トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ハキミ


    ヴァヒド・ハリルホジッチ(セルビア語: Vahid Halilhodžić, セルビア語キリル・アルファベット: Вахид Халилхоџић, 1952年5月15日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の元サッカー選手。サッカー指導者。元ユーゴスラビア代表(現在はボスニア・ヘルツェゴヴィナ国
    39キロバイト (4,359 語) - 2021年11月10日 (水) 18:43




    (出典 hochi.news)


    まぁ今更言ったって仕方ないだろうけどね。
    これで本線出場して日本敗退したら、笑い者だよなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/18(木) 12:02:10.84

    ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督はアジア最終予選で苦戦する日本代表を気にかけてくれているだろうか。

    ハリルホジッチは日本代表の仕事を解任されてから、フランスのFCナントを挟み、現在はモロッコ代表を指揮している。このモロッコがすこぶる強いのだ。

    ワールドカップ・カタール大会へ向けたアフリカ予選は2次予選まで進行し、モロッコは無傷の6連勝で突破。3次予選へと駒を進めている。

    ハリルホジッチが指揮した日本代表には攻撃が単調でつまらないとの批判もあったが、モロッコには当てはまらない。ギニア、スーダン、ギニアビサウと同組となる恵まれた組み合わせだったとはいえ、モロッコは20得点1失点の成績で2次予選を突破している。

    20得点という数字はグループAを突破したアルジェリア代表(25得点)に次いで2番目の数字となっており、今のモロッコはなかなか攻撃的だ。

    この予選に限らず、ハリルホジッチ率いるモロッコは好調を維持しており、就任から20試合で14勝5分1敗。41得点9失点と文句のつけようもない成績だ。

    思えば2018年のワールドカップ・ロシア大会へ向けたアジア最終予選でも、ハリルホジッチ率いる日本代表は批判も浴びながら17得点を奪っていた。これはサウジアラビア代表と並び、当時の最終予選では最多の得点数だった。初戦でUAEに敗れてバタバタしたとはいえ、ハリルホジッチの舵取りは安定していたのだ。

    アフリカ3次予選は、2次予選を勝ち上がった10チームがホーム&アウェイ方式のトーナメントで争う。このホーム&アウェーの対決に勝った5チームがカタール大会出場決定だ。

    モロッコも油断はできないが、ここまでの道筋はベストに近い。ハリルホジッチ率いるチームがワールドカップで何をしてくれるのかは楽しみで、ここまでくれば3次予選も突破してほしいところだ。

    the world 11/18(木) 6:40
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c73c15a49183e618d79c01b7d278f1862d8a607d

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】ハリルさん モロッコで結果出してるね】の続きを読む


    Saint-Germain Football Club)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。通称はパリSG(Paris SG)、パリ(Paris)、PSG。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジ
    101キロバイト (8,550 語) - 2021年9月4日 (土) 20:20



    (出典 pbs.twimg.com)


    メッシのユニフォームとかである程度稼げるとしても、やはりエムバペは売るべきだったと思ってしまうなぁ

    1 数の子 ★ :2021/09/05(日) 09:06:04.08 ID:CAP_USER9.net

     アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが加入したフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が最大10人のプレーヤーを売却すると、英メディア「アスレチック」が報じている。

     PSGは今夏にメッシをはじめ、スペイン代表DFセルヒオラモス、オランダ代表MFジョルジオニ・ワイナルドゥム、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、モロッコ代表DFアフラク・キミヒと大物を獲得しており、先取年俸の総額は3億ユーロ(約390億円)を超えているという。

    同メディアによると、今季のPSGはすでに36人もの選手を抱えていることもあって、人員整理は不可欠とし、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、ブラジル代表MFラフィーニャ、スペイン代表MFアンデル・エレーラ、セネガル代表MFイドリッサ・ゲイエら10人もの選手を販売したい意向という。

     また、フランス紙「レキップ」は、今季のPSGは2億5000万ユーロ(約325億円)から3億ユーロの赤字になるとし、厳格な同国のサッカー財務管理機関「DNCG」に対し、選手の販売で1億8000万ユーロ(約234億円)を回収することを通知したと報じている。

     もちろん、メッシの加入による営業収入の増加も見込めるものの、エムバペを販売しなかったことで、収入を得られなかったことは大きな痛手になったとみられる。早ければ、来年1月に解禁となる冬の移籍市場でバーゲンセールを行うとしており、今後の動向が注目されそうだ。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20813666/


    【PSGさん やっぱ借金まみれじゃん】の続きを読む


    FCバイエルン・ミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界有数の人気と経済規模を有するクラブでもある。また、クラブ会員数
    88キロバイト (7,725 語) - 2021年8月18日 (水) 11:31



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    そりゃあそうやけど、シティとかにも言えるやんなぁ。
    まぁでも見てみたいからなぁ

    1 Egg ★ :2021/08/24(火) 06:05:06.13 ID:CAP_USER9.net

    バイエルン・ミュンヘンのヘルベルト・ハイナー会長は、大型補強を敢行するパリ・サンジェルマン(PSG)について言及した。

    今夏の移籍市場で、リオネル・メッシを筆頭に、セルヒオ・ラモス、ジャンルイジ・ドンナルンマ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、アクラフ・ハキミを獲得したPSG。ほとんどの選手をフリートランスファーで獲得したが、すでにネイマールやキリアン・ムバッペら高額年俸の選手を抱えることから、人件費がさらに膨大になると考えられている。

    欧州サッカー連盟(UEFA)は、新型コロナウイルスによるパンデミックの影響により、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の規制を緩和し、フランスのクラブの積極補強はこれを利用したものであるとも考えられる中、バイエルンのハイナー会長はドイツ『シュポルト・ビルト』でライバルクラブの手法に疑問を呈した。

    「私は(PSGが)ファイナンシャル・フェア・プレーを順守しながらどのようにやっているのかいまだに理解しようと試みている。PSGがアップグレードする一方で、我々はUEFAのルールとやっていける方法を慎重に吟味しながらやっている。我々はこれを順守しているし、他のクラブも同様にやっていると想像している」

    「パリを早急にジャッジするつもりはないが、彼らの補強方針はとても大きなものになっている。移籍金の話ではない、サラリーの話だ。メッシの手取りが4000万ユーロで、総額8000万ユーロだと聞いた。それに、ハキミ、ラモス、ドンナルンマらたくさんが一緒にやって来たんだ」

    8/23(月) 21:08 goal
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3b1a00ddb353f183832cbc22114474abad5b2eb

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=360&q=90&exp=10800&pri=l


    【バイエルン会長 PSGに「どうやってFFPを順守しているんだ」】の続きを読む


    パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club, PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブ。 1970年8月12日、パリFCとスタッド・サン=ジェルマン(フランス語版)が合併して創設された。1974年以来リーグ・アン(1部、旧ディヴィジョ
    102キロバイト (8,309 語) - 2021年7月8日 (木) 10:31



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    オイルマネーてすごいな。
    ハキミもとってるし、ディフェンスでも点が取れるラインナップやなわら

    1 首都圏の虎 ★ :2021/07/08(木) 18:09:15.55 ID:CAP_USER9.net

    パリ・サンジェルマン(PSG)は8日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの獲得を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年間。背番号は「4」に決まった。

     S・ラモスは2020-21シーズン限りで契約満了によりレアル・マドリードを退団。6月17日に退団セレモニーに出席し、涙ながらに“ロス・ブランコス”(レアルの愛称)に別れを告げていた。今夏には古巣のセビージャ復帰なども噂されたが、新天地はフランスのPSGに決定。キャリア3つ目のクラブで、初の国外移籍となった。

     現在35歳のS・ラモスはセビージャでキャリアをスタートし、2005年夏にレアル・マドリードへ移籍した。在籍16年で公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録。5回のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ優勝など、数々のタイトルをもたらした。しかし、2020-21シーズンは度重なるケガや新型コロナウイルス感染の影響で公式戦21試合出場にとどまり、EURO2020のスペイン代表メンバーからも外れていた。

     S・ラモスは発表に際し、PSGの公式サイトを通じてコメント。「パリ・サンジェルマンに移籍できてとても嬉しい。僕の人生における大きな変化であり、新たな挑戦であり、忘れられない一日となるだろう。この非常に野心的なプロジェクトに参加できたこと、素晴らしい選手たちとチームを組めることを誇りに思う。このクラブは、すでに最高レベルの実績があり、しっかりとした基盤を持っている。僕は、パリとともに成長し続け、チームのタイトル獲得に貢献したいと考えている」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/957dc38902eb887a936be1a04b52fab009389f93

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【ラモスさん、フランス行ったね】の続きを読む

    このページのトップヘ