トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ブンデスリーガ


    FCバイエルン・ミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界有数の人気と経済規模を有するクラブでもある。また、クラブ会員数
    89キロバイト (7,777 語) - 2021年10月28日 (木) 11:56




    (出典 upload.wikimedia.org)


    何をどう感じて手応えつかんでるつもりなんやろなぁ。
    全く分からん。

    1 ゴアマガラ ★ :2021/12/01(水) 21:08:04.74

    日本サッカー協会が30日、ドイツ1部の名門バイエルン・ミュンヘンとのパートナーシップ協定を更新し、田嶋幸三会長と反町康治技術委員長が〝バイエルン流〟の代表強化に大きな手応えを見せた。

    協会は今回Bミュンヘンと3年間の契約を更新。協定内容の中には「トップチームレベルでの連携強化・交流」も盛り込まれており、森保ジャパンのチーム強化にも名門のノウハウが生かされている。

    田嶋会長は「世界でもトップの中のトップに位置するクラブで、選手育成やチーム強化策など学ぶべきことが多くあります」と強調。
    「指導方法や選手の才能の見分け方など、非常に貴重な情報を共有していただいています」とさまざまなカテゴリーの代表チームで多くの成果を挙げている。

    反町委員長も「技術委員会としては、代表強化、ユース育成・強化、指導者養成、普及の〝四位一体〟を掲げておりますが、
    こうした考え方をFCバイエルン・ミュンヘンの方々と共有し、いろいろなアイデアを分かち合うことは今後の日本のサッカーの発展に重要なことだと考えています。
    お互いの交流をより深めて、今後も良好な関係をつくっていきたいと考えています」と高く評価した。

    名門の知られざる強化策が、カタールW杯アジア最終予選で奮闘する森保ジャパンを支えている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/64d73e92d3d3f94f99109d20a33e56129ecedd7c


    【【サッカー】日本サッカー協会がBミュンヘンと契約更新 】の続きを読む


    ランド、ホーランドハーランド、ホーラン等と様々に表記されている。例:“10代の怪物ホーラン、正しい“日本語表記”は?「本人発音」がこれである”. Qoly (2019年11月27日). 2020年1月2日閲覧。 ^ a b c d e f “アーリング・ハーランド
    31キロバイト (3,013 語) - 2021年11月23日 (火) 03:11




    (出典 football-tribe.com)


    エグいなぁ。
    ほんまにどこに行くのか楽しみでしか無いなぁ。
    プレミアでも見たいけど、怪我がなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/28(日) 08:49:44.19

    ドルトムントのFWアーリング・ハーランドが最速でブンデスリーガ50ゴールを達成した。

    ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第13節でヴォルフスブルクと対戦。負傷明けのハーランドは5試合ぶりにメンバー入りすると、2-1と逆転した後の73分にピッチに入る。ファーストタッチでシュートに至ると、81分にはクロスに飛び込んで追加点をマーク。今季のリーグ戦では10ゴール目を挙げ、3-1の勝利に貢献した。

    2019年12月にドルトムントに加入したハーランドはブンデスリーガ通算50ゴール目に。50試合での達成となり、ブンデスリーガで最速の記録となった。また、ハーランドよりも若くして(21歳4か月6日)達成した選手もいない。

    ドルトムントはハーランド不在の間にチャンピオンズリーグでグループステージ敗退が決定。早期敗退により、ハーランドの将来についての憶測が広まっていた。

    GOAL 11/28(日) 7:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6eeb8a814edb09aa5e19ca57212da8ba6857684

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=422&exp=10800


    【【サッカー】ハーランド わずか50試合で】の続きを読む


    フェアアイン・フュル・ベヴェグンクッシュピーレ・シュトゥットガルト(Verein für Bewegungsspiele Stuttgart 1893 e.V.)は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルトに本拠地を置くサッカークラブ。 1963年にブンデスリーガが創設されて以来1部に
    48キロバイト (3,716 語) - 2021年10月1日 (金) 08:35




    (出典 f.image.geki.jp)


    若くてこの値段ならええ買い物だろうなぁ。
    センターバックも中盤もできるのは良いよねぇ。

    1 Egg ★ :2021/11/26(金) 12:08:27.23

    ジュビロ磐田からレンタル移籍でシュツットガルトに加入したDMF伊藤洋輝(22)だが、完全移籍に切り替わる予定だという。ドイツ『キッカー』が報じた

    伊藤は、今年6月に磐田からレンタル移籍でシュツットガルトへと加入。移籍期間は2022年6月30日までとなり、U-21チームでプレーする予定となっていた。

    しかし、シーズン前のトレーニングキャンプで才能の高さを見せると、チーム事情もありDFBポカール1回戦のBFCディナモ戦でフル出場デビューを飾る。さらに、ブンデスリーガでも開幕戦からベンチ入りすると第3節のフライブルク戦でデビュー。10月16日の第8節ボルシアMG戦からは5試合連続で先発出場を果たすなど、いきなりファーストチームで出番を得ている。

    今シーズン終了後には磐田へ帰還することとなる伊藤だが、シュツットガルトは来夏完全移籍で獲得することを計画しているとのこと。約10万ユーロ(約1290万円)でのレンタル移籍だったが、40万ユーロ(約5億1500万円)の移籍金で獲得するつもりのようだ。

    超ワールドサッカー11/26(金) 11:55
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f302d6a2186219dce7d14f0ffe2bf54a31a0642

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=410&exp=10800


    【【サッカー】伊藤洋輝 シュツットガルトは完全移籍に切り替えか】の続きを読む


    古橋 亨梧(ふるはし きょうご、本名:古橋 匡梧〈読み同じ〉、1995年1月20日 - )は、奈良県生駒市出身のプロサッカー選手。ポジションはFW。スコティッシュ・プレミアシップ・セルティックFC所属。日本代表。 桜ヶ丘FCでサッカーを始め、アスペガス生駒FC、興國高校、中央大学を経て、全日本大学
    19キロバイト (1,964 語) - 2021年11月17日 (水) 04:31




    (出典 www.soccerdigestweb.com)


    交代なんでしたんやと思ったけど、すぐ次の試合もあるのかぁ。
    代表呼ばれなかったらなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/26(金) 06:04:47.38

    11.25 ELグループG第5節 レバークーゼン3-2セルティック]

     UEFAヨーロッパリーグは26日、第5節を各地で行い、FW古橋亨梧所属のセルティック(スコットランド)はレバークーゼン(ドイツ)に2-3で敗れた。1トップで先発した古橋はPK獲得とアシストで逆転に導く大活躍を見せたが、途中交代後にチームは2失点。この結果により、セルティックのグループリーグ敗退が決まった。

     試合の先手を取ったのはホームのレバークーゼンだった。前半16分、右からのFKをMFフロリアン・ビルツがゴール前に蹴り込むと、ニアサイドに飛び込んだMFロベルト・エンドリッヒがヘディングシュート。セットプレーから先制点を奪った。

     その後もレバークーゼン優勢の展開。ところが前半40分、セルティックがワンチャンスをモノにした。左サイドを攻め上がったFWジョタのクロスに古橋が反応し、GKルーカス・フラデツキーとの競り合いで倒れ込むと、VARの介入を受けてPKを獲得。これをDFヨシップ・ユラノ*がチップキックで流し込んだ。

     思わぬ同点ゴールに勢いを強めたレバークーゼンは前半43分、FWムサ・ディアビとビルツが連続シュートを狙ったが、いずれもゴールの枠に嫌われる。さらにハーフタイムを経た後半9分位は、スルーパスに抜け出したディアビのシュートをGKジョー・ハートがスーパーセーブ。跳ね返りに詰めたFWアミヌ・アドリにもハートが寄せ、得点には至らなかった。

     すると後半11分、再三好守を見せていたJ・ハートのロングキックからセルティックが再びスコアを動かした。右サイドを細かいパスワークで打開し、古橋へのパスは相手にカットされたが、ここで相手DFがスリップ。ここに詰めた古橋がラストパスを送ると、左から飛び込んできたFWジョタが強烈な左足シュートを突き刺した。

     古橋は1点目のPK獲得に続き、アシストも記録する大活躍。ところが後半31分、ジョタとともに途中交代でピッチを退いた。

     このまま試合を終わらせたいセルティックだったが後半37分、DFジェレミー・フリンポンに左サイドを破られると、ハイクロスをFWナディーム・アミリに折り返され、エンドリッヒに決められ失点。さらに同42分には、エンドリッヒの浮き球パスからディアビにボレーシュートを突き刺され、逆転を許した。

     そのまま試合はタイムアップ。他会場では2位のベティス(スペイン)が最下位フェレンツバーロシ(ハンガリー)を2-0で下したため、3位セルティックとの勝ち点差は4。セルティックのグループリーグ敗退が決まった。一方のレバークーゼンは1試合を残して決勝トーナメント進出が決まった。

    ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/306a9956b26c853db60b2aca8afc9db0616afd1a

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=480&exp=10800


    【【サッカー】<古橋亨梧>ゴール演出の大活躍も…】の続きを読む


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。妻はモデルの佐藤ありさ。 2006年から代表引退を発表した2018年
    58キロバイト (6,487 語) - 2021年11月8日 (月) 15:28




    (出典 img-footballchannel.com)


    すごいなぁ、あの年齢でまだベストイレブンに選ばれるくらいに活躍できるのかあ。

    1 Egg ★ :2021/11/22(月) 19:44:02.77

    フランクフルトの勝利に貢献した長谷部誠はドイツ誌『キッカー』で今季初めてベストイレブンに選ばれた。

    21日に行われたブンデスリーガ第12節でアウェーのフライブルク戦に臨んだフランクフルト。オリヴァー・グラスナー監督は長谷部を最終ラインの中央に、鎌田大地を前線の左に置く3-4-3を選択。34分にイェスパー・リンドストロムが相手のクリアミスから先制点を奪うと、43分にフィリップ・コスティッチが低い位置からのFKで追加点。後半は相手の攻撃をシャットアウトし、3位と好調のフライブルクを2-0で下している。

    今季は勝利を収めてもプレー内容から批判を浴びることが多かったフランクフルトだが、『キッカー』はこのフライブルク戦でのチームパフォーマンスを受け、「まるで別者」と評価。マッチレポートでは運に助けられた場面もあったが、「コンパクトで執念深い守り」などが挙げられ「全体的に明らかに改善した」と記された。

    そんな中、同誌は守備ラインに安定感を与えたフル出場の長谷部を高評価。「2.5」とマン・オブ・ザ・マッチのリンドストロムやGKケヴィン・トラップ(「2」)に次ぐパフォーマンスとされ、さらに2人とともに自身今季初めて同誌のベストイレブンにも選出されている。一方、鎌田はチーム最低タイの「3.5」となった。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    なおこの結果、フランクフルトは3勝6分け3敗で11位に浮上。グラスナー監督の下ではリーグ戦での先発出場が少なかった長谷部だが、フライブルク戦でのプレーが今後の出場機会の増加につながるのだろうか。

    GOAL 11/22(月) 19:22
    https://news.yahoo.co.jp/articles/434f3ba9b9e80334f6c4bf696630a23bbb1e0e65

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】<長谷部誠>ほんま不死鳥やな】の続きを読む

    このページのトップヘ