トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:原監督


    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。大阪府岸和田市出身。 愛称は「お祭り男」、「(球界の)番長」。2019年よりワールドトライアウトの監督を務める。 甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。日本プロ野球 (NPB)では1986年
    154キロバイト (23,727 語) - 2021年7月7日 (水) 07:07



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    まぁここまで回復してくるとはな.世間的にも。
    良かったんやないの。
    もう薬はしないでくれよ

    1 jinjin ★ :2021/07/10(土) 23:29:42.40 ID:CAP_USER9.net

    清原和博氏、解説席に手を振る原監督と元木ヘッドらに感激「泣きそうですね。来て良かった」目を潤ませる


    ◆JERAセ・リーグ 阪神1―8巨人(10日・甲子園)

    西武、巨人などで活躍した元プロ野球選手・清原和博氏が、CS放送のフジテレビTWOとカンテレ(関西地区)で生放送された「プロ野球中継 阪神―巨人」で解説を務めた。

    阪神OBの片岡篤史氏との“PL学園先輩後輩コンビ”で臨んだ。
    清原氏の解説は、2009年の日本シリーズ第2戦「巨人―北海道日本ハム」以来12年ぶり。さらに、同カードの解説は初めてだった。


    巨人が勝利した試合終了後、原監督と元木ヘッドコーチ、宮本投手コーチがネット裏の解説席に座っていた清原氏に向かって手を振るシーンがあった。

    清原氏は立ち上がり、グラウンドの2人に向かって一礼。

    「いやー、鳥肌が立ちましたね。鳥肌立ちましたよ。なんか泣きそうですね。来て良かった。ダイスケの演出…。元木ヘッドコーチの演出だと思うんですけど。まさか原さんがバックネット裏に手を振ってくるとは夢にも思っていなかったので。今までがんばってきて…。本当に良かったと思います。ありがとうございます」と、目を潤ませていた。


    また清原氏はこの日の解説復帰について「生きていく上にとって貴重な体験をさせていただきました。一生残る記念となりました」
    「野球のすばらしさ、(先輩後輩など)野球を通じてできる絆は何年経ってもいいなと思いますね」と話していた。


    その様子を隣で見ていた、PL学園の後輩の片岡氏も「野球を通していろんな絆が生まれていると思う。原さんも安心されたと思う。僕もすごい幸せです」と感慨深げだった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/41e7c910f3afd713db72c740307f9f1408f762f1


    試合終了後、グラウンドから手を振る原辰徳監督、元木大介ヘッドコーチ、宮本和知コーチを見て手を振り返す清原和博氏(右は片岡篤史氏)

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【清原和博「泣きそうですね。来て良かった」】の続きを読む


    楽天グループ > 東北楽天ゴールデンイーグルス 東北楽天ゴールデンイーグルス(とうほくらくてんゴールデンイーグルス、英: Tohoku Rakuten Golden Eagles)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 宮城県を保護地域とし、同県仙台市宮城野区にある楽天
    232キロバイト (34,860 語) - 2021年6月29日 (火) 10:35



    (出典 baseballgate.jp)


    まぁ試合に出してもらえるならええんじゃ無いの。
    澤村さんみたいに活躍してほしいなぁ。

    1 ひかり ★ :2021/07/04(日) 19:44:57.16 ID:CAP_USER9.net

     巨人・炭谷銀仁朗捕手が金銭トレードで楽天に移籍することが4日、両球団から発表された。炭谷はこの日、出場選手登録を抹消されていた。

     原監督はコメントを発表。「私と炭谷本人、球団でよく話し合った上で、このような選択になりました。巨人軍で得た経験を、これからの野球人生にいかして、野球人としてさらに飛躍してほしいと思います」と送り出した。

     16年目のベテランは西武から13年間プレーした後、FAで巨人に移籍。オフに3度目の指揮を執ることになった原監督がリード面や経験値を評価し、獲得を熱望した経緯があった。今季も44試合に出場していたが、6月10日のオリックス戦を最後にスタメンから遠ざかっていた。

     楽天は足立、太田、田中貴ら若い捕手をカバーすべく、ベテラン捕手が再びパ・リーグでプレーする。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/146eb0c62d0bf47aa80e9801a7e27831d1676199


    【炭谷さんの楽天行きについて】の続きを読む

    このページのトップヘ