トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:トッテナム


    アーセナル・フットボール・クラブ(Arsenal Football Club、イギリス英語発音: [ˈɑːsənl ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
    78キロバイト (7,140 語) - 2021年11月4日 (木) 22:08




    (出典 f.image.geki.jp)


    翻訳も難しいなぁ。
    まぁ日本語も難しいてのもあるんだろうけど。
    いいじゃん、アーセナルでうまくいってるから

    1 Egg ★ :2021/11/05(金) 22:33:49.80

    電撃移籍の経緯を明かした冨安、実際の発言とは異なる形で英メディア報道

     アーセナルの日本代表DF冨安健洋は元日本代表DF内田篤人氏がMCを務めるスポーツチャンネル「DAZN」の番組内で今夏の移籍の経緯を振り返った。噂にあったトッテナム行きが破談となり、アーセナルへの電撃移籍が決まったことを明かした冨安だが、英地元メディアでは冨安の発言が思わぬ形で波紋を呼んでいる。

     冨安は今夏にセリエAのボローニャからアーセナルへと移籍した。当初はセリエAの複数クラブの他にトッテナムが候補として挙がり、現地メディアでは具体的な移籍金額まで報じられていた。内田氏とのオンライン対談で移籍について聞かれた冨安自身も「僕も行くと思ってました」と明かしていたが、トッテナム行きはその後に消滅。マーケット締め切り直前に突如アーセナルが浮上してきたという。

     冨安は次のように話している。

    「(トッテナム移籍は)ぎりぎりでなくなって、それこそアーセナルは全然なかったんですよ。最後、8月30日の夜に急に出てきてくれて、そこから決まった」

     さらに内田氏からの「アーセナルの上ってなると難しい所になるけれども、行きたい国とか、行ってみたいチームはあるんですか?」との“直球質問”に対しても、冨安は「ないですね。アーセナルが元にいた場所、本当にアーセナルが一番上だった時代に一緒に戻ることができれば、今いる場所が世界最高の場所になるので、それが僕にとってベストです」とアーセナルへの忠誠を誓っている。

     この決意表明でアーセナルサポーターからの株を上げた冨安だが、移籍に関する発言は思わぬ形で波紋を呼んでしまったようだ。というのも、日本語で行われたこのインタビューが英語に翻訳された際に、冨安の「(トッテナム移籍は)ぎりぎりでなくなって」の部分について実際の発言とはややニュアンスが変わった形で報じられているのだ。

     実際に冨安の発言について英国メディアで報じられた例を見てみると、「ザ・サン電子版」「デイリー・ミラー電子版」ではともに「I thought I was going to Spurs. On deadline day, I rejected them.(スパーズに行くと思っていた。デッドラインデーにそれを断った)」となっている。冨安は自ら「断った、拒否した(rejected)」との表現はしていないが、現地では少なからず冨安がトッテナム行きを断り、そのライバルであるアーセナルを選んだと両クラブのライバル関係に火をつけるような解釈が広まっている。

     これについて「デイリー・スター」紙では「トッテナムファンはアーセナルを選び、トッテナムを拒否した冨安健洋の主張に反論」という見出しを打ち「君が私たちを拒否したのではなく、私たちが代わりエメルソンを選んだんだ」「彼はトッテナム加入を熱望していたが、我々は彼よりもエメルソンを選んだ」といったツイッター上でのファンからのコメントが紹介されている。実際の発言と伝えられた内容に乖離した部分があることで誤解が生じているようだ。

     一方で、「ロンドン・イブニング・スタンダード」や「ジ・アスレティック」では同じ発言箇所について「I thought I was going to Spurs. On deadline day, the move broke down.(スパーズに行くと思っていた。デッドラインデーに移籍が破談した)」と元の発言に近い表現で伝えられていた。

    Football ZONE web 2021年11月5日 17時2分
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_349265

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【サッカー】冨安さん 移籍話で思わぬ、、、】の続きを読む


    トッテナム・ホットスパーFC(Tottenham Hotspur Footbal Club、イギリス英語発音: [ˌtɒtnəm-ˈhɒtspəː-])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トッナム・ホットスパーと表記されることもある。
    73キロバイト (6,417 語) - 2021年11月2日 (火) 14:40




    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    トッテナムには無理があるメンツやろ。
    キエーザとか売ってもらえないやろ。
    ニューカッスルレベルじゃないと厳しいとおま

    1 Egg ★ :2021/11/03(水) 12:33:26.06 ID:CAP_USER9.net

    イングランド・プレミアリーグのトットナムは2日、アントニオ・コンテ氏が新監督に就任するとクラブ公式ホームページで発表した。契約期間は2023年6月末までの1年半となる。

     コンテ新監督はクラブを通じて「トットナムホットには、最先端の施設と世界で最高のスタジアムの1つがあります。選手として、そしてコーチとして、常に私を際立たせてきた情熱、精神、決意をチームとファンに伝えるために働き始めるのが待ちきれません」などとコメントした。

     そんな中、イタリアメディアの「カルチョメルカート」は来年1月の移籍市場で総額2億8000万ユーロ(約369億6000万円)に達する大型補強をクラブに要求したと報じている。「コンテは非常に具体的な要求を持っており(1月の)移籍市場での大規模な購入を望んでいます」

     中でもイタリア1部ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザとオランダ代表DFマタイス・デリフトが最初のターゲットになるという。移籍金はキエーザが9000万ユーロ(約118億8000万円)となり、デリフトは7000万ユーロ(約92億4000万円)となる。

     また、同1部インテルのオランダ代表DFステファン・デフライとMFマルセロ・ブロゾ*、同1部ACミランのDFアレッシオ・ロマニョーリ、同1部フィオレンティナのFWドゥシャン・ブラホ*が獲得候補とし、移籍金の総額は約270億円になるわけだが、果たしてトットナムはコンテ新監督が望む戦力を補強できるか。

    東京スポーツ 11/2(火) 22:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f60502fdc021e5b5129db6a559f6bf59cbc0397b

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=437&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】コンテさん、早速の選手要求が、、、】の続きを読む


    トッテナム・ホットスパーFC(Tottenham Hotspur Footbal Club、イギリス英語発音: [ˌtɒtnəm-ˈhɒtspəː-])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トッナム・ホットスパーと表記されることもある。
    73キロバイト (6,417 語) - 2021年11月1日 (月) 19:29




    (出典 www.sponichi.co.jp)


    プレミア復帰するのか。
    トッテナムはそんなにお金使うイメージないから、また補強とかでもめそ

    102 名無しさん@恐縮です :2021/11/02(火) 20:03:05.90 ID:6OgoiBV90.net

    ソーシャもまだわからなそうなのにすぐ決まるって
    まんUはコンテに接触していなかったな


    【【サッカー】トッテナムのコンテ就任 どう思う?】の続きを読む


    トッテナム・ホットスパーFC(Tottenham Hotspur Footbal Club、イギリス英語発音: [ˌtɒtnəm-ˈhɒtspəː-])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トッナム・ホットスパーと表記されることもある。
    73キロバイト (6,417 語) - 2021年11月1日 (月) 19:29




    (出典 img-footballchannel.com)


    まさかのコンテさんか。
    ニューカッスルが獲るもんやと思ってたけど。
    立て直せるかなぁ、ケインもふくめて

    1 Egg ★ :2021/11/02(火) 19:07:55.17

    今夏に招へいしたヌーノ監督をわずかリーグ戦10戦で解任したトットナムが、イタリア人闘将アントニオ・コンテ氏(52)を後任監督として迎えることが確実となった。

     BBCをはじめ、英各メディアが11月2日の午前中(現地時間)にもトットナムが正式発表すると伝えた。

     コンテ氏はトットナムがヌーノ監督を解任した当日の11月1日中にロンドン入り。トットナムのフットボール・ディレクターのファビオ・パラティチ氏はイタリア人で、同郷のコンテ氏とは親交があり、ヌーノ監督解任直後にすかさずチェルシーでプレミアを制した経験があるイタリア人闘将の獲得に動いた形になった。

     英大衆紙『ザ・サン』の報道によると、年俸は1500万ポンド(約24億円)で契約期間は1年半。さらに1億5000万ポンド(約240億円)の補強予算を組んでコンテ新監督を後押しするという。

     トットナムは今夏にもコンテ氏の招へいを試みたが、この時はレビィ会長との会談で条件が折り合わず、イタリア人の野心に見合うオファーができなかったと伝えられた。ところが今回は、ヌーノ監督があえなく解任に追い込まれ、コンテ氏の希望を満たす条件を明快に提示したようだ。

     また、今回の電光石火の動きの背景にはコンテ氏がスールシャール監督後のマンチェスターU、またサウジアラビアの資金が投入されたニューカッスルの次期監督候補としても有力なこともあり、トットナムには現在フリーの監督の中では実績最上位のイタリア人闘将を速攻で獲得する必要があったと見られている。

    スポーツ報知 11/2(火) 16:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/77312254af09307418859c72f059b7df98158a8c


    【【サッカー】トッテナム コンテキターー】の続きを読む


    トッテナム・ホットスパーFC(Tottenham Hotspur Footbal Club、イギリス英語発音: [ˌtɒtnəm-ˈhɒtspəː-])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トッナム・ホットスパーと表記されることもある。
    73キロバイト (6,416 語) - 2021年10月30日 (土) 18:26




    (出典 img-footballchannel.com)


    可愛そうにね、厳しい世界だな。
    まさかスールシャールより先に解任されるとはなぁ。

    1 ゴアマガラ ★ :2021/11/01(月) 20:56:06.08

    トッテナムは11月1日、ヌーノ・エスピリト・サント監督および3名のコーチングスタッフを解任した。クラブ公式サイトで発表している。

     トッテナムは10月30日に行われたプレミアリーグ第10節でマンチェスター・Uと対戦し、枠内シュートを一本も打てずに0-3の完敗。
    プレミアリーグではここまで5勝5敗と勝ち点が伸び悩み、得点数はリーグワースト2位タイの「9」にとどまっている。

    成績不振を受け、ヌーノ監督の解任を決断したフットボール・マネージング・ディレクターのファビオ・パラティチ氏は、
    クラブ公式サイトを通じて「ヌーノと彼のコーチングスタッフがどれほど成功を望んでいたかは知っていますが、このような決断をしなければならないことを残念に思います。
    ヌーノは真の紳士であり、いつでもここで歓迎されるでしょう。我々は彼と彼のコーチングスタッフに感謝し、彼らの将来の成功を祈ります」とコメントした。

    なお、後任は未定。現地メディアでは、昨季までインテルを率いていたアントニオ・コンテ氏らが後任候補に挙げられている。

     現在47歳のヌーノ監督は、これまでにバレンシアなどでも指揮。昨季まで4シーズン率いたウルヴァーハンプトンでは、2部優勝や昇格1年目のヨーロッパリーグ出場権獲得などを成し遂げた。

    火中の栗を拾う形で今年6月30日にトッテナムの監督に就任すると、プレミアリーグでは開幕3連勝を達成。
    しかし、9月の代表ウィーク明けはノース・ロンドン・ダービーなどでリーグ戦3連敗を喫して失速した。また、ヨーロッパカンファレンスリーグでも苦戦が続き、
    レンヌ(フランス)、フィテッセ(オランダ)、ムラ(スロベニア)と同居するグループで現在3位となっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/94d7c17812804e3afe8cb4abba49786acec7cf75


    【【サッカー】トッテナム監督 たったの4ヶ月で】の続きを読む

    このページのトップヘ