トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:孫興民


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年9月26日 (日) 20:13




    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    日本人としては嬉しいねぇ。
    トッテナムファンからも評価されてるのは、ほんと自信になるんやないかな

    1 Egg ★ :2021/09/27(月) 22:07:58.32

     ノースロンドン・ダービーという大舞台でも堂々のパフォーマンスを披露した冨安健洋を、アーセナルの宿敵トッテナムのサポーターはどのように見ていたのだろうか。

    【動画】冨安が躍動!トッテナムとの白熱のダービーをチェック

     夏のマーケットで日本代表DFの移籍先候補として特に騒がれたクラブのひとつが、ユベントスの技術部門を率いていたファビオ・パラーティチを招聘したトッテナムだった。

     だが周知の通り、トッテナムはボローニャと条件面で折り合いがつかず。冨安は最終日にアーセナルへ移籍した。そしてトッテナムが右SBの強化に獲得したのは、エメルソン・ロイヤルだ。

     現地時間9月26日に行われたプレミアリーグ第6節、アーセナルがホームのダービーで、エメルソンはスタメンに名を連ねなかった(後半から出場)。一方、冨安は前述のように、デビューから3試合目も好パフォーマンスで評価を高めている。



     当然、トッテナムのサポーターは悔しさでいっぱいだろう。実際、SNSでファンは冨安を称賛し、パラーティチやクラブを批判している。『HITC』や『THE SPURS WEB』が、それらの声を紹介した。
     
    「言いたくないけど、トミヤスは見事だった」
    「トミヤス獲得をまとめなかったパラーティチはピエロ」
    「トミヤスはエメルソン・ロイヤルより何マイルも先にいっている」
    「“ドン・パラーティチ”はトミヤスよりエメルソンに何があると見たんだ」
    「ここまで、トミヤスでなくエメルソンを獲得したのは非常に疑問視される」
    「我々はトミヤスでなくエメルソン・ロイヤルを選んだ。またも傑作な人選」
    「右SB獲得に何か月もかけておいて、トミヤスは明らかにエメルソンより良い」
    「パラーティチがトミヤスでなくエメルソン・ロイヤルを獲得したのはそれだけで解雇可能な犯罪」
    「トミヤスはトッテナムの選手となるはずだったが、我々が選んだのはウチでも最高の右SBでないエメルソン・ロイヤル。ショッキングだ」
    「トミヤスはとても堅実に見え、その彼を獲得しようと2か月もボローニャを振り回したあげく、もっとコストがかかるだけでなく、ウチで先発もできない右SBを獲得した。パラーティチは詐欺師だ」

     アーセナルのファンは笑いが止まらないだろう。

    サッカーダイジェスト 9/27(月) 16:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1f1c7c0a023a9fc472ed71e279665240b91d353

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=414&q=90&exp=10800&pri=l


    【トッテナムファン 発狂してるわ】の続きを読む


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、日本のプロサッカー選手。プレミアリーグ・アーセナルFC所属。日本代表。ポジションはディフェンダー。 小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が目を見張るスピードで走っている冨安の姿を偶然目撃、冨安の知り合いの父母に「あの子を何とか(三筑)キ
    33キロバイト (3,143 語) - 2021年9月16日 (木) 08:21




    (出典 img-footballchannel.com)


    まぁ、ロウとサカだと思うけど、選ばれてもらうのはとても嬉しいわぁ。
    このままアーセナルを上位におしあげてくれ

    1 ゴアマガラ ★ :2021/09/27(月) 18:35:45.02

    日本代表DF冨安健洋が、アーセナルファンの選ぶノースロンドン・ダービーのマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

    今夏アーセナルに加入し、これまでの2試合で抜群の存在感を放つ冨安。26日には、プレミアリーグ第6節でトッテナムとの一戦に臨んだ。
    自身初のノース・ロンドン・ダービーでは右サイドバックで先発すると、対峙したソン・フンミンを抑えるなど、攻守に安定感あるパフォーマンスを披露。3-1での勝利に大きく貢献した。

    そんな冨安が、アーセナルのファン投票によるトッテナム戦のMOMに輝いている。クラブ公式HPで試合直後から投票を開始すると、
    公式SNSで日本時間27日16時に冨安がMOMに輝いたことを発表した。なお、日本時間27日16時30分時点で「53%」以上の得票率を獲得。
    2点目を決めたピエール=エメリク・オーバメヤン(10.3%)、1ゴール1アシストをマークしたブカヨ・サカ(18.69%)とエミール・スミス=ロウ(17.43%)に大差をつける形での選出となっている。

    『Squawka Football』によると、冨安はこの日チーム最多67回のタッチ、8回のボールリカバリーを記録。また、ここまでの3試合でドリブル突破を一度も許していないという。
    クラブOBや現地メディアから絶賛を浴びる22歳だが、サポーターの信頼もガッチリと掴んだようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e368d40e8e484a969dcafa2d08d1ee8ff724e12


    【冨安さん ファンにも評価されてる模様】の続きを読む


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。妻はモデルの佐藤ありさ。 2006年から代表引退を発表した2018年
    58キロバイト (6,487 語) - 2021年9月12日 (日) 21:33




    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    監督の好みと違うタイプなのか、単純にレベル不足なのか。
    長谷部さんも年齢がねぇ。
    仕方ないのか

    1 ゴアマガラ ★ :2021/09/27(月) 18:51:00.93

    【欧州・海外サッカー ニュース】今季未だ勝ちのないフランクフルト(ブンデスリーガ)。地元メディアは、長谷部誠がベンチに座り続ける状況に疑問を呈している。

    フランクフルト地元メディア『Frankfurter Rundschau』が、MF長谷部誠の起用法を疑問視している。

    今季からオリヴァー・グラスナー監督が指揮を執るフランクフルト。長谷部はDFBポカール1回戦(0-2)とブンデスリーガ開幕戦となるドルトムント戦(2-5)では先発していたが、
    第2節は終盤のみの出場となり、それ以降の公式戦は5試合連続でベンチに座っている。ドルトムント戦後から指揮官が採用する4バックのシステムの中で、なかなかチャンスが訪れない現状だ。

    今季は公式戦8試合未だ勝利のないフランクフルトだが(6分け2敗)、『Frankfurter Rundschau』は「ケルン戦(1-1)は4バックを採用。
    長谷部誠のような優秀な選手はベンチに置いておく」とし、37歳MFの起用法に疑問を呈している。

    「長谷部は指をくわえてベンチから見ていることしかできない」

    「フランクフルトのベンチには長谷部や鎌田大地など、先発メンバーよりも優れた選手がいる。驚きだ。23日、
    グラスナ―はこの日本人を『ファンタスティックなアスリート』であり、彼から多くを学ぶことができると語っていた」

    「戦略家であり、クオリティの高い長谷部が、なぜ役割を果たさなくなったのだろうか?」

    「長谷部はヘッセンで最もインテリジェンスあふれるプロフェッショナルであり、誰よりも試合を理解している。
    ゲームをオーガナイズし、どちらかと言うと直感的なチームを落ち着かせることもできる。その経験で統率し、状況の推移だって把握できる」

    「グラスナーは、長谷部を中央に置き、エヴァン・ヌディカとマルティン・ヒンターエッガーの3バックに戻す道を探る必要がある。長谷部はゲームの組み立てにおける原動力になり、ボールを持っても冷静だ。
    これなら高い位置でのボールロストを最小限に抑えられるだろう。この日本人の能力は誰もが知っており、だから37歳という年齢にも関わらず、契約が1年延長されたのだ」

    https://www.goal.com/jp/amp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/makoto-hasebe-frankfurt-20210927/1r5t5swv7vi7m128wrtvkskpt1


    【何故長谷部を使わない】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年9月26日 (日) 20:13




    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    良かったと思うけど、失点に絡んでしまったのがね。
    積極的に攻撃参加して走ってたなあ。
    素晴らしかった

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/27(月) 07:16:57.13

    現地時間26日、イングランド・プレミアリーグ第6節は冨安健洋の所属するアーセナルとトッテナムによるノースロンドン・ダービーが行われた。

    リーグ2連勝中のアーセナルは、オーバメヤンの1トップをスミス・ロウ、ウーデゴール、サカの2列目がサポートする攻撃陣で、冨安も3試合連続となる先発出場。2連敗中のトッテナムはケイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラを前線に並べ、右サイドバックの冨安と左ウイングのソン・フンミンによるアジア人マッチアップが注目された。

    最初のチャンスはアーセナル。6分、左サイドからの折り返しをニアサイドのオーバメヤンがダイレクトで合わせるも、これはGKロリスがしっかりと反応しはじき返す。

    12分には、ペナルティーエリア右でボールを受けたサカが縦に仕掛けて折り返すと、ファーサイドから中央に走り込んできたスミス・ロウが完全にマークを外してフリーとなり、そのまま流し込んでアーセナルが先制する。

    先制したアーセナルは、その後もトッテナムに攻撃の形を作らせず、試合の主導権を握る。27分には、流れるようなカウンターから、オーバメヤンのポストプレーで左サイドを抜けたスミス・ロウがゴール前までドリブルで持ち込み、マイナスに折り返す。走り込んだオーバメヤンがゴール右へと流し込み、アーセナルが追加点を挙げる。

    さらに34分には、自陣でケインからボールを奪いカウンター。スミス・ロウのパスを受けたサカがペナルティエリア手前右でドリブルを仕掛けると、一度は戻ったケインのタックルを受けてボールを失うものの、こぼれ球をサカが自ら拾ってゴール左へと流し込み、アーセナルが3-0とリードを広げる。

    前半の内に1点を返しておきたいトッテナムだが、引き気味に構えるアーセナルの守備ブロックを前にシュートチャンスすら作ることができない。無得点のまま試合を折り返したトッテナムは、後半からデレ・アリとタンガンガに代えてスキップとエメルソンを投入し巻き返しを図る。

    61分、ケインがペナルティーエリア手前からやや強引に右足を振り抜くと、枠を捉えたシュートはGKラムズデールが横っ飛びではじき、こぼれ球にソン・フンミンが詰めるも冨安がカバーしてクリアする。62分にはロングパスに抜け出したケインが冨安に競り勝ち、ゴール前で合わせる。この決定機はゴール右へとわずかに外れるが、徐々にトッテナムがゴールに近づいていく。

    70分にエンドンベレを下げてブライアン・ヒルを投入したトッテナムは、78分にそのヒルが一度は冨安にボールを奪われるものの、粘って繋ぎ、左サイドを抜けたレギロンの折り返しをソン・フンミンが流し込んでトッテナムが1点を返す。

    アーセナルは失点シーンの流れの中でルーカスと接触したジャカが足を痛め、ロコンガとの負傷交代を余儀なくされる。さらにアーセナルは88分にスミス・ロウとサカを下げてタヴァレスとメイトランド=ナイルズを投入し逃げ切りを図る。

    アディショナルタイムの5分間、猛攻を仕掛けるトッテナムは92分にルーカスのカットインシュートが枠を捉えるが、GKラムズデールが触ってクロスバーを叩き、こぼれ球は冨安がCKへと逃れた。その後も攻勢を続けるトッテナムだが、アーセナルも集中した守備で跳ね返していく。

    開幕3連敗の後に2連勝のアーセナルと、開幕3連勝の後に2連敗のトッテナム。対照的なシーズン序盤戦で迎えたノースロンドンのダービーは、3-1でアーセナルに軍配が上がった。

    ■試合結果
    アーセナル 3-1 トッテナム

    ■得点者
    アーセナル:スミス・ロウ(12分)、オーバメヤン(27分)、サカ(34分)
    トッテナム:ソン・フンミン(79分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a4a0907aaf5c8004051b596880318e62ef4a6f8

    ★1 2021/09/27(月) 02:26:09.23
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632677169/


    【冨安さんのトッテナム戦 どうやった?】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年9月26日 (日) 20:13




    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    ほとんど安定して攻撃をシャットアウトしてたなぁ。
    失点に絡んだけど、評価は上がったやろこれ

    1 久太郎 ★ :2021/09/27(月) 02:26:09.23

    現地時間26日、イングランド・プレミアリーグ第6節は冨安健洋の所属するアーセナルとトッテナムによるノースロンドン・ダービーが行われた。

    リーグ2連勝中のアーセナルは、オーバメヤンの1トップをスミス・ロウ、ウーデゴール、サカの2列目がサポートする攻撃陣で、冨安も3試合連続となる先発出場。2連敗中のトッテナムはケイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラを前線に並べ、右サイドバックの冨安と左ウイングのソン・フンミンによるアジア人マッチアップが注目された。

    最初のチャンスはアーセナル。6分、左サイドからの折り返しをニアサイドのオーバメヤンがダイレクトで合わせるも、これはGKロリスがしっかりと反応しはじき返す。

    12分には、ペナルティーエリア右でボールを受けたサカが縦に仕掛けて折り返すと、ファーサイドから中央に走り込んできたスミス・ロウが完全にマークを外してフリーとなり、そのまま流し込んでアーセナルが先制する。

    先制したアーセナルは、その後もトッテナムに攻撃の形を作らせず、試合の主導権を握る。27分には、流れるようなカウンターから、オーバメヤンのポストプレーで左サイドを抜けたスミス・ロウがゴール前までドリブルで持ち込み、マイナスに折り返す。走り込んだオーバメヤンがゴール右へと流し込み、アーセナルが追加点を挙げる。

    さらに34分には、自陣でケインからボールを奪いカウンター。スミス・ロウのパスを受けたサカがペナルティエリア手前右でドリブルを仕掛けると、一度は戻ったケインのタックルを受けてボールを失うものの、こぼれ球をサカが自ら拾ってゴール左へと流し込み、アーセナルが3-0とリードを広げる。

    前半の内に1点を返しておきたいトッテナムだが、引き気味に構えるアーセナルの守備ブロックを前にシュートチャンスすら作ることができない。無得点のまま試合を折り返したトッテナムは、後半からデレ・アリとタンガンガに代えてスキップとエメルソンを投入し巻き返しを図る。

    61分、ケインがペナルティーエリア手前からやや強引に右足を振り抜くと、枠を捉えたシュートはGKラムズデールが横っ飛びではじき、こぼれ球にソン・フンミンが詰めるも冨安がカバーしてクリアする。62分にはロングパスに抜け出したケインが冨安に競り勝ち、ゴール前で合わせる。この決定機はゴール右へとわずかに外れるが、徐々にトッテナムがゴールに近づいていく。

    70分にエンドンベレを下げてブライアン・ヒルを投入したトッテナムは、78分にそのヒルが一度は冨安にボールを奪われるものの、粘って繋ぎ、左サイドを抜けたレギロンの折り返しをソン・フンミンが流し込んでトッテナムが1点を返す。

    アーセナルは失点シーンの流れの中でルーカスと接触したジャカが足を痛め、ロコンガとの負傷交代を余儀なくされる。さらにアーセナルは88分にスミス・ロウとサカを下げてタヴァレスとメイトランド=ナイルズを投入し逃げ切りを図る。

    アディショナルタイムの5分間、猛攻を仕掛けるトッテナムは92分にルーカスのカットインシュートが枠を捉えるが、GKラムズデールが触ってクロスバーを叩き、こぼれ球は冨安がCKへと逃れた。その後も攻勢を続けるトッテナムだが、アーセナルも集中した守備で跳ね返していく。

    開幕3連敗の後に2連勝のアーセナルと、開幕3連勝の後に2連敗のトッテナム。対照的なシーズン序盤戦で迎えたノースロンドンのダービーは、3-1でアーセナルに軍配が上がった。

    ■試合結果
    アーセナル 3-1 トッテナム

    ■得点者
    アーセナル:スミス・ロウ(12分)、オーバメヤン(27分)、サカ(34分)
    トッテナム:ソン・フンミン(79分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a4a0907aaf5c8004051b596880318e62ef4a6f8


    【【サッカー】冨安さん トッテナム相手でも問題なし】の続きを読む

    このページのトップヘ