菊池 雄星(きくち ゆうせい、1991年6月17日 - )は、岩手県盛岡市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのシアトル・マリナーズ所属。愛称はMLBでは「U Say」など。 妻は元アナウンサーの深津瑠美。代理人はスコット・ボラス。 小学3年生の時に見前タイガースで一塁手として野球を始める。
67キロバイト (9,105 語) - 2021年10月9日 (土) 14:03




(出典 tc-baseballchannel.techorus-cdn.com)


どうなるかな。
プレーヤーオプション行使するのかね。
日本に帰ってくるのも近いかなぁ。

1 鉄チーズ烏 ★ :2021/10/27(水) 06:31:16.91

THE DIGEST10/27(水) 6:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/277ea45884ba6e2147e3cf44b5c57f228f614423

 メジャー3年目を終えた日本人左腕に厳しい評価が下されている。

 シアトル・マリナーズの菊池雄星は今季、157回を投げて7勝9敗、163奪三振、防御率4.41という成績でシーズンを終了。前半戦は好調でオールスターゲームに初選出されたものの、そこからシーズン終盤にかけて大きく失速し、最終的に先発ローテーションから外されていた。

 球団との契約最終年を終えた今オフには、2025年までの4年6600万ドル(約75億4000万円)というオプション契約の可能性が残っている菊池。現地時間10月26日に掲載されたMLB公式サイトの「シアトルの22年ロースターの選択肢を探る」との記事で、その進退について言及されている。

 記事を執筆したのは、マリナーズ番記者のダニエル・クレイマー氏だ。まず「後半戦の不振により、シーズンの最も重要な時期にローテーションの座を失ってしまった」と始めると、「6月時点では4年6600万ドルの球団オプションが確実視されていた」とシーズン途中の評価を回顧。

 しかし、現状については「マリナーズがその球団オプションを行使する可能性は、もはや手の届かないものになっている」と厳しく指摘しており、さらに続く文面で「この左腕には来季、1年1300ドル(14億7000万円)のプレーヤーオプションが残っているため、これを行使する可能性が高いと思われる」との予測を記している。

 単年契約に落ち着くと見られている菊池だが、はたしてどんな契約が結ばれるのだろうか。今オフの去就動向から離せない。

構成●THE DIGEST編集部


【【MLB】菊池雄星の今オフ動向 果たして、、、】の続きを読む