トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ワールドカップ


    サッカーにおけるオフサイド(offside)は、攻撃側のポジションに関する反則、およびそれを定めたルールである。サッカー競技規則の第11条「オフサイド」によって規定されている。 オフサイドが成立する前提として、攻撃側選手がオフサイドポジションにいることが求められる。 オフサイドポジションとは以下の条件を全て満たした位置のことを指す。
    16キロバイト (2,588 語) - 2021年11月4日 (木) 14:56




    (出典 www.football-zone.net)


    左様でございますか。
    まぁこれで微妙な判定にも文句言わなくなるだろうからええのか

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 21:23:21.59

    国際サッカー連盟(FIFA)が、オフサイド判定においてAI(人工知能)を駆使する新テクノロジーの導入を発表した。

     今回適用されるのは〝半自動オフサイド判定システム〟と呼ばれ、各選手の手と足にセンサーが取り付けられて毎秒50回、最大29個のデータポイントから情報を収集。リアルタイムで選手がオフサイドにあたるかどうかを判定することになる。スタジアムには10~12個のカメラが新たに設置され、AIを駆使したシステムとなった。

     こうした最先端のテクノロジーからの情報をもとに、最終的にはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に警告が送られて判断する。

     このAIオフサイド判定システムは、30日にカタールで開幕するアラブカップから試験運用されることが決定。来年のカタールW杯のテスト大会に位置づけられており、問題がなければW杯本大会でも採用される見通しだ。

     サッカー界で〝AI審判〟の時代がいよいよ到来して注目が集まる。

    東スポ 11/30(火) 17:38
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d13d90f42bf5dc28a5ccdeae9d40b291f1df6088

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=487&h=640&exp=10800


    【【サッカー】オフサイド判定でついに〝AI審判〟を導入】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 www.nikkansports.com)


    まぁそうなるのは予想外だったろうけど、あんまり気にしてなさそう。
    気にして無いだろうなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/27(土) 17:28:13.17

    カタールワールドカップ予選大陸間プレーオフの組み合わせ抽選が現地時間26日に行われ、アジア第5代表は南米第5代表と対戦することが決まった。南米メディアでは日本代表がプレーオフに出場する可能性も言及されている。

     大陸間プレーオフにはアジアと南米のほか、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)第4代表とオセアニア代表が出場する。抽選の結果、アジア勢は最も手強いと予想される南米勢と出場権を争わなければならなくなった。


     アジア最終予選では2つのグループの3位チームがプレーオフを戦って大陸間プレーオフへ進むチームを決める。現時点ではUAE代表がグループAの3位、オーストラリア代表がグループBの3位に位置しているが、オーストラリア代表とわずか1ポイント差で2位の日本代表にも3位転落の可能性がある。

     一方、南米予選は大陸間プレーオフ出場となる5位周辺が大混戦。4位コロンビア代表、5位ペルー代表、6位チリ代表、7位ウルグアイ代表と4チームが勝ち点1差のなかにひしめいており、どのチームがプレーオフを戦うことになるのか現時点で予想は難しい。

     多くの南米メディアでは、プレーオフに進出するアジア第5代表として、当然ながら現時点で各グループの3位に位置するUAEまたはオーストラリアの可能性があると紹介。だが日本代表も候補チームのひとつとして予想されている。

     チリ『ラ・テルセーラ』は、「最も可能性が高いのは日本またはオーストラリア」と予想。グループBで接戦の2位争いを演じるどちらが3位になったとしても、グループAとのプレーオフに勝利すると見込まれている。「南米にとって手強い相手となりそうだ。ワールドカップ出場常連の日本またはオーストラリアになるかもしれない」とチリ『セントラル・デポルテス』も警戒を示した。

    フットボールチャンネル 11/27(土) 13:44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c25864fd0fc0a0440fcc4138cc3dd2038997d81


    【【サッカー】<南米メディア>豪州や日本とのプレーオフを予想!】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 img-footballchannel.com)


    まぁそりゃそうだろう。
    なかなかエグいこと言うなぁ。
    デリカシーが無いのか、それほど仲良いからなのか

    1 Egg ★ :2021/11/26(金) 07:00:44.70

    元日本代表MFの松井大輔が、DAZNで配信されている内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の最新回に出演。自身が出場した2010年の南アフリカ・ワールドカップについて振り返った。

     内田氏が大会直前に右SBのレギュラーを外され、出番なしに終わったのに対し、松井は10番の中村俊輔に代わって定位置を確保。全4試合に先発し、初戦のカメルーン戦で本田圭佑の決勝点をアシストするなど、岡田ジャパンのベスト16進出に大きく貢献した。

     内田氏から「めちゃめちゃ走ってましたもんね」と称えられた松井は、「1試合目でやめようと思った。2試合目に出られないと。高地だったでしょ。疲労が半端なかった」と、ギリギリの戦いだったことを明かした。

     決勝ト―ナメント1回戦ではパラグアイと対戦。スコアレスのまま突入したPK戦で、内田氏に代わって右SBの定位置を得た駒野友一が失敗し、初の8強入りを逃した。試合後、涙に暮れる駒野を、目を真っ赤にしながら阿部勇樹とともに両脇で支えた松井の姿も印象的だった。
     
    「松井さんって、PK蹴ってましたっけ?」と聞かれると、「蹴ってない。交代してたから。僕が蹴っていたら、駒野みたいなミスはしない」ときっぱり。内田氏が慌てて、「皆さん、仲いいから言えるんだからね」とフォローした。

     同じ関西出身の同級生で「小学校から知っている」という駒野について、さらに「みんな思っていると思うけど、あれは駒野のせいです」と真顔で冗談を言った松井は、こう続けている。

    「駒野の前で、お前のせいで負けたからねと言ったら、普通に殴られた。バシッて」

     これに大爆笑した内田氏が「今は?」と聞くと、「今は全然問題ない。でも、あの時は大変だったみたい。殺人予告みたいなのもあったみたい。だから、あんまりいじっちゃいけない」とコメント。「めちゃくちゃいじってるじゃないですか」と突っ込まれていた。

    11/26(金) 6:11  サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ab551473fddb76d3bf884e378a1d53a35d665abe

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=577&exp=10800


    【【サッカー】松井大輔「駒野の前で、お前のせいで負けたと言ったら殴られた」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,123 語) - 2021年11月11日 (木) 21:27




    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    まぁそう言われてもええよね。
    確かベトナムにも舐められてたからなぁ。
    勝てるかなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/16(火) 15:56:37.27

    現地時間11月16日(日本時間17日1時キックオフ)に行なわれるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第6節で、日本代表は敵地マスカットでオマーン代表と対戦する。第1節にホームで敗れた相手に雪辱し、3連勝を狙いたいところだ。

     ここまで勝点9(3勝2敗)で3位の森保ジャパンと、勝点7で4位のオマーンの大一番を前に、敵国のメディア『Al Watan』は「我々の代表は、日本のサムライに立ち向かう準備はできている」と題した記事を掲載。「この試合はカップ戦の決勝のようなものだ」と意気込んでいる。

    「日本は大阪で負けた試合のリベンジマッチと考えているだろう。重要な6ポイントマッチであり、負けたほうがワールドカップ出場権争いから脱落する」

     さらに、前回対戦でプラン通りに試合をコントロールして日本に勝ったことで、「サムライは、もはやほとんどのアジアのチームが恐れる“ブギーマン”(怪物)ではなくなったという大きな自信を得た」と指摘。

    「これまでの日本の結果からも分かるように、グループ内のどのチームも、長い時間、彼らを苦しめることができるようになっている」と伝えている。

     もはや日本を恐れる必要はない――。オマーンのメディアは意気揚々のようだが、森保ジャパンは、2か月前のリベンジを果たせるか。

    サッカーダイジェスト 11/16(火) 6:17
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4ec25e06b0b860d26241a31bc05a3dfb1ec1ac0

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=492&exp=10800

    1 Egg ★ 2021/11/16(火) 11:59:50.01
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637031590/


    【【サッカー】<オマーンメディア>「もはや日本はアジアの怪物ではない」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,122 語) - 2021年11月11日 (木) 11:42




    (出典 www.soccer-king.jp)


    まぁ日本にとっては良かったのかなぁ。
    これで食らいつければどうにか滑り込み通過の可能性があるぞ

    1 Egg ★ :2021/11/11(木) 20:07:01.36

    カタール・ワールドカップのアジア最終予選で、11月11日にオーストラリアとサウジアラビアが対戦。ここまで4戦全勝でグループ首位に立つサウジと、3勝1敗で同2位の豪州との直接対決は、0-0のスコアレスドローに終わった。

     豪州のホームで行なわれた大一番。立ち上がりから両チームとも攻守に強度の高いプレーを見せ、局面で見応えあるバトルを展開。ボール支配率では豪州が優位に立つ一方、サウジも個人技を活かして鋭いアタックを繰り出していく。

     豪州はテンポの良いパスワークで局面を動かしながら、空いたスペースを突いていく。ただサウジ守備陣は迅速なカバーリングでピンチの芽を即座に潰す。奪ったボールをサウジも丁寧につなごうとするが、豪州の素早い出足の前に思うように前に進めない。

     お互いに相手ゴール前に迫るシーンを作りながらも、あと一歩のところで得点できず、前半は0-0のまま。
     
     迎えた後半、グループ1位のサウジを勝点3差で追う豪州が攻勢を強める。59分にはレッキーがビッグチャンスを迎えるも、コースを狙ったシュートは相手GKアルヤミのビッグセーブに阻まれる。その1分後にアーヴァインが至近距離から狙ったが、惜しくも枠を捉えることができない。

     さらに65分、豪州は好位置でFKのチャンスを得る。マビールの強烈な一撃をアルヤミがストップ。こぼれ球をベヒッチが押し込むも、これもサウジ守護神が止めてみせる。

     その後はサウジもいくつかゴールチャンスを作るなど一進一退の攻防が続いたが、最後までスコアボードは動かず。この結果、サウジは勝点を13に伸ばし、首位を堅持。連勝は止まるも4勝1分といまだ無敗を続ける。3勝1分1敗で勝点10とした2位豪州が追走する形で、計10試合ある最終予選を折り返した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/dbb7a511bdac4a5c2561522d8cab2806544a4401


    【【サッカー】サウジとオーストラリアはドローか】の続きを読む

    このページのトップヘ