トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ベルギー


    鈴木 優磨(すずき ゆうま、1996年4月26日 - )は、千葉県銚子市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ、シント=トロイデンVV所属。ポジションはフォワード。 兄はいわきFCでプレーしている鈴木翔大。 小学1年から鹿島のスクールに通い、アントラーズ一筋。2012年、鹿島アントラーズ
    15キロバイト (1,605 語) - 2021年7月20日 (火) 20:56



    (出典 eena.jp)


    冨安に味をしめてなのかね。
    優磨さん、イタリア語苦労しそうなイメージやなぁ。
    まぁどうなるんやろね

    1 数の子 ★ :2021/07/21(水) 17:31:13.22 ID:CAP_USER9.net

    シントトロイデンに所属するFW鈴木優磨に、ボローニャへと移籍する可能性が浮上した模様だ。20日に、ボローニャの地元メディア『トゥットボローニャウェブ』が報じている。

    『トゥットボローニャウェブ』によると、ボローニャの本命は中国1部の上海海港に所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウト*のようだが、上海海港から1000万ユーロ(約13億円)を超える移籍金を要求されており交渉が停滞しているという。そこで、前線補強のターゲットを鈴木に切り替える可能性が出てきた模様だ。

     ボローニャは、2019年にシントトロイデンから日本代表DF冨安健洋を完全移籍で獲得。その後に冨安が主力選手へと成長を遂げ、今や移籍市場で国内外のクラブから関心を寄せられる存在になったことで、“冨安ケース”はボローニャの成功体験となった。

     現在25歳の鈴木は、欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)のクラブへと移籍することを熱望しているとされている。果たして、ボローニャは500万ユーロ(約6億5000万円)に設定された移籍金を支払い、鈴木を獲得するのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6cffc6fe9e0997160e6a5427d6b4e3a64e3fd311


    【ボローニャ 鈴木優磨の獲得を検討?】の続きを読む


    川崎フロンターレ(かわさきフロンターレ、Kawasaki Frontale)は、日本の神奈川県川崎市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1955年に富士通サッカー部として創部。1997年にJリーグ準会員に承認され、1999年にJリーグへ加盟。ホー
    154キロバイト (16,614 語) - 2021年7月5日 (月) 19:21



    (出典 playersjapan.com)


    とりあえずおめでとうございます。
    ただベルギーで結果残せないと、ブライトンには戻れないからここから厳しい戦いだな

    1 久太郎 ★ :2021/07/09(金) 15:22:25.80 ID:CAP_USER9.net

     東京五輪に臨むU―24日本代表MF三笘薫(24=川崎)がイングランド・プレミアリーグのブライトンに移籍することになった。関係者らによると、すでに大会後の移籍で大筋合意に達しているという。ただ、三笘はA代表経験がないことから英国の労働許可証が発給されないため、来季はレンタルに出され、ベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズでプレーする方針だ。

     三笘は昨季、新人ながら自慢のドリブルを駆使し、国内公式戦37試合18得点をマークするなどJ1を席巻。かねて五輪後の海外進出が確実視される中、その新天地は世界最高峰リーグと言われるイングランド・プレミアリーグのブライトンになるという。関係者も「プレミアリーグ行きで内定したと聞いている」と明かし、五輪後の渡欧が確実となった。三笘は、前J1横浜M指揮官のアンジェ・ポステコグルー監督(55)が就任したスコットランド1部セルティックが獲得候補としてリストアップするなど、欧州でも注目の存在。すでに昨年からプロ野球のエージェントとして知られるダン野村氏らのグループと契約を済ませ、海外進出の準備を整えていた。

     イングランドでの活躍が期待される三笘だが、まだA代表に選出された経験がなく、同リーグで外国人選手としてプレーするための労働許可証の取得条件(出身国のA代表出場数)を満たしていない。実際、2019年に同リーグのマンチェスター・シティーと契約したU―24日本代表DF板倉滉(24)が、オランダ1部フローニンゲンへレンタルに出されているように、厳しい基準が設けられている。

     そこで三笘は来季レンタルでブライトンが提携しているベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズでプレーする方針という。同クラブはブライトンのオーナー、トニー・ブルーム氏が18年に買収。昨季2部で優勝を果たし、今季は45年ぶりのトップリーグ参戦となる。海外初挑戦の舞台としては最適と言えそうだ。すでにJ1川崎ではU―24日本代表に選出されたMF田中碧(22)もドイツ1部デュッセルドルフへの移籍が決定。三笘も東京五輪での活躍と合わせ、自慢のドリブルで世界を驚かせるのは間違いない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/21f8d530a2897d96fede6905effa3405887e0c68

    ★1が立った時間:2021/07/09(金) 11:16:20.68

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1625796980/


    【三笘薫がブライトン移籍してレンタル どうですか?】の続きを読む


    サッカーイタリア代表 (Nazionale di calcio italiana) は、イタリアサッカー連盟 (FIGC) によって編成されるイタリアのサッカーのナショナルチーム。通称はアズーリ(“青”の意)である。 これまでFIFAワールドカップでは本大会出場18回、優勝4回の成績を収めており、
    50キロバイト (4,726 語) - 2021年7月3日 (土) 02:14



    (出典 f.image.geki.jp)


    強いなぁ、ベルギー破ったのはかなり自信つくやろ。
    これはユーロどころか、ワールドカップもとりそうだなぁ

    1 数の子 ★ :2021/07/03(土) 11:43:37.66 ID:CAP_USER9.net

     欧州選手権(EURO)は現地時間2日に準々決勝のイタリア対ベルギーが行われ、相手のスキを突いたゴールを奪ったイタリアが2-1で勝利し、準決勝へと進出した。

     ベルギーは出場が危ぶまれた主力のうち、MFケビン・デ・ブライネがスタメン復帰できたものの、MFエデン・アザールは欠場となった。一方のイタリアは主将のDFジョルジョ・キエッリーニが負傷から復帰し、16強のオーストリア戦で延長戦の決勝ゴールを決めたMFフェデリコ・キエーザがスタメン起用された。

     序盤からボール保持率はイタリアが高かったものの、ベルギーは奪ったところから素早く攻める形が機能してゲームの主導権を握った。その中ではデ・ブライネやFWロメル・ルカクがイタリアゴールを脅*シュートを放ったものの、GKジャンルイジ・ドンナルンマがファインセーブを連発して無失点でしのいだ。

     そうした中で迎えた前半31分、攻め込んだイタリアはゴール前の競り合いでFWチーロ・インモービレがペナルティーエリア内で倒れたがノーファウル。その続行されたプレーの中で前向きに相手ボールをカットしたMFニコロ・バレッラがそのまま切り込んで右足シュート。インモービレに全体が気を取られた瞬間を逃さず先制ゴールを決めた。

     さらにイタリアは同44分、左45度の位置から中央へ運んだFWロレンツォ・インシーニェが、寄せの甘いベルギー守備陣をあざ笑うかのような右足の芸術ミドルを決めてリードを広げた。しかしベルギーは同アディショナルタイム、MFジェレミー・ドクの突破でPKを獲得してルカクがゴール。イタリアが2-1とリードして前半を終えた。

     後半も比較的イタリアがボールを持つ展開だったが同16分、ベルギーはキエッリーニがラインを上げ遅れたスキをついてデブルイネがペナルティーエリア内の左サイドに侵入。ファーサイドのルカクにラストパスが通ったが、そのシュートをDFレオナルド・スピナッツォーラがブロック。同点ゴールは生まれなかった。

     ベルギーは交代投入した直後にMFナセル・シャドリが右足の筋肉を傷めて交代に。一方のイタリアもスピナッツォーラが右ハムストリングを痛めて交代になるなど、1年間のシーズンを戦いきった後に待っている激闘の大会という厳しさも垣間見えた。

     試合はそのままイタリアが逃げ切って2-1の勝利。国際Aマッチの無敗を32試合、13連勝に記録を伸ばした。準決勝では、PK戦の末にスイスを下したスペインと対戦する。(Football ZONE web編集部)

    https://news.line.me/articles/oa-footballzoneweb/294cd6816547?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none


    【イタリア無双が凄い】の続きを読む


    楽天グループ > ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1966年創部の川崎製鉄水島サッカー部(1987年に川崎製鉄サッカー部に改称)が前身となり、19
    111キロバイト (9,905 語) - 2021年7月1日 (木) 00:27



    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    欧州代表クラスの人に評価されるのは嬉しいよなぁ。
    Jリーグもレベルは上がってきたんだよね、きっ

    1 伝説の田中c ★ :2021/07/01(木) 19:44:05.89 ID:CAP_USER9.net

     現地時間6月27日に行なわれたEURO2020決勝トーナメント1回戦で、ベルギーは前大会王者ポルトガルと対戦し、1-0で勝利を収めた。

     この試合で、ヴィッセル神戸に所属するDFトーマス・フェルマーレンが、グループステージ第3節フィンランドン戦に続く先発出場を果たすと、クリスチアーノ・ロナウドを中心とした強力なポルトガルの攻撃陣を抑え込むことに成功した。現地でも高く評価され、中継を担当した『bEIN Sports』は「経験豊富なDFがポルトガルの前に立ちはだかった」と称えている。

     35歳のフェルマーレンは翌日、記者会見に登場。「全員が懸命に戦い、勝利できたことで大きな満足感を得ることができた。勝利の喜びは感じているが、すでに次の金曜日に目を向けている」と語り、7月2日に行なわれる準々決勝のイタリアへの意気込みをうかがわせた。

     また、記者から「日本で十分な対戦相手、競争相手に恵まれていないにもかかわらず、ハイパフォーマンスを維持できている理由は何か?」と問われ、Jリーグに言及している。

    「自分に対して批判があったことは知っている。けれど、私はそれを気にしていない。集中するのは試合のみで、存在意義はピッチの上で証明すればいい。モチベーションは批判に反論するためのものとは異なる。

     個人的に、Jリーグは過小評価されていると思う。各選手のスピードが非常に速いリーグなので、それについていくことを求められる場所なんだ。クラブとはまめに連絡を取り合って、(ポルトガル戦勝利の)お祝いの言葉ももらった」

     そして改めて、「イタリア戦という重要な試合が控えている。負けたら終わりのトーナメント戦だが、僕らには野心がある。さらに上を目指すよ」と重要な一戦への意気込みを明かしている。

     これまで全試合出場のフェルマーレン。大一番での活躍が期待される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/92d5085952285a52969e3d5146196f3e8fc1d26c


    【フェルマーレン「Jリーグは過小評価されている」】の続きを読む


    ユーロ(記号: €; コード: EUR)は 、欧州連合27か国のうち19か国で公式に導入されている通貨である。このグループはユーロ圏またはユーロゾーンとして知られている。2019年時点で約3億4,300万人の市民が暮らしている。 ユーロは100セントに分割可能であり、外国為替市場で米ドルに次いで2番目の規模と取引をされている通貨である。
    119キロバイト (16,938 語) - 2021年6月15日 (火) 02:46



    (出典 digi-entertainment.net)


    死の組のグループが全員一回戦敗退だったからなぁ。
    これはイタリア優勝がいちばんかな

    1 豆次郎 ★ :2021/07/01(木) 01:00:12.40 ID:CAP_USER9.net

    6/30(水) 19:49
    配信
    SOCCER DIGEST Web
    ドイツに完封勝利を収めたイングランドが1番人気に

     現地時間6月29日にEURO2020のラウンド・オブ16の全試合が終了し、ベスト8進出国が出揃った。


     最激戦区のグループFを1位抜けした優勝候補のフランスがスイスに、グループCを3戦全勝で突破したオランダがチェコに敗れる波乱もあったラウンド・オブ16の結果を受け、老舗ブックメーカーの『William HILL』社は、6月30日付で優勝オッズを以下のように変更している。

    ●ベスト8進出国の優勝オッズ
    1位:イングランド 3.10倍(開幕前:6.00倍/24か国中2位)
    2位:スペイン   4.00倍(開幕前:8.50倍/24か国中4位)
    3位:イタリア   5.00倍(開幕前:12.0倍/24か国中7位)
    4位:ベルギー   8.00倍(開幕前:7.00倍/24か国中3位)
    5位:デンマーク  11.0倍(開幕前:29.0倍/24か国中9位)
    6位タイ:スイス  26.0倍(開幕前:81.0倍/24か国中12位タイ)
    6位タイ:チェコ  26.0倍(開幕前:126倍/24か国中17位タイ)
    8位:ウクライナ  34.0倍(開幕前:101倍/24か国中15位タイ)
    ※『William HILL』が算定
     
     1番人気は開幕前の6.00倍から3.10倍まで倍率を下げたイングランド。不振が続いていたハリー・ケインが復活の狼煙を上げるゴールを奪うなど、ドイツを2-0で下して勢いに乗る。

     続くのはクロアチアとの激戦を制したスペインの4.00倍。大黒柱のCBセルヒオ・ラモスをコンディション不良で欠き、下馬評は決して高くなかったものの、試合ごとに調子を上げている印象だ。

     3番手はオーストリアを延長戦の末に下したイタリアで、5.00倍となっている。

     8か国中、唯一開幕前から倍率が上がったのが4位のベルギーだ。前回覇者のポルトガルを1-0で破ったものの、この試合で司令塔のケビン・デ・ブルイネとエースのエデン・アザールが怪我で途中交代し、準々決勝以降の出場も不透明な状態なのがオッズに影響したと考えられる。

     開幕前の優勝オッズで1番人気だったフランスをPK戦で下したスイスは、26.0倍で6位タイとなっている。

     準々決勝は日本時間7月2日(金)の午前1時からスイス対スペイン、午前4時からベルギー対イタリア、3日(土)の午前1時からチェコ対デンマーク、午前4時からウクライナ対イングランドが行なわれる。

    構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0131c11e7d69fc14da4e3e8bc8c21865b0a71707

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【EUROベスト8 どこが優勝候補筆頭?】の続きを読む

    このページのトップヘ