トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ユベントス


    トッテナム・ホットスパーFC(Tottenham Hotspur Footbal Club、イギリス英語発音: [ˌtɒtnəm-ˈhɒtspəː-])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トッナム・ホットスパーと表記されることもある。
    73キロバイト (6,417 語) - 2021年11月2日 (火) 14:40




    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    トッテナムには無理があるメンツやろ。
    キエーザとか売ってもらえないやろ。
    ニューカッスルレベルじゃないと厳しいとおま

    1 Egg ★ :2021/11/03(水) 12:33:26.06 ID:CAP_USER9.net

    イングランド・プレミアリーグのトットナムは2日、アントニオ・コンテ氏が新監督に就任するとクラブ公式ホームページで発表した。契約期間は2023年6月末までの1年半となる。

     コンテ新監督はクラブを通じて「トットナムホットには、最先端の施設と世界で最高のスタジアムの1つがあります。選手として、そしてコーチとして、常に私を際立たせてきた情熱、精神、決意をチームとファンに伝えるために働き始めるのが待ちきれません」などとコメントした。

     そんな中、イタリアメディアの「カルチョメルカート」は来年1月の移籍市場で総額2億8000万ユーロ(約369億6000万円)に達する大型補強をクラブに要求したと報じている。「コンテは非常に具体的な要求を持っており(1月の)移籍市場での大規模な購入を望んでいます」

     中でもイタリア1部ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザとオランダ代表DFマタイス・デリフトが最初のターゲットになるという。移籍金はキエーザが9000万ユーロ(約118億8000万円)となり、デリフトは7000万ユーロ(約92億4000万円)となる。

     また、同1部インテルのオランダ代表DFステファン・デフライとMFマルセロ・ブロゾ*、同1部ACミランのDFアレッシオ・ロマニョーリ、同1部フィオレンティナのFWドゥシャン・ブラホ*が獲得候補とし、移籍金の総額は約270億円になるわけだが、果たしてトットナムはコンテ新監督が望む戦力を補強できるか。

    東京スポーツ 11/2(火) 22:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f60502fdc021e5b5129db6a559f6bf59cbc0397b

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=437&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】コンテさん、早速の選手要求が、、、】の続きを読む


    注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。 out 注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。 (#) は現役選手であることを示す。 ^ “ユベントス、116年前の“恩返し”に応じるも…現代的事情で実現できず” (日本語). www.footballchannel.jp. 2019年7月28日閲覧。
    68キロバイト (5,664 語) - 2021年9月15日 (水) 09:03




    (出典 11store.jp)


    今季のリーグ制覇は早くも絶望的やな。
    守備陣の高齢化が否めないね。
    アッレグリでもダメなのか。

    1 Egg ★ :2021/10/31(日) 20:32:03.56 ID:CAP_USER9.net

    ユベントスは現地時間30日に行われたセリエA第11節の試合でエラス・ヴェローナと対戦し、アウェイで1-2の敗戦を喫した。この結果により、クラブにとって60年ぶりとなる不名誉記録も刻むことになってしまった。

     ヴェローナは先週末のラツィオ戦でも4得点を挙げるなど好調のFWジョバンニ・シメオネが前半のうちに立て続けに2得点。ユベントスは終盤にMFウェストン・マッケニーの2試合連続ゴールで1点を返すにとどまった。

     これでユベントスは前節サッスオーロ戦に続いて、早くも今季2度目の2連敗。開幕から4試合未勝利のあと4連勝と復調していたが、再びスローダウンを余儀なくされている。

     複数失点は今季11試合で6回目であり、計15失点を記録。スポーツのデータ分析を手掛ける『Opta』によれば、ユベントスが開幕11試合で15失点以上を喫したのは1961/62シーズン以来60年ぶりのことだという。そのシーズンは最終的に12位という成績で終えていた。

     11試合ですでに4敗を喫したのも、ユベントスにとっては1987/88シーズン以来34年ぶり。11節時点で6勝5敗という成績だったその年の最終順位は6位だった。

     11節時点で4敗以上を喫したシーズンはそれ以外にも過去6回あったが、シーズンを終えた際の順位は最高でも4位。今季もすでに上位チームに大きく引き離されており、スクデット奪回は非常に厳しい状況になりつつあると言えるかもしれない。

    フットボールチャンネル 2021年10月31日 17時34分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21117755/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【サッカー】あの強かったユベントスが、、、】の続きを読む


    スーパーリーグ(The Super League, 法律上の名称:European Super League Company, S.L.)は、欧州のトップクラブで構成され、UEFAチャンピオンズリーグに匹敵する、あるいは取って代わることを目的とした、年間のクラブサッカー大会である。欧州スーパーリーグ(European
    21キロバイト (2,495 語) - 2021年9月9日 (木) 12:56




    (出典 tokaiworker.com)


    あらら、そうかぁ。
    まだ諦めてなかったのか。
    無理そうだけど。

    82 名無しさん@恐縮です :2021/10/20(水) 22:15:45.09

    3バカ

    シェリフに負けといてなにがスーパーリーグだよw


    【【サッカー】レアル、バルサ、ユーベ まだ諦めてなかった。】の続きを読む


    スーパーリーグ(The Super League, 法律上の名称:European Super League Company, S.L.)は、欧州のトップクラブで構成され、UEFAチャンピオンズリーグに匹敵する、あるいは取って代わることを目的とした、年間のクラブサッカー大会である。欧州スーパーリーグ(European
    21キロバイト (2,495 語) - 2021年9月9日 (木) 12:56




    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    まさかまだ諦めていなかったのか。
    バルサ、レアル、ユベントスは諦めないのか。
    そんなにお金ないのか

    1 Egg ★ :2021/10/20(水) 21:23:48.13

    消滅しかけた欧州スーパーリーグ(ESL)構想が再び動き始めた。

     ESLはスペイン1部レアル・マドリードなどが中心となって欧州各国の強豪クラブのみが集うリーグの設立を目指して4月にスタートしたが、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)に加えてファンやサポーターからも猛反対の声が上がり、構想は立ち消えとなっていた。

     ただ、Rマドリード、バルセロナ、ユベントスの3クラブはまだESL構想を諦めておらず〝リベンジ〟の準備を着々と進めている。

     ドイツの経済誌「Wirtschafts Woche」は「スーパーリーグの再開を計画。春に失敗したESL構想は、新たなスタートに取り組んでいる。組織は、ファンの懸念に対処すると述べている」とESL側が修正案を出して実現に向けた動きが加速していると報じた。

     主な修正内容としては、当初予定されていた常設クラブを置かず、20チームずつの1、2部制として、参加チームも流動的にする。また、ファンやサポーターの支持を得るべく「ファンはアウェーゲームに遠征する際に助成金を受け取れる。決勝戦では、席の70%が進出チームのファンのために確保される。またファンのチケットの半分は、価格を制限する」と説明。特にファンへの旅行代金の助成はスポーツ界では画期的で〝Gotoサッカー〟とも言える目玉施策となりそうだ。

     ただ、現状のまま新たな計画を打ち出してもまたUEFAを中心に反対の動きが出るのは確実。そこでESLを進める3クラブは、欧州司法裁判所(ECJ)にUEFAを提訴。欧州ではアイススケートやバスケットボールなど他の人気スポーツにおいて、現在UEFAが行っているような独占的な興行は違反とみなされており、ESL側は正当性を主張している。  

    「訴訟の判決が決定したら、すぐに準備を整えたいと考えています。評決は来年の夏に予定されている」と勝訴が確定次第、ESL構想を加速させる構え。同様の訴訟をルクセンブルクの裁判所でも行っている。

     同誌に対してESL側は「ECJが法的根拠を明らかにすれば、多くのクラブがすぐに私たちと協力することに関心を示している」と裁判所からお墨付きが出れば、今後ESL構想に賛同するクラブが続出すると自信を見せている。

     サッカー界を揺るがす一大プロジェクトが再び脚光を浴びそうだ。
      
    東京スポーツ 10/20(水) 14:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/681d49879901baeb0f02bf14866cfe2b8d53eae6


    【【サッカー】あの計画が再始動だと、、、】の続きを読む


    ジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon、1978年1月28日 - )は、イタリア・カッラーラ出身のサッカー選手。セリエB・パルマ・カルチョ1913所属。元イタリア代表。ポジションはゴールキーパー。 約20年に渡りイタリア代表の正ゴールキーパーを務めており、イタリア代表最多出場記
    48キロバイト (5,556 語) - 2021年9月29日 (水) 17:58




    (出典 f.image.geki.jp)


    そのうち神戸が迎えにいきましょう。
    日本ならまだ3年は現役をできるでしょう。
    お願いしま

    1 Egg ★ :2021/10/09(土) 19:55:52.66

    サッカーイタリア2部パルマの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブフォン(43)が9日、会員制オンラインクラブ「オールスターズクラブ」のトークイベントに登場し、日本のファンと交流した。

     「オールスターズクラブ」はJ1神戸MFアンドレス・イニエスタが7月に開設した会員制オンラインクラブ。イニエスタの呼びかけで集まったブフォン、ルイス・スアレス(Aマドリード)、ブラヒム・ディアス(ACミラン)、ロベルト・カルロス氏、イケル・カシリャス氏、古橋亨梧(セルティック)、堂安律(PSVアイントホーフェン)が立ち上げメンバーに名を連ね、会員との交流会などが目玉企画となっている。

     今回、トークイベントにブフォンが初登場。会員から事前に募った質問に答える形式で交流した。イタリア代表やユベントスの守護神として長らく君臨してきたブフォンは43歳となった今季、古巣のパルマに00-01季以来、21年ぶりに復帰。1年での1部復帰を目指すチームを支える。

     Jリーグでプレーする姿を見たいという質問もあった。これに対しては「私は今までの経験から絶対や必ずという言葉はないと思っていて、人間の目標は日々変化していく。この先何が起こるか分からないということしか言えないのですが、ひとつ言えることは日本という国は大好きな国のひとつ。それは日本人が礼儀正しくて社会が機能しているから。尊敬している国のひとつです。それだけは言えます」と答えた。

     他にもメンタルで苦しみ「生きる意味を考える日々」を経験したこと。そのような状況でマルク・シャガールの絵画に救われたことなどの話も伝えた。

     最後には「日本の皆さんにもよろしくお伝えください。特にアンドレス・イニエスタさん、友達でもありますし、プレーヤーとしても尊敬しています。彼にもくれぐれもよろしくお伝えください」とあいさつ。日本語で「ありがとう」と繰り返した。

    ディリースポーツ 10/9(土) 19:47 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00842aebb75db0343359f96df17d6df6c910bfe7

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=350&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】ブッフォン「僕は日本が大好きさ」】の続きを読む

    このページのトップヘ