トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ホームラン王


    ブラディミール・ゲレーロ・ラモス・ジュニア(Vladimir Guerrero Ramos Jr., 1999年3月16日 - )は、カナダ連邦ケベック州モントリオール出身のプロ野球選手(一塁手)。右投右打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。 父のブラディミール・ゲレーロと叔父のウィルトン・ゲレーロ
    18キロバイト (1,756 語) - 2021年7月31日 (土) 15:15




    (出典 baseballking.jp)


    ああ〜とうとう抜かれるたかぁ。
    三冠も取られたら、MVPもかっさらわれそう

    1 首都圏の虎 ★ :2021/09/14(火) 12:22:00.68

     ◇ア・リーグ ブルージェイズーレイズ(2021年9月13日 トロント)

     ブルージェイズのウラジーミル・ゲレロJR内野手(22)が13日(日本時間14日)、本拠地トロントでのレイズ戦に「3番・一塁」で先発し、両リーグ単独トップとなる45号本塁打を放った。

     6回、レイズの左腕・コーンリーから左翼ポール際にソロを叩き込んだ。

     ゲレロは前日12日(日本時間13日)、ボルティモアで行われたオリオールズ戦で大谷翔平(エンゼルス)に並ぶ今季44号ソロをマーク。

     9月に入って6本塁打目と調子を上げ、大谷に1差をつけた。42本のペレス(ロイヤルズ)とともに本塁打王争いは大激戦の様相を呈している。

     大谷はこの日試合がなく、14日(同15日)からホワイトソックス戦に臨む。残り19試合で日本人初の本塁打王獲得へ巻き返しなるか注目される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/199b7f28eaf6a8c0fb167e4ffe81b3eb7141245f

    ★1 2021/09/14(火) 10:20:54.36
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1631582454/


    【大谷さん、、、オワタ】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    192キロバイト (27,316 語) - 2021年9月12日 (日) 11:13



    (出典 full-count.jp)


    盗塁はなぁ、正直もう走らないで欲しいてのが本音やなぁ。
    少なくとも投げてる時は、走塁ゆるめてほし

    1 首都圏の虎 ★ :2021/09/13(月) 11:06:06.76

    エンゼルス大谷翔平投手(27)が8月29日、球団史上初の40本塁打&20盗塁を達成しました。さらに大リーグ史上初の「50本塁打&30盗塁」達成なるかにも、話題になっています。

    大リーグでは、シーズン30本塁打&30盗塁以上のいわゆる「30-30」が、パワーとスピードを兼ね備えたエリートの勲章になっています。

    さらに1980年代以降はパワー、スピードとも進化し、88年にホセ・カンセコ(アスレチックス)が史上初の「40-40」を達成。その後も、96年バリー・ボンズ(ジャイアンツ)、98年アレックス・ロドリゲス(マリナーズ)、2006年アルフォンソ・ソリアーノ(ナショナルズ)と計4人が記録しています。

    他にもシーズン50本塁打&20盗塁以上の「50-20」があり、後に殿堂入りした1955年ウィリー・メイズ(ジャイアンツ)をはじめ4人が達成。達成者が同人数なので、同等の価値があると言えます。

    大谷は12日(日本時間13日)現在、メジャートップタイの44本塁打、ア・リーグ5位タイの23盗塁。残り19試合で史上5人目の「50-20」どころか、「50-30」も可能性があります。

    もし前人未到の「50-30」を達成したら、歴史的な快挙と言えます。なぜなら、昔からどのチームの監督もホームラン打者にはどんなに足が速くても、ケガ防止のためあまり走らせないからです。

    12年に大谷の同僚マイク・トラウト外野手(30)は新人で30本塁打&49盗塁をマークして「30-30」を達成。ア・リーグ盗塁王にも輝きました。しかし、17年は「40-40」も期待されましたが、二盗を試みた際に左手親指の靱帯(じんたい)を損傷。自身初の負傷者リスト入りとなり、6週間も戦線離脱しました(最終的には33本塁打&22盗塁)。翌18年には三盗を試みて滑り込んだ際に右手首を捻挫(同39本塁打&24盗塁)。以降、あえてスピードはあっても盗塁を自重するようになり、最近2年間は計3盗塁しか決めていません。

    また、大リーグでは近年、全体的に盗塁が減少傾向にあります。15年から高度分析システム「スタットキャスト」の導入により、新たな打撃理論「フライボール革命」の流行が影響しています。ホームランが増加し、盗塁の価値が減少。今季は低反発球の採用によって本塁打数は減っているものの、1967年以降では最も低い1試合平均0・45盗塁だけ。かつては毎年のように「30-30」を達成する万能選手がいましたが、最近はあまり見られなくなりました。

    だからこそ、大谷が投手でもホームラン打者でも一流の成績を残しながら、ケガのリスクを恐れず、これだけ積極果敢に盗塁を試みる姿勢には畏敬の念を抱くばかりです。投打二刀流を貫いての「40-20」だけでも仰天なのに、2ケタ勝利を挙げ、未到の領域「50-30」まで到達したなら、まさに「走攻守」で究極の存在として、100年後まで語り継がれます。ベーブ・ルースも脱帽でしょう。【大リーグ研究家・福島良一】(ニッカンスポーツ・コム/MLBコラム「福島良一の大リーグIt's showtime!」)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1004c6be183e4bfd697f934866d716073ebb5421


    【大谷さん 50-30いけるかな】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    192キロバイト (27,316 語) - 2021年9月12日 (日) 11:13



    (出典 spread-sports.jp)


    ホームで戦えるのはええなぁ。移動しないで済むのは大きいよなぁ。
    並ばれてしまったけど、これから正念場やな

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/13(月) 11:16:45.45

    9/13(月) 11:00配信
    東スポWeb

    大谷(ロイター=USA TODAY Sports)

     ア・リーグの本塁打王争いでエンゼルスの大谷翔平投手(27)が大ピンチだ。12日(日本時間13日)に敵地ヒューストンでのアストロズ戦に「2番・DH」で出場するも3打数1安打ながら、期待の45号は出なかった。一方、ライバルのブルージェイズのウラジーミル・ゲレロ内野手(22)はオリオールズ戦で2回に44号弾、ついに追い付かれた。42本のロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(31)、さらにはブルージェイズのマーカス・セミエン内野手(30)が39本で急浮上。4人とも残り19試合。大谷は日本人選手初のキングに輝くことはできるのか。カギはエンゼル・スタジアムとバレル率だ。

     45号が期待された大谷だったが、3番手の右腕グレーブマンと対戦した8回一死一塁はカウント1―1からライナーで右前に運んだ1安打に終わった。角度が付いていれば…という打球だった。出場4試合連続安打としたが不完全燃焼だ。

     先発右腕マクラーズとは初回無死一塁がストレートの四球、3回二死一塁は二ゴロ、5回二死無走者は一ゴロと無安打に終わった。

     本塁打王争いでオールスター戦前に33本塁打放ち、2位ゲレロに5本差をつけて独走状態だったが、後半に入り失速。52試合で11本塁打、9月は9試合で2発だけ。

     一方、ライバルは量産している。ゲレロは8月中旬までペースを落としたが、9月に入り5発と一気に追いついた。3位のペレスはもっとすごい。8月に12本塁打放つなど後半戦21本。9月も4本塁打とペースは落ちない。さらに伏兵セミエンも後半戦17本塁打、9月7発と猛追してきた。

     残り19試合は4人とも同じだが、対戦カードでは大谷が不利。地区優勝およびプレーオフを争う上位球団との対戦が16試合。ブルージェイズは上位9試合、下位10試合でロイヤルズは上位13試合、下位6試合となっている。

     このままでは逆転でタイトルを奪われそうだが、大谷にとって大きなプラス材料がある。一つは地の利。本拠地エンゼル・スタジアムで10試合残していることだ。今季ここまで25本塁打放っており、本拠地でのシーズン最多本塁打記録を塗り替えたほど相性は抜群。大谷が完璧に捉えれば関係ないが、右中間のふくらみがなく、右翼フェンスが2・44メートルと低く本塁打は出やすい。ファンの「MVP!」コールや大歓声も力になるだろう。

     2つ目はバレル率。これはメジャーで近年、注目されている指数で長打になりやすい打球の初速と打球を打ち出した角度を組み合わせたものだ。初速は98マイル(約158キロ)以上で、角度は30度前後とされる。大谷のバレル率はメジャートップの23・1%で、2位はパドレスのフェルナンド・タティス内野手(22)で21・9%。20%を超えているのは2人だけ。

     米大リーグ機構公式サイトは11日(同12日)に「2021年に最も向上した選手たち」と題する特集を掲載。「大谷のバレル率は昨年の10・7%から大幅アップした。今季は別の惑星にいるレベル」と紹介した。

     バレル率ではペレスの15・2%、ゲレロの14・9%、セミエンの9・9%に大差をつけている。つまり、大谷が最も本塁打になりやすい打球を打っているということだ。

     徹底マークと四球攻めを乗り越え、大谷が日本人選手初の本塁打王に輝く――。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b484643794e1440fbdf8e0a3ded85b040c1148fc


    【大谷さん 大丈夫!!】の続きを読む


    ブラディミール・ゲレーロ・ラモス・ジュニア(Vladimir Guerrero Ramos Jr., 1999年3月16日 - )は、カナダ連邦ケベック州モントリオール出身のプロ野球選手(一塁手)。右投右打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。 父のブラディミール・ゲレーロと叔父のウィルトン・ゲレーロ
    18キロバイト (1,756 語) - 2021年7月31日 (土) 15:15



    (出典 full-count.jp)


    並ばれたなぁ。
    あかんな、早いとこ一本打って欲しいなぁ。
    ちくしょう

    1 牛丼 ★ :2021/09/13(月) 09:14:33.88 ID:CAP_USER9.net

    ◆米大リーグ オリオールズ・ブルージェイズ(12日・ボルティモア=オリオール・パーク)

     ブルージェイズのブラディミール・ゲレロ内野手が12日(日本時間13日)、敵地のオリオールズ戦で「3番・DH」で先発出場し44号を放って、44本でトップの大谷翔平(エンゼルス)に追いついた。ホームランダービートップに立つのは6月28日以来、76日ぶり。

     ゲレロは2回2死無走者で左腕ローサーの初球の144キロ直球を左翼席にたたき込んだ。

     ゲレロは9月に入り5本目と再びエンジンがかかってきており、打率も首位に返り咲くなど、三冠王の可能性が出てきた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2639eb4d2d63fcc3a4de84360b07e8685cf103e4
    大谷翔平 3打数1安打1四球 ライバルのゲレロに44号で並ばれた
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/202108190000439_m.html

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1631469868/


    【大谷さん、とうとう】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    191キロバイト (27,263 語) - 2021年9月9日 (木) 21:16



    (出典 www.jiji.com)


    まぁだろうなぁ、あとはボールをストライクにされることもあるからなぁ。
    あれだとモチベーションも落ちるしきつい

    1 首都圏の虎 ★ :2021/09/10(金) 12:23:58.98

    大谷翔平投手(27)の所属するエンゼルスは9日(日本時間10日)はオフとなった。パドレス2連戦で7日(同8日)は代打起用、8日(同9日)は出場機会のなかった二刀流は10日(同11日)のアストロズ戦に先発登板することになっており、良い休養になったことを願いたい。

     そんな中、地元ロサンゼルス・レジスター紙のジェフ・フレッチャー記者が「どうして大谷翔平は打撃スランプに陥っているのか?」と題し、ここ47打席で1割2分2厘と下降傾向である大谷の打撃について、ジェレミー・リード打撃コーチの見解と合わせながら分析。リードコーチは「疲労」を指摘した。

     マドン監督は8日の試合前に大谷が一度も休みを口にしたことがないことを明かしていたが「疲労は問題になり得る。大谷は投球と打撃を休みなく続けてきて、今や9月だ。投球に対するゲームプランと打撃に対するゲームプランをどちらも立て、それを実行するのは精神的にも疲れる」(リードコーチ)。

     それでも大谷はア・リーグMVP最有力候補だ。「大谷だって他の打者と同じようにスランプに陥る。それでも、大谷は他の選手とは違うのだ」。スランプを含めても球界有数の打者であり、球界有数の投手なのだ。

     エンゼルスはシーズン残り22試合。10日のアストロズ戦で勝ち投手となれば、1918年のベーブ・ルース以来の「2桁勝利&2桁本塁打」の歴史的偉業を達成する。本塁打王争いもペレス(ロイヤルズ)が42本塁打で1差まで迫ってきている。大谷らしい快音を響かせながらフィニッシュラインまで駆け抜けてほしい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ee085642fc1aee35d6854f00aa66fcfecc09f385


    【大谷さんの確変が止まったわけ】の続きを読む

    このページのトップヘ