トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ヨーロッパリーグ


    古橋 亨梧(ふるはし きょうご、本名:古橋 匡梧〈読み同じ〉、1995年1月20日 - )は、奈良県生駒市出身のプロサッカー選手。ポジションはFW。スコティッシュ・プレミアシップ・セルティックFC所属。日本代表。 桜ヶ丘FCでサッカーを始め、アスペガス生駒FC、興國高校、中央大学を経て、全日本大学
    19キロバイト (1,964 語) - 2021年11月17日 (水) 04:31




    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    交代なんでしたんやと思ったけど、すぐ次の試合もあるのかぁ。
    代表呼ばれなかったらなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/26(金) 06:04:47.38

    11.25 ELグループG第5節 レバークーゼン3-2セルティック]

     UEFAヨーロッパリーグは26日、第5節を各地で行い、FW古橋亨梧所属のセルティック(スコットランド)はレバークーゼン(ドイツ)に2-3で敗れた。1トップで先発した古橋はPK獲得とアシストで逆転に導く大活躍を見せたが、途中交代後にチームは2失点。この結果により、セルティックのグループリーグ敗退が決まった。

     試合の先手を取ったのはホームのレバークーゼンだった。前半16分、右からのFKをMFフロリアン・ビルツがゴール前に蹴り込むと、ニアサイドに飛び込んだMFロベルト・エンドリッヒがヘディングシュート。セットプレーから先制点を奪った。

     その後もレバークーゼン優勢の展開。ところが前半40分、セルティックがワンチャンスをモノにした。左サイドを攻め上がったFWジョタのクロスに古橋が反応し、GKルーカス・フラデツキーとの競り合いで倒れ込むと、VARの介入を受けてPKを獲得。これをDFヨシップ・ユラノ*がチップキックで流し込んだ。

     思わぬ同点ゴールに勢いを強めたレバークーゼンは前半43分、FWムサ・ディアビとビルツが連続シュートを狙ったが、いずれもゴールの枠に嫌われる。さらにハーフタイムを経た後半9分位は、スルーパスに抜け出したディアビのシュートをGKジョー・ハートがスーパーセーブ。跳ね返りに詰めたFWアミヌ・アドリにもハートが寄せ、得点には至らなかった。

     すると後半11分、再三好守を見せていたJ・ハートのロングキックからセルティックが再びスコアを動かした。右サイドを細かいパスワークで打開し、古橋へのパスは相手にカットされたが、ここで相手DFがスリップ。ここに詰めた古橋がラストパスを送ると、左から飛び込んできたFWジョタが強烈な左足シュートを突き刺した。

     古橋は1点目のPK獲得に続き、アシストも記録する大活躍。ところが後半31分、ジョタとともに途中交代でピッチを退いた。

     このまま試合を終わらせたいセルティックだったが後半37分、DFジェレミー・フリンポンに左サイドを破られると、ハイクロスをFWナディーム・アミリに折り返され、エンドリッヒに決められ失点。さらに同42分には、エンドリッヒの浮き球パスからディアビにボレーシュートを突き刺され、逆転を許した。

     そのまま試合はタイムアップ。他会場では2位のベティス(スペイン)が最下位フェレンツバーロシ(ハンガリー)を2-0で下したため、3位セルティックとの勝ち点差は4。セルティックのグループリーグ敗退が決まった。一方のレバークーゼンは1試合を残して決勝トーナメント進出が決まった。

    ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/306a9956b26c853db60b2aca8afc9db0616afd1a

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=480&exp=10800


    【【サッカー】<古橋亨梧>ゴール演出の大活躍も…】の続きを読む


    ジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)こと、ジョゼ・マリオ・ドス・サントス・モウリーニョ・フェリックス OIH(José Mário dos Santos Mourinho Félix、1963年1月26日 - )は、ポルトガル・セトゥーバル出身のサッカー指導者。 ポルトガル語での発音(ポルトガル語発音: [ʒuˈzɛ
    70キロバイト (9,031 語) - 2021年9月29日 (水) 09:29




    (出典 www.soccer-king.jp)


    キャリアでも稀に見る惨敗やなぁ。
    しかも格下に、、、
    ニューカッスルに行きたいから、なぁなぁになってたりして

    1 Egg ★ :2021/10/22(金) 17:27:34.41

    欧州の舞台での大敗は、初めてではない。だが、完敗した相手がワールドクラスのメガクラブではないだけに、カルチョの国で批判を浴びるのは当然だ。

     10月21日のヨーロッパカンファレンスリーグ・グループステージ第3節で、ローマはノルウェーのボデ/グリムトに敵地で1-6と大敗した。ジョゼ・モウリーニョ監督が大幅なターンオーバーを断行して臨んだ一戦で、屈辱的な黒星を喫している。

     イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、「歴史的醜態、終わりなき恥。最初から最後まで支配したボデに、ローマは1-6で結果・内容ともに恥ずべき完敗を喫した」とこき下ろした。

    「欧州におけるローマの歴史で困惑の黒星はすでにあったが、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナ、バイエルンのようなチーム相手に大敗するのと、UEFAランキングで218位のチーム相手に喫するのとは別物だ。とにかく、ローマはひどく醜く、乱雑だった」

    【動画】ローマを粉砕し、ドレッシングルームで大はしゃぎするボデの選手たち

     同紙は「ローマはプレーも個々も、何も機能しなかった」と指摘している。

    「モウリーニョの言葉、そしてこれまでの選択は、ひどく真実なのだと示している。ローマは悪くつくられた。限界があり、一部の選手たちはモウリーニョの戦術にまったく役立たない」

     指導者として1008試合目にして、初めて1試合6失点を喫したというモウリーニョは、「わたしのせいだ。このメンバーで戦うと決めたのはわたしだからね」と、“責任”を負うと述べた。

    「いつも同じメンバーで戦えるならそうする。だが、わたしは大きなリスクを背負って変更した。ウチのスタメンと控えには大きな差があるからだ。一部選手の限界は分かっていたが、違う回答を期待していた。決めたのはわたしだ。だから、責任はわたしにある」

     カリスマ指揮官は「多くの限界があることは分かっていた。チームの最初の12、13選手とそれ以外とでは別物だ。唯一良かったのは、これでいつも同じメンバーで戦う理由が聞かれなくなることだけだよ」と続けた。

    「ウチの“メイン”のチームはよくやっている。セリエAでももっと勝点を得るにふさわしい。素晴らしいメンタリティで、いつも良いプレーをしてきた。次戦もそのメンタリティで戦う。この歴史的敗戦の重圧もあるだろうね。この大敗の前から、わたしは内部でウチの限界を言ってきた」

     層の薄さを公に話したモウリーニョを批判する声もある。『calciomercato.com』のステーファノ・アグレスティ記者は、「すぐに選手たちに責任を負わせ、彼らに屈辱を与えて自分を救った」と、指揮官の発言を「悲しい」ととがめた。

    「ボデ戦に出場した選手の多くは昨シーズンのスタメンだった。1年前のチームは確実に今季のチームより悪かった。だから強化に9000万ユーロ(約112億5000万円)を投じたのだ。これだけ補強し、年俸700万ユーロ(約8億8000万円)の監督がいて、ボデに1-6で敗れるなどあり得るか?」

     同記者は「一部選手のクオリティ不足に責任を課すのではなく、自分のチームがやってしまったことをモウリーニョは恥じるべきだ」と続けている

    「(前監督パウロ・)フォンセカのローマも6失点したが、少なくとも相手はユナイテッドだった。そして(オーナー一家の)フリードキンはそのとき新戦力や新監督に大金を費やしていなかった」

     熱狂的なローマの街は、愛するチームが北欧の地で屈辱にまみれたことに怒っているだろう。24日のセリエA次節、開幕8連勝で首位に立つナポリとのホームでのビッグマッチで、モウリーニョとチームは巻き返すことができるだろうか

    サッカーダイジェスト 2021年10月22日 15時11分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21070415/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【サッカー】モウリーニョさん 格下にwww】の続きを読む


    ブンデスリーガ(バンデスリーガ、ドイツ語: Fußball-Bundesliga)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。 1部と2部はDFL(Deutsche Fußball Liga、ドイツサッカーリーグ機構)が運営しており、3部はDFB(Deutscher
    43キロバイト (2,079 語) - 2021年8月12日 (木) 00:34



    (出典 www.soccer-king.jp)


    楽しみやわぁ。
    ライプツィヒはまたいろいろ引き抜かれたからなぁ。
    大丈夫やろかな

    1 ニーニーφ ★ :2021/08/12(木) 17:57:28.56

    いよいよ今週末からプレミアリーグ、ブンデスリーガ、スペインリーグが開幕する。
    優勝争いや新戦力など、各リーグの見どころを紹介する。

       ◇   ◇   ◇

    ブンデスリーガ 

    前ライプチヒのナーゲルスマン監督が就任した絶対王者バイエルン・ミュンヘンが10連覇に挑む。
    昨季、シーズン史上最多の41点をマークしたエースのレバンドフスキは健在。
    今夏はポーランド代表として欧州選手権に出場し、1次リーグ敗退に終わった。
    だが、その分しっかり休暇を取り、万全の状態でシーズンに臨む。一方、より大きなクラブへの移籍をもくろむドルトムントのノルウェー代表FWハーランドにとっても今季は大事な1年となる。
    昨季の27点を超える結果を残し、自身の価値をさらに上げたいところだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7bf526d4fbfbfc21d4f455c6e784d1af213b49bf

    8/12(木) 17:54 日刊スポーツ


    【いよいよブンデスリーガ始まる】の続きを読む

    このページのトップヘ