トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:リバプール


    モハメド・サラー・ハミド・マーラス・ガリー( アラビア語:محمد صلاح حامد محروس غالى‎, Mohamed Salah Hamid Mahrous Ghali, 1992年6月15日 - )は、エジプト出身のサッカー選手。リヴァプールFC所属。エジプト代表。ポジションはフォワード。
    46キロバイト (4,231 語) - 2021年6月5日 (土) 00:40



    (出典 www.footballista.jp)


    まぁ仕方ないよなぁ、クラブがリスクしかないとこに派遣をすることに許可出さないよね。
    てか、おもろい名前がおおいな

    1 数の子 ★ :2021/07/06(火) 14:54:46.57 ID:CAP_USER9.net

    エジプトサッカー連盟は、7月22日に開幕する東京五輪サッカー競技に向けたメンバー22名を発表した。

    なおショーキー・ガリブ監督は「モハメド・サラー、マフムード・ハッサン”トレゼゲ”、ムスタファ・ムハンマドを招集したが、クラブに拒否された」と記者会見で明らかにした。

    それぞれリヴァプール、アストン・ヴィラ、ガラタサライに所属するスター選手であるが、クラブ側が解放しなかったとのことだ。

    GK:

    ムハンマド・アル・シャナーウィ(OA) / Mohamed El-Shennawy
    (アル・アハリ)

    ムハンマド・ソビヒ / Mohamed Sobhi
    (アル・イティハド)

    マフムード・ガード / Mahmoud Gad
    (ENPPI)

    DF:

    アハマド・ヘガジー(OA) / Ahmed Hegazi
    (アル・イティハド/KSA)

    マフムード・ハムディ(OA) / Mahmoud El-Winsh Hamdy
    (ザマレク)

    ムハンマド・アブドゥルサラーム / Mohamed Abdel-Salam
    (ザマレク)

    アハマド・フェトゥーフ / Ahmed Fetouh
    (ザマレク)

    オサマ・ガーラール / Osama Galal
    (ピラミッドFC)

    アハマド・ラマダン “ベッカム” / Ahmed Ramadan Be*ham
    (アル・アハリ)

    カリム・アル・イラキー / Karim El-Eraky
    (アル・マスリー)

    カリム・ファウード / Karim Fouad
    (ENPPI)

    MF:

    アクラム・タウフィーク / Akram Tawfik
    (アル・アハリ)

    ナースル・マーヒル / Nasser Maher
    (アル・アハリ)

    アマル・ハムディ / Amar Hamdi
    (アル・イティハド)

    イマーム・アシュール / Emam Ashour
    (ザマレク)

    https://qoly.jp/2021/07/06/egypt-national-team-for-tokyo-olympic-kgn-1


    【エジプト代表 サラーは来ないってさ】の続きを読む


    ブルーロック』は、金城宗幸(原作)、ノ村優介(作画)による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2018年35号より連載中。 高校生のサッカーが舞台であるが、日本各地からFWの選手を集め生き残りをかけて戦わせるといった、部活やクラブチームとは異なりデスゲームの要素が強い。また、絆やチームワ
    74キロバイト (13,088 語) - 2021年6月14日 (月) 14:15



    (出典 cdn.tower.jp)


    面白いよね?
    面白いと思うんだけどなぁ、アニメ化とかもしそうだし。
    リバプールと講談社がパートナーシップ結んだのもこの為?

    1 風吹けば名無し :2021/06/23(水) 10:34:07.24 ID:PxvS8uxg0.net

    ガチでスポーツ漫画で1番おもろい

    サッカー知らなくてもオモロイ


    【ブルーロックて面白いよね?】の続きを読む


    講談社現代新書 ブルーバックス 講談社+α文庫 講談社+α新書(2000年 - ) 講談社学術文庫 講談社選書メチエ 講談社AKB48新書(「リーダー論」「逆転力 ―ピンチを待て―」の2冊のみ) 星海新書 講談社青い鳥文庫(1980年 - ) YA!ENTERTAINMENT 講談社の動く図鑑 MOVE 健康ライブラリー
    49キロバイト (5,660 語) - 2021年6月10日 (木) 06:44



    (出典 img.sskamo.co.jp)


    ほほう、これはなかなか面白いなぁ。
    ただ何故リバプールなのかが疑問なんだよなあ。南野残る可能性があるから?

    1 久太郎 ★ :2021/06/22(火) 15:30:34.05 ID:CAP_USER9.net

    講談社は22日、イングランド・プレミアリーグに加盟する「リバプールFC(Liverpool Football Club)」と、オフィシャル・グローバル・パートナーシップ契約を締結したことを発表した。

     この度の契約により、ホーム・スタジアムのアンフィールドにて「試合中のLED看板に、講談社のロゴや作品 タイトルを掲出」「スタジアム内に講談社コーナーを開設予定」「マッチデープログラムに講談社のページを掲載」、リバプールFCが持つ世界的な知名度を活用し「選手やレジェンドの協力を得て、動画やSNSなどで世界に向けてメッセージを発信」していく。これらを通して、欧州、北米、中国、東南アジア、中東など、全世界に向け講談社ブランドを発信し、世界中の人たちに講談社を知ってもらう狙いがある。

     また、リバプールFCと講談社は、文化の発展のために100年以上尽くしてきたという点で共通した思想を持っている。そこで講談社はリバプールFC財団(LFC財団)と協力し「Creative Works」というプログラムを立ち上げ、2021年9月より、リバプールにある2つの大学と2つの高校に所属する学生たちを対象に、雇用機会を提供するプログラムをスタートさせる。

     このプログラムは、困難な環境にある若者たちがクリエイティブな業界でキャリアを積めるようにすることを目指していくもので、プログラムの参加者たちは、クリエイティブなスキルの向上、履歴書や面接のテクニック、人前で話すこと、自信をつけることなどについてサポートや指導を受け、目指すキャリアに到達するための準備をしていく。リバプールにある劇場やメディアなど多岐にわたる7つのクリエイティブ施設や組織と協力して、参加者たちには職場体験をするチャンスが与えられ、クリエイティブな才能を引き出すために創造性のある出版物や題材を現地に提供していく。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/35a1d1bcb2733a851ac81d7d341842525c4fd5c2


    【講談社、リバプールとパートナーシップ契約締結だと】の続きを読む


    ファンタジスタ(イタリア語:il fantasista)は、サッカー用語の一つ。主にイタリアなどで使われている。フォワード(ストライカー)にあたるサッカー選手に対する賛辞とされる言葉である。 又はファンタジー作品を沢山観る人の事を言う。 イタリアのサッカー界(カルチョ)では、よくサッカー界を代表す
    9キロバイト (1,242 語) - 2021年6月11日 (金) 12:53



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    確かに今のトレンドではないことは仕方ない。
    誰か1人を中心にすることが、あまりしなくなったからなぁ

    102 名無しさん@恐縮です :2021/06/21(月) 18:08:58.98 ID:lQAUUg2m0.net

    確かに毎回試合のハーフタイムとかでお互い「だいたい何キロ走ってます。各チームで一番走行距離が多いのは…」ってくだり増えたね


    【ファンタジスタが絶滅しそうな件】の続きを読む


    ワイナルドゥム 金じゃない


    ジョルジニオ・グレギオン・エミール・ワイナルドゥム(Georginio Gregion Emile Wijnaldum、 1990年11月11日 - )は、オランダ・ロッテルダム出身のサッカー選手。ポジションはMF。パリ・サンジェルマンFC所属。オランダ代表。
    33キロバイト (3,195 語) - 2021年6月12日 (土) 08:48


    具体的な理由が特にないのがなぁ、交渉の詳細明かさないあたり、やっぱ金じゃないのか?別にいいと思うけど

    契約満了によってリヴァプールを退団したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム。

    バルセロナへの移籍が噂されていたが、PSGへの加入が正式に決まった。『Liverpool Echo』によれば、移籍の理由をこのように説明したそう。

    ジョルジニオ・ワイナルドゥム

    「難しい選択だった。

    実際、バルセロナとは4週間ほど交渉していたが、うまくいかなかった。

    PSGはより明確で、彼らのプロジェクトは本当に魅力的だった。

    あぁそうさ、パリでより金を稼ぐことになるのは認めるよ。

    でも、この選択は金とは関係ない。

    長い間僕に興味を持っていた唯一のクラブだったバルサに行くと自分でも思っていたと言わざるをえない」

    本人もバルサに移籍するものだと思っていたものの、交渉がうまくまとまらかったそう。

    【動画】宮市亮、ワイナルドゥムに見せつけた爆速ぶっこ抜きシーン

    そこにPSGがやってきて迅速に取引をまとめたということのようだ。

    「金じゃない」ワイナルドゥム、バルサからPSGに乗り換えた理由を説明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ワイナルドゥム 金じゃない】の続きを読む

    このページのトップヘ