トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ナーゲルスマン


    キミッヒ 監督変わりすぎ問題に言及


    FCバイエルン・ミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界有数の人気と経済規模を有するクラブでもある。また、クラブ会員数
    88キロバイト (7,660 語) - 2021年5月28日 (金) 19:31


    まぁ確かにな。リーグ連覇は継続しているけど、もはやそれだけではいけないんだろうな。フリックとかは別だけど

    シーズンからユリアン・ナーゲルスマン監督を新指揮官として招聘することになったバイエルン・ミュンヘン

    ヨシュア・キミッヒは長期政権を築いてほしいと願っているようだ。『SPOX』によれば、こんな話をしていたそう。

    ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘンMF)

    バイエルンでの新監督を楽しみにしているよ。新しいものを学べるからね。

    ただ、バイエルンでの6年では多くの監督を経験した。それがバイエルンの目標ではないはずだ。

    新たな監督との契約はもう少し長期的なものになることを願う。自分の成長に向けてさらなるステップになるためにね。

    僕はまだ自分のポテンシャルを使い切ってはいない。まだまだやれることはたくさんあるよ」

    2015年バイエルンに加入したキミッヒ。これまでの6年でジョゼップ・グアルディオラカルロアンチロッティ、ウィリ・サニョル(1試合のみの暫定監督)、ユップ・ハインケス、ニコ・コヴァチ、ハンジ・フリックから指導を受けた。

    【動画】キミッヒが大好きすぎるペップの近すぎる熱血指導シーン

    数年で監督の首をすげ替えるのではなく、長期的なチーム作りをして欲しいと考えているようだ。

    バイエルン監督変わりすぎ問題…キミッヒがちくりと刺す


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【キミッヒ 監督変わりすぎ問題に言及】の続きを読む


    ナーゲルスマンが世界記録!


    ユリアン・ナーゲルスマン(ドイツ語: Julian Nagelsmann、1987年7月23日 - )は、ドイツ・ランツベルク・アム・レヒ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。ブンデスリーガのRBライプツィヒの現監督。 地元アマチュアクラブのFCイッシングの育成部門出身。その後FCアウクスブルク
    16キロバイト (1,630 語) - 2021年4月27日 (火) 12:24


    まあ、大体が退任とか解任された監督を選ぶからなぁ。まだ契約がある監督引き抜くのはそうそうないだろ

    火曜日バイエルン・ミュンヘンは「来季からユリアン・ナーゲルスマンが監督に就任する」と公式発表した。

    これまでホッフェンハイム、RBライプツィヒ指揮官を務めてきた若き監督は、33歳という年齢で世界最高峰のチームを率いることになった。

    この監督引き抜きにはなんと世界記録となる2500万ユーロ(およそ32.7億円)が動いたとされている。

    そして『Mirror』によれば、これまでの監督引き抜きによる移籍金ランキングはこのようになっているそう。

    1. ユリアン・ナーゲルスマン(RBライプツィヒバイエルン・ミュンヘン):2170万ポンド
    2. アンドレ・ヴィラス=ボアス(ポルトチェルシー):1300万ポンド(およそ19.6億円)
    3. ブレンダン・ロジャーズ(セルティック▶レスター):910万ポンド(およそ13.7億円)
    4. ルーベン・アモリン(ブラガ▶スポルティング):860万ポンド(およそ12.9億円)
    5. ジョゼ・モウリーニョインテルレアル・マドリー):700万ポンド(およそ10.5億円)

    選手と比べると契約期間途中での移籍が少なく、その違約金の額も低くなっている。その中での33億円というナーゲルスマンへの支払額がどれだけ異例のものだったかがわかる。

    【写真】1位のダントツさが…プレミアリーグ「歴代監督勝率ランキング」をみる

    このTOP5ではアンドレ・ヴィラス=ボアス以外全員が成功を収めていることを考えれば、ナーゲルスマンの指揮にも期待できそうだ。

    ナーゲルスマンが世界記録!「監督の移籍金TOP5」がおもしろい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ナーゲルスマンが世界記録!】の続きを読む

    このページのトップヘ