トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:シャーザー


    ニューヨーク・メッツ(英語: New York Mets、略称:NYM)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はニューヨーク州ニューヨーク・クイーンズにあるシティ・フィールド。 1962年のナショナルリーグの球団拡張で誕生した球団で、ニュー
    31キロバイト (3,523 語) - 2021年11月28日 (日) 00:34




    (出典 full-count.jp)


    37歳にこの契約は思い切ったなぁ。
    エグいなぁ。
    成功しなさそう

    1 ひかり ★ :2021/11/30(火) 11:46:10.00

     ドジャースからフリーエージェント(FA)になっていたM・シャーザー投手がメッツと3年総額1億3000万ドル(約148億円)で合意したと29日(日本時間30日)、複数の米メディアが報じた。1年あたりの年俸平均額はメジャー史上最高の約4333万ドル(約49億3000万円)となる。

     37歳右腕のシャーザーは今季、ナショナルズとドジャースで30試合に登板し15勝4敗、防御率2・46。メジャー通算は407試合で190勝97敗、防御率3・16。7月のオールスター戦ではナ・リーグの先発投手として登板。史上初めて「1番・DH」の二刀流で出場したエンゼルスの大谷翔平投手と初回に対戦し、二ゴロに抑えた。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e2558708ffd4b9210e7a9c95ce520c759753a194


    【【MLB】M・シャーザーの契約がエグい】の続きを読む


    メジャーリーグベースボール (MLBからのリダイレクト)
    メジャーリーグベースボール(英語: Major League Baseball, 英語発音: /méɪdʒɚ líːg béɪsb`ɔːl/; 略称: MLB)は、アメリカ合衆国所在の29チーム及びカナダ所在の1チーム、合計30球団により編成される、世界で最高峰のプロ野球リーグであり、北米4大プロスポー
    134キロバイト (16,423 語) - 2021年6月23日 (水) 04:50



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    うーん、偶然なのかもしれないし、やっぱ使ってたのかなぁと思ってしまうかもしれない。
    ボールかえなよ

    1 首都圏の虎 ★ :2021/07/06(火) 09:24:24.16 ID:CAP_USER9.net

    【メジャーリーグ通信】

     ピッチャーに対する粘着物質の有無を調べる検査が始まって2週間が経過した。

    粘着物への依存度が高かったピッチャーは、この検査の導入で使用を控えざるを得なくなり、大きなダメージを受けているケースが少なくない。最も多いのは制球力や球威の低下による失点の急増だ。

     粘着物疑惑の代表格ゲリット・コール(ヤンキース)は5月まで無失点か1失点に抑える試合が多かったのに、6月以降はそれが皆無になり、6月27日(現地時間)のレッドソックス戦では五回までに6失点の荒れようで、ファンを不安にさせている。

     昨年のサイ・ヤング賞投手トレバー・バウアー(ドジャース)は、コールとともに粘着物疑惑の矢面に立たされ、それが大きなストレスになっているようだ。先週、*をした女性から「バウアーに殴られたうえ、首を絞められた」と告発されてニュースになった。バウアーは「合意のうえで*をしただけ」と主張しているが、女性の方は争う構えを見せているので解決まで時間がかかる可能性がある。

     これまでメジャーリーグには粘着物を上手に使いこなしてきた先進球団と、そのノウハウがない後進球団があり、後進球団の投手が先進球団に移籍した場合、大化けすることがある。ディラン・バンディは昨年、後進のオリオールズから先進のエンゼルスに移籍し、制球力が格段に向上。リーグ9位の防御率3.29をマークしてエース格にのし上がった。

     しかし、今季はMLBの取り締まりの強化が伝えられるようになると失点が多くなり、黒星ばかりが積み重なった。

     6月14日に先発した際はプレッシャーがかかったのか、3回途中7失点で降板。猛暑の中で行われた同28日のヤンキース戦では、出だしからアップアップのピッチングになり、二回にマウンド上で急激な体調不良に見舞われ、ゲロを大量に吐くという失態をやらかした。すぐにマドン監督が交代を告げたが、この後、両軍の投手は悪臭に悩まされながら投げることになった。

     ちなみに6月21日に検査が始まってから、審判に粘着物質を発見され10試合出場停止になったのはマリナーズのベテラン・リリーバー、へクター・サンティアゴだけである。この投手は2014年にホワイトソックスからエンゼルスに移籍した後、急成長してローテーションに定着。15年にはオールスターにも選出された。粘着物質の先進とされるエンゼルスに来たことが、大きなプラスに作用したといわれている。

    (友成那智/スポーツライター)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd48811273abe6ce9575fecdaecba3c326fc2470

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【メジャー 粘着物質取り締まり強化て失点増加?】の続きを読む


    投手の粘着物質取締に反発に田中将大投手も反応


    メジャーリーグベースボール (MLBからのリダイレクト)
    メジャーリーグベースボール(英語: Major League Baseball, 英語発音: /méɪdʒɚ líːg béɪsb`ɔːl/; 略称: MLB)は、アメリカ合衆国所在の29チーム及びカナダ所在の1チーム、合計30球団により編成される、世界で最高峰のプロ野球リーグであり、北米4大プロスポー
    134キロバイト (16,427 語) - 2021年6月5日 (土) 08:43


    まあ確かにひどいよなあ。ここまで疑われるのは納得がいかないし、ボール変えることはしないくせにね

    ダルビッシュ有

    6日、MLBサンディエゴ・パドレスダルビッシュ有投手がツイッターを更新。MLBが投手の粘着物質の取り締まりを行うことを発表。ダルビッシュが猛反発した。


    ■投手の滑り止め粘着物質を取り締まり

    松やにや粘着性のある日焼け止めクリームの使用により、ボールを滑りづらくすることで、投手側が有利になる問題に注目が集まっていた。MLBは、6月中旬から審判団が投手のグラブや帽子、ユニフォームを検査することを決定した。

    ダルビッシュは、この報道を引用リツイートしつつ、「なぜ日本では滑り止めは使われないのに、MLBでは使われるのか?」としつつ、「ボールに問題あるってMLBはわかってんのにお金のためかずっと滑りまくるボールを提供してくる。わかってるんだからそっちを先にどうにかしましょう」と問題提起している。


    関連記事:ダルビッシュ聖子、夫の人柄について考察 岩隈久志氏の妻からコメントも

    ■「どれだけの投手が職失ったんやろ?」


    続く投稿では、「ボールが飛ぶボールに変わって、投手がSOS出したときはMLBは何してた?」とMLBを疑問視。

    また、「あれでどれだけの投手が職失ったんやろ? 自分たちもホームラン打たれまくるわけにはいかんから良くなろうとした。みんなラプソードとか使って研究して良くなったのに打者が打てなくなったらこれ」と嘆いた。

    投手ばかり不利な状況が続く現状に「投手がボールに異物をつけるのあかんかったら、打者も素手で何もつけずに打ってくれ。 バットが滑るから何かつけないと振れないとかって理由なら滑るボール使ってるMLBピッチャーも一緒。 フェアでもなんでもない」と言い放った。


    ■楽天・田中将大投手も反応

    田中将大(写真提供:JP News

    現在、楽天イーグルス田中将大投手も「投手ー捕手間の距離を伸ばすっていうのもおかしな話ですよね」と共感。

    ダルビッシュは、「マウンドから投げた事ない人が考えそうなことよな。日本のボール使ったら誰も文句言わない」ともコメントしており、ボールに問題があると一貫して主張している。

    田中投手の反応を見るとメジャーリーグの投手としては、投手不利なルールになることが共通認識なのかもしれない。ダルビッシュや他の投手が納得するような対応をされることはあるのだろうか。

    ・合わせて読みたい→林修先生、ダルビッシュ投手に野球のアドバイス 野球部出身でないことも話題に

    (文/しらべぇ編集部・Aomi

    ダルビッシュ有、投手の粘着物質取締に反発 楽天・田中将大投手も反応


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【投手の粘着物質取締に反発に田中将大投手も反応】の続きを読む

    このページのトップヘ