トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:ドジャース


    鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 妻は元新体操選手でスポーツキャスターの畠山愛理。 小学2年生の時に荒川リトルで野球を始める。中学校時代には荒川シニアに所属していた。
    65キロバイト (7,753 語) - 2021年11月23日 (火) 15:58




    (出典 baseballgate.jp)


    ええなぁ。
    ただロックダウンしそうだからなぁ。
    まとまるのかね

    1 ひかり ★ :2021/11/29(月) 22:52:03.82

    【ニューヨーク28日(日本時間29日)=山田結軌、竹濱江利子通信員】ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指す広島・鈴木誠也外野手(27)の争奪戦に15球団が参戦していることが判明した。代理人を務める米大手代理人事務所ワッサーマンのジョエル・ウルフ氏(51)がオンライン会見を行い、「予想以上のリクエストを受けている」と明かした。鈴木誠側は安心できる生活環境と、優勝を狙えるかを選考基準にしている。

    ■オンラインでの面談申し込み続々

    メジャーで鈴木誠人気が爆上がりしている。21日(日本時間22日)にポスティング手続きが完了し、交渉が解禁。ダルビッシュ(パドレス)、筒香(パイレーツ)ら日本選手の代理人を務めるウルフ氏が現状を説明した。

    「予想以上のリクエストを受けている。ここまでアグレッシブにアプローチされるのは、長年なかった」

    オンラインでの面談申し込みが相次いでいるという。獲得に興味を示した球団の具体的な数については「8球団以上、15球団以下」と含みを持たせた。本気度や条件提示は様々のようだ。今季打率・317、38本塁打、88打点。4度のゴールデングラブ賞獲得など総合力が評価されており、上位打線を担える野手としてオフの移籍市場で注目の存在だ。

    懸案は難航する大リーグ機構(MLB)と選手会の労使協定だ。現協定は12月1日に失効し、MLB側が施設を封鎖し、移籍市場が凍結されるロックアウトが確実視される。鈴木誠の交渉期限は22日(同23日)だが、労使が決裂中の日数は30日間の交渉期間にカウントされず、越年や2月にずれ込むことも予想される。

    「本人も金銭面だけでなく、大リーグで素晴らしい経験を優先したいと思っている。新たな協定が合意した上で渡米し、春季キャンプの球団施設、本拠地などを視察した上で契約すべき。ロックアウト前に契約を望む球団も既にあるが、今はそれに反対している」とウルフ氏。失効前の駆け込みでの球団選定は否定した。日本最高のスラッガーは、時間をかけて新天地を決める。

    サンスポ 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cdb0b66a04c60ff0ef8f4a1c34b7261f52d62ab


    【【MLB】鈴木誠也がかなり人気】の続きを読む


    侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2016年2月15日). 2016年2月17日閲覧。 ^ “【DeNA】筒香、史上初の3戦連続2発!「ポケモンGO」よりすごいモンスター「GO」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月23日). http://www.hochi.co
    63キロバイト (7,428 語) - 2021年8月30日 (月) 17:30



    (出典 full-count.jp)


    速球系を打てるようになったのは大きいよなぁ。
    ドジャースて育成上手いんだろうね

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/31(火) 07:41:56.54

    8/31(火) 5:15配信
    東スポWeb

    パイレーツ入団以降、好調の筒香(ロイター=USA TODAY Sports)

     パイレーツの筒香嘉智外野手(29)が打ちまくっている。29日(日本時間30日)の本拠地カージナルス戦では「6番・右翼」でスタメン出場し、メジャー2年目で初となる逆転サヨナラ3ラン。ここまでパ軍での成績は13試合で27打数9安打、打率3割3分3厘、5本塁打、11打点と大暴れだ。

     今月14日(同15日)にドジャース傘下3Aから解雇され、2日後にパ軍とメジャー契約を結んだばかり。一体何があったのか。MLBスカウトの1人は「パイレーツ移籍はベストの条件とタイミングがすべて重なった」と評し、まず筒香がド軍を解雇される直前に実は「弱点」を克服しつつあった点を指摘した。

     ド軍傘下3Aでは今季43試合に出場。当初は低空飛行だったものの7月7日にメジャー出場の前提となる40人枠から外れて以降は調子を上げ、打率2割5分7厘、10本塁打、32打点の成績を残していた。かねて筒香はMLBで「速球系にアジャスト(順応)できない」と言われていたが、ド軍のプログラミングと本人の努力が実を結び、それが数字にも表れかけていた。

    「だが、ロースター40人枠の層の厚いドジャースでのメジャー再昇格は、どう頑張っても厳しい。そんな球団事情からドジャースを解雇となったところで即座にオファーを出したのがパイレーツだったことも、筒香にとっては大きかった。パイレーツはMLBで総年俸が最下位の球団であり、ローリスクハイリターンの運営だが、その運営システムは有識者の間で評価されている。他球団で不要とされた選手の再生や、スカウティングリポートにも上がらないような選手の発掘および育成を得意とするなど独自性で、MLBのGM陣の中でも評価が高い。ベン・チェリントンGMは『パイレーツには、どのような選手が来ても満足にプレーできる環境が整っている』と豪語しているほど。筒香にとってピッツバーグは最高の地かもしれない」(前出のスカウト)

     デレク・シェルトン監督も筒香の獲得理由について「マイナーリーグで打撃の成長が見られた。われわれは彼をチェックし続け、チャンスを与えれば間違いなく打つと判断した」と述べ「それは間違っていなかった」と続けている。

    〝水を得た魚〟のようにヨシ・ツツゴウは今後も新天地のグラウンドで躍動しそうだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/28783d16b3191ac568db1e1e0ad2a0813d0d734a


    【筒香さん確変の理由】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め、全国
    188キロバイト (26,778 語) - 2021年8月29日 (日) 02:29



    (出典 www.nikkansports.com)


    多分二刀流はやってなかったのかもしれないねぇ。
    どっちか一つにさせてたかもなぁ

    1 征夷大将軍 ★ :2021/08/31(火) 08:34:40.99

    フルカウント2021.08.31
    https://full-count.jp/2021/08/31/post1126531/

    米メディア「ジ・アスレチック」が「もしも」として展望
     ここまでメジャートップの41本塁打を放ち、投手としても8勝1敗、防御率3.00の好成績を残しているエンゼルスの大谷翔平投手。2018年に海を渡り、メジャー4年目の今季、大輪の花を咲かせようとしている。

     NPBでは5年間プレーしたが、もし高校卒業後にメジャーに挑戦していたら、その入団先がドジャースだったら……。そんな“妄想”を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」が記事にしている。

     この記事を書いたのは2018年のエンゼルス入団時から担当記者として取材し、今季途中からドジャース担当となったファビアン・アルダヤ記者。同メディアが毎週水曜日に行っている「もしもシリーズ」の一環として“ドジャースの大谷翔平”を取り上げた。

     ドジャースは大谷の高校1年時からスカウティングを行っており、高校3年時の獲得レースに名乗りを挙げて本人との面談も行っていた。もちろん、ポスティングシステムを利用した2017年オフもレースに参戦し、面談の場にはクレイトン・カーショーやジャスティン・ターナー、クリス・テイラーといったスター選手を送り込んだとされている。

     高校卒業時に大谷がもしドジャース入りしていたら……。アルダヤ記者は、4つポイントを挙げている。1つ目は「彼はおそらく二刀流選手じゃなかっただろう」。投打両面で輝かしい成績を残す大谷だが、記事では「ドジャースは二刀流に挑戦させる考えに前向きではあったが、二刀流を育てた前例がなく、またドジャースは優勝争いをするチームであり、すぐに戦力になるであろう投手に優先度をおいていたと思われる」と指摘している。

    「2016年にメジャーデビューしていたと仮定すれば、今オフか来オフにはFA権を取得」
     2つ目は「彼は違った観点で先駆者となっていただろう」というもの。かつて田澤純一が社会人を経てレッドソックスと契約したものの、高校生のMLB挑戦は前例なし。「日本の高校を卒業して直接MLB球団と契約した選手はおらず、大谷が第1号になっていた。大谷が成功すれば、高卒からMLB球団と契約する例となり、後に続く選手を生んでいたかもしれない」としている。

    「ドジャースは将来に向けて形勢を一変させる投手を得ていただろう」と、ドジャースの戦力編成を左右していたとも。「日本で最もいい成績を収めた21歳の2016年にメジャー昇格していたとすると、ドジャースはその年、15投手が先発登板しており、大谷も間違いなくそのうちの1人になっていただろう」と言及。ダルビッシュ有投手のトレード獲得など、その後の補強戦略にも大きく影響を与えただろうという。

     そして、最後は「オオタニは多額の金を得ていただろう」というもの。記事では「2016年にメジャーデビューしていたと仮定すれば、27歳の今オフか28歳の来オフにはFA権を取得することになり、巨額の契約を得る時期が早くなっていた」と指摘。昨オフ、年俸調停の権利を得て、2年総額850万ドル(約9億円)で新たな契約を結んだ大谷だが、2012年に海を渡っていたら、遥かに大きな契約を結んでいただろうと予想した。

     当然、現在はエンゼルスでプレーし、あくまでこれは想像での話。アルダヤ記者も「今年の大谷の活躍は今までに誰も見たことがないもので、彼のおかげで野球は進化、発展する、今の現状のほうが球界にとってはいい」と、締めくくっている。

    Full-Count編集部

    【画像】大谷翔平がドジャースのユニホームを着たら… 米メディアが公開した合成写真
    https://full-count.jp/2021/08/31/post1126531/3/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=1126531_6


    【【妄想】大谷さんが高卒メジャー入りしていた世界線】の続きを読む


    筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBのピッツバーグ・パイレーツ所属。 兄は橋本市でスポーツ教室を運営する筒香裕史。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。
    62キロバイト (7,352 語) - 2021年8月21日 (土) 05:40



    (出典 tc-baseballchannel.techorus-cdn.com)


    遂にホームラン出たな。
    変化球だったけど、打てたのは大きい。
    自信に繋がればええ

    1 征夷大将軍 ★ :2021/08/21(土) 12:29:32.87

    フルカウント2021.08.21
    https://full-count.jp/2021/08/21/post1123504/

    ■パイレーツ 4ー0 カージナルス(日本時間21日・セントルイス)

    パイレーツの筒香嘉智外野手は20日(日本時間21日)、敵地でのカージナルス戦の9回に代打で出場。今季初アーチとなる右翼越えのソロを放った。ダメ押し弾にもなり、試合は4-0でパイレーツが快勝。連敗を「5」で止めた。

    3点リードで迎えた9回1死走者なしの場面。打席に入った筒香が、3球目のチェンジアップを強振した。打球は高々と上がって右翼フェンスを越えてカージナルス側のブルペンに着弾。今季1号となり、パイレーツでの初打点も記録。新天地では9打数3安打、打率.333と上向きだ。

    7月からドジャース傘下3Aでプレーしていた筒香は8月14日(同15日)に自由契約となったが、即座にパイレーツ入りが決定。新天地デビューとなった16日(同17日)の同カードは9回に代打で出場し、移籍初打席で左翼線二塁打。さらに翌17日(同18日)には「4番・一塁」で初スタメンを果たし、先頭で迎えた9回に左翼への二塁打を放ち、その後生還を果たした。2試合連続スタメンだった18日(同19日)は3打数無安打だったが、再び快音を取り戻した。

    Full-Count編集部
    【動画】筒香ついに出た! パイレーツ移籍4試合目で今季初アーチの実際映像
    https://full-count.jp/2021/08/21/post1123504/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=1123504_6


    【筒香さん 期待していいかも】の続きを読む


    侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2016年2月15日). 2016年2月17日閲覧。 ^ “【DeNA】筒香、史上初の3戦連続2発!「ポケモンGO」よりすごいモンスター「GO」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月23日). http://www.hochi.co
    62キロバイト (7,292 語) - 2021年8月17日 (火) 02:34




    (出典 i.rubese.net)


    まぁ、チャンスはもらえた。
    あとは結果だけ。
    頑張って生き残ってほしいなぁ。

    1 ひかり ★ :2021/08/17(火) 10:00:57.12

     パイレーツは16日(日本時間17日)、ドジャース傘下3Aオクラホマシティから自由契約となった筒香嘉智外野手とメジャー契約を結んだと発表した。背番号は「32」。オンライン会見に臨み、「今までと違って、少しの楽しみと、もちろん緊張もありますし。その中で自分がどういうプレーができるのか。自分にも期待しています」と意気込みを語った。

     レイズ、ドジャースに続いて3球団目。ドジャース傘下3Aでは43試合に出場し、打率.257、10本塁打32打点を記録。特に8月は打率.378、2本塁打11打点と好調だった。「大きくは変えてないんですけど、自分の感覚のスイングが戻ってきた。結果を出せなかったのは僕自身。マイナーでいい感覚で戻ってこられたことにワクワクしています」と武者震い。「僕の中では反対方向にしっかり打てるようになった。そこが一番です。ライト、センター方向は僕の感覚の中では反対方向に比べると薄いものです」と語った。

     新天地では外野や一塁での起用が予想される。「僕は監督に言われたポジションで100%力を出すだけだと思っています」。本拠地PNCパークは右翼が狭い。「そこをたくさん越えることができたらもちろんですし、とにかくチームに貢献できるように。僕のスタイルとして変わらず、1試合1試合ハードにプレーできたらなと思います」と意気込みを語った。
    Full-Count編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b2f80d1563776333854a478507125fb97f75a69c


    【筒香「自分に期待しています」】の続きを読む

    このページのトップヘ