している他、「1対1で違いを生み出していた」と今回の立役者の活躍を振りかえった。

     一方で、森保一監督へは複雑な内容の言葉が並んだ。先発メンバーについては「モリヤスは先週のベトナム戦での激闘を経て、スタメンを1人しか変えなかった」として出場停止の守田英正以外の10人が同じ顔ぶれだったことを指摘。また「オマーン戦のメンバーを発表時、JFAのソーシャルメディアへの投稿に『オヤスミナサイ』というシンプルな反応を示した人がいた」と日本のSNSの内容を取り上げ、選手起用に苦言を呈した。

     これ以外でも、後半途中のたび重なる戦術変更を「モリヤスは同じ試合で2回もフォーメーションを変えた? 奇抜な発想だ」と驚きとともに伝えている。

     新たな戦力による目覚ましい活躍が見られた今回の戦いだったが、海外メディアからの指揮官への評価は決して高くはないようだ。最終予選は残り4試合。W杯へ向かう戦いの行方はまだ見えてこない。

    11/17(水) 18:12 ザ・ダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b0b53aa32ae175f7f2f1b2aee28738cc9e18c620

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】三苫が「日本を水からワインに変えた」】の続きを読む


    セルティック・フットボール・クラブ(英語: The Celtic Football Club)は、グラスゴーを本拠地とするスコットランドのプロサッカークラブで、スコティッシュ・プレミアシップに所属している。クラブは、グラスゴーのイーストエンドに住むアイルランド系移民(英語版)の貧困を緩和する目的で
    72キロバイト (4,628 語) - 2021年10月14日 (木) 07:02




    (出典 pbs.twimg.com)


    移籍するのかなぁ。
    泣いてたから、やっぱ移籍するのかなぁ。
    セルティックええやん。

    1 Egg ★ :2021/11/04(木) 06:27:21.42

    川崎フロンターレのFW旗手怜央が今冬のセルティック移籍に近づいているようだ。イギリス『デイリー・レコード』が3日に報じている。

     旗手は攻撃的なポジションを主戦場としながら、左サイドバックでもプレーできるユーティリティー選手。同紙は、アンジェ・ポステコグルー監督にとって問題となっている左サイドハーフと左サイドバックの2つのポジションをカバーすることができる存在だと指摘し、クラブとして新戦力の有力候補の1人と考えられているとレポートしている。

     同紙によると、すでに交渉が開始している模様。川崎Fとの契約は来年1月31日で切れるとみられ、セルティックがフリーで獲得するか、あるいは移籍金を支払って前倒しで獲得する両方の可能性が伝えられている。

     セルティックには今夏にヴィッセル神戸からFW古橋亨梧が加入し、ここまで公式戦16試合10ゴールと活躍中。6月まで横浜F・マリノスを率いたポステコグルー監督は以前、Jリーグからのさらなる補強を示唆する発言をしており、先日には横浜FMのFW前田大然も獲得ターゲットとして挙がっていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1939d685060a5d14c91646670616804c96b646c


    【【サッカー】旗手怜央 セルティックに、、、】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,122 語) - 2021年10月12日 (火) 10:17




    (出典 www.sponichi.co.jp)


    いやぁ、どうだろうねぇ。
    まぁ連携しやすいのかもしれないけど、森保さんは多分考えてないね。

    1 Egg ★ :2021/10/20(水) 12:07:44.33 ID:CAP_USER9.net

    日本代表の森保一監督(53)が19日、オンライン取材に応じて、負傷リタイア中のMF久保建英(20/マジョルカ)とMF堂安律(23/PSV)について「順調な回復と聞いていますが、状態を見極めて判断したい。まだ先の長い選手。戦力として考えたいが、焦って再発させることは彼らのキャリアに良くない」とコメント。モットーの<選手ファースト>ぶりを強調しながら11月11日のベトナム戦、同16日のオマーン戦の招集に慎重な姿勢を示した。

    森保監督オーストラリア戦の大胆布陣変更は「TVを見て思いついた」の怪情報

     W杯最終予選序盤を1勝2敗と出遅れた森保ジャパン。先のオーストラリア戦の勝利でひと息ついたとはいえ、B組4位と「自動出場2位以内」から離され、まだまだイバラの道が続いている。

     11月のアウェー2連戦は、連勝して「勝ち点6ゲット」がマストと言われる中、そのためにも代表チームを「オール川崎フロンターレ体制にするのがベストだろう」と力説するサッカー関係者は少なくない。

    「オーストラリア戦勝利の立役者であるMF田中碧(23)、MF守田英正(26)、控えのサイドMF三好康児(24)とDF板倉滉(24)は、いずれもJ1の常勝軍団・川崎フロンターレの元選手。気心の知れた仲です。そもそもオーストラリア戦で森保監督が戦術変更した3人ボランチ自体、川崎の基本チーム戦術なので、彼らにしてみたら、パッと集まってぶっつけ本番でも好パフォーマンスを発揮できる。さらに11月シリーズに招集が予定されている現ベルギーのMF三笘薫(24)も前川崎の選手だし、招集有力候補の現川崎の左SB旗手怜央(23)と右SB山根視来(27)を加えると7人もの大所帯となる。森保監督は試合中、メモを取るのに専念して川崎組に任せておけば大丈夫でしょう」(前出の関係者)

    ■MF久保とGK川島を加えると9人の大所帯

     さらに言うならば、現レアル・マドリード所属の久保は、小学3年のときに川崎のアカデミーに入団。チーム最年長の38歳GK川島永嗣は2007年に移籍した川崎でレギュラーに定着。評価を高めて10年南ア、14年ブラジル、18年ロシアと3大会連続W杯出場という金字塔を打ち立てた。

     この「川崎フロンターレ9人衆」に欧州で結果を残しているCBコンビの吉田麻也(33)、冨安健洋(22)を加えた日本代表。アリではないか。


    【【サッカー】11月の予選 川崎布陣ならいけんじゃね?】の続きを読む


    川崎フロンターレ(かわさきフロンターレ、Kawasaki Frontale)は、日本の神奈川県川崎市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1955年に富士通サッカー部として創部。1997年にJリーグ準会員に承認され、1999年にJリーグへ加盟。ホー
    160キロバイト (17,562 語) - 2021年10月18日 (月) 15:07




    (出典 www.frontale.co.jp)


    人気銘柄なのかぁ。
    それはそれは、本人にとっては嬉しいだろうなぁ。もう歳なのにね。
    出て行くんかなぁ。

    1 Egg ★ :2021/10/19(火) 12:02:22.39

    J1川崎の元ブラジル代表FWレアンドロダミアン(32)に海外クラブからオファーが殺到していと、ブラジルメディア「グローボ」が18日に伝えている。

     2012年のロンドン五輪で得点王となったレアンドロダミアンは19年に川崎に加入し、同年に23試合9得点、20年に34試合13得点をマーク。リーグ制覇(20年)や天皇杯優勝(20年)、ルヴァンカップ制覇(19年)に貢献した。今季も、ここまで16ゴールを挙げて得点ランキング2位(19日時点)につけている。

     そんなブラジル人ストライカーと川崎の契約は2022年1月1日まで。今後の去就は未定となっているが、同メディアによると「(レアンドロダミアンが)日本に滞在したいという願望にもかかわらず、ブラジル、米国、UAEのクラブからオファーを受け、次のシーズンの代替案を検討している」という。

     もちろん、川崎と契約延長する可能性もあるため、同メディアは「今後の数日間で将来を決める必要がある」としながらも「彼はまたアジアでもっとも価値のある選手の一人」と伝えるなど、破格の好条件が見込める中東クラブへの移籍を示唆していた。

     リーグ首位の川崎をけん引するストライカーは来シーズンに向けてどんな決断を下すのか。

    東京スポーツ 10/19(火) 11:29わ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2639e83025c8e16b1f672b51a4faca67c345c88b

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=498&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】川崎助っ人外国人が、、、】の続きを読む

    このページのトップヘ