トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:マンチェスターシティ


    サッカーフランス代表(Équipe de France de football)は、フランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスのサッカーのナショナルチーム。愛称はレ・ブルー(Les bleus - 「青」の複数形)、ル・コック(Le coq - 「雄鶏」の意)。
    57キロバイト (4,952 語) - 2021年9月9日 (木) 00:40




    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)


    実力があったと思うて印象やったなぁ。
    あとウイイレでよく使ってたなぁわら

    1 伝説の田中c ★ :2021/09/28(火) 19:43:41.12

    元フランス代表MFサミル・ナスリが現役引退を発表した。

    アーセナルやマンチェスター・シティで活躍したナスリは、2020年にアンデルレヒトから退団して以降、無所属の状態が続いていた。その後は、フランス『Canal+』で解説者として働き始める元フランス代表MFは、この度、正式にフットボール選手としてのキャリアに幕を閉じることを明らかにした。

    ナスリは『Le Journal du Dimanche』でドーピング違反による18カ月にわたる活動禁止処分を振り返り「あのエピソードは僕をとても深く傷つけ、フットボールとの関係性を変えてしまった。アンフェア以上のものに感じたし、ドーピング違反に当たる物質を摂取していなかった。体調が悪かったから、ビタミン注射を打っただけだ。僕のキャリアを打ち切ってしまった」と主張。

    続けて、元フランス代表MFはサスペンション後の自身のキャリアについても言及した。

    「その後、よく知ったコーチ(マヌエル・ペジェグリーニ監督)がいるウェスト・ハムに戻った。パーフェクトな決断だったけど、3度連続して負傷してしまった。それから、アンデルレヒトに来るようにヴァンサン・コンパニから連絡があった。コーチになりたいという思いもあったから、彼の下で学ぼうと自分に言い聞かせた。でも、プラン通りにはならなかった。リーグ戦はコロナによって中断してしまった」

    「それからというもの、どうしても続けたいと思わなくなってしまった。どんな挑戦にも興味がなくなってしまって、マルセイユ以外でプレーするためにフランスに戻る自分の姿を想像できなかった」

    2004年の17歳の時にフランスの名門マルセイユでデビューを飾ったナスリは、イングランドに渡ってアーセナルでプレー。2011年からはマンチェスター・Cに移籍し、プレミアリーグ優勝などに輝いた。その後は、セビージャやアンタルヤスポル、ウェスト・ハム、アンデルレヒトでもプレーした。また、フランス代表としては2007年から2013年までプレーし、41キャップ5ゴールを記録した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e26b54cc4474e883359387b512b2d08c76e77d38


    【ナスリ引退したけど、みんな覚えてる?】の続きを読む


    マンチェスターシティFC(英語: Manchester City Football Club, イギリス英語発音:[ˈmænʧistə ˈsiti ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランド・マンチェスターをホームタウンとする、イギリスのサッカークラブである。イングランドプロサッカーリーグ
    115キロバイト (8,001 語) - 2021年8月24日 (火) 00:56



    (出典 m.media-amazon.com)


    これはユナイテッドのファンどう思うんやろ。
    あと、守備しないロナウドさんにシティの戦術が合うかわからんなぁ

    1 ゴアマガラ ★ :2021/08/26(木) 23:06:10.04 ID:CAP_USER9.net

    ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)が、マンチェスター・シティーへの移籍で個人合意したと、スペイン紙アス電子版が報じた。
    23年6月までの2年契約で、年俸は現在の半額程度となる手取り1500万ユーロ(約19億5000万円)になる見通しだという。

    ただまだクラブ間での合意はなされていない。ユベントス側はロナウドの放出には移籍金2500万ユーロ(約32億5000万円)が必要と考えており、金銭に加えてガブリエルジェズスの獲得も希望。
    マンチェスターC側はグアルディオラ監督の要望でジェズスはチームに留めておきたいため、ラヒーム・スターリングを移籍させる用意があるという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/860d975d3c3c3a43f9f7ff58899f66af8cb562bd


    【Cロナウド、マンシティwwww】の続きを読む


    ハリー・エドワード・ケイン MBE(Harry Edward Kane MBE、 1993年7月28日 - )は、イングランド・ウォルサム・フォレスト・ロンドン特別区出身のサッカー選手。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。イングランド代表。ポジションはフォワード。
    73キロバイト (7,803 語) - 2021年7月24日 (土) 05:43



    (出典 hochi.news)


    そうかぁ、ケインはマンシティに行ったかぁ。
    まあ仕方ないよなぁ、優勝するなら1番可能性高いからなあ

    71 名無しさん@恐縮です :2021/07/24(土) 01:06:48.43

    シェルシーが優勝するんだけどね


    【マンシティさんのケイン獲りについて思うこと】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    エグいメンツだな。
    これは来季も守備陣の怪我なければ優勝はかたいなぁ

    1 ゴアマガラ ★ :2021/07/24(土) 00:35:01.46

    今夏の去就が注目されているイングランド代表主将ハリー・ケイン(27)が1億6000万ポンド(約246億4000万円)の金額でマンチェスター・C移籍が確定した。

    英大衆紙『ザ・サン』が掲載した記事によると、ケイン放出に徹底抗戦の構えを見せていたトットナムのレビィ会長が、2016年の8900万ポンド(約137億600万円)のポグバの金額を大幅に更新し、
    英国史上最高額となる246億円超えの移籍金が提示されてついにケインの移籍を容認。先週末に電話でその旨をケイン側に伝えたという。

    このレビィ会長からの電話の直後となった7月18日の日曜日、ケインの代理人でもある実兄チャーリーさんの結婚式が行われたが、
    近親筋がこの席でイングランド代表主将が「喜びを隠し切れなかった。(子供時代からのひいきチームであるトットナムを)悪い形で離れたくなかったからだ」と証言。
    さらに「ユーロの活躍でさらに移籍金も跳ね上がり、トットナムにとってもハリーにとってもいい移籍になった。
    これでハリーはトロフィーが勝ち取れる」と続けて、すでにマンチェスター・C移籍が内定状況であることを明かした。

    また個人条件も破格。同紙の報道によると週給40万ポンド(約6160万円)。年俸に換算すると30億円を超え、
    これもプレミア最高となる。契約年数は4年、もしくは5年で、ケインが全盛期を捧げる長期契約になることは間違いない。(森 昌利)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cf0e2b927713bfef0a40a7d3c9182a6faa8db36


    【マンシティさん、ケイン獲っていよいよチート級なチームになる】の続きを読む


    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属する。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    96キロバイト (9,343 語) - 2021年7月10日 (土) 08:10



    (出典 www.football-zone.net)


    うーむ、まぁバルセロナが放出するだろうとは思ってたけど、シティが獲る必要があったのかなぁ。
    ないと思うけどなぁ

    1 首都圏の虎 ★ :2021/07/10(土) 15:40:33.18 ID:CAP_USER9.net

    メッシ再契約が最優先のバルサ、資金捻出へ売却も許容と仏メディア指摘

    プレミアリーグ王者マンチェスター・シティの補強候補としてバルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが浮上している。フランスメディア「フットメルカート」によれば、シティを率いるペップ・グアルディオラ監督自らグリーズマンに接触しているという。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの契約延長を最優先事項とするバルセロナは適切なオファーがあれば、引き止めることはしないようだ。

    バルセロナは現在深刻な経済危機に直面しており、クラブとしての最優先事項となっているメッシとの再契約が保留となっている状況。資金捻出のために選手の売却に動いている。

     ロナルド・クーマン監督は「我々にとってグリーズマンはとても重要な選手」とフランス代表FWを高く評価している。しかし、記事では「彼はバルセロナのプライオリティーではない」「適切なオファーがあれば引き止めはしない」とクラブは放出を容認する構えであると報じられている。

     パリ・サンジェルマンやバイエルン・ミュンヘン、ユベントスなどがグリーズマンに興味を持っているとも伝えられるなかで、同メディアはプレミア王者のマンチェスター・シティも30歳のストライカーに関心を寄せているとした。そして、同クラブを率いるグアルディオラ監督はすでに電話でグリーズマンと直接話しており、「長年の友情で結ばれている」のだという。

     シティはアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(→バルセロナ)の後釜となるFWを探し求めており、トップターゲットはトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインとも言われているが、高額な移籍金がネックとなっている。そこで代役としてのグリーズマンに白羽の矢が立っているようだ。

     グリーズマンに関しては現在、2019年に撮影されたとされる日本人スタッフへの侮蔑的および差別的発言が収められた動画が拡散し、問題となっている。バルセロナのクラ*ポンサーである楽天グループ代表の三木谷浩史氏が抗議しているほか、グリーズマンは株式会社コナミと結んでいた「遊戯王」のアンバサダー契約も解除されるなど波紋を広げている。騒動の渦中にいるグリーズマンは今夏の移籍市場でも注目を集めることになりそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e94cdbb42f885a33771a5d9c88264f21c78dd5f

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【グリーズマン、シティ移籍の可能性浮上】の続きを読む

    このページのトップヘ