トリプレッタNEWS

このサイトは主に、海外サッカー、プロ野球、MLB、NBAなどのまとめ記事を投稿しています。
試合のハイライト、海外で活躍する日本人選手などの動画も紹介していますので、良かったら覗いてみてください。

    タグ:キエーザ


    トッテナム・ホットスパーFC(Tottenham Hotspur Footbal Club、イギリス英語発音: [ˌtɒtnəm-ˈhɒtspəː-])は、イングランドの首都ロンドン北部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トッナム・ホットスパーと表記されることもある。
    73キロバイト (6,417 語) - 2021年11月2日 (火) 14:40




    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    トッテナムには無理があるメンツやろ。
    キエーザとか売ってもらえないやろ。
    ニューカッスルレベルじゃないと厳しいとおま

    1 Egg ★ :2021/11/03(水) 12:33:26.06 ID:CAP_USER9.net

    イングランド・プレミアリーグのトットナムは2日、アントニオ・コンテ氏が新監督に就任するとクラブ公式ホームページで発表した。契約期間は2023年6月末までの1年半となる。

     コンテ新監督はクラブを通じて「トットナムホットには、最先端の施設と世界で最高のスタジアムの1つがあります。選手として、そしてコーチとして、常に私を際立たせてきた情熱、精神、決意をチームとファンに伝えるために働き始めるのが待ちきれません」などとコメントした。

     そんな中、イタリアメディアの「カルチョメルカート」は来年1月の移籍市場で総額2億8000万ユーロ(約369億6000万円)に達する大型補強をクラブに要求したと報じている。「コンテは非常に具体的な要求を持っており(1月の)移籍市場での大規模な購入を望んでいます」

     中でもイタリア1部ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザとオランダ代表DFマタイス・デリフトが最初のターゲットになるという。移籍金はキエーザが9000万ユーロ(約118億8000万円)となり、デリフトは7000万ユーロ(約92億4000万円)となる。

     また、同1部インテルのオランダ代表DFステファン・デフライとMFマルセロ・ブロゾ*、同1部ACミランのDFアレッシオ・ロマニョーリ、同1部フィオレンティナのFWドゥシャン・ブラホ*が獲得候補とし、移籍金の総額は約270億円になるわけだが、果たしてトットナムはコンテ新監督が望む戦力を補強できるか。

    東京スポーツ 11/2(火) 22:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f60502fdc021e5b5129db6a559f6bf59cbc0397b

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=437&q=90&exp=10800&pri=l


    【【サッカー】コンテさん、早速の選手要求が、、、】の続きを読む


    注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。 out 注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。 (#) は現役選手であることを示す。 ^ “ユベントス、116年前の“恩返し”に応じるも…現代的事情で実現できず” (日本語). www.footballchannel.jp. 2019年7月28日閲覧。
    68キロバイト (5,664 語) - 2021年9月15日 (水) 09:03




    (出典 11store.jp)


    今季のリーグ制覇は早くも絶望的やな。
    守備陣の高齢化が否めないね。
    アッレグリでもダメなのか。

    1 Egg ★ :2021/10/31(日) 20:32:03.56 ID:CAP_USER9.net

    ユベントスは現地時間30日に行われたセリエA第11節の試合でエラス・ヴェローナと対戦し、アウェイで1-2の敗戦を喫した。この結果により、クラブにとって60年ぶりとなる不名誉記録も刻むことになってしまった。

     ヴェローナは先週末のラツィオ戦でも4得点を挙げるなど好調のFWジョバンニ・シメオネが前半のうちに立て続けに2得点。ユベントスは終盤にMFウェストン・マッケニーの2試合連続ゴールで1点を返すにとどまった。

     これでユベントスは前節サッスオーロ戦に続いて、早くも今季2度目の2連敗。開幕から4試合未勝利のあと4連勝と復調していたが、再びスローダウンを余儀なくされている。

     複数失点は今季11試合で6回目であり、計15失点を記録。スポーツのデータ分析を手掛ける『Opta』によれば、ユベントスが開幕11試合で15失点以上を喫したのは1961/62シーズン以来60年ぶりのことだという。そのシーズンは最終的に12位という成績で終えていた。

     11試合ですでに4敗を喫したのも、ユベントスにとっては1987/88シーズン以来34年ぶり。11節時点で6勝5敗という成績だったその年の最終順位は6位だった。

     11節時点で4敗以上を喫したシーズンはそれ以外にも過去6回あったが、シーズンを終えた際の順位は最高でも4位。今季もすでに上位チームに大きく引き離されており、スクデット奪回は非常に厳しい状況になりつつあると言えるかもしれない。

    フットボールチャンネル 2021年10月31日 17時34分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/21117755/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【サッカー】あの強かったユベントスが、、、】の続きを読む

    このページのトップヘ