サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




(出典 news.biglobe.ne.jp)


まぁ、そうかもしれないねぇ。
ええ若手や好調な選手呼んでも使わないし、大した戦術ももちあわせてないからね

1 Egg ★ :2021/11/25(木) 10:25:35.21

W杯出場圏内に浮上したサッカー日本代表だが、森保一監督に対する批判の声は高まるばかりだ。

 ホームで敗れたオマーンと16日にアウェーで対戦した際は、後半開始から途中出場した代表初選出のMF三笘薫がドリブルで左サイドから積極的に仕掛けると、試合終盤に左サイドを切り裂いた三笘のクロスに、MF伊東純也が合わせて先制。1-0で辛くも逃げ切った。通算成績4勝2敗で勝ち点12の2位に浮上したが、楽観視できる状況ではない。

 最終予選の6試合で計5得点。組織で連動した動きが少なく、攻撃のコンビネーションの手数が少ない。選手の個人技に依存しているため単発に終わるので、自陣に引いている相手も守りやすい。森保監督の采配にも疑問が残る。スタメンで固定しているFW大迫勇也は前線でボールを失う場面が多々見られ、左サイドバックのDF長友佑都も攻守にキレを欠き、クロスの精度が低い。背後のスペースを相手に徹底的に狙われているようにも感じた。森保ジャパンの舵取りを担うMF柴崎岳もパスミスが目立ち、精彩を欠いている。

 他に能力が高い選手がいないわけではない。代表に招集したJリーグで21得点と独走する横浜F・マリノスのFW前田大然は絶好調で、リーグ制覇を決めた川崎フロンターレで中心選手のMF旗手怜央はボランチも左サイドバックもできる。鹿島アントラーズの点取り屋FW上田綺世もJリーグの動きを見ると状態が良い。3選手はアウェーのベトナム、オマーンの2連戦でベンチ外だった。

 元日本代表のOBたちからも、森保監督の采配に疑問の声が噴出している。元日本代表FWの城彰二氏は自身のYouTubeチャンネルで「本当に残念だったのは前田や旗手を招集したにもかかわらず、結局まったく使わなかった。呼ばれた方も厳しいし、送り出したクラブも『これだったらいらないじゃないか』となるし。このへんのバランスを、もう少し考えなければいけないと思います」と指摘。「前田はJで得点ランキングのトップを走っていながら、まったく(試合に)関われない。森保さんが考えることなんで、周りはどうこう言っても変わらないとは思いますけど、競争という部分に関して年齢層が高くなってきているなかで、もっと循環させるべき。若手にチャンスを与えて、ベテランも『負けてられない』となりレベルが上がっていく」と訴えた。

アエラ 11/25(木) 10:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/7752c01c39944ad3d393d24de9f995a48944b68c

写真

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=423&exp=10800


【【サッカー】日本代表「J1の上位5,6チームより弱い」】の続きを読む