トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:バロンドール


    れ、世界各国のジャーナリストの投票によって選出された。 Jリーグクラブである川崎フロンターレは株式会社ドールドール・フード・カンパニーの日本法人)がスポンサーであることもあり、報道関係者による月間MVP賞を「バロンDole」として表彰している。 ^ Kaka wins 2007 award BBC
    59キロバイト (1,176 語) - 2021年11月30日 (火) 11:45




    (出典 www.football-zone.net)


    うーむ、レヴァンドフスキは本当に不憫だよなぁ。
    仕方ないのかな

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 21:50:34.97

    専門誌『France Football』主催でその年の世界最優秀選手に贈られる、バロンドールの授賞式が現地時間11月29日にパリで開催され、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)が2年ぶりに受賞した。

    世界最高選手の称号!歴代バロンドール受賞者44人を振り返る――1986~2019

     自身が持つ史上最多記録を7に更新する偉業には、世界中から賛辞が寄せられる一方で、コロナ禍のために選出なしとなった昨年の最有力候補であり、今年も次点に終わったポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)こそ戴冠に相応しいという声も少なくない。

     自身も1990年にバロンドールを獲得した経験を持つ元ドイツ代表MF*・マテウスは、解説員を務める『Sky Sports Germany』で、昨季ブンデスリーガ新記録の41ゴールを奪ったレバンドフスキが敗れたことに疑問を呈している。

    「正直なところ、今回の投票で世の中が分からなくなったよ。メッシをはじめ、ノミネートされた他の素晴らしい選手たちに敬意を表すが、レバンドフスキほどの価値を持つ人はいないだろう。

     昨年は受賞者なしとなったなかで、2020年に彼がバイエルンで獲得した全てのタイトルを見ても、他の追随を許さない存在だし、2021年だけでも他の人よりも優れていた。ゲルト・ミュラーの世紀の大記録を更新し、今シーズンに入っても全ての大会で得点ランキングを引っ張り、国内外で誰よりもトップに立っているからね」
     
     また、英紙『Daily Mail』によれば、元ドイツ代表MFトニ・クロース(レアル・マドリー)が「絶対に相応しくない。今年は彼よりも上の選手がいたはずだ」と訴えれば、元スペイン代表GKイケル・カシージャスも、メッシが受賞するべきではなかったと、こう不満をぶちまけている。

    「サッカーの賞を信じることがますます難しくなっている。メッシは最高の選手のひとりだが、シーズン後には誰が最も優れた選手なのかを知る必要がある。それほど難しいことではない」

     なお、メッシ本人は受賞スピーチで「昨年は君が勝者だった」と1歳下の後輩を気遣い、「フランス・フットボールが賞を与えるべきだと思う」と、異例の要求を行なっている。大賞を逃したレバンドフスキの活躍は、メッシの目にも圧倒的に映っていたようだ。

    サッカーダイジェスト 11/30(火) 21:19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/73f482846e2d5ccb635e2ce26489818aeb8ed590
      
    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=433&exp=10800


    【【サッカー】クロース「絶対に相応しくない」】の続きを読む


    れ、世界各国のジャーナリストの投票によって選出された。 Jリーグクラブである川崎フロンターレは株式会社ドールドール・フード・カンパニーの日本法人)がスポンサーであることもあり、報道関係者による月間MVP賞を「バロンDole」として表彰している。 ^ Kaka wins 2007 award BBC
    59キロバイト (1,176 語) - 2021年11月30日 (火) 06:54




    (出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)


    レヴァンドフスキがなぁ。
    不憫でしか無い。
    まぁ仕方ないのかね。

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 11:33:01.54

    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は29日、2021年のバロンドールを発表。パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが最多記録を更新する7度目の受賞を果たした。

     34歳のメッシは、2021年開催のコパ・アメリカをアルゼンチン代表として制し、A代表としては自身初のビッグタイトルを獲得。大会MVP、得点王、アシスト王に輝いた。またバルセロナ在籍時の2020-21シーズン、チームは3位だったが、30得点を挙げて得点王に輝いている。

     バロンドール受賞は2019年以来となり、2020年は新型コロナウイルスの影響により、選出自体が中止だったため、自身としては2回連続の受賞となり、単独最多受賞記録を更新する7度目の栄誉に輝いた。

     全世界の記者投票で選出されるバロンドール。今年度はチェルシーでチャンピオンズリーグを制し、イタリア代表でユーロを制したMFジョルジーニョや、昨年に実施されていれば最右翼と目され、ゲルト・ミュラーを越えるブンデスリーガ新記録となるシーズン41得点を挙げ、バイエルンの9連覇に貢献したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキなどが有力候補として、メッシ以外に挙げられていた。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活。昨年は新型コロナウイルスの影響により、「リストに『新型コロナウイルスの影響により例外的な状況で獲得したトロフィー』といった消えない注意書きを入れたくなかったから」として、初の受賞者なしとなっていた。

    【2021年バロンドール順位】(カッコ内、国籍/現所属クラブ)
    1位 リオネル・メッシ(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)
    2位 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
    3位 ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)

    4位 カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリード)
    5位 エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
    6位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
    7位 モハメド・サラー(エジプト/リヴァプール)
    8位 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・C)
    9位 キリアン・エンバペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
    10位 ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/パリ・サンジェルマン)

    11位 アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント)
    12位 ロメル・ルカク(ベルギー/チェルシー)
    13位 ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユヴェントス)
    14位 レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユヴェントス)
    15位 ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・C)
    16位 ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
    17位 ルイス・スアレス(ウルグアイ/アトレティコ・マドリード)
    18位 シモン・ケアー(デンマーク/ミラン)
    19位 メイソン・マウント(イングランド/チェルシー)
    20位 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・C)

    21位 ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル/マンチェスター・U)
    21位 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン/インテル)
    23位 ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム)
    24位 ペドリ(スペイン/バルセロナ)
    25位 フィル・フォーデン(イングランド/マンチェスター・C)
    26位 ニコロ・バレッラ(イタリア/インテル)
    26位 ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・C)
    26位 ジェラール・モレーノ(スペイン/ビジャレアル)
    29位 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
    29位 セサル・アスピリクエタ(スペイン/チェルシー)

    サッカーキング 11/30(火) 5:56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7fbb58b4283edd5742cf9f36297a3a2d253cf9cd

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    1 Egg ★ 2021/11/30(火) 06:11:53.70
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1638220313/


    【【サッカー】結局バロンドールはメッシだったわけだが】の続きを読む


    れ、世界各国のジャーナリストの投票によって選出された。 Jリーグクラブである川崎フロンターレは株式会社ドールドール・フード・カンパニーの日本法人)がスポンサーであることもあり、報道関係者による月間MVP賞を「バロンDole」として表彰している。 ^ Kaka wins 2007 award BBC
    58キロバイト (1,176 語) - 2021年11月30日 (火) 01:22




    (出典 img-footballchannel.com)


    まぁコパ獲ったからなのか。
    ジョルジーニョとカンテももっと評価されて欲しいなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 06:11:53.70

    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は29日、2021年のバロンドールを発表。パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが最多記録を更新する7度目の受賞を果たした。

     34歳のメッシは、2021年開催のコパ・アメリカをアルゼンチン代表として制し、A代表としては自身初のビッグタイトルを獲得。大会MVP、得点王、アシスト王に輝いた。またバルセロナ在籍時の2020-21シーズン、チームは3位だったが、30得点を挙げて得点王に輝いている。

     バロンドール受賞は2019年以来となり、2020年は新型コロナウイルスの影響により、選出自体が中止だったため、自身としては2回連続の受賞となり、単独最多受賞記録を更新する7度目の栄誉に輝いた。

     全世界の記者投票で選出されるバロンドール。今年度はチェルシーでチャンピオンズリーグを制し、イタリア代表でユーロを制したMFジョルジーニョや、昨年に実施されていれば最右翼と目され、ゲルト・ミュラーを越えるブンデスリーガ新記録となるシーズン41得点を挙げ、バイエルンの9連覇に貢献したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキなどが有力候補として、メッシ以外に挙げられていた。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活。昨年は新型コロナウイルスの影響により、「リストに『新型コロナウイルスの影響により例外的な状況で獲得したトロフィー』といった消えない注意書きを入れたくなかったから」として、初の受賞者なしとなっていた。

    【2021年バロンドール順位】(カッコ内、国籍/現所属クラブ)
    1位 リオネル・メッシ(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)
    2位 ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
    3位 ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)

    4位 カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリード)
    5位 エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
    6位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
    7位 モハメド・サラー(エジプト/リヴァプール)
    8位 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・C)
    9位 キリアン・エンバペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
    10位 ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/パリ・サンジェルマン)

    11位 アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント)
    12位 ロメル・ルカク(ベルギー/チェルシー)
    13位 ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユヴェントス)
    14位 レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユヴェントス)
    15位 ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・C)
    16位 ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
    17位 ルイス・スアレス(ウルグアイ/アトレティコ・マドリード)
    18位 シモン・ケアー(デンマーク/ミラン)
    19位 メイソン・マウント(イングランド/チェルシー)
    20位 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・C)

    21位 ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル/マンチェスター・U)
    21位 ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン/インテル)
    23位 ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム)
    24位 ペドリ(スペイン/バルセロナ)
    25位 フィル・フォーデン(イングランド/マンチェスター・C)
    26位 ニコロ・バレッラ(イタリア/インテル)
    26位 ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・C)
    26位 ジェラール・モレーノ(スペイン/ビジャレアル)
    29位 ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
    29位 セサル・アスピリクエタ(スペイン/チェルシー)

    サッカーキング 11/30(火) 5:56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7fbb58b4283edd5742cf9f36297a3a2d253cf9cd

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】<メッシ>7度目のバロンドール】の続きを読む


    カッサーノが語るインテル、ダービー、長友… goal.com 2012年10月2日 ^ “カッサーノの教え”が生んだアシスト、長友「カッサーノのことが頭をよぎった」 ゲキサカ ^ カッサーノは異国で大人になれるか。 NumberWeb 2006年1月6日 ^ “【豊福 晋の欧州蹴球日記】“カッサナータ”に悩まされるローマ”
    41キロバイト (4,851 語) - 2021年8月8日 (日) 11:40




    (出典 s.eximg.jp)


    流石に20年くらいで忘れられるとは思えんけどね。
    カッサーノさん思ったこと全部言っちゃうからなぁわら

    1 伝説の田中c ★ :2021/10/30(土) 19:44:13.34

     10月24日のセリエA第9節で、ナポリのルチャーノ・スパレッティ監督は、敵地ローマのサポーターからブーイングや罵倒の言葉を浴びせられた。ローマの監督時代、英雄であるフランチェスコ・トッティとの関係が悪化して以降、指揮官はロマニスタから絶えず批判されている。

     かつてローマでプレーし、トッティの弟分でもあったアントニオ・カッサーノは、古巣サポーターのスパレッティに対する行動に納得がいかないようだ。クリスティアン・ヴィエリのツイッチチャンネル『BOBO TV』で、「ブーイングは恥だ」と非難した。(『Gazzetta dello Sport』紙より)

    「ローマを愛し、今でも愛している監督だぞ。ローマですごいことをした人だ。どうしてなんだ? トッティをやめさせたからか? 普通じゃない。オレは頭が狂ってしまいそうだよ。スキャンダラスだ。残念だよ。オレもローマでとても居心地が良かったし、すごく愛してもらったからね」

     さらに、“悪童”で知られたアタッカーは「彼のことは好きだが、45歳の今でも自分が違いをつくると言っている。でも、やめたならやめたんだ」と、トッティにも厳しい言葉を放った。

    「彼はリオネル・メッシやディエゴ・マラドーナのように永遠ではない。20年後には忘れられる。かつては(ブルーノ・)コンティがいた。それからトッティだ。今後は(ロレンツォ・)ペッレグリーニかもしれない。(ダニエレ・)デ・ロッシも『未来のキャプテン』だったが、ほぼ忘れられている」


     元イタリア代表FWは「オレにとっては永遠だけどね」と、デ・ロッシを称賛しつつ、トッティへの厳しい言葉を続けた。

    「この20年、デ・ロッシほどローマを大切にしてきた人は見たことがない。ダービーに負けて泣く彼も見たことがある。トッティもローマを大切にしていた? デ・ロッシのほうが100倍だよ。トッティはロマニスタだけど、デ・ロッシはそれ以上だ」

    『Gazzetta dello Sport』によれば、SNSではカッサーノの発言に様々な反応があるようだ。

    「トッティは彼を弟のように受け入れたのに」
    「言い方は間違えているが、本質は間違えていない」
    「カッサーノは他人について話すことでしか存在できない」
    「彼(カッサーノ)のことは20年よりずっと前にもう忘れたよ」
    「トッティはカルチョの歴史をつくった。カッサーノはせいぜい自分の家をつくっただけ」
    「50年後にローマ最高の選手たちを問われてもトッティはいる。スパレッティはアルバムにも残らない。カッサーノよ、バカなことを言うのはやめておけ」

     歯に衣着せぬ発言で知られるカッサーノだが、ローマにおけるトッティの存在の大きさは周知のとおりだけに、騒がれているようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0fb588db9eefeae8c7b94c869e2dc98a1db57d15


    【【サッカー】カッサーノさん 今度はロマニスタを怒らせるwww】の続きを読む


    カリム・モスタファ・ベンゼマ(Karim Mostafa Benzema、アラビア語: كريم مصطفى بنزيما‎、1987年12月19日 - )は、フランス・リヨン出身のサッカー選手。レアル・マドリード所属。フランス代表。ポジションはフォワード。 リーグ・アン7連覇中だったオリンピック・
    45キロバイト (4,456 語) - 2021年10月16日 (土) 02:25




    (出典 image.news.livedoor.com)


    まぁ、気持ちはわかる。
    ずっとロナウドの引き立て役だったんやからね。
    ただなぁ、時代が悪いとしか。

    1 Egg ★ :2021/10/20(水) 21:34:00.65

     レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマは、2021年度のバロンドール候補者リスト30人に名を連ねている。マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの“常連組”もいるなか、ベンゼマは元同僚ロナウドを引き合いに、「俺も勝ち取れると思った」と語っている。スペイン紙「マルカ」が伝えた。

     2009-10シーズンからレアルに所属するベンゼマは、同時加入のロナウドとともに9年間プレー。エースを立てる黒子役に回ってチームを機能させたが、17-18シーズンには5ゴールに終わり、非難の対象にされることもあった。

     しかし、ロナウドがユベントスへ移籍した2018年夏から21→21→23と、ゴールを量産。ロナウドが去ったレアルで、ポイントゲッターを務めている。

     バロンドールはこれまでメッシが史上最多の6回、ロナウドが5回受賞と、近年は2人が双璧を成した。11月29日に発表される今年度のバロンドールの最終候補30名にベンゼマも名を連ねたなか、米スポーツ専門局「ESPN」のインタビューで「(受賞は)そんなに遠くない」と意欲を見せている。

    「それ(バロンドール)は常に目標で、ずっと心に留めてきた。クリスティアーノ・ロナウドが受賞した時、俺もそれを勝ち獲れると思った。この3、4年やってきたパフォーマンスのおかげで、かつてないほど近づいてきたと言える。そんなに遠くはない」

     ベンゼマはロナウドやメッシに肉薄できるのか、バロンドールの行方に注目が集まる。

    フットボールゾーン 10/20(水) 20:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/214cb8166b6a0b4319c98db2befae14c06e6954e


    【【サッカー】ベンゼマ「俺も獲れると思った」】の続きを読む

    このページのトップヘ