トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:サウジアラビア


    AFCチャンピオンズリーグ (ACLリーグからのリダイレクト)
    League)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主管し、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。略称は『ACL』。 大抵は年度を付加して“AFCチャンピオンズリーグ [年度]”(英: AFC CHAMPIONS LEAGUE
    60キロバイト (4,547 語) - 2021年11月24日 (水) 07:33




    (出典 www.theworldmagazine.jp)


    サウジアラビアかぁ、まあ仕方ないのかな、1発勝負がホームでやられたらそりゃ勝てんわな。

    1 久太郎 ★ :2021/11/24(水) 15:54:00.12

    AFCチャンピオンズリーグは現地時間23日に決勝が行われ、全日程が終了した。

    2021シーズンのACL決勝では、準決勝で同国のアル・ナスルを撃破したアル・ヒラル(サウジアラビア)と、同じく蔚山現代FCとの同国対決を制した浦項スティーラーズ(韓国)が激突。両クラブがアジアの頂点を争った。

    試合は開始から1分も経たずにいきなり動いた。キックオフからプレーが途切れないままボックス手前左やや距離のある位置でボールを持ったナセル・アル・ドーサリが左足を強振。強烈なシュートを20秒足らずでネットに突き刺している。

    その後もリードを保ったアル・ヒラル。63分にも元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスのスルーパスに抜け出したムサ・マレガがネットを揺らすと、そのまま2-0で試合を終えた。

    この結果、アル・ヒラルが浦和レッズを破った2019シーズン以来2年ぶりのアジア制覇。史上最多4度目の戴冠を果たした。

    得点王も決定
    さらに、ACLの今季全日程が終了したことで得点王も決定。アル・ドゥハイル(カタール)に所属するケニア代表FWマイケル・オルンガが、9得点で大会得点王に輝いた。

    とはいえ、アル・ドゥハイルは今季グループステージで敗退。オルンガは6試合で驚異的な数字を残しており、AFC公式サイトも「偉業を達成した」と称えている。

    なお、そのグループステージでは全試合で得点をマーク。そのバリエーションもセットプレーやミドル、ボックス内での至近距離、ヘディングなど多岐にわたっており、より完璧なストライカーであることが強調されている。

    日本においても2018年から2020年まで所属した柏レイソルで規格外の得点力を見せつけていたが、それはアジアの舞台でも変わらず。2021-22シーズンは国内リーグにおいても7試合12ゴールと圧倒的な成績を収めている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4cb805df0ba8c5f04649b2fc274a1974cbaaa8cd


    【【サッカー】元Jリーガ オルンガさんが、、、】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。A代表(フル代表)とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。2018年7月から森保一が監督を務めている。
    164キロバイト (17,122 語) - 2021年11月11日 (木) 11:42




    (出典 www.soccer-king.jp)


    まぁ日本にとっては良かったのかなぁ。
    これで食らいつければどうにか滑り込み通過の可能性があるぞ

    1 Egg ★ :2021/11/11(木) 20:07:01.36

    カタール・ワールドカップのアジア最終予選で、11月11日にオーストラリアとサウジアラビアが対戦。ここまで4戦全勝でグループ首位に立つサウジと、3勝1敗で同2位の豪州との直接対決は、0-0のスコアレスドローに終わった。

     豪州のホームで行なわれた大一番。立ち上がりから両チームとも攻守に強度の高いプレーを見せ、局面で見応えあるバトルを展開。ボール支配率では豪州が優位に立つ一方、サウジも個人技を活かして鋭いアタックを繰り出していく。

     豪州はテンポの良いパスワークで局面を動かしながら、空いたスペースを突いていく。ただサウジ守備陣は迅速なカバーリングでピンチの芽を即座に潰す。奪ったボールをサウジも丁寧につなごうとするが、豪州の素早い出足の前に思うように前に進めない。

     お互いに相手ゴール前に迫るシーンを作りながらも、あと一歩のところで得点できず、前半は0-0のまま。
     
     迎えた後半、グループ1位のサウジを勝点3差で追う豪州が攻勢を強める。59分にはレッキーがビッグチャンスを迎えるも、コースを狙ったシュートは相手GKアルヤミのビッグセーブに阻まれる。その1分後にアーヴァインが至近距離から狙ったが、惜しくも枠を捉えることができない。

     さらに65分、豪州は好位置でFKのチャンスを得る。マビールの強烈な一撃をアルヤミがストップ。こぼれ球をベヒッチが押し込むも、これもサウジ守護神が止めてみせる。

     その後はサウジもいくつかゴールチャンスを作るなど一進一退の攻防が続いたが、最後までスコアボードは動かず。この結果、サウジは勝点を13に伸ばし、首位を堅持。連勝は止まるも4勝1分といまだ無敗を続ける。3勝1分1敗で勝点10とした2位豪州が追走する形で、計10試合ある最終予選を折り返した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/dbb7a511bdac4a5c2561522d8cab2806544a4401


    【【サッカー】サウジとオーストラリアはドローか】の続きを読む


    森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。長崎県長崎市出身。元サッカー日本代表。日本代表監督。 父親が造船関係者だったため幼少期から各地を転居、静岡県掛川市で生まれ、名古屋市、横須賀市、唐津市と転居、唐津市立鏡山小学校
    37キロバイト (3,613 語) - 2021年10月29日 (金) 08:41




    (出典 www.zakzak.co.jp)


    森保さんは人柄以外褒めるところがないなぁ。
    戦術とか選手起用で褒めてやらないあたり、自己防衛のためのよいしょとしか

    1 Egg ★ :2021/11/08(月) 21:01:38.92

    日本代表MF柴崎岳(29=レガネス)が、森保一監督(53)の指揮官としての資質を絶賛した。

     カタールW杯アジア最終予選で2勝2敗のB組4位と苦戦している状況から森保監督への批判が高まる中、愛弟子の柴崎が8日のオンライン取材で指揮官の長所について熱く語った。

    「監督のパーソナリティーというのはこのチームにとって大事な、チームが成り立つうえで大事なことだと思っている」としたうえで「これが〝クレイジーな監督〟だったら、いろんなね、何が起こってもおかしくないと思うけど。森保監督のことは(現在の)代表が始まって以来ずっと見てきているけど(最終予選で)まだトップの位置につけていない状況の中で、チームをまとめていく人柄というのは存在するし、僕ら選手はそれを信じてチームを作っていくことに集中したい」。選手からの信頼は絶大で、イレブンは指揮官のもとで一体となっていることを強調した。

     選手からの求心力は高い森保監督。あとは結果がどうついてくるかだ。

    東京スポーツ 11/8(月) 17:53
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ebe908f64702d26ea49c7ad033e7b6c5629053be 

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=589&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】<柴崎岳>「チームをまとめていく人柄」】の続きを読む


    プロサッカー選手とは、サッカー競技におけるプロフェッショナル選手のことである。 サッカー競技における「プロフェッショナル」の定義は、国際サッカー連盟(FIFA)が定める「Regulations on the Status and Transfer of Players」の中で「クラブと契約を結び、日
    19キロバイト (2,685 語) - 2021年10月8日 (金) 00:51




    (出典 static.chunichi.co.jp)


    まぁあれも酷かったけども、ボールロストとかも多くて完全に狙われていたのがなぁ。
    拭い切れるかなぁ。

    1 Egg ★ :2021/11/08(月) 18:23:44.86

    日本代表MF柴崎岳(29=レガネス)が、10月のカタールW杯アジア最終予選サウジアラビア戦で大きな批判を浴びた〝自爆パス〟について振り返った。

     柴崎はサウジアラビア戦でバックパスをミスして相手にとって格好のパスとなってしまい、決勝点を献上する形になり、戦犯として非難が集中した。

     8日にオンラインで取材に応じた柴崎はその試合を振り返り「常にベストを尽くしている中で、いいことも悪いこともある。勝負の世界は常にそういうことがある。

    自分としてはしっかり消化して、しっかり受け入れて常に進んでいる。そこに関してはいろんな意見があると思うけど、自分の中でしっかり消化して11月に臨んでいる」とショックを引きずることなく、今回の最終予選での巻き返しを誓った。

     大きな話題を呼んだミスとなったが、森保一監督の存在も支えになった。「森保さんは優しい人なので、いろいろ気を使って話をしてくれた。いろんなことを話して、すべては日本代表のためにどう進んでいくかということにつながる。

    非常にポジティブな会話だったし、自分の方向性を確認しながら、個人のところは言ってもらえたし、僕が考えていることも言えて非常に有意義な時間だった」と指揮官との緊密な対話によって、気持ちの整理ができたという。

     森保監督との強固な師弟関係で、柴崎は復活を果たせるのか。

    東京スポーツ 2021年11月8日 14時42分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21159372/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【サッカー】<柴崎岳>〝自爆パス〟を「しっかり消化」】の続きを読む


    のみで、全体1位はコロンビアMFハメス・ロドリゲスで9.79点を記録した。 ^ a b c 本田圭佑オフィシャルWEBサイト - Profile 2019年5月15日閲覧 ^ a b c d e “本田 圭佑”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db
    150キロバイト (17,613 語) - 2021年10月17日 (日) 03:24




    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    なら次負けたら解任てことになるのかな?
    本田さんが何故森保監督を擁護してるんやろか。

    1 Egg ★ :2021/10/18(月) 11:41:02.56 ID:CAP_USER9.net

    元日本代表MF本田圭佑は今夏、自身9カ国目となるリトアニアのスドゥバへ移籍し、デビュー戦でゴールを決めるなど存在感を放つ。自身の公式YouTubeでライブ配信を行い、「森保監督は解任すべきだと思いますか?」との質問に対して持論を展開してる。

    【動画】森保監督がオーストラリア戦前の国歌斉唱で“感涙の涙”

     森保一監督率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の初戦でオマーンに0-1と敗戦。続く中国戦で1-0と勝利するも、第3節サウジアラビア戦で0-1と敗れて2敗目を喫していた。森保監督の進退問題が浮上していたなか、第4節のオーストラリア戦で2-1と勝利し、日本は2勝2敗で4位につけている。

     グループ2位までがW杯自動出場権を獲得し、3位はプレーオフに回るレギュレーション。4位の日本はこのままいくとW杯出場に手が届かない状況だ。

     YouTubeのライブ配信の中で、「森保監督は解任すべきだと思いますか?」との質問に対して、本田は「勝ったんでね、誰も解任できないでしょうね。良くも悪くも、サッカーは結果で判断される世界なんでね」と答え、次のように続けている。

    「結果で判断することが僕はよくないと思っている人間の1人ですけど、それが事実という点であれば、森保さんは勝負強くて、この間は結果を出したわけなんで、そこに関してはさすがのアンチたちも、内容が悪いとか、ラッキーで勝ったとしか言えず、それ以上のことは言えないんじゃないですかね」

    フットボールゾーン 10/18(月) 11:20
    https://news.yahoo.co.jp/articles/06a6bdf9fbc0dfb3d4466a23a62ba0416000f112

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】本田圭佑「サッカーは結果で判断される世界なんでね」】の続きを読む

    このページのトップヘ