トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:冨安健洋


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年9月26日 (日) 20:13




    (出典 f.image.geki.jp)


    いや、試合中にセンターバックにスライドするときもあるし、監督としてはただセンターバックで使うのはもったいないんやろ

    1 Egg ★ :2021/10/04(月) 22:18:09.11

    現地時間10月2日、プレミアリーグ第7節のブライトン対アーセナルせんが行なわれ、スコアレスドローに終わった。日本代表DF冨安健洋は右SBで4試合連続で先発し、フル出場を果たした。しかし、そのパフォーマンスには厳しい声が上がっている。


     英紙『Metro』は「特にマルク・ククレジャに手を焼いた」と指摘。これまでの3試合とは異なるパフォーマンスを「決して良いとは言えない」と評している。

     さらに同紙は、元英代表MFでリバプールのOBであるジョン・バーンズが「彼の起用については納得できない部分もある、と疑問を呈している」と伝えた。
     
     記事によれば、バーンズはブライトン戦の前から次のように語り、ミケル・アルテタ監督が冨安を右SBとして起用していることに納得していない様子だったという。

    「トミヤスは、トッテナムとの試合では非常にしっかりしていたが、あれは1回限りの結果だ。右SBをやっていたが、元々はCBの選手だろう? 彼が毎週そこでプレーするのかは分からないが、ポジションについては疑問が残るね。ただ、スパーズ戦でのパフォーマンスは印象的ではあった」

     この懸念通り、ブライトン戦では冨安のパフォーマンスは期待値を下回る結果となった。バーンズは冨安自身の実力は「評価する」とコメントしているが、CBのほうが適していると見ているようだ。裏を返せば、その起用法が議論になるほど、注目を集める存在であると言えるかもしれない。
     
    サッカーダイジェスト10/3(日) 17:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/988aaacb9446d5c901518b044b0ad58afe1c298e

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=502&q=90&exp=10800&pri=l


    【バーンズ「トミヤスはCBの選手だろう?」】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年9月26日 (日) 20:13




    (出典 www.football-zone.net)


    テクニック系に弱いのかなぁ。
    無失点で良かったよ。
    にしてもブライトンて強いね。

    1 久太郎 ★ :2021/10/03(日) 03:23:15.98

     プレミアリーグ第7節が2日に行われ、ブライトンとDF冨安健洋が所属するアーセナルが対戦。冨安は右サイドバックでリーグ戦4試合連続でのスタメン出場は果たした。

     ブライトンはここまで4勝1分1敗と好調を維持。一方アーセナルは前節、トッテナムとの”ノース・ロンドン・ダービー”に3-1で快勝し、3連勝を飾った。波に乗るアーセナルは、4連勝をかけて敵地での一戦に臨む。

     試合は21分、ブライトンが先制のチャンスをつくる。ニール・モペイが左クロスを上げると、GKアーロン・ラムズデールはシェイン・ダフィーと衝突してボールをキャッチし損ねる。こぼれた先のルイス・ダンクはゴール目の前からシュートを放つが、枠の上に飛ぶ。

     ブライトンは28分、アダム・ララーナがエリア右に走ると、モペイがその動きに合わせて浮き球のパスを供給。ララーナの折り返しをレアンドロ・トロサールが左足で合わせるが、枠の外へ。38分には左コーナーキックからダフィーがファーで合わせるが、わずかに右にそれる。

     押され気味のアーセナルは40分、エリア右のマルティン・ウーデゴーアのバックパスがヤクブ・モデルの足に当たり、ボールの軌道が変わる。ボールを拾ったトーマス・パルティがエリア外からミドルシュートを放つが、惜しくも枠を捉えられない。

     後半に入るとアーセナルは53分、トーマスのスルーパスに反応したピエール・エメリク・オーバメヤンが相手DFの裏に抜けて絶好のチャンスを迎える。しかしオーバメヤンの位置がオフサイド判定となる。

     アーセナルは75分、トーマスのスルーパスに抜けたエミール・スミス・ロウがドリブルで縦に上がり、エリア右に侵入。スミス・ロウはGKとの1対1の場面で右足を振り抜くが、正面に飛んだ。

     ブライトンは86分、マック・アリスターがエリア左からクロスを上げると、ソロモン・マーチが頭で合わせるが、GKラムズデールがボールを弾き出す。

     このまま試合は終了して、ブライトンとアーセナルの一戦は引き分けに終わり、アーセナルの連勝は「3」で止まった。

     次節、ブライトンは16日にノリッジとアウェイで対戦し、アーセナルは18日にクリスタル・パレスとホームで対戦する。

    【スコア】
    ブライトン 0-0 アーセナル

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d149faca7f44b736ab47708e164792374d3638c7


    【冨安さん 今回はあかんかった】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年9月26日 (日) 20:13




    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    まぁまだ3試合て言うかもしれないけど、ロンドンダービーで活躍して、ベストイレブンに入ってるんだから、バカにできんやろ。

    1 Egg ★ :2021/09/30(木) 01:21:38.15

    イングランド・プレミアリーグのアーセナルによる日本代表DF冨安健洋(22)の獲得を疑問視していた元イングランド代表FWのポール・マーソン氏(53)が赤っ恥をかいた。

     アーセナルの〝レジェンド〟である同氏は、冨安の加入が決まったとき、批判的にこんなことを言っていた。「ボローニャから来た若者。まず私の頭に浮かんだのは、彼は右サイドバックで、2300万ユーロ(約30億円)であることだった。なんでユベントス、ACミラン、インテル、ラツィオ、ローマが獲得しようとしないのか? それが理解できない。これは悪いビジネスだ」。つまりイタリアのビッグクラブが手を出さないような選手を30億円もかけて獲得したのはバカげているというわけだ。

     しかしフタを開けてみれば、冨安の加入でチームは息を吹き返した。リーグ開幕3連敗と最悪のスタートから一転、冨安が入ってからリーグ3連勝中だ。26日のトットナム戦では、韓国代表FW孫興民を封じ込める守備面だけでなく、ビルドアップなどでもチームに貢献。英メディア「フットボールロンドン」は「冨安は、元アーセナルのポール・マーソンが間違っていることを証明した」と持ち上げた。今後、同氏が冨安についてどうコメントするのだろうか。

    9/29(水) 17:03 東スポ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b652580cc121eaa2d471874f373c6df75bd6cd56

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=445&q=90&exp=10800&pri=l


    【アーセナルOB『何故冨安を獲った?』赤っ恥案件www】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年9月26日 (日) 20:13




    (出典 f.image.geki.jp)


    冨安さんはなぁ、大谷さんみたいに奇跡レベルの体格やからなぁ。少なくとも日本では。
    やはり高さだけはないよなぁ

    1 Egg ★ :2021/09/28(火) 18:46:11.06

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=462&q=90&exp=10800&pri=l

    今シーズンからイングランド・プレミアリーグの名門アーセナルに移籍した冨安健洋は、9月26日に行われたトッテナム・ホットスパーとのいわゆる「ノースロンドン・ダービー」でも堅実なプレーを見せ、現地での評価も上がっているようだ。伝えられるところによると、冨安はアーセナル・ファンが選ぶマン・オブ・ザ・マッチにも選出されたという。

    トッテナムが人数をかけてアーセナル陣内でボールをつなぐものの、そこでアーセナルの守備陣が的確にスペースを埋めたためにトッテナムの攻撃は停滞を起こしてしまう。そのボールを奪ったアーセナルがスピード感溢れる攻撃を展開。12分にはブカヨ・サカのクロスをエミール・スミス=ロウが決めて先制。その後もピエール・エメリク・オーバメヤン、サカが決めて、前半のうちに3点を奪ってしまう。

    得点の形もスピードを生かした美しいものだったし、若手のスミス=ロウ(21歳)、サカ(20歳)、そしてエースのオーバメヤンが決めたことも嬉しい結果。アーセナルのサポーターにとっては大変に気持ちの良い試合だっただろう。

    後半は、ボールを大きく展開したトッテナムが盛り返し、終盤にソン・フンミン(孫興民)が得点して一矢を報いるもののアーセナルの完勝だった。

    トッテナムの攻撃を封じてカウンターにつなげたアーセナル守備陣の奮闘が光ったが、そんな中で冨安も守備の一員としてチームに大きく貢献。ポジション的に相手チームのエース、ソン・フンミンと対峙することになったが、79分にクリアボールが短くなってセルヒオ・レギロンに拾われ、そこからつながってソン・フンミンに決められたのは残念だったが、それ以外の場面では韓国の英雄を完封。冨安のマークの前に、ソン・フンミンが突破を諦めてバックパスに逃げる場面が何度もあった。

    ソン・フンミンはタッチライン沿いでプレーするだけでなく、内側のレーンに入ることが多く、大外からは左サイドバックのレギロンがオーバーラップを仕掛けてきた。だが、冨安はそんな場面でも安易に飛び込むことなく、しっかりと内側を走るソン・フンミンの位置を確認。パスコースを切りながらレギロンを封じることに成功。そのクレバーさを見せつけた

    つづく

    Jスポーツ 9/28(火) 17:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebf3d3ec635a22654db48e776b263c2af9a4dba6


    【冨安さんのおかげで、もうフィジカルは言い訳にならない?】の続きを読む


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年9月26日 (日) 20:13




    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    日本人としては嬉しいねぇ。
    トッテナムファンからも評価されてるのは、ほんと自信になるんやないかな

    1 Egg ★ :2021/09/27(月) 22:07:58.32

     ノースロンドン・ダービーという大舞台でも堂々のパフォーマンスを披露した冨安健洋を、アーセナルの宿敵トッテナムのサポーターはどのように見ていたのだろうか。

    【動画】冨安が躍動!トッテナムとの白熱のダービーをチェック

     夏のマーケットで日本代表DFの移籍先候補として特に騒がれたクラブのひとつが、ユベントスの技術部門を率いていたファビオ・パラーティチを招聘したトッテナムだった。

     だが周知の通り、トッテナムはボローニャと条件面で折り合いがつかず。冨安は最終日にアーセナルへ移籍した。そしてトッテナムが右SBの強化に獲得したのは、エメルソン・ロイヤルだ。

     現地時間9月26日に行われたプレミアリーグ第6節、アーセナルがホームのダービーで、エメルソンはスタメンに名を連ねなかった(後半から出場)。一方、冨安は前述のように、デビューから3試合目も好パフォーマンスで評価を高めている。



     当然、トッテナムのサポーターは悔しさでいっぱいだろう。実際、SNSでファンは冨安を称賛し、パラーティチやクラブを批判している。『HITC』や『THE SPURS WEB』が、それらの声を紹介した。
     
    「言いたくないけど、トミヤスは見事だった」
    「トミヤス獲得をまとめなかったパラーティチはピエロ」
    「トミヤスはエメルソン・ロイヤルより何マイルも先にいっている」
    「“ドン・パラーティチ”はトミヤスよりエメルソンに何があると見たんだ」
    「ここまで、トミヤスでなくエメルソンを獲得したのは非常に疑問視される」
    「我々はトミヤスでなくエメルソン・ロイヤルを選んだ。またも傑作な人選」
    「右SB獲得に何か月もかけておいて、トミヤスは明らかにエメルソンより良い」
    「パラーティチがトミヤスでなくエメルソン・ロイヤルを獲得したのはそれだけで解雇可能な犯罪」
    「トミヤスはトッテナムの選手となるはずだったが、我々が選んだのはウチでも最高の右SBでないエメルソン・ロイヤル。ショッキングだ」
    「トミヤスはとても堅実に見え、その彼を獲得しようと2か月もボローニャを振り回したあげく、もっとコストがかかるだけでなく、ウチで先発もできない右SBを獲得した。パラーティチは詐欺師だ」

     アーセナルのファンは笑いが止まらないだろう。

    サッカーダイジェスト 9/27(月) 16:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1f1c7c0a023a9fc472ed71e279665240b91d353

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=414&q=90&exp=10800&pri=l


    【トッテナムファン 発狂してるわ】の続きを読む

    このページのトップヘ