トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:二刀流


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    192キロバイト (27,403 語) - 2021年9月16日 (木) 03:28




    (出典 upload.wikimedia.org)


    良かったと思うけど、味方が援護くれんかったなぁ。
    まぁ今季はもう消化試合みたいなもんだから、モチベーションも上がらんやろね

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/20(月) 07:41:54.23 ID:CAP_USER9.net

    2021年09月20日 07:33野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/09/20/kiji/20210920s00001007250000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     【ア・リーグ エンゼルス―アスレチックス ( 2021年9月19日 アナハイム )】 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は19日(日本時間20日)、本拠地アナハイムでのアスレチックス戦に「2番・投手」の二刀流で先発。1918年のベーブ・ルース(レッドソックス)以来103年ぶりとなる「同一シーズン2桁勝利&2桁本塁打」に挑戦したが、自己最長タイとなる8回を投げ5安打10奪三振2失点で降板。快挙は持ち越された。

     初回は2番、3番を連続で空振り三振に仕留めるなど3者凡退で上々の立ち上がりをみせ、4回まで毎回の6奪三振を記録。一方で3回に先頭のゴームズに中堅左へ先制のソロ本塁打を打たれると、4回にも1死後、1打席目に二塁打を打たれた6番チャプマンに、同じく中堅左へ運ばれ2点目を許した。

     5回は初回以来の3者凡退に抑え、6回も1死後に安打を許したが、併殺打で切り抜けた。7回は3者連続奪三振。8回は四死球だけで1死満塁のピンチを背負ったが、最後はチャプマンを空振り三振させて無失点でしのいだ。

     打席では初回の第1打席が四球、3回は2死二塁の好機で回ってきたが敬遠された。6回は先頭打者で登場し、5回まで1安打のチームの流れを変えようと、セーフティバントを試みたが結果は投ゴロに終わった。

     右腕痛で17日の同戦登板を回避したが、18日はブルペンで32球を投げた。この試合の前まで大谷は21試合に投げ9勝2敗、防御率3・36。ジョー・マドン監督は19日の登板について「(球数など)特別な制限はない。彼は昨日とても調子が良かった。楽しみだ」と期待を寄せていた。

     打者では18日まで141試合に出場し、496打数128安打94打点、44本塁打、23盗塁で打率・258の成績を残している。


    【大谷さん、今日の内容について】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    192キロバイト (27,403 語) - 2021年9月16日 (木) 03:28




    (出典 baseball.sports.smt.docomo.ne.jp)


    今回はまあ、相手投手も良かったてのもあるけど、味方打つの遅いわぁ。
    負け消したのいいけど、どうせならあと一勝なんやから頑張ってくれ

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/20(月) 10:47:54.15

    2021年09月20日 07:33野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/09/20/kiji/20210920s00001007250000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     【ア・リーグ エンゼルス―アスレチックス ( 2021年9月19日 アナハイム )】 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は19日(日本時間20日)、本拠地アナハイムでのアスレチックス戦に「2番・投手」の二刀流で先発。1918年のベーブ・ルース(レッドソックス)以来103年ぶりとなる「同一シーズン2桁勝利&2桁本塁打」に挑戦したが、自己最長タイとなる8回を投げ5安打10奪三振2失点で降板。快挙は持ち越された。

     初回は2番、3番を連続で空振り三振に仕留めるなど3者凡退で上々の立ち上がりをみせ、4回まで毎回の6奪三振を記録。一方で3回に先頭のゴームズに中堅左へ先制のソロ本塁打を打たれると、4回にも1死後、1打席目に二塁打を打たれた6番チャプマンに、同じく中堅左へ運ばれ2点目を許した。

     5回は初回以来の3者凡退に抑え、6回も1死後に安打を許したが、併殺打で切り抜けた。7回は3者連続奪三振。8回は四死球だけで1死満塁のピンチを背負ったが、最後はチャプマンを空振り三振させて無失点でしのいだ。

     打席では初回の第1打席が四球、3回は2死二塁の好機で回ってきたが敬遠された。6回は先頭打者で登場し、5回まで1安打のチームの流れを変えようと、セーフティバントを試みたが結果は投ゴロに終わった。

     右腕痛で17日の同戦登板を回避したが、18日はブルペンで32球を投げた。この試合の前まで大谷は21試合に投げ9勝2敗、防御率3・36。ジョー・マドン監督は19日の登板について「(球数など)特別な制限はない。彼は昨日とても調子が良かった。楽しみだ」と期待を寄せていた。

     打者では18日まで141試合に出場し、496打数128安打94打点、44本塁打、23盗塁で打率・258の成績を残している。

    ★1が立った日時:2021/09/20(月) 07:41:54.23

    前スレ
    【MLB】エンゼルス・大谷翔平またも10勝目ならず 8回2失点10K降板 ルース以来103年ぶり偉業達成はお預け [鉄チーズ烏★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632091314/


    【大谷さん8回2失点でも勝てない】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    192キロバイト (27,403 語) - 2021年9月16日 (木) 03:28




    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    マルチ安打でも十分素晴らしいんだよなぁ。
    ホームラン打たなかったら物足りないてのは、おかしな話だけと

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/19(日) 14:40:02.34

    2021年09月19日 13:15野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/09/19/kiji/20210919s00001007261000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     【ア・リーグ エンゼルス1ー3アスレチックス ( 2021年9月18日 アナハイム )】 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は18日(日本時間19日)、本拠地アナハイムでのアスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場。4打数2安打で2試合ぶりのマルチ安打をマークしたが、アスレチックスに1-3で敗れた。

     初回の第1打席は外角へのチェンジアップに泳ぎながらも右翼へ飛ばした。フェンス手前で失速して右飛だったが、あと一歩で本塁打の惜しい当たりだった。4回の第2打席は空振り三振。7回の第3打席はバットを折りながら左前打、8回の第4打席は中前打を放った。

     本塁打王争いは18日終了時点でトップがブルージェイズのウラジーミル・ゲレロ内野手(22)で46本。2位がロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(31)で45本、3位に大谷が44本でつけている。

     この日は3人ともノーアーチ。ゲレロは本拠地トロントでのツインズ戦に「3番・一塁」で出場して2打数1安打2四球。ペレスは本拠地カンザスシティでのマリナーズ戦に「3番・捕手」で出場。菊池雄星に2三振を喫したほか4三振も、8回に中前適時打を放って5打数1安打1打点だった。

     大谷はあす19日(日本時間20日午前5時7分開始)のアスレチックス戦で先発する。15日のキャッチボール中に右腕の痛みを訴えて同日の先発登板を回避していたが、回復した。

     ここまで21試合に投げ9勝2敗、防御率3・36。ベーブ・ルースが記録した1918年以来、103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」の偉業に挑む。


    【大谷さん 今日もホームランは無し】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    192キロバイト (27,403 語) - 2021年9月16日 (木) 03:28




    (出典 www.seiko.co.jp)


    まぁそりゃあね。
    なんとか10勝して欲しいなぁ。
    でも怪我だけはやめてくれよ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/18(土) 12:00:43.69

    9/18(土) 11:00配信
    東スポWeb

    大谷の今季中の登板はあるのか(ロイター=USA TODAY Sports)

     エンゼルスの大谷翔平投手(27)が右腕の痛みで17日(日本時間18日)に予定していた本拠地でのアスレチックス戦の登板を回避したことが波紋を広げている。

     マドン監督は16日(同17日)の敵地でのホワイトソックス戦前に大谷の登板回避を発表すると地元紙は悲観的に報じた。オレンジ・カウンティー・レジスター(電子版)は「大谷は、すでに今季最後の投球を投げてしまったかもしれない」、ロサンゼルス・タイムズも「大谷がシーズン終了までに再びマウンドに立つ保証はない」と報じた。

     1918年のベーブ・ルース以来となる「2桁勝利&2桁本塁打」の偉業達成にあと1勝と迫っているが、次回登板は白紙。オレンジ・カウンティー・レジスター紙のジェフ・フレッチャー記者が自身のツイッターで「大谷の調子が数日後に戻ったら、大谷は投球すべきか?」というアンケートをしたところ、57・4%が「イエス」と回答。ファンは偉業達成を期待している。

     回復すれば大谷はマウンドに上がるだろうが、バリースポーツ(電子版)は17日に「翔平を守れ!エンゼルスは大谷を2021年はもう投げさせるべきではない」との見出しで、今季の登板継続に断固反対した。

    「エンゼルスは大谷翔平の痛む腕に耳を傾け、大リーグ史上最高の実験をシャットダウンすべきだ。大谷は、少なくとも2021年は投球をやめる必要がある。このショーは、すでに十分続いた。もう時間だ」

     その上で「彼は自分を証明してみせた。大谷は1人でありながら2つの特異な才能を持つユニコーンだ。誰も予想できなかった、44本塁打、23盗塁、136奪三振、防御率3・36、115回1/3を築いた」と今季の成績を称賛するとこう続けた。

    「大谷は宇宙人でもなければ、サイエンスフィクションの人物でもない。彼もただの人間であり、その彼の体が『もう十分』と言っている」

     マドン監督は今後、数日間を様子を見て決めるとして判断を先送りしている。果たして今季中に投手・大谷を見ることはできるのか。偉業達成は見たいが、来季以降を考えると…。複雑な心境だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/febb9933ed48a2cc38ec45e3614cdf8f75b3ef5f


    【大谷翔平 人間やったね】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    192キロバイト (27,403 語) - 2021年9月16日 (木) 03:28




    (出典 www3.nhk.or.jp)


    まぁ希少性に関しては、圧倒的に二刀流だろうけど、三冠王取ったら流石に奪われるとおもうのだが

    1 ブルーベリーフラペチーノうどん ★ :2021/09/18(土) 07:31:07.29

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e4a341d4783ec77a3eae053405e498711bef085

    エンゼルスの大谷翔平投手は、2か月半にわたってトップを走ってきたア・リーグ本塁打王争いで3位に後退した。ライバルのブラディミール・ゲレーロJr.内野手は大谷の先を行く45本塁打を放っているばかりか、3冠王の可能性まで浮上している。そこで気になるのはMVPの行方だ。米国のスポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」によれば、大谷が「残り打席のほぼすべてで三振したとしても、楽勝」なのだという。

     大谷は直近15試合で52打数9安打、3本塁打、打率.172に21三振という打撃不振に*いる。一方でゲレーロJr.は同じく直近15試合で見ると打率.355、7本、ペレスは打率.300、7本塁打。これでは追い上げ、逆転を許すのも仕方がない。

    「エンゼルスの天才ショウヘイ・オオタニは攻撃面でスランプに陥っている。これはア・リーグMVP争いに影響するか?」と題した記事では、ジョー・マドン監督の「以前も同じ状況になったことがある。引っ張りすぎていて、ストライクゾーン外の球にも手を出してしまっている。誰にとってもストライクゾーンを再整理することは大事なことだ。もう1つはもっとセンター方向を意識すること。そうすれば引っ張りすぎることはない。時には詰まってしまうこともあるかもしれないが、それは悪いことではない」というコメントを紹介し、打撃の状態が明らかに良くないことを伝えている。

     それでも、大谷のシーズンMVP受賞は動かないだろうという。記事は「2人の攻撃面に集中して見るとMVP論争はおもしろいものになるが、オオタニがしていることははるかに強すぎて、誰がMVPに輝くかに疑問を投げかけるには及ばないだろう」としている。その理由として「それでも彼の今シーズンの成績は非現実的だ。他の全ての打者と違って、彼はエンゼルスのローテに入っているだけでなく、そのエースだ」と、二刀流をやり遂げる価値はライバルの打撃タイトルよりもはるかに大きいと位置付けた。

    続きはソースにて


    【大谷さんのMVPは揺るがない】の続きを読む

    このページのトップヘ