AFCチャンピオンズリーグ (ACLリーグからのリダイレクト)
League)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主管し、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。略称は『ACL』。 大抵は年度を付加して“AFCチャンピオンズリーグ [年度]”(英: AFC CHAMPIONS LEAGUE
60キロバイト (4,547 語) - 2021年11月24日 (水) 07:33




(出典 www.theworldmagazine.jp)


サウジアラビアかぁ、まあ仕方ないのかな、1発勝負がホームでやられたらそりゃ勝てんわな。

1 久太郎 ★ :2021/11/24(水) 15:54:00.12

AFCチャンピオンズリーグは現地時間23日に決勝が行われ、全日程が終了した。

2021シーズンのACL決勝では、準決勝で同国のアル・ナスルを撃破したアル・ヒラル(サウジアラビア)と、同じく蔚山現代FCとの同国対決を制した浦項スティーラーズ(韓国)が激突。両クラブがアジアの頂点を争った。

試合は開始から1分も経たずにいきなり動いた。キックオフからプレーが途切れないままボックス手前左やや距離のある位置でボールを持ったナセル・アル・ドーサリが左足を強振。強烈なシュートを20秒足らずでネットに突き刺している。

その後もリードを保ったアル・ヒラル。63分にも元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスのスルーパスに抜け出したムサ・マレガがネットを揺らすと、そのまま2-0で試合を終えた。

この結果、アル・ヒラルが浦和レッズを破った2019シーズン以来2年ぶりのアジア制覇。史上最多4度目の戴冠を果たした。

得点王も決定
さらに、ACLの今季全日程が終了したことで得点王も決定。アル・ドゥハイル(カタール)に所属するケニア代表FWマイケル・オルンガが、9得点で大会得点王に輝いた。

とはいえ、アル・ドゥハイルは今季グループステージで敗退。オルンガは6試合で驚異的な数字を残しており、AFC公式サイトも「偉業を達成した」と称えている。

なお、そのグループステージでは全試合で得点をマーク。そのバリエーションもセットプレーやミドル、ボックス内での至近距離、ヘディングなど多岐にわたっており、より完璧なストライカーであることが強調されている。

日本においても2018年から2020年まで所属した柏レイソルで規格外の得点力を見せつけていたが、それはアジアの舞台でも変わらず。2021-22シーズンは国内リーグにおいても7試合12ゴールと圧倒的な成績を収めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4cb805df0ba8c5f04649b2fc274a1974cbaaa8cd


【【サッカー】元Jリーガ オルンガさんが、、、】の続きを読む