トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:パドレス


    サンディエゴ・パドレス(英語: San Diego Padres、略称:SD)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州サンディエゴにあるペトコ・パーク。 1969年のリーグ拡張時、創設された球団の1つ。
    22キロバイト (2,389 語) - 2021年10月2日 (土) 06:38




    (出典 www.jiji.com)


    とにかく今季は松ヤニ禁止で全て狂ったね。
    来季どうなるかなぁ。
    途中で放出とかありそう

    1 このもん ★ :2021/10/03(日) 09:34:42.89

    【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手が2日、オンライン会見に臨み「始まりは良かったけれど、悔しい終わり方をした」と語り、8勝11敗、防御率4.22の今季を総括した。

    昨季はカ*でサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)投票で2位に。移籍1年目の今季の前半戦は開幕投手を務めて7勝3敗、防御率3.09と期待に応え、オールスター戦選出も果たした。だが、前半戦最後に痛めた左股関節をかばいながら投げた後半戦は1勝8敗、防御率6.16に終わり「良くなかったことばかりが(印象に)残っている」と漏らした。

    9月28日の登板後にはもう1試合投げる意欲を示していたが、検査で股関節の関節唇に損傷が見つかったことで断念。「そんなに悪い状態ではないので普通に休んで、リハビリをしながらもう一回ビルドアップ(段階的に強化)していくという形になると思う」とオフの計画を示した。

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOKC030BI0T01C21A0000000/


    【ダルビッシュさんの今季総括】の続きを読む


    ダルビッシュ ダルビッシュ ゆう、英語: Yu Darvish、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・ダルビッシュ セファット ファリード ゆう、英語: Sefat Farid Yu Darvish〉、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手・右投右打)。
    176キロバイト (23,690 語) - 2021年9月18日 (土) 21:49




    (出典 the-ans.jp)


    良かった、今日はほぼ完璧な内容だったんやないかな。
    それとタティスとマチャドが心配やけど

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/19(日) 14:48:33.42

    2021年09月19日 12:07野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/09/19/kiji/20210919s00001007238000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     パドレスのダルビッシュ有投手(35)が18日(日本時間19日)、セントルイスでのカージナル戦で今季28度目の先発登板。7回3安打1四球9奪三振無失点と好投したが、リリーフ投手が打たれ2―3の逆転負け。試合後の一問一答は以下の通り。

     ――今日のピッチング。
    「大事な直接対決、長いイニングを投げるよりも、チームが勝てるピッチングがしたかった」

    ――悔しい逆転負けだが。
    「今日のことは忘れて、明日絶対に勝てるように各々が準備するしかない」

    ――何が良かったか
    。「右打者に対して4シームと2シームをちゃんとまぜて、特に2シームをインコースにきっちり行けたのが今日は良かった」

    ――球審のストライクゾーンが広かった。
    「要所で2ストライクを追い込んだあと、何個かボール球をストライクにとってくれてましたけど、逆にストライクを取ってくれない時も試合ではあるので、あまり気にしないで投げました」

    ――2試合前のエンゼルス戦のような感じでフィーリングに頼って投げたのか。
    「フォームは違いますけど、今年苦しんでいた時よりは、考えてはいなかった」

    ――監督が試合前に4シームが鍵と話していた。
    「スライダー、カッターを試合の序盤でミスしていた。その分右打者に対して強い2シームを投げられていた。それがあったから4シームが通ったし、最後にカッターが戻ってきたときに相手が対応するのが難しかった」

    ――フィーリングで投げるのと同時にデータも重要。その辺の折り合いは。
    「今日はマウンド上でフォームのことは考えなかった。それが自分の中で大事な部分。スカウティングレポートについては、あった方が良いのかなと思うので、カウントごとにスカウティングレポートを作って、今日は頭の中に入っていた。やりたいことが全部できた」

    ――今日の投球フォーム。
    「カ*にいた去年のような感じで、今日は投げた。前回は考えなさすぎで、今日は良いバランスで投げられた」


    【ダルビッシュ 蘇ったか】の続きを読む


    ダルビッシュ ダルビッシュ ゆう、英語: Yu Darvish、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・ダルビッシュ セファット ファリード ゆう、英語: Sefat Farid Yu Darvish〉、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手・右投右打)。
    177キロバイト (23,719 語) - 2021年9月6日 (月) 15:33



    (出典 img.sirabee.com)


    ああ、今日も打たれまくったなぁ。
    調子が悪いだけだと信じていたいけど、もうむりか

    1 首都圏の虎 ★ :2021/09/14(火) 11:19:35.96

    ◇13日(日本時間14日)MLB ジャイアンツーパドレス(サンフランシスコ)

     パドレスのダルビッシュ有投手が、敵地のジャイアンツ戦に9勝目を懸けて先発。ただ初回から5点を失うなど立ち上がりから苦しい投球を余儀なくされた。まずラステラに先頭打者弾を浴びて先取点を献上。さらに1死後に四球を与え、三塁打を浴びて追加点を奪われると、なかなか修正できない。

     5番クロフォードに四球。1死一、三塁と好機を拡大されると6番のロンゴリアに甘く入った球を左翼席にこのイニング2発目となる3ランを浴びた。

     同地区首位を走るジャイアンツは13日から16日にパドレスと対戦。この4試合のうち1試合に勝つと、ポストシーズン進出が確定するだけに、その勢いに早くも飲み込まれた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/554f1a8a0f171eeddb28892ebcdcdaa05881f927


    【ダルさん オワタな】の続きを読む


    ダルビッシュ 有(ダルビッシュ ゆう、英語: Yu Darvish、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・有〈ダルビッシュ セファット ファリード ゆう、英語: Sefat Farid Yu Darvish〉、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手・右投右打)。
    177キロバイト (23,719 語) - 2021年9月6日 (月) 15:33



    (出典 www.sanspo.com)


    タティスのレーザーにガッツポーズするダルビッシュさん。
    これだけでも嬉しいわぁ。
    ここから巻き返して

    1 ひかり ★ :2021/09/09(木) 12:50:51.42

    ◇インターリーグ パドレス8―5エンゼルス(2021年9月8日 サンディエゴ)

     パドレスのダルビッシュ有投手(35)が8日(日本時間9日)、本拠地サンディエゴでのエンゼルス戦に今季26度目の先発登板。6回99球を投げ3安打1失点で79日ぶりの白星を挙げた。8勝目(9敗)でメジャー通算79勝目となり、黒田博樹(ドジャース、ヤンキース)と並んで日本投手歴代2位となった。DH制のないナ・リーグ本拠地での試合のため代打待機したエ軍・大谷翔平投手(27)との初対決は実現せず持ち越し。試合はパ軍が8―5で勝利した。

     ダルビッシュは初回は3者連続見逃し三振で立ち上がり、2回は1死一、三塁のピンチを背負ったが、スタッシの右飛でタッチアップを狙った3走・ウォルシュを右翼手タティスが刺*無失点で切り抜けた。大量8点の援護をもらった直後の3回は3者凡退、4回は無死三塁から三ゴロ失で1失点。5回は3者凡退、6回は安打を許したものの無失点に抑え、この回で降板した。

     試合後、ダルビッシュは「きょうは感覚が良かった」と言い、大谷との対戦の持ち越しには「拍子抜けした」と話した。

     前回登板の1日(同2日)のダイヤモンドバックス戦は、3回に一挙6失点して2回2/3を投げ8安打6失点(自責5)で敗戦投手となった。6月21日のドジャース戦で7勝目をあげて以降勝ち星はなく自己ワーストを更新する7連敗を喫し、今季通算成績は25試合で7勝9敗、防御率4・05となっていた。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e24c5ec76d4da9f891336ee2749bcc8c8dee0384


    【ダルビッシュ やっと勝てた】の続きを読む


    やはり使われてたんだろうなぁ。
    ここから巻き返して欲しいなぁ。
    たのむ

    1 NO FUTURE ★ :2021/09/05(日) 13:17:18.44

    ダルビッシュ「粘着物質禁止」以降勝ち星なし! ツイッターで不満爆発の過去

    米大リーグ、サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手が9月1日(日本時間2日)、チェースフィールドで行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発。3回途中6失点でKOされ、自己ワーストを更新する7連敗を喫した。


    6月21日に7勝目を挙げて以降、先発10戦して勝ち星なし。ネット上では「粘着物質禁止ルール」が影響しているのではないかという声が広がっている。

    《ダルビッシュ見てたけど、すぐに降板しちゃった。最弱ダイヤモンドバックス相手にあっけなくKOって、もしかしてあのルールのせい?》

    《粘着物資禁止以降のダルビッシュの成績がやばい。このまま後半戦で1勝もできなかったらさらにやばい》

    《ダルビッシュ、粘着物質との関連を指摘されても仕方がないくらい規制前と規制後の成績が違い過ぎる。発信力のある人だから解説がほしいですね》

    《ダルビッシュは成績落ち過ぎだよね。粘着物質を使ってた影響なのか股関節を痛めていた影響なのかは分からんけど…》

    スポーツライターが解説する。

    「メジャーリーグでは、今シーズン途中から松ヤニや日焼け止めなど、ピッチャーが滑り止めとして使用していた粘着物質の検査が厳しくなりました。規制の厳格適用は6月21日から始まりましたが、ダルビッシュは規制後、1勝も挙げられず、ついに自己ワーストの7連敗を喫してしまいました。ファンからは心配の声とともに、使用できなくなった影響を疑う声も出ています」

    大谷翔平は審判のチェックに笑顔

    当のダルビッシュは、去る6月18日に更新した自身のツイッターで「粘着物質取り締まり問題」について、持論を展開していた。

    《この混乱の根本的な理由は提供されているボールの問題からくる選手、MLBのルールと、ルールブックに載っているルールが違うって所だと思っています》

    《MLB側も球の質を改善しないかわりに、自分達で〝うまいこと対応してね〟って態度で(中略)なのにMLBはここにきていきなり〝え? あなた達そんなことしてたの?ダメじゃん! もうダメだからね〟って態度変えた風に感じます》

    先のスポーツライターが続ける。

    「MLBのボールは長年、滑りやすいから改善が必要だと議論されていたのに、放置されてきました。それなら、投手側は粘着物質を使うよ、というのが〝暗黙の了解〟だったのです。それを急に禁止にするとはどういうことだ、とダルビッシュは違和感を表明したわけです」

    現在、粘着物質禁止の影響は、ダルビッシュ以外にも多くの投手に見られるという。

    「審判から確認作業を求められた際、ダルビッシュは不服そうな顔つきを見せていますが、大谷翔平は対照的に笑顔で帽子とグラブを差し出し、NBCスポーツから『オオタニは優しさも兼ね備えている。これぞ三刀流だろう』と称えられています」(同・ライター)

    不調が続くダルビッシュだが、まずは1日も早く1勝を挙げ、粘着物質使用を疑う奴らを黙らせてほしいものだ。

    https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12311-1228627/


    【【Twitter】ダルビッシュ「粘着物質禁止」以降勝ち星なしの経緯】の続きを読む

    このページのトップヘ