トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ロイヤルズ


    ブラディミール・ゲレーロ・ラモス・ジュニア(Vladimir Guerrero Ramos Jr., 1999年3月16日 - )は、カナダ連邦ケベック州モントリオール出身のプロ野球選手(一塁手)。右投右打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。 父のブラディミール・ゲレーロと叔父のウィルトン・ゲレーロ
    20キロバイト (2,074 語) - 2021年9月17日 (金) 13:43




    (出典 spread-sports.jp)


    マジかぁ、大谷さんなんとか食らいついて欲しいなぁ。
    ホーム10連戦で4本くらい打ってほしいなぁ

    1 首都圏の虎 ★ :2021/09/18(土) 10:06:17.25

    ペレスが45本、大谷は44本と熾烈な本塁打王争い

    ■ブルージェイズ ー ツインズ(日本時間18日・トロント)

     ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手が17日(日本時間18日)、本拠地でのツインズ戦に「3番・一塁」でスタメン出場。第2打席で両リーグ単独トップの46号本塁打を放った。

     ゲレーロJr.は4点を追う3回。先頭で迎えた第2打席で左翼席へ弾丸ライナーで飛びこむ46号ソロ。13日(同14日)のレイズ戦以来、3試合ぶりの一発に本拠地は大いに沸いた。

     本塁打王争いはこの試合前までロイヤルズのペレスと45本で並んでいたが、再び単独トップに躍り出た。エンゼルスの大谷翔平投手との差は2本に広げた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f372f5d961a74c0eb67fd2563de1b287582b0ef8


    【ゲレーロさん、独走体制に突入】の続きを読む


    カンザスシティ・ロイヤルズ(英語: Kansas City Royals、略称:KC)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。ミズーリ州カンザスシティにあるカウフマン・スタジアムを本拠地として使用している。 1969年から拡張球団としてシアトル・パ
    40キロバイト (5,301 語) - 2021年9月15日 (水) 22:58



    (出典 upload.wikimedia.org)


    まずいなぁ、今日の試合も打てなかった。
    今の成績でも十分なのはわかってるけど、タイトルほしいよねえ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/16(木) 11:46:55.51

    9/16(木) 11:28
    デイリースポーツ

    ペレス、2戦連発44号で2位大谷に並ぶ 歴代捕手最多HRに王手 打点は単独トップ
     大谷翔平(左)とサルバドール・ペレス
     「ロイヤルズーアスレチックス」(15日、カンザスシティー)

     ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(31)が五回に2戦連発となる44号ソロを放ち、本塁打王争いでエンゼルスの大谷と並び、トップのゲレロ(ブルージェイズ)に1本差に迫った。109打点は五回の時点で2位アブレイユ(ホワイトソックス)に2差をつけて1位の座を守っている。

     ぺレスは8月20日以降の25試合で14本塁打を記録。1970年にジョニー・ベンチ(レッズ)が樹立した45本塁打の捕手最多記録に王手をかけた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8ddb7def90d915c872f8c121b57e685b4c8f98ad


    【大谷さん ペレスにも抜かれそう】の続きを読む


    カンザスシティ・ロイヤルズ(英語: Kansas City Royals、略称:KC)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。ミズーリ州カンザスシティにあるカウフマン・スタジアムを本拠地として使用している。 1969年から拡張球団としてシアトル・パ
    40キロバイト (5,301 語) - 2021年9月6日 (月) 04:25



    (出典 full-count.jp)


    今日もダメやったなぁ。
    なんとか一本打ってくれたら、流れかわるかもしれないと思ったのだが

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/15(水) 12:10:58.79

    9/15(水) 12:09配信
    スポーツ報知
     
     ◆米大リーグ ロイヤルズ/アスレチックス(14日・カンザスシティー=カウフマン・スタジアム)

     ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手が14日(日本時間15日)、本拠地のアスレチックス戦に「3番・捕手」で出場し、5試合ぶりの43号をたたきゲレロ(ブルージェイズ)に2本差、大谷翔平(エンゼルス)に1本差と再び迫った。

     8月の12本塁打を含めペレスはオールスター戦明けで22本目(大谷は11本、ゲレロ17本)となった。

     ペレスは捕手出場で29本打っているが(DHでも14本)、シーズンの75%以上捕手を守った選手のア・リーグ最多本塁打記録を更新中だが、ナ・リーグでは1970年レッズのジョニー・ベンチが一塁と外野で打った7本を含め合計45本が最多。この記録更新も目の前だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ee46b8197bc3ba382eca850b5dbc36b1af61b939


    【大谷さん ペレスがすぐ後ろに、、、】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    191キロバイト (27,276 語) - 2021年9月8日 (水) 14:39



    (出典 upload.wikimedia.org)


    大谷さんに1本差かよ。
    この人ホント後半戦の爆発がやばいなぁ。
    これは観念するか

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/09(木) 10:43:55.86

    9/9(木) 10:29
    デイリースポーツ

    ペレスが3戦ぶり42号 キング大谷に1本差 打点トップ 19戦12発の量産態勢
     大谷翔平(左)とサルバドール・ペレス
     「オリオールズ-ロイヤルズ」(8日、ボルティモア)

     ロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(31)が七回に3戦ぶり42号ソロを放ち、本塁打王争いでトップを走るエンゼルスの大谷翔平投手(27)に1本差に迫った。打点を104とし、1位で並んでいたアブレイユ(ホワイトソックス)をかわし、メジャートップに立った。

     ぺレスは8月20日以降の19試合で12本塁打を放ち、量産態勢に入っている。1970年にジョニー・ベンチ(レッズ)が樹立した45本塁打の捕手最多記録に3本に迫っている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a436d726c9a6ec3e4a64fd11f0d152aa9a03c7a5


    【確変ペレスさん 遂に、、、】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    190キロバイト (27,076 語) - 2021年9月5日 (日) 09:18



    (出典 cyclestyle.net)


    あっという間に射程圏になったなぁ。
    来週抜かれてそう。
    大谷さん逃げてー

    1 jinjin ★ :2021/09/07(火) 07:37:45.12 ID:CAP_USER9.net

    大谷翔平、本塁打王へ逃げ切れる? ペレス猛追2戦3発41号で2差


    エンゼルス・大谷翔平投手(27)の本塁打王に強烈なライバルが登場してきた。ロイヤルズのS・ペレス捕手が5日(日本時間6日)、連日の41号3ランを放って2本差と急追。
    大谷にとって2本差は7月24日以来43日ぶり。
    3位のV・ゲレロ(ブルージェイズ)も含めて、ヒルマニアこと蛭間豊章記者が本塁打王争いを推理する。



    8月に12本塁打を量産したペレスが前日の2発に続き、この日のWソックス戦も今季11勝している右腕シースから右翼席上段に41号3ランを叩き込んだ。

    40、41号ともに99マイル(約159キロ)の快速球を打ち砕いたが、本人は「速いボールだったけれど、いいスイングができている。ベースの真ん中に来た球を狙っているだけ」と胸を張る。
    これでペレスは後半戦20本目(大谷は10本、ゲレロも11本)、7月9日時点の13本差から一気に2本差に迫ってきた。

    シーズンの75%以上捕手を守った選手のア・リーグ最多本塁打記録を更新中で1970年レッズのジョニー・ベンチが一塁と外野で打った7本を含め合計45本塁打した記録にも迫り、打点でも首位アブレイユ(Wソックス)に1差の102点まで伸ばしている。


    ペレスの勢いを示すデータにDHでの驚異の本塁打生産率がある。
    大谷は106試合で41本(2本は登板時)で1本当たりに要した打数は9・85。

    捕手104試合(27本塁打)の合間に、体力の負担を軽くするために計30試合座ったペレスのDH成績は14本、7・86打数に1本。
    最近5試合で5本と手がつけられない量産ぶりなのだ。


    エンゼルスは残り25試合で7、8日(日本時間8、9日)のナ・リーグ本拠地のパドレス戦でDH制がなく代打起用になるのが大谷には痛い。
    ロイヤルズは26試合、ブルージェイズは27試合残っている。


    大谷は投手との二刀流もあって3試合欠場しているが、一塁とDHのゲレロ、重労働の捕手を兼ねるペレスはともに欠場は1試合のみと、3選手そろってほぼフル出場での本塁打王争いは、話題的には98年マグワイア、ソーサのマッチレースに匹敵する。
    大谷が前半戦見せた爆発力を見せるのか、勢いのあるペレスが逆転するのか。いずれにしても最終戦までもつれ込むようなタイトル争いを期待したい。

    (ベースボールアナリスト・蛭間豊章)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/714f162f1b4b8e33cbf5b3e6125db121a8cff596


    【大谷翔平 マジでペレスに抜かれそう】の続きを読む

    このページのトップヘ