トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:サンプドリア


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 f.image.geki.jp)


    うーむ。
    1試合だけならまだいいんですけど、そうじゃないから言われるのでは?

    1 Egg ★ :2021/11/21(日) 20:28:22.79

    「1試合悪かったらどうしても年齢のせいにされる」

     2022年カタールワールドカップ最終予選の天王山と言われた11月の2連戦で勝ち点6を確保し、日本は2位浮上を果たした。しかしながら、絶対的1トップの大迫はケガから復帰した直後ということもあり、コンディションが万全とは言えず、結果としてノーゴール。消化不良のまま帰国の途に就くことになった。

     2戦連続で決勝弾を挙げたのは、ご存じの通り、ワールドカップ最終予選初参戦の伊東純也。しかも16日のオマーン戦では三笘薫と中山雄太の東京五輪世代が目覚ましい働きを見せた。こうした状況もあり、30代のベテラン勢への風当たりが強まっているのも事実だ。

    「1試合悪かったらどうしても年齢のせいにされる。それは最近のメディアを見てると長友(佑都)選手、大迫選手も同じ気持ちかなと思います」とキャプテン・吉田麻也も厳しい表情で語ったが、大迫自身も悔しさひとしおだったに違いない。

     低評価を覆すためには、8月に赴いた新天地・ヴィッセル神戸で結果を出し続けるしかない。すでに今季のJ1は川崎フロンターレが優勝。カップ戦タイトルの可能性もついえたが、神戸には来季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権という大きなターゲットが残っている。それを引き寄せることが、背番号10に課せられた最重要タスクだった。

     自身も代表OBである三浦淳寛監督も、大迫の完全復活を誰よりも強く願っているはずだ。オマーン戦から長距離移動を伴う中3日で迎えた20日の横浜FC戦も、迷わず先発で送り出した。11月はこれで5戦目の超過密日程。だが、出番を得られず苦しんだブレーメン時代を考えれば、多少のハードスケジュールは本人も歓迎だろう。気合を入れて横浜・ニッパツ三ツ沢球技場のピッチに立った。

    フットボールチャンネル 11/21(日) 11:19

    全文 一部抜粋
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c9cf97bf8d4c69fff1ddedf85636379e447651e8


    【【サッカー】<吉田麻也>「1試合悪かったら年齢のせいにされる」】の続きを読む


    吉田 麻也(よしだ まや、1988年8月24日 - )は、長崎県長崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはDF(CB)。セリエA・UCサンプドリア所属。日本代表キャプテン。 FIFAワールドカップ日本代表メンバー(2014年、2018年)。オリンピックには3度選出され(2008年、2012年、20
    75キロバイト (5,206 語) - 2021年9月23日 (木) 16:11




    (出典 img-footballchannel.com)


    ナイスヘッド!
    素晴らしい動き出しやったな。
    これで勝ってたらねぇ。

    1 Egg ★ :2021/09/26(日) 21:41:09.05

    動画
    https://www.football-zone.net/archives/343209/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=343209_1

    2点ビハインドで迎えた前半44分、ユーベDFボヌッチの上からヘディング弾

    イタリア1部サンプドリアは26日、セリエA第6節で強豪ユベントスと対戦。前半44分、日本代表DF吉田麻也がヘディングで今季2点目を決め、スポーツチャンネル「DAZN」は「魂の追撃ヘッド」と伝えている。

    【動画】サンプドリアDF吉田麻也がユベントス相手に追撃ヘディング弾

     敵地に乗り込み、良い流れで試合に入ったサンプドリアだが、前半10分にアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラにグラウンダーのシュートをねじ込まれて先制を許してしまう。その後、前半22分にディバラが途中交代となったなか、前半43分にはイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチにPKを決められ、リードは2点差に広がった。

     そこで意地を見せたのが、吉田だった。直後の前半44分、ショートコーナーでのパス交換からMFアントニオ・カンドレーヴァがクロスを上げると、ゴール前で構えていた吉田がイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに競り勝ち、ヘディングシュートでネットを揺らした。

     吉田は9月12日のセリエA第3節インテル戦(2-2)に続いて今季2点目。スポーツチャンネル「DAZN」は、「吉田麻也 今季2点目。魂の追撃ヘッド。ボヌッチに競り勝ちたたき込んだ」と動画を速報している。

    フットボールゾーン 9/26(日) 20:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dcaeb75f20fce172281fc02b1757152bfcadc1c2

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


    【吉田麻也 ユベントス相手にゴール奪う】の続きを読む


    ウニオーネ・カルチョ・サンプドリア(伊: Unione Calcio Sampdoria)は、イタリア・ジェノヴァをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称「サンプ(La Samp)」や「ドーリア(Il Doria)」、または「ブルチェルキアーティ(I
    50キロバイト (1,471 語) - 2021年9月17日 (金) 19:17




    (出典 f.image.geki.jp)


    どんどん紹介してあげてくれい。
    古橋さんとか移籍しないかなぁ、まだ気が早いか

    1 久太郎 ★ :2021/09/18(土) 11:28:45.62 ID:CAP_USER9.net

     サンプドリアが将来的な日本人選手の獲得を検討しているようだ。

     同クラブの専門メディア『サンプ・ニュース24』によると、日本代表DF吉田麻也が地元紙『イル・セコロXIX』のインタビューに応じ、スポーツディレクター(SD)を務めるカルロ・オスティ氏からの言葉を明かしている。

    「彼は良い若手を紹介してくれと、僕によく言ってきます」

    「しかし、残念ながらEU圏外の選手は2人までという制限があります」

    「僕たち(の国)には才能のある若手がたくさんいて、彼らは主にベルギーやオランダに行っています」

     今夏の移籍市場では終盤までシントトロイデンFW鈴木優磨のイタリア行きが噂されたが、実現はしなかった。さらに日本代表DF冨安健洋がボローニャからアーセナルに移籍したため、セリエAの日本人選手は吉田1人となっている。今後、サンプドリアが次の日本人を獲得することになるのだろうか。

     また、吉田は同紙のインタビューの中で、自身のキャリアについても語っている。

     日本代表キャプテンは今季ここまでリーグ戦3試合に出場し、1ゴールを記録。その1得点は、12日の第3節インテル戦(△2-2)で挙げたチームの今季第1号弾だった。

     吉田は「インテル戦のゴール後、会長から『君はあと2年間の契約延長に値する』と言われました」と告白。「もしそうだとしたら、僕もそのつもりです」と、延長オファーがあれば受け入れる意向であることを明言した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc35dcb9f59085155b582d580106b207b1a5f2f6


    【サンプドリア 吉田麻也『誰か日本の若手紹介しよか』】の続きを読む


    吉田 麻也(よしだ まや、1988年8月24日 - )は、長崎県長崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはDF(CB)。セリエA・UCサンプドリア所属。日本代表キャプテン。 FIFAワールドカップ日本代表メンバー(2014年、2018年)。オリンピックには3度選出され(2008年、2012年、20
    75キロバイト (5,199 語) - 2021年9月8日 (水) 07:10




    (出典 portal.st-img.jp)


    まぁ3試合はなかなかないやろうねぇ。
    それだけイタリアは負けるのが許されないんやろね

    1 Egg ★ :2021/09/18(土) 11:45:21.82

    イタリア・セリエAのサンプドリアでプレーする日本代表DF吉田麻也が、本拠地である港町ジェノバの地元紙「Il Secolo XIX」のインタビューに応じている。そして、イタリアでの戦いで最も驚いたことに監督交代の多さを挙げた。

    【動画】吉田麻也が王者インテル戦で殊勲弾、サンプドリアの今季初ゴール

     吉田はイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに所属していた2020年1月に、出場機会を求めてサンプドリアに半年間の期限付き移籍。そこでのプレーも評価され、昨季から完全移籍に移行している。

     昨季はプレミアリーグでレスター・シティを“ミラクル・レスター”と呼ばれる優勝に導いたクラウディオ・ラニエリ監督が率いたが、今季からはロベルト・ダヴェルサ監督が率いている。その戦術について吉田は「監督からの要求もあるので、自分はアクションを起こすのが好きでイングランドでは斜めのフィードをよく蹴っていたけれども、今はより慎重に、正確にやることが求められる」と話す。

     サンプドリアはリーグ開幕3試合で2分1敗と勝利がない。吉田は「昨シーズンは9位と健闘した。今季、ほとんどメンバーが変わらなかったのは、お互いを理解しているという点でとても前向きなこと。まだ3試合と少ないけれども、すでに良いチームになっていると思う」と、チーム状況をポジティブに捉える。

     しかし、ここはイタリアだという側面がある。すでにカリアリがワルテル・マッツァーリ監督への交代を発表したように、成績に対して各クラブの判断が早いことを、吉田は驚きだと話している。

    「日本ではこのようなことは絶対に起こらない。そう、絶対に。本当に驚いていますね。自分たちも開幕3試合、まだ勝利していないのだからリスクを背負っている。ユベントス(1分2敗)だってそうだ。議論の末に解任という結論に至るなら理解できるけれども、たった3試合で判断するのは不合理だと思う」

     チーム状況に手応えを感じる吉田だが、3試合未勝利への危機感も募らせている。イタリアの持つ勝負への厳しさとも言える一方で、中長期的な視点でチーム作りをすることの難しい現実もこうした監督交代に表れていると言えそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/002bb626e158604145a33122d865e0bb50f01394


    【吉田麻也「日本では絶対に起こらない」 】の続きを読む


    吉田 麻也(よしだ まや、1988年8月24日 - )は、長崎県長崎市出身のプロサッカー選手。ポジションはDF(CB)。セリエA・UCサンプドリア所属。日本代表キャプテン。 FIFAワールドカップ日本代表メンバー(2014年、2018年)。オリンピックには3度選出され(2008年、2012年、20
    75キロバイト (5,199 語) - 2021年9月8日 (水) 07:10



    (出典 img-footballchannel.com)


    ゴールで言ってええのかわからんけど、とりあえずナイスゴール。
    キーパードンマイだな

    1 Egg ★ :2021/09/12(日) 20:19:52.11 ID:CAP_USER9.net

    サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也がインテル相手にゴールを記録した。

    サンプドリアは12日のセリエA第3節でインテルと対戦。日本代表戦明けの吉田はホームでの一戦でスタメン出場した。

    試合は18分にインテルがフェデリコ・ディマルコの直接FKで先制点を記録。それでも、反撃に出たサンプドリアは33分、右CKから競り合ったボールがゴール正面に浮くと、吉田がこれを左足ダイレクトボレーで合わせる。このシュートが相手にディフレクトしてネットに収まった。

    吉田のセリエAでの得点は、今年1月のパルマ戦以来となる2ゴール目。また、開幕2試合で無得点だったサンプドリアにとっても今季初ゴールとなった。

    GOAL 9/12(日) 20:14
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe4434be7ca2cccf67ce295eece9c59c633bfcc1

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=360&q=90&exp=10800&pri=l


    【吉田麻也 ナイスゴール笑】の続きを読む

    このページのトップヘ