トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:サッカー


    日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
    180キロバイト (16,859 語) - 2021年10月17日 (日) 05:16




    (出典 pbs.twimg.com)


    嘘かーい。
    まぁ嘘で良かったのか。
    ますます金持ちチームと貧乏チームの差が広がるところだったからなぁ

    1 Egg ★ :2021/10/17(日) 12:24:14.89

    サッカーのJリーグは17日、ホームタウン制度を撤廃するとの一部報道を否定する、以下のような声明を出した。

    「一部報道機関において、Jリーグがホームタウン制度を撤廃するとの表現を用いた報道がありました。

    JリーグではJクラブの本拠地を『ホームタウン』と呼び、Jクラブはホームタウンと定めた地域で、その地域社会と一体となったクラブづくりを行いながらサッカーの普及、振興に努めなければならないと定めています。

    このホームタウン制度について撤廃・変更の事実は一切なく、今後、Jクラブの営業、プロモーション、イベント等のマーケティング活動における活動エリアに関する考え方の方向性について議論しているものです。

    Jリーグが創設当初から掲げている地域密着の思想が揺らぐものでは全くありません。

    公益社団法人 日本プロサッカーリーグ チェアマン

    村井満」(原文ママ)

    10/17(日) 12:12 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/04ae39fb835ae31e535d6dc59c1d7493f1355fa4
     
    Jリーグ公式
    https://www.jleague.jp/sp/news/article/20863/


    【Jリーグ「ホームタウン制度について撤廃の事実ない」】の続きを読む


    国際サッカー連盟 (FIFAからのリダイレクト)
    FIFAフォワードサッカー発展プログラム規則第1段階-FIFA公式HP FIFAフォワードサッカー発展プログラム規則第2段階-FIFA公式HP FIFAゴールプロジェクト説明ページ-FIFA公式HP FIFAマスター(FIFA大学院)公式サイト (英語) FIFAマスター同窓会協会(FIFA Master Alumni Association)公式サイト
    78キロバイト (10,461 語) - 2021年10月2日 (土) 04:03




    (出典 upload.wikimedia.org)


    だからといって、隔年でやる必要も価値も感じない。
    今までの熱量で選手達が試合してくれなさそう

    1 Egg ★ :2021/10/15(金) 18:43:40.61

    国際サッカー連盟(FIFA)の会長を務めるジャンニ・インファンティーノ氏がワールドカップ(W杯)の隔年開催を改めて提案した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

    今年5月にサウジアラビアが初めて提案した、W杯を2年ごとに開催するという構想。先日、国際サッカー連盟(FIFA)もこれに賛同し、元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲル氏を中心に、マイケル・オーウェン氏、ヤヤ・トゥーレ氏といった支持を受けながら、これを推し進める旨を伝えていた。

    しかし、様々な方面から猛烈な反発を受けることになっている。欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンドル・チェフェリン会長をはじめ、南米サッカー連盟(CONMEBOL)も反対の立場を表明。 そして、非難は団体のみならず、現場で働く選手や監督からも相次いでいる。

    激しい批判に直面しているこの構想だが、インファンティーノ氏は再びこれを提言。その他の世界的スポーツイベントが毎年開催されていることを理由に挙げた。

    「2026年から、W杯を48チームで行うことはすでに決定している。2年に1度の開催にするか、4年に1度にするかは現在協議中だ」

    「W杯に限らず、権威ある大会をもっと開催すべきだと考えている。魔法のような大会だからこそ、もっと頻繁に行われるべきだ」

    「イベントの名声や価値は、頻度ではなく、そのクオリティによるものだ。スーパーボウルや、ウィンブルドン、チャンピオンズリーグ(CL)は毎年開催されるが、人々は興奮してそれを待っている」

    また、同氏が推し進めているもう1つのプランであるFIFAクラブワールドカップ(CWC)の規模拡大についても言及。他の日程に配慮したフォーマットを考えていきたいと語った。

    「国内カップや国内リーグの価値を高めたい」

    「そのためには、日程や他のイベントに影響を与えないような、適切なフォーマットを見つける必要がある」

    10/13(水) 11:06 超ワールドサッカー
    https://news.yahoo.co.jp/articles/760cf34d3f240e2c8a203748be8141f7411889cb


    【FIFA会長「UCLは毎年開催してるじゃないか」】の続きを読む


    サッカーにおけるオフサイド(offside)は、攻撃側のポジションに関する反則、およびそれを定めたルールである。サッカー競技規則の第11条「オフサイド」によって規定されている。 オフサイドが成立する前提として、攻撃側選手がオフサイドポジションにいることが求められる。 オフサイドポジションとは以下の条件を全て満たした位置のことを指す。
    16キロバイト (2,588 語) - 2021年7月30日 (金) 10:39




    (出典 wpb.shueisha.co.jp)


    オフサイド自動化ねぇ
    まぁ、悪くない案だと思うけど、オフサイドのルール自体も変わる案あったよね確か。

    1 キビチー(愛知県) [US] :2021/10/13(水) 20:24:19.37


    オフサイド判定を「22年に自動化」、ベンゲル氏が可能性に言及
    2021年10月13日 15:18 

    国際サッカー連盟のグローバル・フットボール・デベロップメント部門で責任者を務めるアーセン・ベンゲル氏が12日、
    オフサイドの判定がW杯カタール大会(2022 World Cup)が開催される「2022年までに自動化する」可能性があると話した。

    イングランド・プレミアリーグのアーセナルを長年指揮したベンゲル氏は、仏パリで行われた同国多種スポーツのレフェリングデーで報道陣に応じ、
    技術面の細部については触れないまま「2022年にオフサイドが自動化する可能性が高い」と話し、「守秘義務があるが、レフェリングに関する次の
    大きな発展になるだろう」と続けた。

    現在、微妙なオフサイドの判定はビデオ・アシスタント・レフェリーが確認しているが、FIFAは「先進的なオフサイド判定技術」の開発に取り組んでおり、
    8月には「目標はゴールライン・テクノロジーに似た支援ツール、つまり判定をするのではなく、審判にすぐさま証拠を提供するものの開発だ」と話している。

    ベンゲル氏は、来年11月21日に開幕するカタールW杯へ向けた準備期間に、導入の動きが加速する可能性があると示唆している。
    オフサイドのルールについて、ベンゲル氏はすでに、得点に使える体の一部がオフサイドラインに残っている場合はオンサイドになる形にルールが変更になることをほのめかしている。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3370619

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【サッカー】オフサイドの判定が自動化へ】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,122 語) - 2021年10月12日 (火) 10:17




    (出典 f.image.geki.jp)


    まぁオーストラリアに勝ったのは良かったね。
    残り全勝したら、行けるかもしれんけど、むりかな

    1 征夷大将軍 ★ :2021/10/13(水) 10:56:20.15

    ゲキサカ21/10/13 06:38
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?343044-343044-fl

     カタールW杯のアジア最終予選第4節が12日に行われた。

     開幕3試合で1勝2敗と崖っぷちに追い込まれた日本代表はホームにオーストラリア代表を迎えた。前半8分にMF田中碧の得点で先制した日本は、後半24分にMFアイディン・フルスティッチに直接FKを叩き込まれて追い付かれながらも、同41分にオウンゴールで勝ち越しに成功して2-1の勝利を収めた。

     日本と同組となるグループBでは中国代表を3-2で下したサウジアラビア代表が4連勝を飾って首位に浮上。また、ベトナム代表に3-1で勝利したオマーン代表が勝ち点を6に伸ばし、同勝ち点の日本を総得点で上回って3位に。日本は4位に後退している。

     グループAでは首位イラン代表と2位の韓国代表が激突し、1-1で引き分けた。また、レバノン代表がシリア代表を3-2で下して今予選初勝利。UAE代表とイラク代表の一戦は2-2のドローに終わっている。

     以下、各グループの試合結果
    [グループB]
    9月12日(火)
    日本 2-1 オーストラリア
    オマーン 3-1 ベトナム
    サウジアラビア 3-2 中国

    [グループA]
    9月12日(火)
    イラン 1-1 韓国
    シリア 2-3 レバノン
    UAE 2-2 イラク

    ★1:2021/10/13(水) 07:58

    前スレ
    【サッカー】日本はオマーンにかわされて4位後退、サウジアラビアが4連勝で首位浮上…A組の首位攻防戦は痛み分け
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634079485/


    【【サッカー】日本は4位 サウジ1位www】の続きを読む


    愛されてるなら良かったね。
    何か恥ずかしいことで話題になってるらしいけど、気にせずがんは

    1 ひかり ★ :2021/10/12(火) 13:00:44.22

     思い描いた活躍はしていないかもしれない。だが、球界関係者が「トレード移籍して良かった」と口をそろえる投手がいる。ヤクルトの田口麗斗だ。

    「ヤクルトはアットホームな球団なのですが、おとなしい選手が多い。田口みたいなタイプのムードメーカーがいなかったので、ロッカーの空気が明るくなかった感じがします。最初は巨人で実績のある選手だし、『どんな感じの人なんだろう』と他の選手も様子を見ていた感じでしたが、すぐに溶け込んでいた。性格なんでしょうね。先輩の懐に入るのがうまく、後輩からも話しかけられやすい。移籍1年目の今季は先発で結果がなかなか出ず、シーズン終盤に救援に回りましたが役割を全うしている。リーグ優勝に不可欠な存在です」(スポーツ紙記者)

     かつては、巨人の「左腕エース」と期待された男だった。プロ3年目の2016年に10勝10敗、防御率2.72と頭角を現すと、翌17年に13勝4敗、防御率3.01と大きく勝ち越し。18年は2勝に終わったが、19年に救援に配置転換さて55試合登板で14ホールドとリーグ優勝に貢献した。昨年は故障の影響もあり、5勝7敗1セーブ2ホールド、防御率4.63。廣岡大志との電撃トレードが両球団から発表されたのは2月の春季キャンプを終え、開幕を控えた3月1日だった。

    「廣岡の潜在能力を高く評価していたのと同時に、田口はヤクルトに移籍した方が活躍の機会が増えるという巨人サイドの親心があった。左腕を見ると先発陣に高橋優貴、今村信貴がいて、救援陣は中川皓太、高梨雄平、大江竜聖がいる。かつて、エースとして期待された田口は1軍のポジションが確約されていないのが現実でした」

     両球団の交換トレードは、1976年12月のヤクルト・浅野啓司と巨人・倉田誠以来44年ぶり。ヤクルトにとって、田口は喉から手が出るほど欲しい存在だった。19、20年と2年連続最下位に沈み、昨季はリーグワーストのチーム防御率4.61。先発陣が深刻なこま不足で悩む中、田口はローテーションの中心として期待された。

     だが、好投していても勝負所で痛打を浴びるなどなかなか白星が伸びない。先発での成績は17試合登板で4勝8敗、防御率4.11。奥川恭伸、高橋奎二ら若手の台頭もあり、ファーム暮らしも経験して9月上旬から救援に配置転換される。左腕が不足している中でチャンスを与えられ、輝きを取り戻した。救援での成績は10試合登板で1勝0敗3ホールド、防御率2.35。今月8日の天王山・阪神3連戦では3連投していずれも無失点に抑えた。10日は同点の6回1死一、二塁のピンチで糸井嘉男、島田海吏をスライダーで空振り三振に仕留めて雄叫び。お立ち台でリリーフ陣の雰囲気を聞かれると、「僕のおかげで、いい雰囲気を保っています!」とスタンドの爆笑を誘い、「僕がブルペンに入った時にいつもチョリーッス!と挨拶しながら入っているんで、それでちょっとみんな笑顔になってくれてます」と笑みを浮かべた。

     本拠地・神宮球場で勝利後に、田口が一塁スタンド前で観客を盛り上げるパフォーマンスが恒例行事になった。SNS、ネット上では「田口はヤクルトに溶け込もうとする姿勢が凄く見える。来てくれて本当に感謝している」、「巨人ファンだけど、田口は巨人を出て良かったんじゃないかな。ヤクルトの水が合うのか伸び伸びやっている。巨人だとあんなパフォーマンスもできない*。廣岡も今後が楽しみな選手だし、こういうトレードはもっと活発にやった方がいい」などのコメントが。

    「田口は長年先発ローテーションで活躍している同じ左腕の石川雅規という良きお手本がいます。抜群の制球力もそうですが、練習への取り組み方など野球に向き合う姿勢で勉強できる点がたくさんある。まだ26歳と若いし全盛期はこれから。来年以降は左のエースになってほしいですね」(テレビ関係者)

     シーズンは残り14試合。リーグ優勝に向け、田口は左腕を振り続ける。(牧忠則)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/eca2313b3fdd89c7959a3d7f2f96a7774d5249ff?page=2


    【【野球】ヤクルト田口「巨人を出て良かった」】の続きを読む

    このページのトップヘ