トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ヴィッセル神戸


    日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
    180キロバイト (16,859 語) - 2021年10月17日 (日) 05:16




    (出典 pbs.twimg.com)


    嘘かーい。
    まぁ嘘で良かったのか。
    ますます金持ちチームと貧乏チームの差が広がるところだったからなぁ

    1 Egg ★ :2021/10/17(日) 12:24:14.89

    サッカーのJリーグは17日、ホームタウン制度を撤廃するとの一部報道を否定する、以下のような声明を出した。

    「一部報道機関において、Jリーグがホームタウン制度を撤廃するとの表現を用いた報道がありました。

    JリーグではJクラブの本拠地を『ホームタウン』と呼び、Jクラブはホームタウンと定めた地域で、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めなければならないと定めています。

    このホームタウン制度について撤廃・変更の事実は一切なく、今後、Jクラブの営業、プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアに関する考え方の方向性について議論しているものです。

    Jリーグが創設当初から掲げている地域密着の思想が揺らぐものでは全くありません。

    公益社団法人 日本プロサッカーリーグ チェアマン

    村井満」(原文ママ)

    10/17(日) 12:12 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/04ae39fb835ae31e535d6dc59c1d7493f1355fa4
     
    Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/news/article/20863/


    【Jリーグ「ホームタウン制度について撤廃の事実ない」】の続きを読む


    日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
    179キロバイト (16,773 語) - 2021年10月16日 (土) 23:34




    (出典 cdn.curation.jleague.jp)


    沖縄でJ1の試合やらないかなぁ。
    無理か。
    にしても金あるクラブは今以上に育成に力入れやすくなったろうなぁ。

    1 梵天丸 ★ :2021/10/17(日) 07:48:04.86

    Jリーグ 来季ホームタウン制撤廃へ 創設時の理念「地域密着」から新様式に 今月中にも正式決定
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e68e1477d572ea9cdc440cdaf91c53b853a42ff
    10/17(日) 3:00配信
    Jリーグが来季から事実上のホームタウン制度撤廃を検討していることが16日、明らかになった。
    既に議論を重ねており、早ければ今月の理事会で正式決定する。
    創設当初からの理念撤廃となれば、地方クラブが首都圏の巨大スタジアムでホーム試合を開催し、都市部に下部組織をつくることもできるようになる。
    また、クラブ名にネーミングライツを認めることも検討中。
    開幕から30年を前に、Jは大きな変革期を迎えている。

    1993年の開幕時から、地域密着やチーム名からの企業名排除などを基本理念としてきたJリーグが、大きく方向転換することになりそうだ。
    理事会では賛否両論の激しい議論が行われてきたが、早ければ今月にも地域密着の基本理念撤廃が決まる見通しとなった。

    従来のホームタウン制度が撤廃されれば、各クラブは全国どこでも下部組織をつくり、有望選手を確保できるようになる。
    また、全国各地でより自由に主催試合を開催することができるため、例えばイニエスタ擁する神戸の主催試合が、全国の巨大スタジアムでより多く観戦できる可能性も出てくる。
    収容人員を考えれば、興行規模は飛躍的に高まる。

    従来からの地域密着は地域の活性化につながり、初期のリーグ繁栄の要因とされてきた。
    Jリーグに倣うようにバスケットや卓球、さらに来年1月始動のラグビー新リーグも、地域密着が基本理念。
    だが本家のJはクラブ数が全国57に増え、最近はIT関連企業など新業種も経営に参画。
    全国展開を積極的に求めるクラブも出て、ホームタウンに対する考え方も変わってきた。

    さらに、最近になって「1クラブがホームタウン内で他クラブの活動を制限することは、独占禁止法に抵触する」という判断が出されたことも変革を後押しした。
    当初は従来のホームタウン制度にこだわってきたリーグ側も「ホームタウン」という表現を残しながら、旧来の概念を撤廃する方向に変わっていった。

    さらに数年後にはクラブ名にネーミングライツを認めることも検討を開始した。
    Jリーグ開幕直後、クラブに企業名をつけることの是非で読売新聞の渡辺恒雄社長と川淵三郎チェアマン(ともに当時)による論争が起きたのは有名。こちらも「チーム名から企業名を外す」という基本理念を捨てることになる。
    Jリーグは来季、開幕30周年。旧来の理念を変えながら、リーグ発展の未来へ、大きく舵(かじ)を切ることになる。

    ▽Jリーグにおけるホームタウン制 
    各クラブの本拠地を「ホームタウン」と呼び、リーグ規約で「Jクラブはそれぞれのホームタウンにおいて、地域社会と一体となったクラブづくり(社会貢献活動を含む)を行い、サッカーをはじめとするスポーツの普及および振興に努めなければならない」と定めている。
    またチーム呼称を「地域名+愛称」とすることで「ホームタウン住民・行政・企業の理解と協力を得やすくなり、経済的に自立することができる」(Jリーグ公式サイト)としている。

    ★1:2021/10/17(日) 03:19:40.42

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634408380/


    【【サッカー】Jリーグ 来季ホームタウン制撤廃】の続きを読む


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のサッカー選手。ギリシャ・スーパーリーグ・PAOKテッサロニキ所属。元日本代表。ポジションはMF。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    102キロバイト (11,418 語) - 2021年10月16日 (土) 02:16




    (出典 www.football-zone.net)


    果たしてJリーグにどれだけの金を要求するやろうかな。
    億はむりだろうなぁ

    1 Egg ★ :2021/10/16(土) 19:33:11.06

    ギリシャ1部PAOKの元日本代表MF香川真司(32)のJリーグ復帰報道がギリシャから飛び込んできた。

     香川は今季開幕戦でスタメン出場したが、その後はベンチ外が続く。先月には現地メディアが今季から就任したラズバン・ルチェスク監督が本人に〝戦力外通告〟をしたとも報じられており、来年1月の移籍を模索する可能性も指摘されていた。そんな中、ギリシャメディア「ノバスポーツ」は、複数のJクラブからオファーがあるとした上で「PAOKの経験豊富なサッカー選手は、今シーズンのルチェスク監督の構想外となっていることから、Jリーグに復帰する可能性を真剣に検討している」と報じた。

     どれほどの真剣度かは報道で言及されていないが、スペイン2部サラゴサとの契約を解除してフリーとなっていた昨年12月、古巣のJ1C大阪からのオファー報道があったが、自身のツイッターで復帰を否定。「いろいろな報道がでていますが、自分として欧州でまだやるべき事があると、夏にお断りをさせていただいています。ここ数週間の中で自分なりの決断を欧州でできればと思っています」としていた。その後PAOK入りしたが、チーム内の苦境から考えが変わったのだろうか。

    東スポ 10/16(土) 12:19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6dfb91bda2907036da7ced40b083e782745918a

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=486&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【香川慎司 『真剣に帰ろうかな』】の続きを読む


    大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 - )は、鹿児島県加世田市(現:南さつま市)出身のプロサッカー選手。ポジションは海外移籍後は主にMF、日本代表ではFWを務める。主に左サイドでプレーしている。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。日本代表。 2014年、2018年W杯メンバー。全国高等学
    59キロバイト (6,698 語) - 2021年10月13日 (水) 02:31




    (出典 sakanowa.jp)


    今度は大迫さんかぁ。
    いろいろ言われてるけど、怪我していいわけないよなぁ。
    ほんと今の日本代表は、誰が壊れてもおかしくないなぁ

    1 Egg ★ :2021/10/15(金) 12:00:00.95

    J1神戸の三浦淳寛監督(47)が15日、福岡戦(16日・ノエスタ)を前にオンライン取材に応じ、W杯アジア最終予選・オーストラリア戦(12日・埼玉)で途中交代した日本代表FW大迫勇也(31)が同戦での負傷により当面離脱となることを明かした。負傷の詳細までは言及しなかったが、回復次第ではチームだけでなく、11月にアウェー2連戦を控える日本代表にも影響を及ぼすことになりそうだ。

     2日の浦和戦(ノエスタ)は大迫の加入後初ゴールなど5得点大勝で3位に浮上した神戸。2週間試合ぶりの試合で勢いを加速させたいところだったが、アクシデントが発生した。三浦監督はチーム状況について「けが人なんですが、徐々に復帰してきているというのもありますけども、代表に参加した大迫のけがというのは少し残念だなと思います」と話した。当面の出場は厳しいのか問われると「まあそんな感じです」と答えた。

     浦和戦では大迫とFW武藤の2トップが機能。「本来なら元気よくやりたいところですが、なかなかベストメンバーが組めないというのが少し困っているところ。それでも意欲的に全選手が自分が出た時のイメージを持ちながらトレーニングをしている。起用する選手を信頼してやっていきたい」と福岡戦に向かう。

     大迫は7日のサウジアラビア戦(ジッタ)に続き、オーストラリア戦でも先発。今回の代表2試合では得点を決めることなく、オーストラリア戦では、プレー続行が難しくなった様子で後半16分にFW古橋(セルティック)と交代していた。

    ディリースポーツ 10/15(金) 11:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c37a03c1540cb3ba579cd7f5b3d3ddacaaa51de8

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=485&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】日本代表 森保の新たな被害者が】の続きを読む


    楽天グループ > ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1966年創部の川崎製鉄水島サッカー部(1987年に川崎製鉄サッカー部に改称)が前身となり、19
    110キロバイト (9,670 語) - 2021年9月3日 (金) 03:32




    (出典 jocr.jp)


    移籍後初ゴールとか決めてたからなぁ。
    今後が楽しみではあるよね。
    お世話ありがとうございます。

    1 Egg ★ :2021/10/15(金) 12:06:33.33

    ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが、バルセロナ時代からの盟友、現在のチームメートであるアンドレス・イニエスタについて言及した。

    これまでラ・リーガ、セリエA、エールディヴィジ、プレミアリーグ、ブンデスリーガとヨーロッパ各国の腫瘍リーグで戦ってきたボージャンは、日本のJリーグについて「インパクトを受けた」と『DAZN』の『Jリーグプレビューショー』に対して語った。

    「ボールを持った時のプレッシングや試合のリズムがとても速い。インテンシティもすごく高いですね。とても競争力の高いリーグですし、海外から来た選手も楽しんでプレーできる環境だと思う」

    2007年にバルセロナでトップデビューを果たし、2011年まで同チームに在籍したボージャンは、神戸に加わることで先輩イニエスタと10年ぶりに同僚となった。

    イニエスタについては「今までたくさんのスタープレーヤーを見てきたけど、アンドレスが一番謙虚」と、その素顔について語っている。

    「アンドレスが(バルセロナで)デビューした時からバルサの試合を見に行っていたけど、彼のプレースタイルは見ていてワクワクする。当時からすごい選手だった」

    「FWから見ても意思疎通がとてもうまく、一緒のプレーがすごくやりやすい。試合の流れも把握できるしプレーの先を読めるので、FWがほしいところにパスを通してくれる」

    そしてボージャンは「神戸のために重要な選手になりたい。このクラブが成長するための力添えをしたいんだ。その姿を多くのみなさんに見てほしい」と続け、Jリーグでの躍進を誓った。

    1990年生まれ、現在31歳のボージャンはバルセロナ下部組織時代からゴールを量産して評価を高め、07-08シーズンに17歳にしてトップデビューを果たした。

    2011年のバルセロナ退団後はローマ、ミラン、アヤックス、ストーク、マインツ、アラベス、モントリオールとヨーロッパ及び北米のクラブを渡り歩いてきた。そして今年8月、ヴィッセル神戸の加入により、初のJリーグ挑戦となっている。

    ヴィッセル神戸にはイニエスタのほか、セルジ・サンペール、トーマス・フェルマーレンと元バルセロナ組が多数在籍している。その輪に加わったボージャンは、Jリーグの舞台でさらなる活躍を見せることができるのだろうか。

    dazn 10/15(金) 11:40
    https://news.yahoo.co.jp/articles/54d52c9d3457b27536c2a1f950a69b3528f83e1e

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】ボージャン「ボールを持った時のプレッシングや試合のリズムがとても速い」】の続きを読む

    このページのトップヘ