トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:レンドン


    ロサンゼルスエンゼルス(英語: Los Angeles Angels、略称:LAA)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州アナハイム。本拠地球場はエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム。NHKなどではエンジェルス
    41キロバイト (5,481 語) - 2021年9月5日 (日) 08:00




    (出典 sports-pctr.c.yimg.jp)


    まぁ仕方ないのかなぁ。
    優勝争いとかしていたらまだしも、見られるのは大谷だけ、トラウトとかもおらんし

    1 ラッコ ★ :2021/09/30(木) 03:08:40.31

    ホーム最終戦で目撃された寂しすぎる光景!大谷翔平だけでは埋められなかった地元ファンの空虚感
    2021/9/28(火) 16:46

    【ホーム最終戦で見られた寂しすぎる光景】

     現地時間の9月26日に行われたエンジェルス対マリナーズ戦を、日本からTV観戦した人も多かったのではないだろうか。

     ベーブ・ルース選手以来103年ぶりとなる「2桁勝利+2桁本塁打」に王手がかかった大谷翔平選手が、今シーズン最後の登板になる可能性がある中で臨んだ23度目の登板だったからだ。

     しかもこれがホーム最終戦ということもあり、日本のファンも関心も高かったはずだ。

     ところが、だ。画面に映し出される光景を見て、逆に拍子抜けしなかっただろうか。空席ばかりが目立つ観客席を目の当たりにして、日本のメディアの騒ぎぶりとの格差に、何とも違和感を抱いたのは自分だけではなかったはずだ。

    【大谷選手だけでは盛り上がりきれなかった地元ファン】

     実際のところ公式記録を見ても、当日の入場者数は2万2057人だった。4万5517人の収容力を誇るエンジェル・スタジアムの48.5%しか埋まっていなかったことになる。

     むしろ前日の試合の方が3万221人を集めており、現地のファンの間で、大谷選手の偉業がどれほど注目を集めていたのか疑わしくなってしまう。

     もちろん今シーズンの大谷選手が、将来にわたり語り継がれるような伝説的な活躍をしているのは疑いようのない事実だ。これまで本欄でも何度となく繰り返しているが、大谷選手のMVP受賞は間違いないところだ。

     にもかかわらず、今シーズンのエンジェルスが例年以上の盛り上がりを見せたかといえば、ホーム最終戦の惨状から想像できるように、答えはノーだろう。

     シーズン後半戦が始まる7月16日からエンジェルスはフルキャパシティのファンを受け入れるようになったのだが、当時の大谷選手はオールスター戦で史上初の二刀流を披露した直後で、快進撃の最中にいた。

     だが試合別観客動員数を見てみると、7月16日に4万880人のファンを集めたのがシーズン最多で、その後は4万人を突破することもなく、3万人を超えることも稀で、基本的に2万人前後で推移する状況だった。

    【センセーションを起こした野茂英雄投手やイチロー選手との違い】

     これまでMLBに挑戦した日本人選手の中で、1995年の野茂英雄投手と2001年のイチロー選手は全米中から注目を集める一大センセーションを巻き起こしている。

     当時現場取材をしていた自分も、野茂投手が投げる度に、またイチロー選手が連日スーパープレーを披露する度に、球場を埋め尽くす地元ファンが彼らに興奮する姿を目撃してきた。

     観客動員という点で見れば、今シーズンの大谷選手は2人が起こした熱狂ぶりには程遠いと言わざるを得ない。

     では大谷選手と2選手とで何が違うかといえば、間違いなくチームだ。1995年のドジャースはロッキーズとの間で、シーズン終盤までもつれる熾烈な地区優勝争いをしていた。

     また2001年のマリナーズにしても、MLBタイ記録の116勝を挙げるなど、シーズンを通して快進撃を続けていた。まさにチーム全体が盛り上がっていたのだ。

    【ファンが求める究極はチームの勝利】

     それとは裏腹に、今シーズンのエンジェルスは早々にポストシーズン争いから脱落してしまった感がある。

     チームの大黒柱であるマイク・トラウト選手が戦線離脱してしまったことが大きく影響したとはいえ、6月20日に7.5ゲーム差をつけられ地区4位になってからは、ずっとこの位置から抜け出せないままさらにゲーム差を広げられ、シーズンを終えようとしている。

     一方で同じ地ロサンゼルス地区を本拠にするドジャースは、ケガ人が続出しながらもジャイアンツと熾烈な地区優勝争いを続けている。もちろんファンも盛り上がりを見せ、シーズン後半戦のホーム試合で4万人を割った試合がわずか1回だけで、毎試合5万人前後(収容人員は5万6000人)を集めている。

     やはりファンが求めているのは、選手個人のパフォーマンス以上にチームの勝利ということなのだと思う。

    (>>2-5あたりに続く)

    - 個人 - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20210928-00260473
    画像:大谷選手が登板したマリナーズ戦ではかなりの空席が見られた(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    【大谷さんの偉大なシーズンも目立つ空席】の続きを読む


    ロサンゼルスエンゼルス(英語: Los Angeles Angels、略称:LAA)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州アナハイム。本拠地球場はエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム。NHKなどではエンジェルス
    40キロバイト (5,352 語) - 2021年7月5日 (月) 10:50



    (出典 full-count.jp)


    やっぱ投手陣がなぁ。
    トラウト戻ってきたら、屈指の打線になるんだから、あと救援を整備してくれたらなぁ

    1 jinjin ★ :2021/07/06(火) 00:57:45.22 ID:CAP_USER9.net

    「オオタニでさえ“中途半端”の連鎖を断ち切れない」米メディアがエンジェルスの不甲斐なさを冷評「リーグ最高の選手を擁しながら…」


    現在本塁打王に立っている大谷翔平。
    波に乗り切れないチームの中、孤軍奮闘を続けている。

    6月中旬以降、本塁打量産体制に入っている大谷翔平。
    その一方で、チームは勝率5割前後と好調とは言えない。そんなエンジェルスの状態を、米メディアが冷評した。


    スポーツ専門メディア『Sports Illustrated』は3日、「ショウヘイ・オオタニでさえ“中途半端”の連鎖を断ち切れない」との見出しで記事を掲載し、チームの現状を憂いた。
     
    大谷は、現地7月2日のオリオールズ戦までの15試合で、54打席に立ち13本塁打21打点の成績を残している。
    ほぼ1試合に1本ペースで本塁打を積み重ねる一方で、チームは7勝8敗。

    記事は、チームの戦いぶりを「ここ数年のエンジェルスの野球を象徴している。球界最高の選手が活躍しているにもかかわらず、平凡な成績に終わっている」と表現した。


    驚異的な成績を残す大谷を、MVP候補筆頭に挙げる声も多い。
    このことについては、「リーグ最高の選手を擁しながらも勝利に恵まれないエンジェルスの中で、MVPを獲得することになるかもしれない」とコメント。

    マイク・トラウトが孤軍奮闘しMVPに輝くも、プレーオフを逃し続けている15年以降と同様になりそうだと予想している。
     

    3日の勝利で勝率を5割に戻したエンジェルス。スター大谷を一日でも長く見ていたいという気持ちは、日米の多くの野球ファンが持っているだろう。
    主砲トラウトの復帰も予想されるシーズン後半、プレーオフに向けチーム状況は上向いていくのだろうか。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/031aee5a6a5c6ce9e04b874139bcf00862143bfe


    【大谷所属のエンゼルス 呆れられてる】の続きを読む

    このページのトップヘ