トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:レアル・マドリード


    チェルシーFC(Chelsea Football Club、イギリス英語発音: [ˈʧelsi ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン西部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    96キロバイト (8,797 語) - 2021年10月6日 (水) 23:58




    (出典 www.nikkansports.com)


    ないやろ。
    十分過ぎる戦力を保有している上に、エースだったとはいえ評価を落としている選手を獲るメリットがな

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/12(火) 13:52:24.16

    10/12(火) 12:20
    東スポWeb

    レアルで低迷するアザールが古巣復帰か チェルシーが移籍金52億円を準備
    エデン・アザール(ロイター)
     スペイン1部レアル・マドリードのベルギー代表FWエデン・アザール(30)が古巣に電撃移籍する可能性があるとスペインメディア「エル・ナオシオナル」が伝えている。

     イングランド・プレミアリーグのチェルシーで大活躍し、世界トップ選手となったアザールは、2019年に移籍金1億1500万ユーロ(約149億5000万円)でRマドリードへ移籍。しかし、これまで相次ぐ負傷などにより高額な移籍金に見合うパフォーマンスを示せていない。

     同紙によると「チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモ*はアザールが再び青(チェルシーのチームカラー)のユニホーム着た場合、もう一度、世界最高の選手の1人になると確信している」とし「現在は(Rマドリード会長の)フロレンティーノ・ペレスと非公式の交渉が開始されているとの憶測が飛び交っている」という。

     ただ、チェルシー側はアザールを高く評価している一方、負傷の多さや30歳になった年齢面から高額の移籍金を支払うつもりはないという。同紙は「さまざまな報告によると、チェルシーは4000万ユーロ(約52億円)を超えて交渉する気はない」と、放出時の約3分の1となる移籍金しか準備できないと報じている。

     その一方、Rマドリードは新たな右サイドバックを探しており、市場価値4500万ユーロ(約58億5000万円)と評価されるチェルシーのDFリース・ジェームス(21)がアザールの移籍に絡む可能性があると指摘しており、今後の動向が注目されそうだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b00efe3723988e8f72fdc8a27521b859543136a


    【【サッカー】アザールが古巣復帰?】の続きを読む


    中井 卓大(なかい たくひろ、2003年10月24日 - )は、滋賀県大津市出身の日本のサッカー選手。ポジションはMF。 地元滋賀県にある少年サッカーチームのAZUL FOOTBALL CLUBに入団。レアル・マドリード主催のファンデーションキャンプに参加し、日本人初となる育成組織、カンテラに合格、正式に加入を発表した。
    7キロバイト (800 語) - 2021年9月21日 (火) 06:55




    (出典 www.nikkansports.com)


    中井くんのポジションて中盤やろう。
    同じような年齢ですでにトップで試合出てるカマヴィンガとかいるからなぁ。

    1 愛の戦士 ★ :2021/10/06(水) 11:47:22.24

    サッカーダイジェスト 10/5(火) 17:29

    「アンチェロッティが彼に気付いた」マドリーの17歳・中井卓大のトップ練習招集に現地メディアも注目!「卓越したテクニックを備えた真珠」

    「ラウールは何度か頼りにしている」

     1‐2で敗れたラ・リーガ第8節のエスパニョール戦を前にしたレアル・マドリーのトップチームの練習に参加したのが、フベニールA(U-19)に所属する“ピピ”こと中井卓大だ。

     他の2人のカンテラ―ノとともに、弱冠17歳のMFがカリム・ベンゼマやルカ・モドリッチらと錚々たる面々とトレーニングをする姿は、現地ファンの間でも話題となった。

     ジネティーヌ・ジダン前監督時代にも何度かあったとはいえ、“日本の宝石”の練習参加に、地元メディアも注目。マドリーの専門サイト『Defensa Central』は、「(カルロ)アンチェロッティ監督は、3人の新顔に驚いた」と伝え、中井についてはこう紹介している。

    「ピピはマドリーの下部組織の、素晴らしい真珠のひとりだ。この日本人選手は、多彩な攻撃的能力があり、ボランチとインサイドハーフの両方でプレーできるMFだ。その卓越したテクニックが、ユーティリティな面を可能にしている」

     記事はさらに、「(フベニールA のひとつ上のマドリーBの監督である)ラウール(ゴンサレス)は、すでにカスティージャ(Bチーム)の試合で何度か彼を頼りにしており、アンチェロッティも彼に気付いたようだ」と続けている。

     マドリーの公式ツイッターが公開したトレーニング動画では、隣にいるモドリッチと何度もパス交換をするなど、堂々とした佇まいを見せた中井。世界トップクラスの選手たちとの練習は、代え難い経験になったはずだ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/133458683713af5ef7c5b9bfc3fc8c7cbf85dced
    トップチームのトレーニング参加が話題となっている中井。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

    (出典 i.imgur.com)


    【「アンチェロッティが彼に気付いた」】の続きを読む


    ーンの言語の発音と、当人の出生地のフランス語の発音との対立があるという。結果、「エムバペ」「ムバペ」「ンバペ」「エンバペ」「ムバッペ」「ンバッペ」「エンバッペ」など、多様なカタカナ表記がある。本人は「ムバッペ」「エムバペ」「エンバペ」の中では「エンバペ」が最も近いとしている。
    40キロバイト (3,594 語) - 2021年9月9日 (木) 03:05




    (出典 imgsrv2.voi.id)


    おおう、まさかの発言やな。
    ただこれでもうレアルは確定したもんやろ。
    フリーで出ていかれるのは避けたいやろ

    1 Egg ★ :2021/10/04(月) 21:00:27.27

    フランス代表FWキリアン・ムバッペが、パリ・サンジェルマン(PSG)に対して、7月末に退団希望を伝えていたことを明かした。

    フランス代表の主力としてロシア・ワールドカップで世界王者となり、22歳にして現代フットボール界屈指のストライカーとして地位を確立しているムバッペ。2017年夏にモナコから加入したPSGでもこれまでに公式戦182試合に出場して136ゴールを積み重ねているが、今季限りとなっているクラブとの契約延長交渉は進んでおらず、来夏フリーでのレアル・マドリー入りが噂されている。

    そんな中、フランス『RMC Sport』のインタビューに応じたムバッペは、「僕は退団希望を伝えた。契約延長を望まないと決めてからだ。クラブに移籍金を手にしてもらい、クオリティの高い代わりの選手を獲ってもらうことを望んだ」と口にし、クラブに移籍金を残して今夏にチームを去ることを望んでいたことを明かした。

    「僕に多くのものをもたらしてくれたクラブだ。僕はここで過ごした4年の間、常に幸せだった。今もそうだ。クラブがうまくいくように、できるだけ早めに伝えた。僕はみんなが手を取り合って、良い取引になればと思った。リスペクトしてきたよ。僕は、もしどうしても、どうしても僕を退団させたくないのならば、自分は(今季は)残留するよと言ったんだ」

    10/4(月) 19:47 goal
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d22622af73aa30ebd263bab61440a1c6fcadc637

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=360&q=90&exp=10800&pri=l


    【エムバペ「僕はPSG退団希望を伝えた」】の続きを読む


    リーガ、リガ スペイン語圏・ドイツ語圏・ルーマニア語圏等における「リーグ」(連合・連盟・同盟・機構) ラ・リーガ - スペインのプロサッカーリーリーガ・デ・フトボル・プロフェシオナル - リーグを運営する機構 ラ・リーガ・サンタンデール - スペイン1部リーグ。通常「ラ・リーガ」というとこのリーグを指す。
    2キロバイト (306 語) - 2021年2月11日 (木) 22:52




    (出典 footballshop-legends.com)


    まさかここまで落ちるとはなぁ。
    MSNがいた頃が懐かしいなぁ。
    そりゃクーマンを使い続けるわけやわ

    1 Egg ★ :2021/09/30(木) 22:00:33.42

    ラ・リーガ(La Liga)は29日、今シーズンにおける各クラブの給与限度額を発表し、FCバルセロナは宿敵レアル・マドリードよりも約6億5000万ユーロ(約845億円)低いことが判明した。

     レアルの限度額が7億3900万ユーロ(約960億円)であるのに対し、バルセロナは財政状況が逼迫(ひっぱく)しているため9700万ユーロ(約126億円)にまで減った。

     ラ・リーガによって発表されるこの額は、クラブがトップチームやユースの選手、指導者の給与や移籍金に費やすことができる額に関連している。ラ・リーガは毎年、1部と2部クラブの会計監査を行った後に給与限度額を算出している。

     限度額が3億4700万ユーロ(約451億円)から9700万ユーロと、バルセロナの削減額は予想をはるかに上回るもので、1部リーグの中でも上から7番目の数字となっている。

     バルセロナの限度額はレアルの他、セビージャFC(Sevilla FC)やアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)、ビジャレアル(Villarreal CF)、レアル・ソシエダ(Real Sociedad)、アスレティック・ビルバオ(Athletic Bilbao)よりも低い。

     バルセロナはこの夏、クラブの人件費を必死に削減してラ・リーガの規則に従おうとしていたため、リオネル・メッシ(Lionel Messi)とアントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)の放出を認めた。

     現在の人件費は収益見込みの約80パーセントとなっており、夏の時点での105パーセントからは減ったものの、ラ・リーガが定める70パーセントよりは高くなっている。

     バルセロナは昨シーズンの年度決算について、見積もりよりもはるかに悪い4億8100万ユーロ(約620億円)の損失と明かしており、今回の発表はさらなる打撃となった。

     一方、レアルの限度額は2億7000万ユーロ(約351億円)増え、1部で2番目に高いセビージャの上限より5億3900万ユーロ(約700億円)高くなった。

     昨季の王者アトレティコは、昨季から8100万ユーロ(約105億円)減ったものの限度額は1億7100万ユーロ(約222億円)となり、1部では3番目の数字だった。

    9/30(木) 16:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8a060701b2004166d4ad9e9a8bc1a94590294d67


    【バルセロナの財政難 思ったより酷いみたいやわ】の続きを読む


    Saint-Germain Football Club)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。通称はパリSG(Paris SG)、パリ(Paris)、PSG。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジ
    101キロバイト (8,551 語) - 2021年9月29日 (水) 11:23




    (出典 portal.st-img.jp)


    いやあ出ていくやろ。
    もう自由にしたれよ、十分貢献してもらったやろ。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/01(金) 21:34:13.30

    10/1(金) 20:38
    東スポWeb

    PSG 退団濃厚のエムバペに“最後のお願い” 驚愕ボーナス付きオファーの中身
    去就が注目されているエムバペ(ロイター)
     フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が、来夏で契約が切れる同国代表FWキリアン・エムバペ(22)に対して残留へ向けて〝最後のお願い〟だ。

     エムバペを巡っては契約が切れる来夏の退団が既定路線だが、PSG側は契約延長のために何度も破格のオファーを提示してきた。そうした中、スペインの移籍専門メディア「トードフィチャージェス」はPSGがとんでもない額の〝最終オファー〟を提示したと報じた。

    「エムバペにシーズンあたり手取りで5000万ユーロ(約65億円)に達する報酬、さらに1億ユーロ(約129億円)の契約更新ボーナスを付ける。フランスのチームはこのオペレーションを新しい署名であるかのように扱う。これは彼らが到達できる最大値であり、エムバペを世界で最も高給取りのサッカー選手にする」と指摘。年俸は額面で1億5000万ユーロ(約194億円)になる破格条件で、さらに〝更新料〟として1億ユーロまで上乗せするというのだから前代未聞のメガオファーと言えるだろう。

     もちろんPSGとしてはこれ以上金額を上乗せるすることは不可能。「このオファーが最終的なものになる可能性がある」とまさに最後のオファーとなりそうだ。

     同メディアは今後の展開について「エムバペはオファーを受け入れて更新するか、レアル・マドリードでプレーすることに賭けるかを決定する必要がある。選手側の考えは契約延長してもあまり長い契約を結ばないことで3シーズンの契約としたうえで、解除条項を付けることもPSG側に納得させることになる」との見解を示した。

     憧れのクラブを選ぶか、それともカネを選ぶのか。最強ストライカーが岐路に立たされている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/165405ef83499ab2c6331e162a70179be072a5a9


    【PSG ムバッペに最後のお願い】の続きを読む

    このページのトップヘ