トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:クーマン監督


    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属するチームである。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    97キロバイト (9,390 語) - 2021年10月4日 (月) 03:31




    (出典 www.nikkansports.com)


    さてさて、経営状況と比例してチームも負けてるからねぇ。
    もう選手からの人気はないだろうねあ

    1 久太郎 ★ :2021/10/07(木) 19:09:55.30

    【AFP=時事】サッカースペイン1部リーグ、FCバルセロナ(FC Barcelona)の*ン・レベルテル(Ferran Reverter)最高経営責任者(CEO)は6日、ジョアン・ラポルタ(Joan Laporta)会長が就任した今年3月時点のクラブは「事実上破産」した状態で、公開有限会社であれば「解散」していただろうと明かした。

     バルセロナの財政難は、リオネル・メッシ(Lionel Messi)を維持する余裕がないことを認め、フランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)に同選手の放出を余儀なくされた8月に表面化した。

     ジョゼップ・マリア・バルトメウ(Josep Maria Bartomeu)前会長の辞任を受けて2度目の会長に就任したラポルタ氏の下、新体制は13億5000万ユーロ(約1740億円)の負債と巨額に膨れ上がった給料の支払いを引き継いだ。

     コンサルティング・グループ、デロイト(Deloitte)による監査結果を説明した会見の場でレベルテル氏は、「もしクラブがPLC(公開有限会社)だったら解散していただろう」と明かした。

    「2021年3月の時点で事実上の破産状態であったが、スポーツ団体として債務の借り換えが可能だった」と説明したレベルテル氏は、クラブの「キャッシュフローはゼロに近かった」ため、「給与の支払いが困難」であったと明かした。

     レベルテル氏によると、デロイトは2018-19シーズンから2021年3月までのクラブの財政状況を調査。クラブには「深刻な経営上の欠陥」があり、かつての上層部は「現実から逸脱して選手を購入した」と指摘された。

     また、2016年から2020年にかけてクラブの人件費は4億7100万ユーロ(約607億円)から7億5900万ユーロ(約978億円)に61パーセント上昇したが、新体制により1億5500万ユーロ(約200億円)の削減が行われたという。

     クラブは厳しい財政状況にあるものの、バルセロナは500万ユーロ(約6億4000万円)の黒字で今季を終える見通しを立てている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5f157e9f83435d040948a725385f5ffe1dfe648


    【バルサ、3月の時点で詰んでいた】の続きを読む


    リーガ、リガ スペイン語圏・ドイツ語圏・ルーマニア語圏等における「リーグ」(連合・連盟・同盟・機構) ラ・リーガ - スペインのプロサッカーリーリーガ・デ・フトボル・プロフェシオナル - リーグを運営する機構 ラ・リーガ・サンタンデール - スペイン1部リーグ。通常「ラ・リーガ」というとこのリーグを指す。
    2キロバイト (306 語) - 2021年2月11日 (木) 22:52




    (出典 footballshop-legends.com)


    まさかここまで落ちるとはなぁ。
    MSNがいた頃が懐かしいなぁ。
    そりゃクーマンを使い続けるわけやわ

    1 Egg ★ :2021/09/30(木) 22:00:33.42

    ラ・リーガ(La Liga)は29日、今シーズンにおける各クラブの給与限度額を発表し、FCバルセロナは宿敵レアル・マドリードよりも約6億5000万ユーロ(約845億円)低いことが判明した。

     レアルの限度額が7億3900万ユーロ(約960億円)であるのに対し、バルセロナは財政状況が逼迫(ひっぱく)しているため9700万ユーロ(約126億円)にまで減った。

     ラ・リーガによって発表されるこの額は、クラブがトップチームやユースの選手、指導者の給与や移籍金に費やすことができる額に関連している。ラ・リーガは毎年、1部と2部クラブの会計監査を行った後に給与限度額を算出している。

     限度額が3億4700万ユーロ(約451億円)から9700万ユーロと、バルセロナの削減額は予想をはるかに上回るもので、1部リーグの中でも上から7番目の数字となっている。

     バルセロナの限度額はレアルの他、セビージャFC(Sevilla FC)やアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)、ビジャレアル(Villarreal CF)、レアル・ソシエダ(Real Sociedad)、アスレティック・ビルバオ(Athletic Bilbao)よりも低い。

     バルセロナはこの夏、クラブの人件費を必死に削減してラ・リーガの規則に従おうとしていたため、リオネル・メッシ(Lionel Messi)とアントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)の放出を認めた。

     現在の人件費は収益見込みの約80パーセントとなっており、夏の時点での105パーセントからは減ったものの、ラ・リーガが定める70パーセントよりは高くなっている。

     バルセロナは昨シーズンの年度決算について、見積もりよりもはるかに悪い4億8100万ユーロ(約620億円)の損失と明かしており、今回の発表はさらなる打撃となった。

     一方、レアルの限度額は2億7000万ユーロ(約351億円)増え、1部で2番目に高いセビージャの上限より5億3900万ユーロ(約700億円)高くなった。

     昨季の王者アトレティコは、昨季から8100万ユーロ(約105億円)減ったものの限度額は1億7100万ユーロ(約222億円)となり、1部では3番目の数字だった。

    9/30(木) 16:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8a060701b2004166d4ad9e9a8bc1a94590294d67


    【バルセロナの財政難 思ったより酷いみたいやわ】の続きを読む


    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属するチームである。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    96キロバイト (9,351 語) - 2021年9月26日 (日) 05:42




    (出典 portal.st-img.jp)


    アトレティコにも負けたねぇ。
    クーマン解任したいけど、解約金すら払いづらい財政状況て

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/03(日) 05:49:56.30

    10/3(日) 5:15配信
    東スポWeb

    解任が有力視されたクーマン監督だが…(ロイター)

     スペイン1部バルセロナのロナルド・クーマン監督の解任費用が新監督獲得資金を圧迫していると、同国紙「El Pais」が報じている。

     欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグでクラブ史上初となる開幕2連敗となったバルセロナはクーマン監督の解任がカウントダウンに入っていると各メディアで伝えられており、2日(日本時間3日)のアトレチコ・マドリード戦後にもジョアン・ラポルタ会長が最終決断を下すとみられている。

     そんな中、同紙によると、2023年6月末までバルセロナとの契約が残っているクーマン監督を解任した場合に、違約金として1200万ユーロ(約15億3000万円)の支払いが生じるという。昨季に総額1400億円超の負債をかかえていることが判明しており、財政難のクラブにとって大きな負担となるわけだ。

     また、スペインリーグが導入しているサラリーキャップにより、バルセロナの選手とコーチングスタッフを合わせた年俸総額はリーグ7位となる9790万ユーロ(約125億3000万円)に抑えなければならない。このため、新監督の招聘にに使える予算はわずか400万ユーロ(約5億1000万円)しかないという。

     各メディアでは後任監督候補としてカタール1部アルサドのシャビ監督やベルギー代表を指揮するロベルト・マルティネス監督、さらには元インテイル監督のアントニオ・コンテ氏、元ユベントス指揮官のアンドレア・ピルロ氏らビッグネームが浮上しているが、この資金で招聘するのは難しいところだ。

     バルセロナでは、選手たちにも年俸の減額を申し入れるなど、シーズン前から調整を重ねているものの、深刻な財政難が監督人事にも大きな影響を及ぼしそうだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b6f9903ba4c7b989783d1c102cc00f40df155ad


    【バルセロナ もうおわたんご】の続きを読む


    ロナルド・クーマン(Ronald Koeman、1963年3月21日 - )は、オランダ・北ホラント州ザーンダム出身の元サッカー選手。サッカー指導者。選手時代のポジションはディフェンダー(DF)。現在は、FCバルセロナの監督を務めている。実父はサッカー選手のマルチン・クーマン
    26キロバイト (2,999 語) - 2021年8月15日 (日) 00:28


    うーむ、どうかなぁ。
    まぁお金ないから安く済ましたいだろうし、ありなのか?

    1 久太郎 ★ :2021/10/01(金) 12:43:54.36

     スペイン1部バルセロナで解任が決定的と報じられているロナルド・クーマン監督(58)の後任候補にJ1神戸を指揮していたファンマヌエル・リージョ氏(55)が浮上していると、同国紙「ムンド・デポルティボ」が報じている。

     同紙によると、バルセロナは「クーマン監督の将来について、今のところ抜本的な決定をしていない」とし、2日のアトレチコ・マドリード戦後にもクラブとしての最終決断するという。その上で「時間の問題だ。取締役会は(クーマン監督を)サポートする意思がない」とし、もはや解任は不可避と伝えている。

     すでに後任候補としてベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督、カタール1部アルサドのシャビ監督の名前が浮上しているが、現職の指揮官とあって違約金が発生する。そこで昨季までイタリア1部インテルを指揮したアントニオ・コンテ氏、同ユベントスを率いていたアンドレア・ピルロ氏と現在フリーの指導者も後任候補と報じられている。

     そんな中、同紙によると、前出の候補者に加えて、2019年4月まで神戸を指揮していたリージョ氏も候補に浮上しているという。かつてバルセロナを指揮したジョゼップ・グアルディオラ氏(現マンチェスター・シティー監督)がもっとも影響を受けたという戦術家で現在はマンCのコーチを務めている。

     深刻な財政難に加えて成績不振と窮地のバルセロナは誰を後任監督に選ぶのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c906c65c33c1463536c0596651daf2f419c793c


    【クーマンの後釜候補に元J1監督?】の続きを読む


    単にバルセロナ(Barcelona)、バルサ(Barça)としても知られる。スペインプロリーグ機構(ラ・リーガ)に所属するチームである。 1899年に創立されたクラブであり、カンプ・ノウをホームスタジアムとしている。愛称は「バルサ(カタルーニャ語:
    96キロバイト (9,351 語) - 2021年9月26日 (日) 05:42




    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ベンフィカに完封かぁ。
    もうどうするんやろかね。
    クーマンは解任かなぁ。

    1 Egg ★ :2021/09/30(木) 11:47:01.11

    現地時間9月29日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第2節(E組)で、バルセロナはベンフィカとのアウェーゲームに挑み、第1節のバイエルン戦に続いて、0-3の完敗を喫した。

     開始3分にカウンターを食らい、ダルウィン・ヌニェスにあっさり先制ゴールを許すと、その後のチャンスを決めきれない。69分に守備網を崩されてラファ・シウバに追加点を奪われたうえ、79分にはセルジ―ジョ・デストのハンドでPKを献上。これをヌニェスに決められて、万事休した。

     2019‐20の準々決勝でバイエルンに2‐8で敗れた地、スポルト・リスボア・ベンフィカで再び惨敗したバルサには、厳しい批判が飛び交っている。


     スペイン紙『MARCA』は「誰も救われない新たな惨事。バルセロナの屈辱的な敗北」と酷評。3バックを採用したことで混乱が生じ、全員のパフォーマンスが低下したと、ロナウド・クーマン監督の采配を批判した。

     個人採点では、その指揮官と7人の選手(ジェラール・ピケ、エリク・ガルシア、セルジ・ロベルト、ニコ・ゴンサレス、フィリッペ・コウチーニョ、セルジ―ジョ・デスト、ルーク・デヨング)がなんと0点(3~0点)。他の7人も1点に留まった(89分に投入されたオスカル・ミンゲサは採点なし)

     同じく『AS』紙も、「リスボンでバルサが再び大失態。ベンフィカに襲われ、ブラウグラナがグループ最下位に転落」と手厳しかった。

     ここ数日、解任が取り沙汰されていたクーマン監督の立場が、ますます揺らぐ結果となってしまった。

    9/30(木) 7:57 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/062d44aa7b02f3aebec3234a6b449138189e2a5f

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=439&q=90&exp=10800&pri=l


    【バルセロナ 暗黒期に本格突入】の続きを読む

    このページのトップヘ