トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ピルロ


    注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。 out 注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。 (#) は現役選手であることを示す。 ^ “ユベントス、116年前の“恩返し”に応じるも…現代的事情で実現できず” (日本語). www.footballchannel.jp. 2019年7月28日閲覧。
    68キロバイト (5,664 語) - 2021年9月15日 (水) 09:03




    (出典 11store.jp)


    今季のリーグ制覇は早くも絶望的やな。
    守備陣の高齢化が否めないね。
    アッレグリでもダメなのか。

    1 Egg ★ :2021/10/31(日) 20:32:03.56 ID:CAP_USER9.net

    ユベントスは現地時間30日に行われたセリエA第11節の試合でエラス・ヴェローナと対戦し、アウェイで1-2の敗戦を喫した。この結果により、クラブにとって60年ぶりとなる不名誉記録も刻むことになってしまった。

     ヴェローナは先週末のラツィオ戦でも4得点を挙げるなど好調のFWジョバンニ・シメオネが前半のうちに立て続けに2得点。ユベントスは終盤にMFウェストン・マッケニーの2試合連続ゴールで1点を返すにとどまった。

     これでユベントスは前節サッスオーロ戦に続いて、早くも今季2度目の2連敗。開幕から4試合未勝利のあと4連勝と復調していたが、再びスローダウンを余儀なくされている。

     複数失点は今季11試合で6回目であり、計15失点を記録。スポーツのデータ分析を手掛ける『Opta』によれば、ユベントスが開幕11試合で15失点以上を喫したのは1961/62シーズン以来60年ぶりのことだという。そのシーズンは最終的に12位という成績で終えていた。

     11試合ですでに4敗を喫したのも、ユベントスにとっては1987/88シーズン以来34年ぶり。11節時点で6勝5敗という成績だったその年の最終順位は6位だった。

     11節時点で4敗以上を喫したシーズンはそれ以外にも過去6回あったが、シーズンを終えた際の順位は最高でも4位。今季もすでに上位チームに大きく引き離されており、スクデット奪回は非常に厳しい状況になりつつあると言えるかもしれない。

    フットボールチャンネル 2021年10月31日 17時34分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21117755/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【サッカー】あの強かったユベントスが、、、】の続きを読む


    キャプテン翼』(キャプテンつばさ)は、高橋陽一による日本のサッカー漫画。および、それを原作にした派生作品。「ボールが友達」が信条の主人公・大空をはじめ、ひた向きにサッカーに打ち込む少年達の姿を描き、連載時に日本国内でサッカーブームを起こすと、後にプロサッカー選手となる多くの選手達に影響を与えた。
    191キロバイト (24,286 語) - 2021年10月7日 (木) 08:45




    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


    凄いねぇ、そんなに人気なんやなぁ。
    これを見てまた新たなスターが出てくるかもねえ

    1 久太郎 ★ :2021/10/15(金) 19:01:42.98

    ピルロやデル・ピエロらイタリアの名手もキャプテン翼好きで知られる
     日本が生んだ伝説的サッカー漫画「キャプテン翼」が、イタリアで再放送が始まったとサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が特集している。

    イタリアでは1986年から2000年代の前半までアニメがテレビ放送されていたが、今回は「Amazon」の映像配信サービスによる再放送。そこでは、第1期の56話が放送されることがすでに決定したという。

     世界中のサッカー少年たちを魅了したキャプテン翼の人気はイタリアでも例外ではない。歴代のイタリア代表選手たちも好きなキャラクターがいることを公言していて、“マエストロ”とも称されたMFアンドレア・ピルロ氏は「三杉淳のプレーでオフサイド・トラップを覚えた」と語り、“ファンタジスタ”と呼ばれたFWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏は意外にも日向小次郎のファンで、袖をまくるスタイルをマネしていたという。そして、“闘犬”とも呼ばれたMFジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の推しは、顔面ブロックで有名な石崎了だった。

     イタリア代表の合宿中にオーバーヘッドキックを試みたFWフランチェスコ・トッティ氏に対し、当時の主将DFパオロ・マルディーニが「翼くんの真似ばかりしてるんじゃない」とたしなめたこともあるのだと、過去にもエピソードが語られていた。

     ほかにもブラジルやスペインなど多くの国で少年たちに影響を与え、プロサッカー選手になることへの夢を与えたキャプテン翼の再放送は、イタリアのサッカー少年たちにまた大きな影響を与えることになるのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0d48e52053db6803aba1678c1dd5137e952cf4bb


    【「キャプテン翼」がイタリアで再放送するらしい】の続きを読む


    シャビ(Xavi)ことシャビエル・エルナンデス・クレウス(Xavier Hernández Creus(カタルーニャ語: [ˈ(t)ʃaβi ərˈnandəz ˈkɾɛws] スペイン語: [ˈtʃaβj erˈnandeθ ˈkɾeus])、1980年1月25日 -
    44キロバイト (4,145 語) - 2021年8月15日 (日) 12:37



    (出典 www.soccer-king.jp)


    シャビ、ピルロとかいるけど、個人的にはベッカムのクロスが好きやな。
    メッシもなかなか

    4 風吹けば名無し :2021/08/18(水) 19:20:19.74 ID:NQkRcexSd.net

    サッカーマニアワイ「ピルロ」


    【サッカー史上最高のパサーは?】の続きを読む

    このページのトップヘ