トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ヤニス


    (英語) NBA - Facebook NBA Japan - Facebook NBA (NBA) - Instagram NBA (@NBA) - Twitter NBA Japan (@NBAJPN) - Twitter NBA - YouTubeチャンネル NBA (@nba) - TikTok
    56キロバイト (5,982 語) - 2021年6月8日 (火) 08:42



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    今回ばかりはポールさんに優勝して欲しいなぁ。
    NBAで最も好きな選手が遂に悲願のリングを手にするところがみたい

    1 風吹けば名無し :2021/07/04(日) 12:09:02.70 ID:p3FekWU50.net

    なおバックスはヤニス不在


    【NBAファイナルカード サンズ頑張って】の続きを読む


    バックス」が選ばれた。同じ年にフェニックス・サンズも設立されている。 1年目にはジョン・マグロクリンなどが活躍したが、新設チームだったバックスは27勝55敗と負け越しを余儀なくされた。 シーズン終了後、バックスはフェニックス
    36キロバイト (2,813 語) - 2021年5月31日 (月) 14:57



    (出典 toonippo.ismcdn.jp)


    とうとうここまで来たか。
    ヤニスがファイナルで戦う姿を見たいし、ここで獲らなかったらチャンスがまたとおのくからなあ

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/06/20(日) 14:11:47.35

    2021年06月20日 13:12バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/06/20/kiji/20210620s00011061308000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     NBAは19日、ブルックリン(ニューヨーク州)で東地区準決勝の1試合を行い、第3シードのバックスが延長の末に115―111(前半47―53、延長6―2)で下して4勝3敗。2年ぶりに東地区決勝に駒を進め、47年ぶりのファイナル出場をかけて、20日に最終第7戦を行う76ers(第1シード)とホークス(第5シード)の勝者と顔を合わせることになった。

     バックスでは2018年と19年シーズンでMVPとなったヤニス・アデトクンボ(26)が50分出場して40得点と13リバウンドをマーク。2019年W杯の米国代表だったクリス・ミドルトン(29)は52分で23得点、10リバウンド、6アシスト、5スティールを稼ぎ、111―111で迎えた延長の残り40・7秒には正面から貴重な勝ち越しのジャンプシュートを成功させた。

     バックスがプレーオフで最終第7戦を戦ったのはこれがチーム史上11回目だが、勝ったのは1986年の地区準決勝(対76ers)と2001年の地区準決勝(対ホーネッツ)を含めて3回目。ただし過去2勝はどちらも地元ミルウォーキー(ウィスコンシン州)での試合で、敵地での最終戦を制したのは通算8回目の挑戦で初めてとなった。

     ネッツはケビン・デュラント(32)が53分出場し、第7戦としてはプレーオフ歴代最多の48得点をマーク。107―109で迎えた第4Qの残り1・0秒にはP・J・タッカー(36)の密着マークを振り切って右サイドからターン・アラウンドで同点のジャンプシュートを成功した。しかしこのとき、わずかに3点シュート・ラインを踏んでおり、逆転するまでには至らなかった。

     デュラントは延長では無得点。同点を狙って残り0・3秒で正面から放ったジャンプシュートはエアボールとなった。カイリー・アービング(29)が足首の故障で欠場する中で、ジェームズ・ハーデン(31)も53分で22得点、9リバウンド、9アシストを稼いだが、ネッツは延長ではブルース・ブラウン(24)がゴール下で決めたシュートによる2点のみ。最後は力尽きて敗れ去った。

     <地区準決勝の組み合わせと経過>
     ▼東地区
    (1)76ers―(5)ホークス(3勝3敗)
    (2)ネッツ―(3)バックス(バックス4勝3敗)
     ▼西地区
    (1)ジャズ―(4)クリッパーズ(クリッパーズ4勝3敗)
    (2)サンズ―(3)ナゲッツ(サンズ4勝0敗)
     *カッコ内の数字は地区全体順位


    【バックスさん、カンファレンスファイナルやで】の続きを読む


    レイカーズと名付けられた。 1960年代のレイカーズはエルジン・ベイラーとジェリー・ウェストを中心としたチームでNBAファイナルを6回出場を果たしたが、セルティックスに6回とも敗北し、これにより長年にわたるセルティックスとのライバル関係が始まった。1968年、レイカーズは4度のシーズ
    79キロバイト (5,022 語) - 2021年6月4日 (金) 06:12



    (出典 the-ans.jp)


    ドンチッチやろうか、ヤニスやろうか。
    どのみち欧州勢がどんどん幅を利かせているのがなぁ。
    ヤングの逆襲にきたい

    1 風吹けば名無し :2021/06/08(火) 20:49:59.11 ID:kDrVYo+b0.net

    もう終わりやね


    【NBA、レブロンの後を継ぐのは?】の続きを読む


    バックス」が選ばれた。同じ年にフェニックス・サンズも設立されている。 1年目にはジョン・マグロクリンなどが活躍したが、新設チームだったバックスは27勝55敗と負け越しを余儀なくされた。 シーズン終了後、バックスはフェニックス
    36キロバイト (2,813 語) - 2021年5月31日 (月) 14:57



    (出典 thedigestweb.com)


    グリフィンの活躍は嬉しいなぁ。
    ヤニスも頑張ってるけど、スリーがもうちょい本調子じゃないなぁ

    80 バスケ大好き名無しさん :2021/06/08(火) 12:09:56.43 ID:FBNy7MjRd.net

    DENの試合POに入ってから1試合も見てないんだけど、ヨキッチのアシスト毎回少ないね
    PORもPHXもパスコース塞ぐようなディフェンスしてるの?


    【NBA プレーオフ バックス???】の続きを読む

    このページのトップヘ