トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:国際試合


    松木 安太郎(まつき やすたろう、1957年11月28日 - )は、日本のサッカー選手・指導者・解説者。元日本代表。日本体育大学体育学部体育学科卒業。従弟は、築地市場場内のマグロ仲卸の生田與克。祖父は大相撲力士の葵竜(最高位は十両)。 実家は東京都中央区日本橋にある明治2年創業の老舗のうなぎ屋「近三
    21キロバイト (2,133 語) - 2021年10月12日 (火) 06:02




    (出典 image.news.livedoor.com)


    居酒屋スタイルはまあ、ライト層のファンとかが見るにはええのかもなぁ。
    楽しく見れるのはたしか

    1 jinjin ★ :2021/10/13(水) 23:27:35.29

    松木安太郎が解説でネガティブ発言を控える理由。そうしないと「競技のおもしろみをスポイルすることになる」


    サッカー解説で「唯一無二の存在」として、圧倒的なオーラを放つ松木安太郎氏。
    自身の解説者としてのスタンスについて語ったインタビュー前編に続き、後編では台頭する若手の解説者たちについても聞いた。



    ---- 国内のサッカー環境は、Jリーグの始まった1990年代から大きく様変わりしました。サッカー中継で言えば、今回のW杯アジア最終予選は、アウェーでの試合はテレビ中継がなくネットでの配信です。時代の転換期のなかでサッカーを伝える難しさや意義を、どう捉えられていますか?

    「ネット中継に限らず、ペイパービューが増えるのは専門色が増えていいことだと思うんですよね。お金を払っても観たいという視聴者はサッカーへの造詣を持つ人たちなので、テレビ中継ではできないような専門的な放送の取り組み方ができる。それが、これからの時代なんだと思うんです」

    ---- ただ、それだとライト層のサッカーへの入口が限られてしまう課題もありますよね。

    「おっしゃるとおりです。テレビの地上波で放送するという意義は、サッカーへの興味のなかった人の導入につながるところです。ただ、どちらがいいとか悪いとかではなく、両方のよさをうまく使うべきなんでしょうね。いろんな角度からサッカーの見方を提供していく時代になれば、ライト層もコア層もそれぞれのレベルに応じてサッカーを観ることが楽しめるんだと思います」

    ---- そうなると、視聴者層に応じて解説者の話す内容も変わるのでしょうね。

    「解説もいろんな手法があっていいと思います。ペイパービューが一般的になれば、解説者の個性がもっと前面に出てくるんじゃないかな」

    ---- 解説者の戸田和幸さんはネット中継向けになるんでしょうね。

    「彼はすでに解説者として自分の色を持っていますよね。専門性の高いサッカー解説を聞きたい人には、日本選手でも海外選手でもよく知っているし、戦術面もよく研究されている戸田さんの解説はプラスになると思いますね」

    (中略)


    ---- サッカー解説者のなかには現場に戻るまでの腰掛けというスタンスの方もいると思うのですが、松木さんも現場復帰への色気はお持ちなんでしょうか?

    「もちろん、ありますよ。オファーがあれば考えますよ」

    ---- そうなんですね!?

    「年齢が若いと、解説していても現場復帰への思いがにじみ出ちゃうんじゃないかな。そういうのがないってことは、ボクがジジイになってきたってことだと思いますよ(笑)」

    ---- 言葉についても教えていただきたいのですが、解説者は「ダメなプレーは、こういう理由でダメだった」と指摘する仕事である一方、発言内容が人格否定などのネガティブなものにならないようにも配慮しなければいけない仕事です。SNSでの発信にも通じることだと思うのですが、そのバランスの取り方のコツはあるのでしょうか。

    「まず、ネガティブな意見は最小限にしたいと心がけています。極端な話をすれば、ゴール前でフリーでボールをもらってシュートを外せば、『なんで外すんだ!』と思いますよ。でも、わざと外す選手はいないし、『まさか!?』と思うことが起きるのがサッカー。それが起きるたびにネガティブな発言をしていたら、競技のおもしろ味をスポイルすることになっちゃう。
    そうなるよりは、応援の気持ちを持って、次の機会にはいいプレーを見せてくれることを期待する。そういうポジティブなスタンスのほうが、中継を見てくれている人たちに気持ちよく試合に入り込んでもらえるんだと思っています」

    ---- 松木さんは常に視聴者を想定されているんですね。だから、これだけ長くサッカー解説者の第一線に立つことができるわけですね。

    「観ている人は、僕らのコメントだけではエキサイトできないと思うんです。映像と言葉がリンクして初めて、解説者の存在意義があるわけで。ある意味でサッカー選手と同じだと思いますよ。今起きている状況に合わせて、臨機応変に言葉を変えていかなければいけないと思っています」

    ---- 「行け!」「そこだ!」と居酒屋ノリで熱くなっているだけではないってことですね(笑)。

    「サッカーってやっぱりパッションがあって、熱くなれるところが魅力だと思うんですが、決してそんなに熱くなってしゃべっていないですよ(笑)。たた、試合にのめり込んで楽しんでいる人なら、みんなが『行け!』『危ない』と同じようなことは口から出ているんじゃないかな? それと一緒ですよ」


    全部はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/75a715f68bcb1a096cb2190dfb7e3881b7046a86?page=1


    【【サッカー】松木安太郎が解説でネガティブ発言を控える理由】の続きを読む


    サッカーにおけるオフサイド(offside)は、攻撃側のポジションに関する反則、およびそれを定めたルールである。サッカー競技規則の第11条「オフサイド」によって規定されている。 オフサイドが成立する前提として、攻撃側選手がオフサイドポジションにいることが求められる。 オフサイドポジションとは以下の条件を全て満たした位置のことを指す。
    16キロバイト (2,588 語) - 2021年7月30日 (金) 10:39




    (出典 wpb.shueisha.co.jp)


    オフサイド自動化ねぇ
    まぁ、悪くない案だと思うけど、オフサイドのルール自体も変わる案あったよね確か。

    1 キビチー(愛知県) [US] :2021/10/13(水) 20:24:19.37


    オフサイド判定を「22年に自動化」、ベンゲル氏が可能性に言及
    2021年10月13日 15:18 

    国際サッカー連盟のグローバル・フットボール・デベロップメント部門で責任者を務めるアーセン・ベンゲル氏が12日、
    オフサイドの判定がW杯カタール大会(2022 World Cup)が開催される「2022年までに自動化する」可能性があると話した。

    イングランド・プレミアリーグのアーセナルを長年指揮したベンゲル氏は、仏パリで行われた同国多種スポーツのレフェリングデーで報道陣に応じ、
    技術面の細部については触れないまま「2022年にオフサイドが自動化する可能性が高い」と話し、「守秘義務があるが、レフェリングに関する次の
    大きな発展になるだろう」と続けた。

    現在、微妙なオフサイドの判定はビデオ・アシスタント・レフェリーが確認しているが、FIFAは「先進的なオフサイド判定技術」の開発に取り組んでおり、
    8月には「目標はゴールライン・テクノロジーに似た支援ツール、つまり判定をするのではなく、審判にすぐさま証拠を提供するものの開発だ」と話している。

    ベンゲル氏は、来年11月21日に開幕するカタールW杯へ向けた準備期間に、導入の動きが加速する可能性があると示唆している。
    オフサイドのルールについて、ベンゲル氏はすでに、得点に使える体の一部がオフサイドラインに残っている場合はオンサイドになる形にルールが変更になることをほのめかしている。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3370619

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【サッカー】オフサイドの判定が自動化へ】の続きを読む

    このページのトップヘ