トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:マンチェスター・ユナイテッド


    マンチェスター・ユナイテッドFC(英語: Manchester United Football Club、イギリス英語発音: [ˈmænʧistə juːˈnaitid ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランド・ グレーターマンチェスター州トラフォードをホームタウンとする、イングランドプロ
    91キロバイト (6,029 語) - 2021年11月24日 (水) 08:52




    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    ほほう、まぁ1番の見どころはロナウドをどうするかだよなぁ。
    ほされそ

    1 Egg ★ :2021/11/29(月) 20:43:31.91

    マンチェスター・Uは29日、ラルフ・ラングニック氏の暫定監督就任をクラブ公式サイトで発表した。

     暫定監督としての契約期間は今シーズン終了までとなり、来季から2年間はクラブのコンサルタントを務めることになる。なお、ラングニック氏が労働ビザの取得を完了するまでは、マイケル・キャリック氏が引き続きチームを率いる。

     ラングニック氏は就任に際し、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

    「私は、マンチェスター・Uの一員となることに興奮しています。このチームは才能にあふれ、若さと経験のバランスがとれています。これからの6カ月間は、選手たちが個人として、そして何よりもチームとして潜在能力を発揮できるよう、全力でサポートしていきます。その先は、クラブの長期的な目標をコンサルタントとしてサポートしていきたいと思います」

     現在63歳のラングニック氏はシュトゥットガルトやシャルケなどの監督を歴任。2006年夏から率いたホッフェンハイムでは、当時3部のチームをブンデスリーガ1部に定着させた。選手に激しいプレッシングや即時奪回を求める指導法で現代サッカーの礎を築き、トーマス・トゥヘル監督(チェルシー)やユリアン・ナーゲルスマン監督(バイエルン)、ユルゲン・クロップ監督(リヴァプール)ら多くのフォロワーを抱えている。

     近年は現場から距離を置き、2012年夏からはライプツィヒとザルツブルクの“レッドブルグループ”での統括スポーツ・ダイレクターに就任。それでも、2015-16シーズンと2018-19シーズンには一時的にライプツィヒを率いた。その後、一時はミランに入閣するとの噂もあったが、今季からロコモティフ・モスクワの強化責任者を務めていた。なお、就任にあたり、ラングニック氏は同クラブとの契約を解除している。

     マンチェスター・Uは成績不振により、21日にオーレ・グンナー・スールシャール監督を解任。コーチだったキャリック氏が、暫定監督が決まるまでトップチームで指揮を執っていた。23日に行われたチャンピオンズリーグのビジャレアル戦は2-0で勝利し、28日に行われたプレミアリーグ第13節チェルシー戦は1-1のドロー。その2試合でプレスの意識に改善が見られるなど、早くも“ラングニック効果”が出現しつつあるなか、稀代の智将は名門を復権に導けるのだろうか。

    サッカーキング 11/29(月) 20:36
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1b8b52ff0dc6ff1e7a1f8d5453c6bd5fa37fe282 

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】マンU ラングニック氏の暫定監督就任を発表!】の続きを読む


    オーレ・グンナー・スールシャール(Ole Gunnar Solskjær KSO (ノルウェー語発音: [ˈuːlə ˈɡʉnːɑr ²suːlʂær] ( 音声ファイル) 英語圏やフランス語圏での発音にしたがって「ソーシャー」「ソルスキア」などと発音されることもある) 、1973年2月26日 -
    16キロバイト (1,264 語) - 2021年11月21日 (日) 13:10




    (出典 img-footballchannel.com)


    お疲れ様でしたねぇ。
    まぁ、当然と言えば当然かぁ。
    無冠とはなぁ。

    1 ゴアマガラ ★ :2021/11/21(日) 19:42:26.54

    キャリック氏が暫定指揮官に

    マンチェスター・ユナイテッドは21日、クラブを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が退任することを発表した。今後は現コーチのマイケル・キャリック氏が暫定的にチームの指揮を執る。

    2018年12月にジョゼ・モウリーニョ監督の後任としてマンチェスター・Uの指揮官に就任したスールシャール監督は、シーズン毎に6位、3位、そして昨季の2位とプレミアリーグで順位を上げてきた。

    そして今夏には、クリスティアーノ・ロナウドやラファエル・ヴァラン、ジェイドン・サンチョら大型補強を敢行し、2012-13シーズン以来となる優勝への期待が高まっていた。
    しかし、シーズン序盤から波に乗ることができず、直近リーグ7試合で1勝1分け5敗となるなど、7位にまで後退。前々節のマンチェスター・ダービーで完敗した後、
    20日に行われた今節もワトフォードに1-4と惨敗したことを受け、クラブは解任を決断した。

    マンチェスター・Uは公式サイトを通じて、「オーレは常にこのクラブのレジェンドであり、我々がこの決断を下すことになり残念です。
    最近の数週間は失望の時期を過ごしましたが、彼の過去3年間にわたる長期的な基盤を再構築するための作業は忘れることはできません。
    彼の弛まぬ努力に感謝し、今後の幸運を祈ります」との声明を出し、レジェンドへの感謝を伝えている。

    現役時代の1998-99シーズンにマンチェスター・Uの3冠(プレミアリーグ、FAカップ、チャンピオンズリーグ)に貢献した元ノルウェー代表FWのスールシャール監督は、
    2007年に現役引退。マンチェスター・Uのリザーブチームや母国クラブのモルデ、カーディフ・シティなどを指揮した後にマンチェスター・U指揮官に就任し、
    今年7月にクラブと2024年まで契約延長したばかりだった。マンチェスター・Uでの3年間でタイトルは一つも獲得できなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2dedc0be153bc1e2305e92ada2d85f6ff7452a1


    【【サッカー】スールシャールお疲れ】の続きを読む


    愛称はCR7、ロニー。日本のメディアからは主に元ブラジル代表FWのロナウドとの混同を避けるため[要出典]クリロナ、またはCロナとも呼ばれる。テレビやスポーツ紙の多くは「ロナウド」と表記されているが、読売新聞や朝日新聞など一般紙では「ロナルド」表記が用いられている。
    228キロバイト (25,091 語) - 2021年11月3日 (水) 05:24




    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    パリでメッシとの共演も見たいなぁ。
    その場合、勝利はほぼ度外視な気がするけど。
    ワンチャンにゅーかつ

    1 Egg ★ :2021/11/12(金) 17:44:15.66

    イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36)が、英紙「サン」に早くも次の移籍先候補を挙げられた。

     今夏にマンチェスターUに電撃復帰したばかりだが、リーグ戦4位以内を確保できず、来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得られたなかったら、今オフの退団が報じられたばかり。そうなった場合、5つの選択肢があるという。まずはマンチェスター・シティー。今夏も加入の可能性を報じられたクラブは、イングランド代表FWハリー・ケイン(トットナム)獲得失敗でストライカーを探しており、C・ロナウドも候補になり得るわけ。ただマンUがライバルクラブに移籍させるかどうかがカギになるとか。

     次の可能性はスペイン1部レアル・マドリードの復帰だ。C・ロナウドの能力を最大限に引き出したカルロ・アンチェロッティ監督のもとで来季のCL出場権を獲得することがほぼ確実であることを考えれば、復帰を希望してもおかしくはない。

     さらにフランス1部パリ・サンジェルマンも考えられるという。同紙は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとポジション争いをすることになるかもしれないが、C・ロナウドのようなスターにとって、パリという街が魅力的であることは間違いないとした。

     そしてキャリアをスタートさせたポルトガル1部スポルティングで現役生活を締めくくる決断をするかもしれないという。さらに米メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミも候補。オーナーを務めるデービッド・ベッカム氏が、かねて獲得のチャンスをうかがっており、タイミングが合えば、加入の可能性はゼロではないわけだ。
       
    東京スポーツ 11/12(金) 17:32
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b21324beb91d3d6c53f470d8e704c1916f159744

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=457&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】ロナウド 退団したら行き先は、、、】の続きを読む


    マンチェスターユナイテッドFC(英語: Manchester United Football Club、イギリス英語発音: [ˈmænʧistə juːˈnaitid ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランド・ グレーターマンチェスター州トラフォードをホームタウンとする、イングランドプロ
    89キロバイト (5,942 語) - 2021年10月13日 (水) 11:20




    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    まぁ完封負けやからなぁ。
    スールシャールは今度こそ解任かなぁ。
    ワンビサカは、悪くはない

    1 Egg ★ :2021/11/07(日) 20:31:39.26

    ダービーで完敗を喫したマンチェスター・ユナイテッドを、レジェンドも強く非難している。イギリス『ミラー』が伝えた。

    7日にプレミアリーグ第11節でマンチェスター・シティと対戦したユナイテッド。7分にオウンゴールで早々に失点を喫すると、前半終了間際には相手MFベルナルド・シウバに追加点を許す。後半も見せ場なく時間が過ぎていき、結局0-2のまま試合終了。本拠地オールド・トラッフォードでの“マンチェスター・ダービー”で成す術無く敗れ去った。

    この完敗を受け、ユナイテッドを批判したのがクラブのレジェンドである元イングランド代表のMFポール・スコールズ氏だ。前節からチームが用いているシステムに苦言を呈し、右のウィングバックとして先発したイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカに対しても強い言葉をぶつけた。

    「[3-5-2]はチームの選手に合っていないと前から言っていただろう。ワン=ビサカはボールを持っても役に立たない。素晴らしいディフェンダーだが、ボールを持つとダメになる」

    「今日は3人のセントラルMFがいたが、3人ともボールを扱うのが下手だった。オーレ(・グンナー・スールシャール)は何か解決法を見つけなければならない」

    また、指揮官であるスールシャール監督についても、就任から3年という期間が経っているにもかかわらず、結果を残せていないことを指摘した。

    「自分たちがどのようなサッカーをしようとしているのか、監督が確信を持たなければならない。オーレはここに来て3年になるが、彼が何をしようとしているのか、よくわからないまま今に至っている」

    「システムありきで選手を獲得していないから、起用がほとんど不可能になっている選手がいる」

    「3年という期間があり、普通であればピッチ上でそれを証明できるはずだ。しかし、今日や2週間前のリバプール戦ではそれを見ることはできなかった」

    11/7(日) 20:25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9c9dde9151f7f42b0c8a11e52db6b01b9b6d00a

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=410&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】スコールズがまた怒ってるよ】の続きを読む


    マンチェスターダービー(Manchester Derby)は、イギリス・ノース・ウェスト・イングランド・マンチェスターに本拠地を置く、マンチェスター・ユナイテッドFCとマンチェスター・シティFCの間で行われるサッカーのダービーマッチである。 両者の対決の歴史はそれぞれのクラブの前身であるウェス
    20キロバイト (477 語) - 2021年8月15日 (日) 13:32




    (出典 www.footballista.jp)


    完敗やね。
    まぁ今のシティにとても勝てるとは思ってなかったけど。
    ロナウドでもだめかぁ

    1 ゴアマガラ ★ :2021/11/07(日) 00:38:50.51

    プレミアリーグ第11節、マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティが6日に開催された。

    今季最初のマンチェスター・ダービー、勝ち点17で5位のユナイテッドと勝ち点20で3位のシティが相まみえた。

    直近2試合に引き続き3バックで臨んだユナイテッドは、ヴァランが離脱した最終ラインにマグワイア、リンデロフ、バイリーを起用。
    カバーニが負傷欠場した2トップは、クリスティアーノ・ロナウドとグリーンウッドがコンビを組んだ。

    一方、出場停止のラポルトの代わりにストーンズが先発したシティは、前線にガブリエウ・ジェズス、ベルナルド・シウヴァ、フォーデンを起用。グリーリッシュをベンチスタートとした。

    試合は、序盤にシティが思わぬ形で先制する。波状攻撃から左サイド深くに侵入したカンセロが左足でクロス。
    これをニアで処理しようとしたDFバイリーに当たったボールがネットを揺らし、シティが相手オウンゴールで先制する。

    スコアが動いた後もシティが主導権を掌握して攻めるが、徐々に盛り返したユナイテッドは26分にチャンスを演出。左サイドからショーがクロスを上げると、
    正面のC・ロナウドが左足ボレーで合わせる。鋭いシュートが枠内に飛んだが、これはGKエデルソンのセーブに遭った。

    一方のシティは29分、左サイドで仕掛けたフォーデンのクロスにデ・ブライネが合わせる。DFに当たってこぼれたボールにG・ジェズスが詰めるが、GKデ・ヘアのビッグセーブに遭う。
    さらにデ・ヘアは直後、カンセロの強烈なミドルシュートを好セーブで凌ぐと、34分にも正面からのデ・ブライネの枠内シュートを好守で防ぐ。

    それでも、猛攻に出続けるシティは前半終了間際に追加点を得る。ボックス左手前からカンセロが右足でクロスを入れると、
    ファーサイドに走り込んだベルナルド・シウヴァが押し込み、2-0として前半を終えた。

    ハーフタイム明け、マンチェスター・Uのスールシャール監督はバイリーに代えてサンチョを投入し、4-2-3-1に布陣を変更する。
    これで前半よりも守備面で安定感を得たが、チャンスをつくれずにいると、67分にはグリーンウッドを下げてラッシュフォードを送り出す。

    それでも、ユナイテッドは最後までゴールを割れず、そのままシティが2-0で完勝。インターナショナルマッチウィークに入る中、
    去就が取りざたされてきたスールシャール監督への風当たりはさらに強まることになりそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/87319a54d174e9636168429e56a64559d07ba322


    【【サッカー】スールシャール 終わったかな】の続きを読む

    このページのトップヘ