トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:伊東純也


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のサッカー選手。ポジションはFW(WG, ST)、MF(SH, WB)。ジュピラー・プロ・リーグ・KRCヘンク所属。日本代表。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユース
    29キロバイト (2,722 語) - 2021年10月13日 (水) 02:30




    (出典 portal.st-img.jp)


    多分歳がもう少し若ければ、五大リーグに行けたかもしれないなぁ。
    いい契約だと思います。

    1 久太郎 ★ :2021/10/18(月) 20:28:29.96

    ベルギー1部のヘンクは10月18日、所属する日本代表MF伊東純也との契約を2024年6月まで1年延長したことを発表した。

     いまや日本代表でもレギュラー格となった快足アタッカーは、2019年2月に柏レイソルからヘンクへレンタル移籍。翌20年3月に、23年6月までの3年契約での完全移籍が決定していた。

     在籍3年目の昨シーズンは、不動の右ウイングとしてゴールもアシストも二桁をマークするなど躍動。今夏のステップアップ移籍も取り沙汰されたが、残留を果たしていた。
     
     契約を全うすれば、今シーズンを含めてあと3年、青いシャツを纏うことになった伊東は、契約延長を伝えたクラブ公式ツイッターの動画で、「私はここが好きです」とコメントしている。

     ベルギーでも屈指のウインガーとなった28歳が、ヘンクでさらなる飛躍を遂げるのか。ますます期待が高まっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ba492f283b9781e0678fa6f19057a6337140585


    【【サッカー】伊東純也が2024年まで契約延長!】の続きを読む


    STVV(シントトロイデンVV)とオフィシャルスポンサー契約を締結。『イナズマイレブン』がユニフォームスポンサーに! - レベルファイブ 2018年7月17日 ^ 日本人5選手所属のシントトロイデンがスカパー!とパートナーシップ締結…全試合中継が決定 ゲキサカ 2018年9月27日 ^ シントトロイデンとH
    20キロバイト (984 語) - 2021年9月13日 (月) 23:22




    (出典 soccer-time.net)


    ベルギーの試合で日本人が7人出場て笑
    ここまでチームに日本人が集中してるのは面白いな

    1 Egg ★ :2021/09/19(日) 23:11:05.71

    9.19 ベルギー・リーグ第8節 シントトロイデン1-2ゲンク]

     ベルギー・リーグは19日に第8節を行った。シントトロイデンとゲンクの対戦は、ゲンクが2-1で勝利した。シントトロイデンでは、GKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW鈴木優磨、FW林大地が先発出場。DF松原后、FW原大智、FW伊藤達哉はベンチスタートとなった。ゲンクはFW伊東純也がフル出場した。

     リンブルフ州に本拠地を置く両者のダービーマッチ。シントトロイデンは3-1-4-2の布陣で、GKにシュミット、橋岡は右WBで起用される。林と鈴木は2トップを組んだ。ゲンクは4-2-3-1の布陣を敷き、伊東は2列目の右MFに入った。

     先発した日本人は要所で存在感を放つ。前半アディショナルタイム3分過ぎにはシントトロイデンが日本人3選手の連係から先制。林が右サイドでボールキープから深い位置にパスを出す。走り込んだ橋岡が右サイドから豪快にクロスを上げると、ドンピシャでPA中央へ。詰めた鈴木が頭で叩き込み、今季初ゴールを挙げた。

     一方、ゲンクは16日のヨーロッパリーグから7選手をスタメンから変更。伊東は引き続き先発メンバー入りを果たすが、連係面でなかなか思うようにつながらず、決定機を作ることができない。

     シントトロイデンは後半14分にチャンスが生まれる。途中出場のMFクリスティアン・ブルースが左サイドからクロス。先制点と同様の形から、鈴木が再びヘディングシュートを放つが、惜しくも追加点とはならなかった。

     それでも粘り続けるゲンクは後半28分に追いついてみせる。左サイドからMFジョゼフ・ペイントシルがカットイン。右足シュートをゴール右隅に突き刺し、1-1と試合を振り出しに戻した。追いつかれたシントトロイデンは同30分、林を下げ、原が2トップの一角に入った。

     さらにゲンクは試合をひっくり返す。後半38分、中盤からの浮き球パスを、伊東がPA右の深い位置から頭で折り返す。ボールを収めたのは途中出場のパウル・オヌアチュ。細かいフェイントから右足シュートを決め切り、2-1で逆転に成功した。

     シントトロイデンは終盤に伊藤を投入する。しかし、追いつくことはできず、1-2で試合終了。ゲンクは後半2得点で勝ち点3を奪取した

    9/19(日) 22:27 ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c3bfc876c229273c5c27df03a20f536f1ae91b76

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=480&q=90&exp=10800&pri=l


    【シントトロイデン もはやJリーグのチーム】の続きを読む


    サッカー日本代表(サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。SAMURAI BLUE(サムライ・ブルー)の愛称で知られる。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (10,956 語) - 2021年6月11日 (金) 10:53



    (出典 img-footballchannel.com)


    まぁ勝って良かったな。
    あとは、浅野さんの使い方どうしたもんかねえ。
    鈴木呼んでくれよ

    1 首都圏の虎 ★ :2021/06/11(金) 21:18:57.94

    CKから谷口の頭を経由し、伊東がボレーで押し込む

     キリンチャレンジカップの日本代表対セルビア代表は6月11日、ノエビアスタジアム神戸で行なわれ、日本が1対0で勝利を収めた。

    【日本代表PHOTO】セルビア戦に臨んだ招集メンバー24名

     ワールドカップのベルギー戦以来、欧州勢との3年ぶりの対戦となる日本は前半、古橋亨梧が1トップの位置に入り、鎌田大地をトップ下に、両翼に南野拓実、伊東純也を配置してスタートした。

     Jレジェンドの“ピクシー”ことドラガン・ストイコ*監督が指揮を執るセルビアに対し、日本は立ち上がりからボール支配では相手を上回った。しかし、やや引き気味に守備ラインを引いてくるセルビアを日本は崩しきれない。敵陣深くへ入り込むものの、フィジカルに勝る相手の堅守に潰されるシーンも目立った。
     
     0-0で迎えた後半、日本は古橋に代えてオナイウ阿道、ボランチの橋本拳人に代えて川辺駿を投入してスタート。オナイウはこれがA代表デビュー戦となった。すると48分、日本はオナイウ、川辺らが絡んでチャンスを作り、CKを獲得。そして鎌田からのクロスを谷口彰悟が頭で後方へ擦らすと、詰めた伊東が右足ボレーで合わせ、ネットを揺らす。日本が待望の先制点を奪った。

     日本はさらに64分、伊東が後方からのスルーパスに抜け出すと、中央のオナイウへラストパス。これをオナイウが押し込んで、日本の2点目かと思われたが、オフサイドの判定に。追加点とはならなかった。

     日本はその後、室屋に代えて山根視来、伊東に代えて浅野拓磨らを起用し、ピッチ上の顔ぶれを変えながらも積極的に追加点を狙っていく。しかし、たびたび迎えた好機もゴールには至らず。

     結局、2点目は奪えなかったものの、日本が1-0で欧州勢との3年ぶりの対戦を制した。森保ジャパンとしては欧州勢を相手に初勝利を飾った。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2a583e5ed1a53033f22bd17610743fcfe85df2d7


    【日本対セルビア どうでした?】の続きを読む


    3月度の日本人ベストプレーヤーズを選出


    伊東 純也(いとう じゅんや、1993年3月9日 - )は、神奈川県横須賀市出身のサッカー選手。ポジションはFW(WG, ST)、MF(SH, WB)。ジュピラー・プロ・リーグ・KRCヘンク所属。日本代表。 小学校1年生の時に鴨居SCでサッカーを始めた。中学校入学前に横浜F・マリノスジュニアユース
    23キロバイト (2,568 語) - 2021年3月30日 (火) 23:58


    てっきり鎌田さんか鈴木さんかなと思ってたけど、、、、久保さんが3位なのはどうなんやろ

    DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、3月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。

    この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。

    対象となるリーグは、プレミアリーグラ・リーガセリエAリーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグギリシャプレミアリーグ。今回は3/1(月)〜3/29(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。

    ★参加10メディア ※順不同
    DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー

    「DAZN欧州組応援部」3月度のTOP3選手はこちら!



    3位:MF久保建英(ヘタフェ)

    出場試合:3試合(先発1試合)
    出場時間:117分
    成績:0ゴール1アシスト
    チーム成績:2分け1敗


    移籍当初は先発の座を掴むも、その後はベンチスタートとなることが多かった久保。3月の3試合のうち1試合はベンチに座ったままと苦しい状況は変わらない。それでも、7試合ぶりに先発したエルチェ戦では移籍後初アシストを記録。チームの攻撃の活性化に貢献した。

    2位:DF植田直通(ニーム)

    出場試合:3試合(先発2試合)
    出場時間:190分
    成績:0ゴール0アシスト
    チーム成績:1勝1分け1敗


    1月にセルクル・ブルージュから移籍し、リーグ・アンプレーする植田。移籍当初はメンバー外やベンチに座ることが多かったが、3月のニース戦で初出場すると、翌節のモンペリエ戦では初先発。その後はレギュラーポジションを掴んだ。

    1位:FW伊東純也(ヘンク)

    出場試合:2試合(先発2試合)
    出場時間:180
    成績:3ゴール
    チーム成績:1勝1分け


    3月は2試合しかなかったが、その2試合連続ゴール。右ウイングポジションながら、インサイドに入るプレーも見せている。チームにとって重要なゴールを重ねた結果、3月の日本代表の活動でも出色の出来。今最も乗っている海外組の1人だ。

    超WS的期待の選手:DF橋岡大樹(シント=トロイデン)
    ©STVV

    出場試合:1試合(先発1試合)
    出場時間:90分
    成績:0ゴール0アシスト
    チーム成績:1分け


    チーム内で新型コロナウイルスの感染が拡大した結果、試合は1試合のみに。しかし、2月にデビューすると3月の唯一の試合では先発フル出場。ベルギーで馴染んでいく姿は4月に期待。

    【動画】伊東純也が見せた3月の圧巻パフォーマンス

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【3月度の日本人ベストプレーヤーズを選出】の続きを読む

    このページのトップヘ