トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:サッカーイタリア代表


    国際サッカー連盟 (FIFAからのリダイレクト)
    FIFAフォワードサッカー発展プログラム規則第1段階-FIFA公式HP FIFAフォワードサッカー発展プログラム規則第2段階-FIFA公式HP FIFAゴールプロジェクト説明ページ-FIFA公式HP FIFAマスター(FIFA大学院)公式サイト (英語) FIFAマスター同窓会協会(FIFA Master Alumni Association)公式サイト
    78キロバイト (10,414 語) - 2021年11月22日 (月) 20:42




    (出典 fifaranking.net)


    流石に高くねぇかぁ。
    まぁいいか。
    ベルギーは未だに一位キープか。

    1 Egg ★ :2021/11/20(土) 12:00:28.23

    国際サッカー連盟(FIFA)は19日、最新のFIFAランキングを発表した。

    11月上旬には世界各地でカタール・ワールドカップ(W杯)予選が開催。そのため、これまで以上に大きな変動が生まれた。

    上位陣では、1位のベルギー代表、2位のブラジル代表、3位フランス代表に変化はなかったが、欧州予選を無敗で突破したイングランド代表が4位に浮上。

    また、南米予選を突破したアルゼンチン代表も1つ順位を上げて5位となり、欧州予選でプレーオフに回ったイタリア代表が6位に転落。

    その他では、欧州予選を突破したデンマーク代表、オランダ代表、ドイツ代表、スイス代表が1つずつ順位を上げた中、クロアチア代表は順位を3つ上げ15位に浮上した。

    また、11月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選2試合で2勝の日本代表は前回の28位から2つ上げて26位に。アジアではイラン代表が前回に続いて21位でトップのイラン代表に次ぐ2番手をキープ。3位以下は、韓国代表、オーストラリア代表、サウジアラビア代表、カタール代表、UAE代表、中国代表、イラク代表、オマーン代表がアジアトップ10となっている。

    ◆全体上位(カッコ内は前回順位)
    1.ベルギー(1)
    2.ブラジル(2)
    3.フランス(3)
    4.イングランド(5)
    5.アルゼンチン(6)
    6.イタリア(4)
    7.スペイン(7)
    8.ポルトガル(8)
    9.デンマーク(10)
    10.オランダ(11)
    11.ドイツ(12)
    12.アメリカ(13)
    13.スイス(14)
    14.メキシコ(9)
    15.クロアチア(18)
    16.コロンビア(16)
    17.ウルグアイ(15)
    18.スウェーデン(17)
    19.ウェールズ(19)
    20.セネガル(20)
    21.イラン(22)
    22.ペルー(24)
    23.セルビア(25)
    24.チリ(21)
    25.ウクライナ(26)
    26.日本(28)
    27.ポーランド(23)
    28.モロッコ(29)
    29.チュニジア(27)
    30.オーストリア(32)

    ◆アジア内トップ10
    21.イラン(22)
    26.日本(28)
    33.韓国(35)
    35.オーストラリア(34)
    48.サウジアラビア(59)
    51.カタール(46)
    70.UAE(71)
    74.中国(75)
    75.イラク(72)
    78.オマーン(77)

    超ワールドサッカー 11/20(土) 0:35
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5943c576fff4357bf00ac15db44546576abe2fb


    【【サッカー】FIFAランク 日本高くね?】の続きを読む


    岡ちゃんに新ノルマ“W16強” ^ 2018年、22年Wの各大陸出場枠が決定…アジアは「4.5」を維持 サッカーキング、2015年5月31日 ^ a b 「サッカーWの隔年開催案、FIFA総会で議論へ」『AFP通信』、2021年5月21日。2021年9月21日閲覧。 ^ “ベンゲル氏が2年ごとのW実施を主張
    77キロバイト (8,143 語) - 2021年10月19日 (火) 07:45




    (出典 f.image.geki.jp)


    イタリアはなんとか勝ち上がって欲しいなぁ。
    トーナメントだからなぁ、どこが落ちても不思議じゃないな

    1 Egg ★ :2021/11/17(水) 12:11:04.22

    カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選の1stラウンドが16日に終了。W杯ストレートインの10チーム及び、プレーオフに進出する12チームが決定した。


    今回の1stラウンドは、55チームを10個のグループに分けて2021年3月から同年11月までの約8カ月間の日程で開催された。

    各グループの首位のみに与えられるストレートインの権利を得たのは、2018年ロシアW杯王者で、先のUEFAネーションズリーグも制したフランスやスペイン、ドイツ、イングランド、クロアチア、ベルギー、オランダの常連7チームに、それぞれイタリア、ポルトガルを破ったスイスとセルビア、デンマークの3チームとなった。

    ◆3枠巡るプレーオフは強豪揃い

    また、2ndラウンドとなるプレーオフに進出したのは、前述のユーロ王者イタリア、ポルトガル、スウェーデン、ウェールズとスコットランドのイギリス勢らグループ2位の10チーム。

    さらに、各グループの2位以下でUEFAネーションズリーグ2020-21の戦績上位2チームに与えられる2枠には、グループE3位のチェコとグループF4位のオーストリアが入った。

    11月26日に組み合わせ抽選会が開催されるプレーオフは、A~Cまでの3つのパスに分かれ、それぞれシングルマッチ形式の準決勝と決勝を勝ち抜いた3チームに本大会の切符が与えられる。

    なお、成績上位6チームはシード扱いとなり、準決勝をホームで戦うことが可能。試合日程は2022年3月24日、25日に準決勝、同28日と29日に決勝が行われる予定だ。

    ◆本大会出場10チーム(グループ首位)

    セルビア
    スペイン
    スイス
    フランス
    ベルギー
    デンマーク
    オランダ
    クロアチア
    イングランド
    ドイツ

    ◆プレーオフ進出12チーム(グループ2位)

    ▽シード
    ポルトガル
    スコットランド
    イタリア
    ロシア
    スウェーデン
    ウェールズ

    ▽ノーシード
    トルコ
    ポーランド
    北マケドニア
    ウクライナ
    オーストリア※
    チェコ※

    ※UEFAネーションズリーグ戦績上位

    超ワールドサッカー 11/17(水) 7:13わ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d3237e9b233ec29983d16e95848383d1174be4d9

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=410&exp=10800


    【【サッカー】欧州予選が終了 プレーオフに回ったのは、、、】の続きを読む


    FIFAランキング(正式名称:FIFA/Coca-Cola World Ranking)は、国際サッカー連盟 (FIFA) により発表されるランキング。1993年から発表が始まり、FIFAに加盟する各国・地域の男子Aナショナルチーム(A代表。年齢制限のない最強の代表)の国際Aマッチ(A代表同士の公式
    28キロバイト (4,155 語) - 2020年8月7日 (金) 23:41




    (出典 cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com)


    2ランクダウンで済んだか。
    良かったねぇ。
    イタリアベスト3でもないのか。

    1 Egg ★ :2021/09/16(木) 17:41:53.57

     FIFA(国際サッカー連盟)は16日、最新のFIFAランキングを発表した。森保一監督率いる日本代表は、前回から順位を2つ落として26位となりAFC(アジアサッカー連盟)勢1位の座から陥落。4ランクアップのイランが22位となり、AFC勢首位に躍り出た。

    【一覧表】最新FIFAランキング「世界トップ30」&「AFCトップ20」(21年9月16日発表)
    https://www.football-zone.net/archives/341828/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=341828_6 

     日本は8月12日に発表された前回のFIFAランキングで24位に上昇し、AFC勢首位の座をキープ。だが、9月からスタートしたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では、ホームでの初戦でオマーンに0-1とまさかの敗戦を喫した。第2戦では中国に1-0と勝利したものの、格下相手の敗戦がFIFAランキングにも響く格好となった。

     日本に代わってAFC勢首位に立ったのは、W杯アジア最終予選で2連勝スタートを飾ったイランで22位。AFC勢ではオーストラリアが3番手となる32位、韓国が4番手となる36位と続き、日本に勝利したオマーンは78位となっている。

     世界の上位トップ10にはそこまで大きな変動が見られず、ベルギーが2018年9月から1位の座をキープ。2位ブラジルも変わらず、3位イングランド
    、4位フランス、5位イタリア、6位アルゼンチン、7位ポルトガル、8位スペイン、9位メキシコ、10位デンマークと続いている。

    9/16(木) 17:03 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/01b9d2c277256eb079948a80cdc797ebea88c511

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


    【最新FIFAランク オマーンに負けた日本代表は?】の続きを読む

    このページのトップヘ