トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:サッカー日本代表


    FCバイエルン・ミュンヘン(Fußball-Club Bayern München e. V.)は、ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とする総合スポーツクラブ。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する世界有数の人気と経済規模を有するクラブでもある。また、クラブ会員数
    89キロバイト (7,777 語) - 2021年10月28日 (木) 11:56




    (出典 upload.wikimedia.org)


    何をどう感じて手応えつかんでるつもりなんやろなぁ。
    全く分からん。

    1 ゴアマガラ ★ :2021/12/01(水) 21:08:04.74

    日本サッカー協会が30日、ドイツ1部の名門バイエルン・ミュンヘンとのパートナーシップ協定を更新し、田嶋幸三会長と反町康治技術委員長が〝バイエルン流〟の代表強化に大きな手応えを見せた。

    協会は今回Bミュンヘンと3年間の契約を更新。協定内容の中には「トップチームレベルでの連携強化・交流」も盛り込まれており、森保ジャパンのチーム強化にも名門のノウハウが生かされている。

    田嶋会長は「世界でもトップの中のトップに位置するクラブで、選手育成やチーム強化策など学ぶべきことが多くあります」と強調。
    「指導方法や選手の才能の見分け方など、非常に貴重な情報を共有していただいています」とさまざまなカテゴリーの代表チームで多くの成果を挙げている。

    反町委員長も「技術委員会としては、代表強化、ユース育成・強化、指導者養成、普及の〝四位一体〟を掲げておりますが、
    こうした考え方をFCバイエルン・ミュンヘンの方々と共有し、いろいろなアイデアを分かち合うことは今後の日本のサッカーの発展に重要なことだと考えています。
    お互いの交流をより深めて、今後も良好な関係をつくっていきたいと考えています」と高く評価した。

    名門の知られざる強化策が、カタールW杯アジア最終予選で奮闘する森保ジャパンを支えている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/64d73e92d3d3f94f99109d20a33e56129ecedd7c


    【【サッカー】日本サッカー協会がBミュンヘンと契約更新 】の続きを読む


    前田 大然(まえだ だいぜん、1997年10月20日 - )は、大阪府南河内郡太子町出身のプロサッカー選手。J1リーグ・横浜F・マリノス所属。ポジションは、フォワード。日本代表。 2010年1月の全国高校サッカー選手権で優勝した山梨学院大学附属高校に憧れ、大阪から越境で同校へ入学。高校3年次のプリ
    18キロバイト (1,790 語) - 2021年11月29日 (月) 00:51




    (出典 sakanowa.jp)


    旗手さんも行きそうだから、第二のベルギーみたいな感じで行こう。
    がん

    1 Egg ★ :2021/12/01(水) 22:05:48.52

    古橋亨梧がセルティックで評価を高めたのは、移籍金が500万ポンド(約7億円)に至らなかったことも一因とされる。コストパフォーマンスの良さは、どのクラブにも重要な要素だ。

     日本代表ストライカーの活躍を受け、アンジェ・ポステコグルー監督が率いるセルティックは、再びJリーグから補強を狙うと言われている。候補のひとりが、指揮官の教え子でもある横浜F・マリノスの前田大然だ。

     地元紙『Daily Record』は現地時間11月29日、前田の獲得には300万ポンド(約4億2000万円)超のオファーが必要と報じた。これを受け、セルティック専門サイト『67 HAIL HAIL』は30日、古橋を下回る移籍金で可能な「お買い得」な補強との見解を示している。

     同サイトは「マエダに関して我々が知る全てを考慮すれば、絶対的なお買い得価格に聞こえる。彼のようなクオリティの選手を300万ポンドで獲得できれば、クラブにとって大きな弾みだ」と期待を寄せた。

    「彼が前線にもたらすことを考えれば、クオリティという点で貴重な前進だ。現実的になるタイミングである。(アルビアン・)アイェティはセルティックに十分さを提供しない。(ギオルゴス・)ギアクマキスは慣れる時間が与えられるだろうが、今季はまだ大きなインパクトを残していない」

     さらに、『67 HAIL HAIL』は「マエダは異なるタイプのCFで、独特な特徴を持つ。ここで大成功するだけの肉体・運動能力を持っていると言えるだろう」と続けている。

    「もちろん、キョウゴを下回る価格とはいえ、セルティック規模のクラブにとって300万ポンドがかなり高いことは変わらない。どれだけ本気で実現を望むか、見てみる必要はある。マエダの加入がセルティック・パークの熱狂レベルを高めるのは確実だろう」

     川崎フロンターレの旗手怜央に対する関心も取り沙汰されているセルティック。この冬、日本からスコットランドへの移籍は相次ぐのか。進展に注目だ。

    サッカーダイジェスト 12/1(水) 17:44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4a64a6245c46551c0677fa31ad9229f60de54253

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


    【【サッカー】<前田大然>セルティック加入地元メディアが期待!】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 www.jiji.com)


    サッカーはやっぱり、力量重視なんだろうね。
    まぁ、降格するからどこも必死か。

    1 Egg ★ :2021/12/01(水) 17:45:43.70

    まず前提として強調しておきたいのは、野球界とサッカー界では業界のルールそのものがまったく異なるということです。わかりやすく言えば、サッカー界は「弱肉強食」の傾向が非常に強い。日本のトップリーグを比較すると、サッカーは全18チーム(2021年は全20チーム)の1リーグ制ですが、野球はそれぞれ6チームの2リーグ制。そしてサッカーには昇降格制度がありますが、野球に関してはそれがありません。

     サッカーの場合、降格した場合は上のカテゴリに選手を持っていかれ、スポンサーも離れてしまうという大きなリスクがあります。クラブにとって、このダメージは計り知れません。ありえない仮定ではありますが、プロ野球が「最下位のチームは社会人野球や独立リーグのチームと入れ替え」という制度になったとしたら、蜂の巣をつついたような騒ぎになりますよね(笑)。どんな形にせよ競争が激化すれば、下位に沈むことを避けるために監督選びの基準もよりシビアになるのではないか、というのが僕の考え方です。

    降格すればレジェンドにも容赦のない批判が…
     選手の獲得に関しても、野球はドラフトによって戦力の均衡を図っています。しかしサッカーは完全な自由競争なので、富めるものはますます富んでいく構造です。野球はFA権を取得するまで時間がかかりますが、サッカーにはそういったルールもないので、将来の主力として期待していた選手がごっそりと抜けてしまうこともある。シーズンの途中に三笘薫、田中碧という日本代表クラスの選手が海外移籍した今年の川崎フロンターレがある意味で典型ですね。

     そんな状況でJ1連覇を果たしたフロンターレは見事でしたが、もし監督の力量が足りないチーム、あるいはフロントの補強が手ぬるいチームであれば、確実にクラブとして失速していたと思います。主力選手の流出というのはそれくらい大きな痛手です。競争環境がそもそも厳しいサッカー界においては、集客力やキャラクターの強さの前に、まず「勝たせる力を持っているか否か」が監督の選定基準になっているのは間違いないでしょう。

     新庄さんの監督としての力量が未知数であることを前提に話をしますが、仮に日本ハムが来シーズン負け続けて最下位になったとしても、その次のシーズンも戦力を維持したまま6位から上を目指すことができます。かたやサッカーのクラブはどれだけ集客力のある監督を連れてきても、降格してしまったら同じ状況では戦えない。野球界の監督業が楽だとは決して思いませんし、あくまでも一般論ですが、負けることのリスクの大きさがサッカー界における監督選びのシビアさ、いわゆる“タレント的な監督”が生まれにくい状況につながっていると考えられます。

     野球もサッカーもプロの興行である以上、お客さんを集めるのはもちろん重要なポイントです。しかしサッカーの場合は、負けたときに持続可能性がなくなってしまう。たとえばカズさん(三浦知良)やゴンさん(中山雅史)が監督になったら、否が応でも注目は集まりますし、試合を見に行きたいと思う人はたくさんいるでしょう。短期的にはそれでいいかもしれませんが、もし降格でもしようものなら、クラブは取り返しのつかないダメージを負うことになります。また過去の例を見ればわかるように、サッカー界やクラブのレジェンドであっても、監督として結果を出せなければサポーターの手厳しい批判に晒されることは避けられません。

    全文  

    ナンバー  12/1(水) 17:11
    https://news.yahoo.co.jp/articles/671a4d14fa1cb5bc1d6af2be65e8b30c4bad60dc


    【【サッカー】<なぜサッカー界には“新庄のような監督”がいない?>】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,117 語) - 2021年11月19日 (金) 13:50




    (出典 the-ans.jp)


    まぁ確かにスポンサーに作られたスターてのは、少し納得やなぁ。
    難しいなあ

    1 牛丼 ★ :2021/12/01(水) 21:24:14.24

     (略

     さらに、ほかのスポーツのように世界的に名の知れたアスリートがいないことも、この傾向に拍車をかけているという。

    「たとえば、野球であれば大谷翔平、テニスなら大坂なおみや錦織圭、フィギュアスケートの羽生結弦、バスケットの八村塁、ボクシングの井上尚弥といった面々のように本当の意味で世界基準といったスター選手が、サッカーでは誰もいません。これは広告価値的にも無視できないポイントです。

     サッカーの場合は、サッカー協会やメディアによって人気を“つくられた”選手で、本物と呼べる選手が今は見当たりません。一人のスーパースターの存在が認知度を高めるのがスポーツ界ではありますが、そういった劇薬もないのが現状です。久保建英にしても、協会からゴリ押しされ、ひとえにその重圧を背負っていて、見ていて気の毒な部分もあります。加えてサッカーはもともと人気スポーツだったこともあり、殿様商売で危機感も薄いという協会の体質も大きな問題でしょう」(同)

     スポーツビジネスの場に立つ人間たちにとっても、代表人気の低迷は深刻なようだ。では、どうすれば人気の回復につながるのか。現在の田嶋幸三会長、森保監督体制の刷新もひとつの手だと提言するのは、ベテランのサッカーライターだ。

    「今の協会や代表チームを一言で表すなら“無策”です。一貫性が見えない育成や強化方針、代わり映えしない選手選考。協会内も田嶋会長の独裁状態でイエスマンばかりです。さらに会長の2年間の続投が決まったことで、しばらく冬の時代が続く可能性が高いです。そんな状況に危機感を持つメディアもありますが、代表に限らずJリーグでも批判的なことを書けば“出禁”をチラつかせ、情報を制限されるのが実情です。

     ただ、一般紙を除いたサッカーメディア全般のレベルが低く、それでも厳しいこと書いてやろうという人間はほとんどいません。正直、今の体制を変えないと、状況は一層悪化するでしょう。日本サッカー界の未来を考えるなら、W出場権を逃し、会長の更迭といった荒療治が一番必要な気もしますね」
    https://biz-journal.jp/2021/11/post_265620_2.html/amp
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1638346762/


    【サッカー日本代表、人気低迷のホントの理由】の続きを読む


    セルティック・フットボール・クラブ(英語: The Celtic Football Club)は、グラスゴーを本拠地とするスコットランドのプロサッカークラブで、スコティッシュ・プレミアシップに所属している。クラブは、グラスゴーのイーストエンドに住むアイルランド系移民(英語版)の貧困を緩和する目的で
    72キロバイト (6,451 語) - 2021年11月23日 (火) 12:08




    (出典 static.chunichi.co.jp)


    早いとこ話決めないと外国行けなくなるやろなぁ。
    頑張って欲しいね

    1 Egg ★ :2021/11/30(火) 17:51:36.61

    新型コロナウイルスの時代は、何が起きるか分からない。だからこそ、セルティックは日本からの補強を急ごうとしているのだろうか。

     古橋亨梧が所属し、アンジェ・ポステコグルー監督が指揮を執るセルティックが、川崎フロンターレの旗手怜央に関心を寄せていることは、以前から伝えられてきた。地元紙『Daily Record』は11月29日、セルティックがその旗手獲得を急いでいると報じている。

     同紙は「コロナ禍の新たな規制、さらなる渡航制限への懸念が増す中で早くに動こうとしている」と、日本からスコットランドへの入国に影響が出るリスクをセルティックが心配していると報道した。

     もちろん、渡航以前にまずは補強を実現させることが必要だ。だが、『Daily Record』紙は、旗手が古橋とチームメイトになることを決断済みと報じている。
     
    「セルティックは条件面で合意し、川崎フロンターレがスコットランド移籍を阻むことはないと自信を持っている。(左サイドの人材状況から)ハタテの加入はチームによりバランスをもたらすはずだ」

     なお、記事は、セルティックがポステコグルーの古巣である横浜F・マリノスの前田大然も注視していることをつけ加えている。

     ヨーロッパリーグでグループステージ敗退に終わり、ポステコグルーは補強の必要性を認めていた。以前には古巣Jリーグに注目しているとも話した。古橋に続き、旗手や前田のセルティック移籍は実現するのか。グラスゴーと日本の“ホットライン”から目が離せない。 

    サッカーダイジェスト 11/30(火) 17:44
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cce5c5df0dc0e98d4f8363b7ab68275167c2edd2

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=554&exp=10800


    【【サッカー】<セルティック>旗手怜央の加入で条件合意と現地報道!】の続きを読む

    このページのトップヘ